SEARCH

「ガレヲン」の検索結果30件

  • 2021年2月6日
  • 2021年5月11日

【グラブル】「バブ・イールの塔」28-1を風マグナ編成でミッション達成について。シャトラちゃんを始めとした回数の多いダメージアビリティで敵HPを削っていく。イーウィヤ・ビークは無し(というか持っていない)。

「バブ・イールの塔」28-1を風マグナ編成でのミッション達成について書いていきます。(イーウィヤ・ビーク無し)3回目の開催となった「バブ・イールの塔」を全ミッションを一通り達成しクリアしたので、ミッション達成難易度の高い階層について、個別にまとめていこうと思います。〇ちなみに各階層について↓・7層「梵天の層」【グラブル】「バブイールの塔」の7層「梵天の層」をマグナ編成やアグニスで攻略(ミッション達成)してきたので内容について。28-1や28‐2の3・5ターン以内の討伐ミッションが中々な感じでした。28-2の報酬として「蒼穹のトロフィー」が入手可能。・8層【グラブル】「バブイールの塔」の8層「獄淵の層」をマグナ編成やゼウスで攻略(ミッション達成)してきたので内容について。ミッション達成には全キャラ生存が必要。32-1ではその条件を阻止すべくような特殊行動が多彩。32-1の報酬として「天上のトロフィー」が入手可能。ということで今回は7層「梵典の層」の28-1についてです。〇28-について・ミッションの達成条件は「3ターン以内にクリア」。・28-1はWAVE2となっていて、WAVE1はLv81 アラミタマとLv81 ニギミタマの2体、WAVE2はLv83 金平鹿の業の構成です。・WAVE1,2共に防御力が以上に高くダメージがまともに通りません。その為、戦闘開始時から敵に付与されている「弱体効果数に応じて被ダメージ上昇」によってダメージを通るようにしていく必要があります。☆ただ弱体付与によるダメージ上昇にも限度があるので、一度で複数回のダメージを与えられるダメージアビリティを中心にして敵を倒していくことになります。〇編成について・一度で複数回のダメージを与えられるキャラを選んでいきます。メインパーティ:「ジータちゃん」「シャトラ」「アンチラ」「ユエル(水着)」サブパーティ:「シエテ」「ノイシュ」「メリッサベル」「メーテラ」☆この二つのパーティを使って3ターン以内にクリアを目指していきます。☆ロビンフッドは「ビギニングアロー」「アクロバットヴォレイ」のようなダメージ回数の多いアビリティ持ち、「フォックス・リターンズ」で再使用可能になるので今回のミッションの達成にピッタリ。☆「シャトラ」「ノイシュ」「シエテ」「メリッサベル」も1つのアビリティで複数回のダメージが与えられるキャラ。☆風マグナなのでメイン召喚石は「ティアマト・マグナ」、サポーターにはアビリティを使い回す為に「黒麒麟」。☆バブ・イールの塔でミッション達成には、加入させているキャラ数によって難易度がかなり変わります。もし今回辛いと思ったら次回開催にでも挑戦するとい良いですね。何せ次回開催までには7周年があり、きっとガチャピン&ムックのキャンペーンが来る筈なので、きっと加入キャラを増やせる”はず”。それでは「バブ・イールの塔」28-1のミッション達成について見ていきます。

  • 2020年11月2日
  • 2021年5月11日

【グラブル】六竜マルチHL「ガレヲンHL」をフルオートソロ討伐したので編成や内容について。HP40%では余裕があるけど、「降砂石」の無属性ダメージで味方のHPがゴリゴリ減らされる戦い。

