MONTH

2020年5月

  • 2020年5月31日
  • 2020年5月31日

【グラブル】PROUD「ダブル・ヘッドライナー」をアグニス編成で攻略してきたので、編成や内容を見ていきます。敵はLv150Pathos of the past1体。テンションLvを持ち、Lv3になると特殊行動が発動してダメージと弱体回復。テンションを下げるには弱体アビリティが重要。(The End of THE DOSS)

「The End of THE DOSS」の難易度PROUD「ダブル・ヘッドライナー」をアグニス編成で攻略してきたので、敵の行動やこちらの編成について見ていきます。シナリオイベントでも恒例の難易度PROUD。今回はアオイドスの過去に迫るイベント「The End of THE DOSS」のフリークエスト「アウギュステフェス開催!」、その中の難易度PROUD「ダブル・ヘッドライナー」についてです。先ずはバトル内容について軽く触れてみます。・バトルは1戦・風属性のLv150 Pathos of the Pastが1体・テンション効果による自動強化(消去不可)○戦闘・テンションLVはターン終了時に1上昇・テンションLvが上昇する度の攻撃力上昇、3の時に特殊技が発動。・テンションLvは弱体アビリティを使用するとで1減少・特殊技は味方全体に2万近くのダメージや弱体耐性と高揚を付与してくる技HPの状態によって形態変化したりすることは無いですが、テンションLvによる高火力が危険な敵です。テンションLvが3の時に発動する特殊技は2万近い全体ダメージと弱体回復があります。他のCT技やHP状態による特殊技は単発で2万ダメージや全体1万ダメージと弱体耐性や高揚の付与だったりします。そんなPathos of the pastに挑んだ編成はアグニス×シヴァ編成です。ジータちゃんのジョブは安定のランバージャック。キャラはゼタ・ムゲン・アテナです。ゼタはスロウとディスペル持ちつつ火力もあり便利。ムゲンは童子の唄によるランダム強化で味方全体の火力UP。アテナはダメージカットとスロウ(弱体アビリティ)。☆注意するのはテンションLv3の特殊技。発動された後の再弱体が出来るようにしておくこと。

  • 2020年5月30日
  • 2020年5月30日

【グラブル】「The End of THE DOSS」の報酬や周回について。アオイドス率いるTHE DOSSがアウギュステでGigフェスに参加するイベント。報酬ではアオイドスの最終上限解放トレジャーやルリアのスキン「シロイドス」。そして遂にアオイドスの過去も分かるように。

「アオイドス」が主役となるイベント「The End of THE DOSS」が開催されたので、イベント内容や報酬、周回について書いていきます。アウギュステで行われるのGIGによるライブバトル「アウギュステフェス」。そこで史上最高のステージにすべく演奏行うことにするアオイドス率いる「THE DOSS」。ただイベントの裏で動く影も・・・ということで記憶喪失なアオイドスが主役のイベント「The End of THE DOSS」ですね。このイベントではアオイドスの過去が明らかになり、記憶を取り戻すことになります。ちなみに「THE DOSS」のメンバーは、・アオイドス・アカイドス(ラカム)・キイロイドス(ビィ)・クロイドス(バアル)の4人で構成されています。クロイドスに関してはバアルのフェイトエピソードですかね?そしてアオイドスの最終上限解放を「可能とするトレジャー」を入手することができます。※ゼタと一緒でイベント限定アイテムなので、この機会を逃すと次に開催されるまで最終上限解放は不可能に。イベント報酬については・敵?GIGの召喚石(最後はヘイヴン)・ギターな形をした「槍」武器・ルリアのスキン・アオイドスの最終上限解放アイテムお空のギターな形をした楽器は何故か楽器に分類されないルール?(フライアウェイは斧武器)あとGIG時のルリア「シロイドス」が新スキンとして登場ですね。いつもより凛々しい感じのルリアです。あと高難易度PROUDもいつも通りあります。シナリオイベントPROUDの難易度比較・ブレイブグラウンドのPROUD+より少し下の難易度ぐらい。毎回PROUDといった高難度では黒麒麟に毎回のようにお世話になっています。それではイベント「The End of THE DOSS」について見ていきます。

  • 2020年5月28日
  • 2021年1月31日

【グラブル】混沌の再来・後編をアグニス編成で挑戦。敵はベルゼバブでかなり攻撃力が高め。とりあえず80%と60%のカルマを解除すれば、そのまま倒しに行ける。ちなみにエッケザックスな編成。

