MONTH

2020年7月

  • 2020年7月31日
  • 2020年12月27日

【グラブル】六竜マルチHL「ウィルナスHL」のソロ討伐をヴァルナ編成でしたので内容について。水着ルシオでマグマチェンバーと熱線に対応しながらの討伐。

マルチバトル「六竜HL」の火属性【ウィルナスHL】のソロ討伐を水属性アグニス編成で攻略してきたのでまとめていきます。六竜討伐戦HL(マルチバトル)が2020/07/27のアップデートで追加されました。同時にドラゴニックウェポンとは別に「アンセスタルシリーズ」という武器や、キャラの強化アイテム「エーテリアルプラス」も実装されています。ということで六竜HLマルチバトルをソロ攻略してきました。今回は火属性の「ウィルナスHL」です。マルチバトルの六竜Hもシングルバトル同様にバトルシステムVer2で6人まで参加可能となっています。クエストの場所はナル・グランデのグロース島で、マルチバトルリストはアルティメットバハムートの星7のところにあります。(アルバハと同じ難易度のところにあるけど、アルバハほどではない)クエストクリア時にドロップするアイテムは、シングルバトルでの「イグナイトラブル」に加えて、・「ウィルナスの竜珠」・「猛火の耳飾り」・「アンセスタルシリーズ」の「ウィルナス・フィンガー」が入手可能になっています。「イグナイトラブル」・ドラゴニックウェポンの火属性武器「ドラゴニックハープ」の強化(5凸)に必要。・アストラルウェポンの火属性「ソル・レムナント」の入手、そして5凸に必要。「猛火の耳飾り」と「ウィルナスの竜珠」・「猛火の耳飾り」は火属性キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要。・「ウィルナスの竜珠」はショップで↑の「猛火の耳飾り」と交換出できる。アンセスタルシリーズ「ウィルナス・フィンガー」・ウィルナスHLからのドロップでのみ入手可能。・スキルは「炎威の背水」「朱の誓約」○ソロ討伐報酬・参戦者が自分のみでクリアすると称号「炎威を滅せし孤高の翼」を獲得。・称号による報酬は「猛火の耳飾り」○「ウィルナスHL」について☆基本的な行動はシングルバトル「六竜討伐戦「朱」」と一緒。ただ効果内容の変更やダメージが上昇していたりします。★特にウィルナスの場合は火力が大きく上昇しています。★全属性ダメージカット無効。(消去不可)・通常攻撃は単体。だけど5000位のダメージ。・「熱線」や「マグマチェンバー」の特殊技がガードでは防げない。・弱体効果で灼熱・ショート・虚脱・奥義ゲージーが発生。・40%以下の通常攻撃ではアビリティ封印が付与されることがある。☆高難度に位置するマルチバトルなので「全属性ダメージカット無効」がある。けど正直全属性カット(ファランクス等)じゃなくて、属性ガードを使うことが多いのであまり意味は無いですね。☆「熱線」や「マグマチェンバー」はガードだとHPをほぼ全て持って行かれて意味が無いので、属性ダメージカット・幻影・無敵で回避です。★と言いますか、この2つの技に対応出来れば勝つことは簡単です。○挑戦した編成・両面ヴァルナの火属性の神石編成。・ジータちゃんはセージ。キュアーフェンやベールで弱体回復やマウント。・キャラは「力トル」「水着ルシオ」「リリィ」。☆カトルは四天刃効果+スロウの奥義や弱体でサポート。☆水着ルシオは要所に応じて無敵や火属性ダメージカットで「熱線」や「マグマ・チェンバー」に対応。☆リリィは氷晶結界が便利過ぎる。だけど今回はルシオ(種族:その他)がいるのでサポートアビリティは欠けた状態。☆武器に関してはメインにブルースフィアを持って、幻影と再生でバトルメンバーの維持をしていきます。★とりあえずシングルバトルと同じ気分でマルチのウィルナスHLをソロ討伐しようとすると「熱線」と「マグマ・チェンバー」に焼かれるので注意。

  • 2020年7月30日
  • 2020年7月30日

【グラブル】PROUD「Nnarrrgi・Shock」を闇マグナ編成で攻略したので編成や内容。敵はLv150デンキンナギとサメーズの2連戦。ビカラちゃんでほとんど敵の攻撃を回避(命中低下も合わせて)してたら終わる。