六竜マルチHLの【ガレヲンHL】をフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。ギリギリでしたがフルオートでソロ討伐出来ました。編成についてはゼピュロスのインドラリムの堅守編成。マルチバトルの六竜もシングルバトル同様にバトルシステムVer2で、6人まで参加可能となっています。クエストの場所はナル・グランデのグロース島で、マルチバトルリストはアルティメットバハムートの星7のところにあります。(アルバハと同じ難易度のところにあるけど、アルバハほどではない)クエストクリア時にドロップするアイテムは、シングルバトルでの「インシュラーコア」に加えて、・「ガレヲンの竜珠」・「沃土の耳飾り」・「アンセスタルシリーズ」の「ガレヲン・ジョー」が入手可能になっています。「インシュラーコア」・ドラゴニックウェポンの土属性武器「ドラゴニックボウ」の強化(5凸)に必要。・アストラルウェポン「ユグドラシルブランチ」の入手、そして5凸に必要。「沃土の耳飾り」と「ガレヲンの竜珠」・「沃土の耳飾り」は土属性キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要。・「ガレヲンの竜珠」はショップで↑の「沃土の耳飾り」と交換出できる。アンセスタルシリーズ「ガレヲン・ジョー」・ガレヲンHLからのドロップでのみ入手可能。・スキルは「巌追の秘奥」「金の誓約」。・最終上限解放には「インシュラーコア」が必要。○ソロ討伐報酬・参戦者が自分のみでクリアすると称号「巌追を穿ちし孤高の翼」を獲得。・称号による報酬は「沃土の耳飾り」。○「ガレヲンHL」について☆基本的な行動はシングルバトル「六竜討伐戦「金」」と一緒。ただ効果内容の変更やダメージが上昇していたりします。★全属性ダメージカット無効。(消去不可)・通常攻撃はしてこない。・5ターン毎の「スワッター」、次ターンの「クラフトリゲイン」。後半は「降砂石」になり間隔が4ターン毎になる。・「クラフトリゲイン」ではシングルバトルの弱体回復は無くなり、攻撃UP・防御UP・再生UPが付与される。・特殊技では弱体効果で強圧・恐怖・奥義ゲージーが発生。・「大激震」はディスペルに反応しての発動では無くなっている。そしてガード機能では防げない。☆高難度に位置するマルチバトルなので「全属性ダメージカット無効」がある。☆クラフトリゲインで弱体回復がされない代わりに再生が付与され、毎ターンHPを200万回復される。☆シングルバトルはでディスペルに反応していた「大激震」は、10%時の特殊行動に。フェイタルチェインで解除出来るので、シングルよりも対処が楽に。(バランス挑戦前は40%辺りで発動していた)★そしてガレヲン君のメインウェポンは「降砂石」によるターンダメージ。○挑戦した編成・両面ゼピュロスの風神石編成。ジータちゃんは「ロビンフッド」・キャラは「ティアマト」「アンチラ」「グリームニル」。サブに「シエテ」「カッツェリーラ」。・武器に関しては「インドラリム」を主とした堅守編成。

  • 2020年11月1日
  • 2021年5月11日

【グラブル】六竜討伐戦「金」【ガレオン 】をフルオートで討伐したので編成や内容について。ジョブはロビンフッドでインドラリムの堅守編成。六竜素材はこれからも要求されることになると思うので、日々の素材集めが大事。

六竜討伐戦「金」【ガレヲン】をフルオート討伐をゼピュロス編成(インドラリムの堅守)で攻略してきたのでまとめていきます。ということでシングルバトルの六竜「ガレヲン」をフルオートで討伐してきました。案外フルオートで放置しても倒せるのものですね。○ガレヲンについて・クエスト【六竜討伐戦「金」】では「ドラゴニックボウ」や「ユグドラシルブランチ」そして「ガレヲン・ジョー」等の強化に必要なトレジャー「インシュラーコア」を入手することができます。・六竜討伐戦「金」以外での「インシュラーコア」の入手方法は、 六竜マルチバトル「ガレヲンHL」の自発赤箱 トレジャー交換この2つがあります。ただし交換に関しては、「祖なる欠片」が100個「土晶のエレメント」が100個素材の消費が大きいので六竜討伐戦や六竜マルチバトルで集めていきたいところですね。・そして六竜討伐戦は全ての属性合わせて1日/2回までのクエストとなります。・クエストはバトルシステムVer2に対応したクエストです。〇バトルシステムVer2・敵が特殊行動をする前にHPゲージの下に行動表示がされる。・キャラ毎にガード機能があり、ガードすることでダメージを軽減できる。ただし行動するターンは攻撃は不可。・フェイタルチェインは奥義を使用する度に専用のゲージが上昇し最大になると発動可能。☆初期の頃は面倒でガードする時はアビリティ使用が不可だったり、今のフェイタルチェインがチェインバーストだったりしましたね。特にチェインバーストが解除条件となる特殊技があったりするので、奥義の調整が必要でした。☆今回フルオートなのでガードは関係ありませんけどね。・ガレオンはCT2で通常攻撃をしてこないという特殊な敵です。・なので敵からの攻撃はCTやHPトリガーによる特殊技がメインです。その他には特殊技「スワッター」「クラフト・リゲイン」を経過ターンに応じて使用してきたり、その特殊技を発動すると次のターンには別の特殊技を発動してきたりします。・特殊技には自身に攻撃UP付与や味方に強圧付与をしてきます。他にも自身の弱体を複数回復したりしてきます。☆厄介なのは強圧ですね。敵からの攻撃回数が少ないですが回復の機会を減らされるのが辛いところですね。○挑戦した編成・両面ゼピュロスの風神石編成。・ジータちゃんは「ロビンフッド」・キャラは「ティアマト」「アンチラ」「グリームニル」。サブに「シエテ」「カッツェリーラ」。・武器に関しては「インドラリム」を主とした堅守編成。