「混沌の再来・後編」について攻略してきたのでまとめていきます。このクエストはベルゼバブ討伐戦HLに挑戦するために必要なクエストになっています。前編は大したこと無いのですが、後編の難易度は他のフリークエストと比べてかなーり高めとなっています。難易度が高い理由はL無属性のv200ベルゼバブを討伐することにあります。(バトルシステムVer2)このベルゼバブはとにかく火力が高いです。何よりも厄介なのは「トランスLv」という強化効果です。ベルゼバブが特殊技を使用する度に1上昇して、最大値は3となります。3になるとスタータスが大幅に強化され通常攻撃も手が付けられない程の高火力となります。なのでトランスLvは常に2以下にして戦闘を進めていく必要があります。このトランスLvは敵の特殊技を発動させずに解除することで2減少させることが出来るので、リンドブルムや六竜討伐戦よりも解除ということが重要となっています。特殊技についても気を付ける必要があるのは「カルマ」という技です。これはベルゼバブのHPにより発動して、召喚不可が付与されてしまいます。解除条件はチェインバーストなのですが、バトルシステムVer2なので専用のゲージが溜らないとチェインバーストは発動出来ないので、カルマに合わせた調整が必要となります。さらにバトルメンバーが戦闘不能になるとベルゼバブのHPが回復したりします。ベルゼバブを倒す為の注意を簡単に言うと・トランスLvを2以下・カルマの発動阻止(特に80%と60%)ただカルマは80%・60%・30%のタイミングで発動して、特に前半の80と60の間に再びチェインバーストを発動させて解除しなければならないのが少し難しい感じですね。・アストラルウェポンについてベルゼバブ討伐戦と同時に正式に実装されたアストラルウェポン。入手方法はトレジャー交換から入手が可能です。ただ要求される素材は六竜討伐戦の固有トレジャー「インシュラーコア」や「イグナイトラブル」等が必要。そして5凸にはベルゼバブ討伐戦のトレジャーが要求されます。5凸することで武器・スキルLvの最大値が上昇してスキルのメイン装備時が無くなりサブでも効果が発動するようになりますね。・編成についてアグニス編成で挑戦しました。ジータちゃんのジョブはランバージャックです。☆キャラに関してはエッセル・アニラ・アテナです。ベルゼバブには特殊技を撃たせないようにする為にスロウを使用していきます。また特殊技の解除に30回ダメージがあるのでアニラやアテナのヒット数の多いアビリティが便利です。30回ダメージ以外にも1000万ダメージが条件の技もあるのでエッセルのラストオーダーで火力を出していきます。メイン武器にはドラゴニックハープを装備して、奥義の幻影と再生で耐久していきます。サブにはエッケザックスで背水を効かせていきます。

  • 2020年5月23日
  • 2020年5月23日

【グラブル】風属性SSレアキャラ「高垣楓」の性能について。こいかぜによる特殊強化が便利で、奥義による効果延長が可能。0ターンで使用できるランダム弱体も有用。あと自身の効果で奥義ゲージ上昇量も高い。(シンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~)

風属性SSレア「高垣楓」の性能や強さについてまとめていきます。デレマスとのコラボイベント第8弾「シンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~」のエンディングをクリアすることが加入出来るキャラですね。ダジャレ魔王?こと楓さんの性能は、にゅるおじことユリウスのトゥルーインクワイアのような、使用間隔0ターンの弱体効果。ニオのクオリアのような特殊強化。奥義による効果延長。という感じです。あくまで「似ている」だけなので、性能はそれぞれ控えめです。ただ配布キャラでこの性能は破格だと思います。そして演出も他のデレマスキャラと比べるとアイドルな演出が強めで、ニュージェネレーションズの場合だと「普通に攻撃している」感じですが、楓さんだと小鳥が舞うような演出だったりします。というか、風属性の配布キャラが強すぎる。コッコロちゃんとかコッコロちゃん、そしてコッコロちゃん。得意武器は杖と楽器。両方とも風属性だと統一しやすい武器種なのも良い感じ。

  • 2020年5月20日
  • 2020年5月20日

【グラブル】ヴァンガードとメジエールの性能と強化素材について。キャバルリーの英雄武器で模造品ではなく朽ち果てた武器を基にして制作。それぞれドラグラクトと人馬一体に追加効果が発生する武器。個人的にはメジエールを作りたい。