PROUD「Nnarrrgi・Shock」を闇マグナ編成で攻略してきたので、編成や敵の行動について見ていきます。(ビカラちゃんのおかげで回避率UPした闇パ)2020年のグラブル夏イベント「わたしの愛しのアウギュウステ」。そのイベントで登場する敵は火山を背負ったヤドカリ(灼孥火罹)でした。そして同イベント内で難易度が最も高いPROUDではイベント内で・ビリビリが効かないアルベールに倒された「デンキンナギ」・サンダルフォンにアイン・ソフ・オウルされた「サメーズ」この2体連続で戦うことになります。ということでPROUD「Nnarrrgi・Shock」の「Lv150デンキンナギ」と「Lv150サメーズ」を闇マグナ編成で攻略してきました。○PROUD「Nnarrrgi・Shock」の特徴は、・1戦目は「Lv150デンキンナギ」、2戦目は「Lv150サメーズ」。・通常攻撃はランダムに多段攻撃。・オーバードライブでCTがMAXに。・デンキンナギは特殊技で麻痺の追加効果。自身には攻撃・防御・連続攻撃確率UPの付与。・サメーズは高揚の付与がされる。・どちらも特殊技のダメージは1万以上。・ンナギには効かないけど、サメにはビカラちゃんの捕獲が効く。○挑んだ闇マグナ編成について。〇編成したキャラは「シス」「ビカラ」「ヘレル・ベン・シャレム」。・基本はビカラちゃんで回避率UPだけど、全員何かしら回避手段を持つ。ジータちゃんは気合いで避ける。〇武器に関してはセレストクロー・マグナとアビススパインのマグナ編成。○召喚石は安心の黒麒麟。今回は2戦目の開幕で使用しました。

  • 2020年7月30日
  • 2020年7月30日

【グラブル】「わたしの愛しのアウギュステ」の報酬等について。引き続きイベント舞台はアウギュステで、水着アニラに視線が持って行かれる?イベント。そして信頼度イベントで新キャラも加入。

グラブルの多分普通の人サイド側に視点を置いたイベント「わたしの愛しのアウギュステ」が開催されたので、イベント内容や報酬、周回について書いていきます。さらに引き続き今度もアウギュステが舞台で行われるイベントです。メグという少女がアルバイトをして貯めた旅費でアウギュステでバカンスを楽しむというイベントなので、いつもの危険な海産物が海を巡り空は舞うアウギュステとは違う感じですね。なんてイベント開始前は思いました。実際にイベントをやって見ると、メグの昔から今に至るまでの夏の思い出を巡るお話ですね。”夏の思い出を巡る”のでお話の時間の進みが1年単位で進んでいくという、今までに無い早さでシナリオが進行していきます。メグが夏にアウギュステに行くということは、あの騎空団も夏の度にアウギュステでトラブル解決をしているので………要は超強いジータちゃん騎空団が活躍して居る中での一般人側の視点のお話が今回の「わたしの愛しのアウギュステ」ですね。まずイベントの内容よりも「水着アニラ」「水着フェリ」がイベント内で登場したことが一番のインパクトですね。これは今年の水着キャラに登場するかもしれませんね。そしたら天井がほぼ確定……ただし水着ルシオの件もあるので、直ぐには登場しないかもしれませんけどね。あと「水着アルベール」も登場してますね。(個人的に某バハムートのようにルシ&ビリおじのような感じでも良いよ?)水着ビッキーもいるよ!イベント報酬については・魚貝類の召喚石←夏イベントなので当たり前?・リゾートの功刃という光杖武器・ダマスカス骸晶等のアイテム・新キャラの加入☆新キャラも加入することが可能です。エンディングクリア後にマルチバトルを3回クリア毎に発生する信頼度イベントをこなしていくと、新キャラが仲間となります。☆そのキャラはお空に今まで居ない感じのキャラです。☆高難易度PROUDもいつも通りあります。

  • 2020年7月28日
  • 2021年2月13日

【グラブル】六竜マルチHL「ガレヲンHL」ガレオンをソロ討伐(ゼピュロス編成)したので内容を見ていきます。通常攻撃が無いので六竜HLの中でも討伐は楽な方。ただし「大激震」には注意。