  • 2020年8月12日
  • 2021年2月13日

【グラブル】闇召喚石「セレスト・マグナ」(5凸)の性能・入手・素材について。5凸が実装され加護も神石同様の140%。召喚効果は暗闇に加えて命中率DOWNが追加され、命中低下効果の付与できる範囲が増えた感じ。

闇属性SSレア召喚石「セレスト・マグナ」の性能・入手・強化素材について見ていきます。2020/8/8のグラブル生放送でマグナ召喚石6種類の5段回目の上限解放追加が予告され、その放送終了直後に上限解放が可能になりました。今回は5凸まで強化された闇属性の召喚石「セレスト・マグナ」についてです。まずは上限解放することで6属性のマグナ召喚石が共通して強化される内容は、加護の“スキル「黒霧方陣」の効果が120%UP“が“140%UP“になりゼウス系の神石と同じ上昇量となりました。召喚効果については各召喚効果によって違いますが、・敵に付与する攻撃力DOWNの減少量が増えたり。・“稀に“という文字が消え確定発動になったり。・新しく効果が追加されたり。とそれぞれ強化されています。ただ召喚によるダメージはあまり変わっていないので、今まで通りに加護と召喚で使っていくことになります。上限解放に使用する素材については、・リンドブルムHLと属性に応じた六竜討伐戦の素材。・属性に応じた天司アニマやマグナ素材。★セレスト・マグナの場合だと、フェディエルの「トーデストリープ」や天司の「ガブリエルのアニマ」「ウリエルのアニマ」辺りが必要となってきます。最近は六竜素材を要求される場面が増え、マグナ召喚石の上限解放に必要となりました。一応トレジャー交換からも入手できますが、素材量が重いので直接六竜からのドロップを狙っていきたいですね。(シングルとは違い、マルチバトルの六竜は自発箱からのみ「トーデストリープ」等の素材入手が可能)〇5凸されたセレスト・マグナの変更点加護:「セレスト・マグナの加護」・黒霧方陣の効果が140%まで上昇。召喚:・命中率DOWNの追加。☆元からあった暗闇に加えて、新しく命中率DOWNを得ることができました。これで2種類の命中率DOWN効果を敵に付与することができますね。☆例えば六竜の「ル・オー」には暗闇が効きませんが命中率DOWNは通用するので、召喚による使いどころが純粋に増えた感じですね。

  • 2020年8月11日
  • 2021年2月13日

【グラブル】土召喚石「ユグドラシル・マグナ」(5凸)の性能・入手・素材について。5凸が実装され加護も神石同様の140%。召喚効果は回復効果2種類とランダム2種類の計4つ強化され、より使い易くなった感じ。