キャバルリーの英雄武器「ヴァンガード」と「メジエール」が追加されたので性能や強化素材について見ていきます。キャバルリーの英雄武器もランバージャック同時に追加されましたね。キャバルリーの英雄武器ですが、今までの英雄武器と違う点があります。・一つのジョブに2種類の英雄武器・エンブレムによる強化が存在しない・模造品が存在しない上二つは以前から告知がありましたが、模造品までありません。模造品が無い代わり要求されてくるのは「朽ち果てた武器」です。ランバージャックも同様です。武器種に対応した「朽ち果てた武器」が模造品の代わりに必要となります。・ヴァンガードの場合は「朽ち果てた槍」・メジエールの場合は「朽ち果てた銃」朽ち果てた武器に関しては特に問題無く用意できると思います。以前ショップの交換にも追加されたことですし。この朽ち果てた武器を作りたい属性の「依代」に変更して、そこにアスタロトのアニマ等を使用して英雄武器の作成を行います。そして強化に必要となる素材に、他の英雄武器では必要としない「銀片」が必要となります。これも武器種に応じたものが15個必要です。これを集めるのに時間がかかりますね。なのでエンジェルヘイローの需要が高まっていますね。エンジェル武器も入手出来ますし。

  • 2020年5月20日
  • 2020年5月20日

【グラブル】トール・テーラーとリップヴァンウィンクルの性能と強化素材について。遂に実装されたランバージャックの英雄武器で模造品も無く朽ち果てた武器を基にして制作。それぞれ強化されるアビリティが違う武器で、トール・テーラーは攻撃的でリップヴァンウィンクルは防御向けな感じ。

ランバージャックの英雄武器「トール・テーラー」と「リップヴァンウィンクル」が追加されたので性能や強化素材について見ていきます。遂に実装されたランバージャックの英雄武器ですね。同時にキャバルリーの英雄武器も実装されています。このランバージャックの英雄武器ですが、今までとは違う点が3つあります。それは、・一つのジョブに2種類の英雄武器・エンブレムによる強化が存在しない・模造品が存在しない上二つは以前から告知がありましたが、模造品まで無いとは思いませんでしたね。なので共闘やローズクイーンから模造品の入手する必要が無いので多少楽に作れま......なんてね。先ず模造品が無い代わり要求されてくるのは「朽ち果てた武器」です。これはキャバルリーも同様です。武器種に対応した「朽ち果てた武器」が模造品の代わりに必要となります。なので・トール・テーラーの場合は「朽ち果てた斧」・リップヴァンウィンクルの場合は「朽ち果てた竪琴」これらが必要となります。朽ち果てた武器に関しては特に問題無く用意できると思います。以前ショップの交換にも追加されたことですし。この朽ち果てた武器を作りたい属性の「依代」に変更して、そこにアスタロトのアニマ等を使用して英雄武器の作成を行います。そしてこの強化に必要となる素材に他の英雄武器では必要としない「銀片」が必要となります。これも武器種に応じたものが15個必要です。これを集めるのに時間がかかりますね。なのでエンジェルヘイローの需要が高まっていますね。エンジェル武器も入手出来ますし。ということでトール・テーラーとリップヴァンウィンクルについて性能を見ていきます。

  • 2020年5月19日
  • 2020年5月19日

【グラブル】後編が追加されたシンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~ついて見ていきます。遂に高垣楓さんを加入することが可能になりましたね。性能はユリウスのやニオのような効果を持ちなかなか強そう。(あくまで似たような効果)

「シンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~」の後編が5/19に解放されたので、追加された内容を見ていきます。ということで「シンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~」の後編ですね。後編が解放されたことでEp4からエンディングまでのストーリーが追加されましたね。追加のストーリーは前編でも言われていた楓さんの歓迎会です。どんな歓迎会と言うと、トッポブ風な感じですね。とにかく明るい感じです。そしてエンディングまで挑戦できるようになったので風属性SSレアキャラ「高垣楓」さんの加入も可能となりました。性能は?というと・ユリウスの研究の成果を控えめにした効果・ニオのクオリアのように味方全体を強化して奥義で効果延長も可能良く言えばこんな感じで、効果自体はどちらも控えめです。ただ配布キャラでこの性能はかなり飛んでる強さですけどね。他にもエクストラクエストに難易度エクストリーム+やMANIAC、そしてHELL Lv120の追加等がされています。新しい難易度は敵が強めな分だけ報酬の量も少しだけ増えています。それではコラボイベント「シンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~」の後編について見ていきます。