マルチバトル「六竜HL」の土属性【ガレヲンHL】のソロ討伐を風属性ゼピュロス編成で攻略してきたのでまとめていきます。予告にもあった六竜討伐戦HL(マルチバトル)が2020/07/27のアップデートで追加されました。同時にドラゴニックウェポンとは別に「アンセスタルシリーズ」という武器や、キャラの強化アイテム「エーテリアルプラス」も実装されています。ということで六竜HLマルチバトルをソロ攻略してきました。今回は土属性の「ガレヲンHL」です。マルチバトルの六竜Hもシングルバトル同様にバトルシステムVer2で6人まで参加可能となっています。クエストの場所はナル・グランデのグロース島で、マルチバトルリストはアルティメットバハムートの星7のところにあります。(アルバハと同じ難易度のところにあるけど、アルバハほどではない)クエストクリア時にドロップするアイテムは、シングルバトルでの「インシュラーコア」に加えて、・「ガレヲンの竜珠」・「沃土の耳飾り」・「アンセスタルシリーズ」の「ガレヲン・ジョー」が入手可能になっています。「インシュラーコア」・ドラゴニックウェポンの土属性武器「ドラゴニックボウ」の強化(5凸)に必要。・アストラルウェポン「ユグドラシルブランチ」の入手、そして5凸に必要。「沃土の耳飾り」と「ガレヲンの竜珠」・「沃土の耳飾り」は土属性キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要。・「ガレヲンの竜珠」はショップで↑の「沃土の耳飾り」と交換出できる。アンセスタルシリーズ「ガレヲン・ジョー」・ガレヲンHLからのドロップでのみ入手可能。・スキルは「巌追の秘奥」「金の誓約」○ソロ討伐報酬・参戦者が自分のみでクリアすると称号「巌追を穿ちし孤高の翼」を獲得。・称号による報酬は「沃土の耳飾り」○「ガレヲンHL」について☆基本的な行動はシングルバトル「六竜討伐戦「金」」と一緒。ただ効果内容の変更やダメージが上昇していたりします。★全属性ダメージカット無効。(消去不可)・通常攻撃はしてこない。・5ターン毎の「スワッター」、次ターンの「クラフトリゲイン」。後半は「降砂石」になり間隔が4ターン毎なる。・「クラフトリゲイン」で弱体回復は無くなり、攻撃UP・防御UP・再生UPが付与される。・特殊技では弱体効果で強圧・恐怖・奥義ゲージーが発生。・「大激震」はディスペルに反応しての発動では無くなっている。☆高難度に位置するマルチバトルなので「全属性ダメージカット無効」がある。☆クラフトリゲインで弱体回復がされない代わりに再生が付与され、毎ターンHPを200万回復される。☆大激震はディスペルに反応せずに、40%突入後3ターン目?辺りに1回発動する。○挑戦した編成・両面ゼピュロスの風属性のオプティマス編成。・ジータちゃんはランバージャック。安らぎの木もれ日で弱体回復とマウント。・キャラはティアマト・アンチラ・ユリウス、サブにカッツェリーラ。☆ティアマトはマウント持ちで回復やスロウも出来る万能なキャラ。アンチラは全体強化と敵の弱体そしてHP全回復。ユリウスは素早い攻防DOWNやスロウとディスペル。☆カッツェリーラは逆位置効果でHPを回復。☆武器に関してはインドラリムを複数装備して技巧と堅守による防御より。

  • 2020年7月28日
  • 2021年2月13日

【グラブル】六竜HL(マルチバトル)が実装されたので追加内容について。ウィルナスHL等のマルチバトルから「アンセスタルシリーズ」や「~耳飾り」が入手可能に。敵の行動もシングルの時とは少し違う、そして火力が高い。