土属性SSレア召喚石「ユグドラシル・マグナ」の性能・入手・強化素材について見ていきます。2020/8/8のグラブル生放送でマグナ召喚石6種類の5段回目の上限解放追加が予告され、その放送終了直後に上限解放が可能になりました。今回は5凸まで強化された土属性の召喚石「ユグドラシル・マグナ」についてです。まずは上限解放することで6属性のマグナ召喚石が共通して強化される内容は、加護の“スキル「創樹方陣」の効果が120%UP“が“140%UP“になりゼウス系の神石と同じ上昇量となりました。召喚効果については各召喚効果によって違いますが、・敵に付与する攻撃力DOWNの減少量が増えたり。・“稀に“という文字が消え確定発動になったり。・新しく効果が追加されたり。とそれぞれ強化されています。ただ召喚によるダメージはあまり変わっていないので、今まで通りに加護と召喚で使っていくことになります。上限解放に使用する素材については、・リンドブルムHLと属性に応じた六竜討伐戦の素材。・属性に応じた天司アニマやマグナ素材。★ユグドラシル・マグナの場合だと、ガレヲンの「インシュラーコア」や天司の「ウリエルのアニマ」辺りが必要となってきます。最近は六竜素材を要求される場面が増え、マグナ召喚石の上限解放に必要となりました。一応トレジャー交換からも入手できますが、素材量が重いので直接六竜からのドロップを狙っていきたいですね。(シングルとは違い、マルチバトルの六竜は自発箱からのみ「インシュラーコア」等の素材入手が可能)〇5凸されたユグドラシル・マグナの変更点加護:「ユグドラシル・マグナの加護」・創樹方陣の効果が140%まで上昇。召喚:創世のルミノックス・追加される強化効果が2つに増加。・強化内容にブロックが追加。・強化される効果量がそれぞれ増加。☆1度の召喚で強化が2つとなり使いやすくなりました。連続攻撃UPや活性効果もあるので開幕から召喚していきたいですね。それでは召喚石「ユグドラシル・マグナ」の性能を見ていきます。

  • 2020年8月6日
  • 2021年2月13日

【グラブル】六竜マルチHL「ガレヲンHL」をソロ討伐(風マグナ編成)したので内容について。ガレヲンの強化効果の解除にはユリウスやハンサ。「大激震」にはバイヴカハの召喚で対処。

マルチバトル「六竜HL」の土属性【ガレヲンHL】のソロ討伐を風属性マグナ編成で攻略してきたのでまとめていきます。前回はゼピュロスでソロ討伐したので今度はマグナ編成でソロ討伐しました。六竜討伐戦HL(マルチバトル)が2020/07/27のアップデートで追加されました。同時にドラゴニックウェポンとは別に「アンセスタルシリーズ」という武器や、キャラの強化アイテム「エーテリアルプラス」も実装されています。ということで六竜HLマルチバトル土属性の「ガレヲンHL」ソロ討伐です。マルチバトルの六竜Hもシングルバトル同様にバトルシステムVer2で6人まで参加可能となっています。クエストの場所はナル・グランデのグロース島で、マルチバトルリストはアルティメットバハムートの星7のところにあります。(アルバハと同じ難易度のところにあるけど、アルバハほどではない)クエストクリア時にドロップするアイテムは、シングルバトルでの「インシュラーコア」に加えて、・「ガレヲンの竜珠」・「沃土の耳飾り」・「アンセスタルシリーズ」の「ガレヲン・ジョー」が入手可能になっています。「インシュラーコア」・ドラゴニックウェポンの土属性武器「ドラゴニックボウ」の強化(5凸)に必要。・アストラルウェポン「ユグドラシルブランチ」の入手、そして5凸に必要。「沃土の耳飾り」と「ガレヲンの竜珠」・「沃土の耳飾り」は土属性キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要。・「ガレヲンの竜珠」はショップで↑の「沃土の耳飾り」と交換出できる。アンセスタルシリーズ「ガレヲン・ジョー」・ガレヲンHLからのドロップでのみ入手可能。・スキルは「巌追の秘奥」「金の誓約」○ソロ討伐報酬・参戦者が自分のみでクリアすると称号「巌追を穿ちし孤高の翼」を獲得。・称号による報酬は「沃土の耳飾り」。○「ガレヲンHL」について☆基本的な行動はシングルバトル「六竜討伐戦「金」」と一緒。ただ効果内容の変更やダメージが上昇していたりします。★全属性ダメージカット無効。(消去不可)・通常攻撃はしてこない。・5ターン毎の「スワッター」、次ターンの「クラフトリゲイン」。後半は「降砂石」になり間隔が4ターン毎なる。・「クラフトリゲイン」で弱体回復は無くなり、攻撃UP・防御UP・再生UPが付与される。・特殊技では弱体効果で強圧・恐怖・奥義ゲージーが発生。・「大激震」はディスペルに反応しての発動では無くなっている。そしてガード機能では防げない。☆高難度に位置するマルチバトルなので「全属性ダメージカット無効」がある。☆クラフトリゲインで弱体回復がされない代わりに再生が付与され、毎ターンHPを200万回復される。☆大激震はディスペルに反応せずに、40%突入後4ターン目で1回発動する。○挑戦した編成・両面ティアマト・マグナの風マグナ編成。・ジータちゃんはランバージャック。安らぎの木もれ日で弱体回復とマウント。・キャラは「ティアマト」「アンチラ」「ユリウス」サブに「カッツェリーラ」。☆ティアマトはマウント持ちで回復やスロウも出来る万能なキャラ。アンチラは全体強化と敵の弱体そしてHP全回復。ユリウスは素早い攻防DOWNやスロウとディスペル。☆カッツェリーラは逆位置効果でHPを回復。☆武器に関してはラストストームハープで渾身と技巧。☆召喚石に「バイヴカハ」を装備して「大激震」に合わせて召喚。☆召喚石「ハンサ」は召喚石効果が「ディスペル」なので装備。今回の編成はアンチラ・ユリウス・ハンサのディスペル3枚体制。