  • 2020年5月18日
  • 2021年10月23日

【グラブル】六竜討伐戦「朱」ウィルナスをフルオート討伐(片面カグヤ編成)。攻撃に関してはほとんど素で受けていくので、ブラッククレバス辺りは10万越えのダメージ。単体攻撃が多いので奥義で幻影が付与できるブルースフィアを装備して挑戦。ただ最終的にバトルメンバーは3人に…..(六竜フルオート)

【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスをフルオートで攻略してきたのでまとめていきます。以前はヴァルナ編成やや水マグナ編成で討伐したことを書きましたが、今回はフルオートによる討伐です。編成としては片面カグヤのヴァルナ編成です。フルオートだとガードが使えないのでカグヤの自動復活に頼っていきます。・その前に六竜討伐戦「朱」について「ドラゴニックウェポン」の火属性武器「ドラゴニックハープ」の強化に必要なトレジャー「イグナイトラブル」を入手することができるクエストです。「イグナイトラブル」は六竜討伐戦でもなくてもトレジャー交換でも入手が可能。ただし要求される素材は「祖なる欠片」100個「火晶のエレメント」100個となり量が多いので六竜討伐戦の方で集めていきたいところ。・ウィルナスについてウィルナスの攻撃は単純なものが多いですが、とにかく火力が高い。特にマグマチェンバーはHPをキャラ毎の最大値70%分の無属性ダメージしてくる。そしてフルオートなのでガードが出来ないです。普通に手動でガードしていれば大したことの無い攻撃も、甚大な被害を受ける場面が出てきます。例えば10万ダメージを素で受けたり。・編成について編成は片面カグヤそしてヴァルナで、ジョブはウォーロックにしました。☆キャラに関してはカトル・マキュラ・リリィ、サブにはエウロペ・ハーゼリーラで挑戦しました。各種弱体を入れつつグラビティとスロウで遅延しながら特殊技を受ける回数減らしていきます。メイン武器にはブルースフィアを装備して、奥義の幻影と再生で耐久していきます。○戦闘面で思ったのは、・ガード出来ないと辛いぃぃ

  • 2020年5月18日
  • 2020年5月18日

【グラブル】「ゴールデンぴにゃこら太」の入手や性能について。サブ装備効果でシンデレラガールズの攻撃力を20%UP。召喚では奥義ゲージとダメージUPそしてシンデレラガールズには追加の効果が。(シンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~)

「ゴールデンぴにゃこら太」の性能や入手方法そして隠し効果について見ていきます。イベント「シンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~」で入手することができる光属性召喚石ですね。光属性の召喚石とはいっても、加護では光と風属性を強化できるようになっています。同イベントで加入するキャラが光属性の「渋谷凛&島村卯月&本田未央」と風属性の「高垣楓」だからですね。さらにサブ装備加護も持っていて、シンデレラガールズの攻撃力を上昇させるという効果があります。これは今まで登場してきたシンデレラガールズ【みりあちゃんや蘭子ちゃん】達にも効果が発揮されますね。召喚をすると奥義ゲージUPや奥義ダメージUPといった強化が行われます。しかしシンデレラガールズにはそれ以外にも追加で得られる効果もあるようですね。そして最終上限解放も可能な召喚石です。最終上限解放をするとメインとサブ加護が強化されます。ただ上限解放の素材にはイベント限定トレジャーが必要なので、イベント期間中に集めておく必要がありますね。それでは召喚石「ゴールデンぴにゃこら太」の性能を見ていきます。

  • 2020年5月18日
  • 2020年5月18日

【グラブル】「ぴにゃの書」の入手や性能について。闇属性の杖武器でいつものEX攻刃なスキルに加えてターン制限の功刃の2つを持つ武器。奥義も白い翼の生物が登場してターン終了時に追加でダメージが発生するなかなか強めな感じ。(シンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~)

シンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~で入手できる闇属性武器「ぴにゃの書」の性能や入手方法について見ていきます。「シンデレラファンタジー~ふたたび始まる空の旅~」のイベント内でも登場する黒い本こと「ぴにゃの書」は闇属性の杖武器ですね。そして最終上限解放も可能なEX功刃武器です。スキル名も結構前に登場したカエールベルと同じ「アンノウン・ATKⅡ」です。あちら風でこちら闇なので属性は違いますけどね。第2スキルはシナリオイベントで入手できる武器とは違い「ぴにゃの書」はメイン装備でなくても効果を発揮することができます。メイン装備にした時の奥義に関しては、若干のタイムラグがありますが追撃(白い翼の生物が現れる)の発生もあり。