マルチバトル「六竜討伐戦HL」がアップデートで追加され、新武器や新アイテムも増えたのでまとめていきます。予告にもあった六竜討伐戦HL(マルチバトル)が2020/07/27のアップデートで追加されました。同時にドラゴニックウェポンとは別に「アンセスタルシリーズ」という武器や、キャラの強化アイテム「エーテリアルプラス」も実装されています。ということで遂に六竜HLが実装されましたね。シングルバトルの「六竜討伐戦」は1,2週置きに解放されていましたが、HLは一気に解放されます。クエストの解放条件は「リンドブルムHL」のクリアとランク151以上なので、六竜のシングルバトルに挑戦出来ていればこちらにも挑戦可能です。解放されるクエストは・「ウィルナスHL」・「ワムデュスHL」・「ガレヲンHL」・「イーウィヤHL」・「ル・オーHL」・「フェディエルHL」そして同時に実装された2つの要素・武器「アンセスタルシリーズ」・キャラ強化アイテム「~耳飾り」があります。バトルはVer2で6人まで参加可能。クエストの場所はグロース島。マルチバトルリストはアルティメットバハムートの星7のところ。クエストクリア時にドロップするアイテムは今までの「イグナイトラブル」等の六竜固有のアイテムに加えて・「ウィルナスの竜珠」のような「~竜珠」・「猛火の耳飾り」のような「~耳飾り」・武器「アンセスタルシリーズ」が入手できます。☆各クエストとも基本的な敵の行動はシングルバトルと一緒だけど、付与される強化が消去不可となっていたりして厄介な敵も。(ル・オーの後半の高揚が消去不可になったり)○「アンセスタルシリーズ」は・各属性に1つずつ存在。・性能は属性毎にバラバラで、第2スキルの解放は武器Lv150。・入手方法は六竜HLからのドロップのみ。○「~耳飾り」は・キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要なアイテムで、各属性に1つずつ存在。・キャラ属性に応じた「~耳飾り」が必要。・入手方法は六竜HLからのドロップや、「~竜珠」とショップで交換。

  • 2020年7月26日
  • 2020年7月26日

【グラブル】土精のアストラやケルサス・フラグメントをポイント・ケルサス周回で入手中。ザ・タワー5凸と賢者ロベリア加入の為に。2020年8月の土有利古戦場を目標に。(アーカルムの転世)

ザ・タワーやザ・テンペランス等のアーカルム召喚石の4凸と5凸に強化する為に必要なトレジャー「ケルサス・フラグメント」や「土精のアストラ」「風精のアストラ」を「ポイント・ケルサス」で集めているので、入手方法や1週辺りの入手量についても見ていきます。2020年8月中旬には土属性有利の古戦場が開催される予定なので、それまでにロベリアを取得したい。なので「ザ・タワー」を5凸そして「ザ・タワーが描かれたカード」を入手するべく「土精のアストラ」を「ポイント・ケルサス」を周回して集めている最中です。ということで今回は「ポイント・ケルサス」1-1から9-3を1周して集まるアーカルム素材の量や入手方法について見ていきます。ちなみにもう一つの土属性アーカルム召喚石「ザ・ハングドマン」及び賢者の「カイム」は入手済みです。「ケルサス・フラグメント」に関してはをほぼ集まっているのですが、「アストラ」の方が全然足りない状態です。「アストラルウェポン」にも「アストラ」を使用することが原因の1つですね。これを書いている時は「土精のアストラ」は154個ありますが、「ザ・タワー」の4凸に45個、アストラルウェポンの「ユグドラシル・ブランチ」の5凸に30個が必要となり、121個ほど足りない状態です。今回は「土精のアストラ」集めのついで、フラグメント等の入手方法や1週辺りの入手量について書いていこうと思ったわけです。

  • 2020年7月26日
  • 2021年5月25日

【グラブル】黒柴獣の刻「ケイオスビースト」を風マグナ編成でフルオートによるソロ討伐。モンクの武芸百般による追加ダメージでケイオスビーストのHPが効率良く削れる。問題は幽世の黒柴刃のドロップ率。

共闘クエスト「黒柴獣の刻」のケイオスビーストを風マグナ編成でフルオートによるソロ討伐をしてきたのでまとめていきます。ケイオスビーストからは英雄武器の制作に必要な「幽世の黒柴刃」が入手できるので、新たな英雄武器が出るたびに周回が必要となります。ということで風属性編成そして英雄武器を持ったモンクでの挑戦です。武芸百般による追加ダメージが良い感じに火力を出してくれます。○編成について・ティアマト・マグナの風マグナ編成・キャラはティアマト・アンチラ・グリームニル・メイン武器はモンクの英雄武器「金砕棒」、サブはラストストームハープとティアマトボルト・マグナを半々ぐらい。○戦闘面・ケイオスビーストが特殊技で自身に防御UPを付与してくるのでダメージが通りにくい。なのでディスペル等による解除が必要。・無属性ダメージの特殊行動が多いので、回復手段と高HPを確保。・その回復手段として回復アビリティ以外の回復方法が必要。☆ディスペルはモンクのアビリティ「武操術」とアンチラの奥義。HPの回復はティアマト。☆特殊技には弱体効果も付いてくるのでティアマトそしてグリームニルのマウントで無効化。それはそうと古戦場やブレイブグラウンドの度に英雄武器を追加作成することが多いです。☆なんてことで英雄武器を作成する本数も増えたのでケイオスビーストの周回も増えました。フルオートによりケイオスビーストを片手間で倒せるので、他の事をしている間に片手間で周回出来るので便利ですね。