  • 2020年7月28日
  • 2021年2月13日

【グラブル】六竜マルチHL「ガレヲンHL」ガレオンをソロ討伐(ゼピュロス編成)したので内容を見ていきます。通常攻撃が無いので六竜HLの中でも討伐は楽な方。ただし「大激震」には注意。

マルチバトル「六竜HL」の土属性【ガレヲンHL】のソロ討伐を風属性ゼピュロス編成で攻略してきたのでまとめていきます。予告にもあった六竜討伐戦HL(マルチバトル)が2020/07/27のアップデートで追加されました。同時にドラゴニックウェポンとは別に「アンセスタルシリーズ」という武器や、キャラの強化アイテム「エーテリアルプラス」も実装されています。ということで六竜HLマルチバトルをソロ攻略してきました。今回は土属性の「ガレヲンHL」です。マルチバトルの六竜Hもシングルバトル同様にバトルシステムVer2で6人まで参加可能となっています。クエストの場所はナル・グランデのグロース島で、マルチバトルリストはアルティメットバハムートの星7のところにあります。(アルバハと同じ難易度のところにあるけど、アルバハほどではない)クエストクリア時にドロップするアイテムは、シングルバトルでの「インシュラーコア」に加えて、・「ガレヲンの竜珠」・「沃土の耳飾り」・「アンセスタルシリーズ」の「ガレヲン・ジョー」が入手可能になっています。「インシュラーコア」・ドラゴニックウェポンの土属性武器「ドラゴニックボウ」の強化(5凸)に必要。・アストラルウェポン「ユグドラシルブランチ」の入手、そして5凸に必要。「沃土の耳飾り」と「ガレヲンの竜珠」・「沃土の耳飾り」は土属性キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要。・「ガレヲンの竜珠」はショップで↑の「沃土の耳飾り」と交換出できる。アンセスタルシリーズ「ガレヲン・ジョー」・ガレヲンHLからのドロップでのみ入手可能。・スキルは「巌追の秘奥」「金の誓約」○ソロ討伐報酬・参戦者が自分のみでクリアすると称号「巌追を穿ちし孤高の翼」を獲得。・称号による報酬は「沃土の耳飾り」○「ガレヲンHL」について☆基本的な行動はシングルバトル「六竜討伐戦「金」」と一緒。ただ効果内容の変更やダメージが上昇していたりします。★全属性ダメージカット無効。(消去不可)・通常攻撃はしてこない。・5ターン毎の「スワッター」、次ターンの「クラフトリゲイン」。後半は「降砂石」になり間隔が4ターン毎なる。・「クラフトリゲイン」で弱体回復は無くなり、攻撃UP・防御UP・再生UPが付与される。・特殊技では弱体効果で強圧・恐怖・奥義ゲージーが発生。・「大激震」はディスペルに反応しての発動では無くなっている。☆高難度に位置するマルチバトルなので「全属性ダメージカット無効」がある。☆クラフトリゲインで弱体回復がされない代わりに再生が付与され、毎ターンHPを200万回復される。☆大激震はディスペルに反応せずに、40%突入後3ターン目?辺りに1回発動する。○挑戦した編成・両面ゼピュロスの風属性のオプティマス編成。・ジータちゃんはランバージャック。安らぎの木もれ日で弱体回復とマウント。・キャラはティアマト・アンチラ・ユリウス、サブにカッツェリーラ。☆ティアマトはマウント持ちで回復やスロウも出来る万能なキャラ。アンチラは全体強化と敵の弱体そしてHP全回復。ユリウスは素早い攻防DOWNやスロウとディスペル。☆カッツェリーラは逆位置効果でHPを回復。☆武器に関してはインドラリムを複数装備して技巧と堅守による防御より。