  • 2020年7月25日
  • 2021年10月23日

【グラブル】邂逅、黒銀の翼(よわバハ)を光マグナでフルオートでソロ討伐。大いなる破局の999999ダメージも、ガイゼンボーガさんのおかげで余裕。

「邂逅、黒銀の翼」(よわバハ)を光マグナ編成でフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。弱い方のプロトバハムートのフルオート討伐です。以前(数年前)は皆で寄って集って戦っていた「よわバハ」も今ではフルオートで放置して倒せる程度になりました。今回プロトバハムートのフルオートをしているのは、「バハムートの角」の在庫が無くっていたからです。前に使うバハムート武器の分や「強バハ」に通って居た時期にはありました。最近になって再び「強バハ」通い始め「バハムートの角」が無くなってきたので、「よわバハ」にも通い始めました。「強バハ」の方に通い始めたのは「バハムートの紫電角」そして「ヒヒイロカネ」。どちらも「終末の神器」に使うためです。ということで「邂逅、黒銀の翼」を光マグナでフルオート討伐です。○敵「プロトバハムート」について・開幕の特殊技「ラグナロクフィールド」で毎ターンHPが減少。・HP25%と5%の特殊技「大いなる破局」。☆バハムートと言えば「大いなる破局」。普通にダメージを受けるとバトルメンバーが壊滅するのでダメージカットが必要です。今回はサブに賢者を入れてダメージを固定化してます。〇攻略した編成について・シュヴァリエ・マグナとルシフェルの光マグナ編成。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラについてはゾーイ、イオ、レ・フィーエ。サブにガイゼンボーガ。・武器はシュヴァリエソード・マグナを主体。☆バトルメンバーのキャラは回復アビリティでは無い回復が可能。(レ・フィーエは付与される効果で回復アビリティが使用される)☆ガイゼンボーガは光属性キャラが受ける闇属性ダメージの上限値を1万に固定。

  • 2020年7月24日
  • 2020年7月24日

【グラブル】土晶のエレメントをブローディアHLに60回参戦して集めてみました。なのでそのドロップ結果について。

土晶のエレメントの集めについて、ブローディアHLを60回倒してどれ位入手出来きたのか?を武器等を含めてまとめていきます。土属性の武器や召喚石の上限解放で【土晶のエレメント】とは切り離せない縁ですね。ということで今回はブローディアHLの救援に参戦して【土晶のエレメント】がどれ位?入手出来たかを見ていきます。合わせて「ニーベルン・クリンゲ」「ニーベルン・ホルン」等の武器や「ブローディアのアニマ」も確認していきます。ちなみに救援は連戦部屋では無く、野良の救援です。○参戦時は風黄竜クリュサオル編成。・FULL CHAINを3ターン連続で叩き込んでいく編成。○赤箱、青箱について・だいたいは2-3位にいるので赤箱、青箱率は高い。○土晶のエレメントが足りない理由・武器は上限解放しなければスキル追加されない物が多いので、土晶のエレメントの消費がどうしても多くなってしまいます。・他のエレメント同様に要求量が多いの(だいたいは200個、特殊な物は500個)に対して供給する方法が限られているので、直ぐに在庫がなくなってしまう事が多い。

  • 2020年7月23日
  • 2020年7月23日

【グラブル】フロネシスHLを風マグナ編成でソロ討伐したので編成や内容。マウントとグラビティそしてスロウが無いと、アビリティ封印ループにされる可能性が高い敵。

フロネシスHLを風マグナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていきます。・番外校則という味方の行動制限効果をフロネシス自身に付与。・番外校則には壱~参まであり、それぞれの校則に応じた行動を取らないといけない。この校則を破るとフロネシスに強化効果や味方に弱体効果が付与される。☆マウントとグラビティそしてスロウが無いと、アビリティ封印ループにされる可能性が高い敵。