  • 2020年7月28日
  • 2021年2月13日

【グラブル】六竜HL(マルチバトル)が実装されたので追加内容について。ウィルナスHL等のマルチバトルから「アンセスタルシリーズ」や「~耳飾り」が入手可能に。敵の行動もシングルの時とは少し違う、そして火力が高い。

マルチバトル「六竜討伐戦HL」がアップデートで追加され、新武器や新アイテムも増えたのでまとめていきます。予告にもあった六竜討伐戦HL(マルチバトル)が2020/07/27のアップデートで追加されました。同時にドラゴニックウェポンとは別に「アンセスタルシリーズ」という武器や、キャラの強化アイテム「エーテリアルプラス」も実装されています。ということで遂に六竜HLが実装されましたね。シングルバトルの「六竜討伐戦」は1,2週置きに解放されていましたが、HLは一気に解放されます。クエストの解放条件は「リンドブルムHL」のクリアとランク151以上なので、六竜のシングルバトルに挑戦出来ていればこちらにも挑戦可能です。解放されるクエストは・「ウィルナスHL」・「ワムデュスHL」・「ガレヲンHL」・「イーウィヤHL」・「ル・オーHL」・「フェディエルHL」そして同時に実装された2つの要素・武器「アンセスタルシリーズ」・キャラ強化アイテム「~耳飾り」があります。バトルはVer2で6人まで参加可能。クエストの場所はグロース島。マルチバトルリストはアルティメットバハムートの星7のところ。クエストクリア時にドロップするアイテムは今までの「イグナイトラブル」等の六竜固有のアイテムに加えて・「ウィルナスの竜珠」のような「~竜珠」・「猛火の耳飾り」のような「~耳飾り」・武器「アンセスタルシリーズ」が入手できます。☆各クエストとも基本的な敵の行動はシングルバトルと一緒だけど、付与される強化が消去不可となっていたりして厄介な敵も。(ル・オーの後半の高揚が消去不可になったり)○「アンセスタルシリーズ」は・各属性に1つずつ存在。・性能は属性毎にバラバラで、第2スキルの解放は武器Lv150。・入手方法は六竜HLからのドロップのみ。○「~耳飾り」は・キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要なアイテムで、各属性に1つずつ存在。・キャラ属性に応じた「~耳飾り」が必要。・入手方法は六竜HLからのドロップや、「~竜珠」とショップで交換。

  • 2020年4月12日
  • 2021年2月13日

【グラブル】六竜討伐戦「金」ガレオンを風属性マグナ編成で討伐したので編成や内容を見ていきます。インシュラーコアの為にクリアしたい。通常攻撃が無い敵でその分だけ特殊技の火力は高め、そして5ターン毎には弱体回復もされる。素早く弱体を入れ直すことの出来るユリウスや消去不可の弱体とHP全回復が出来るアンチラが便利。

6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略してきたのでまとめていきます。六竜討伐戦はリンドブルムHLと共に同時に実装された「ドラゴニックウェポン」の5凸に必要なトレジャーを入手することができるクエストです今回の六竜討伐戦「金」では土属性武器「ドラゴニックボウ」の強化(5凸)に必要なトレジャー「インシュラーコア」を入手することができます。「インシュラーコア」は六竜討伐戦でもなくてもトレジャー交換でも入手出来ますが、要求される素材が、「祖なる欠片」が100個「土晶のエレメント」が100個コレが15セット必要となり負担が大きいので、六竜討伐戦の方で集めていきたいところですね。そして六竜討伐戦は全ての属性合わせて1日/2回までのクエストとなります。なので日々クリアしていくことが大事ですね。このクエストもリンドブルムHL同様にバトルシステムVer2に対応したクエストです。〇バトルシステムVer2・敵が特殊行動をする前にHPゲージの下に行動表示がされる。・キャラ毎にガード機能があり、ガードすることでダメージを軽減できる。ただし行動するターンは攻撃とアビリティ使用が不可・チェインバーストは専用のゲージがMAXになった時のみ発動。六竜討伐戦「朱」「翠」「碧」と実装されてきたわけですが、今回の「金」土属性のガレオンは他の六竜と違いCTが2となっています。さらに通常攻撃をしてこないという特殊は敵です。その代わりに特殊技を経過ターンに応じて使用してきたり、その特殊技を発動すると次のターンには別の特殊技をといった感じです。特殊技には自身に攻撃UP付与や味方に強圧付与をしてきます。他にも自身の弱体を複数回復したりしてきます。とは言っても挑むこちらは風属性。風属性にはHP全回復と消去不可の弱体を持つアンチラちゃんや奥義ゲージを使用して累積攻防DOWNを素早くにゅるおじことユリウスがいるので討伐はイーウィヤやワムデュスと比べると楽に倒せる感じ。六竜討伐戦関係の難易度は・リンドブルムHL(ソロ)・六竜討伐戦「朱」 ・六竜討伐戦「金」・六竜討伐戦「翠」・六竜討伐戦「碧」☆下から順に難易度が高い。ガレオンはウィルナスと同じ位な難度。そして今回挑戦した編成は両面ティアマト・マグナの風マグナ編成です。ジョブやキャラについて。ジータちゃんはランバージャックです。キャラに関してはティアマト・アンチラ・ユリウスで挑戦しました。ティアマトはマウント持ちで全体的にバランスのとれたキャラ。アンチラは全体強化と敵の弱体そしてHP全回復。ユリウスは素早い攻防DOWNやスロウとディスペル。武器に関してはラストストームハープやドラゴニックロッドを装備しています。○戦闘面で思ったのは、・弱体効果が恐怖や強圧と厄介なのでマウントが欲しい。・他の六竜と違いグラビティは要らない。・頻繫に弱体回復されるので再弱体化のタイミングに注意。

  • 2020年3月12日
  • 2021年2月13日

【グラブル】6周年直前生放送のまとめ③。6周年アップデート情報を見てみました。新バトルの六竜やその武器ドラゴニックウェポンが実装。他にも新ジョブの追加や既存ジョブに追加のアビリティ。そして年内に十天衆の最終上限解放Ⅱ。

6周年直前生放送!グラブルアニバーサリーSPが放送されたので、その内容を分割して見ていこうと思います。ということでグラブルも6周年を迎えますね〜。5周年からの1年間は色々ありましたね、それで今回見ていくのは、「6周年アップデート情報」についてです。6周年では新たなバトル「六竜」や、一部のバトルに新システムが実装されますね。また新ジョブ「ランバージャック」等の追加や先行実装された「アストラルウェポン」の入手先のバトル実装など色々とありますね。ちなみに、これを書いている時は六竜の火属性が実装されているので、実際に倒してきました。敵の特殊行動は2万越えは当然のようになっていたりします。クエストの報酬からは属性エレメントや専用トレジャーが入手できます。他の属性も週を追って実装されていくようですね。それでは6周年アップデート情報を見ていきます。