MONTH

2021年2月

  • 2021年2月27日
  • 2021年5月11日

【グラブル】イベントVH周回をタイム・オン・ターゲットによる1ポチ周回について。7周年イベント「STAY MOON」の”Lv30幽世の者”を、光マグナによりアビリティのみで周回して、「プロトコルテープ」と戦貨集め。

イベントVHの周回について、ハウンドドッグの「タイム・オン・ターゲット」による1ポチ編成が便利なので書いていきます。ちなみに光マグナ編成〈両面シュヴァリエ・マグナ〉となります。(今回挑戦するのはグラブル7周年シナリオイベント「STAY MOON」)ということで戦貨ボックスを20箱開ける為の周回についてです。今回は周年イベント「STAY  MOON」のマルチバトルVH「LV30幽世の者」を相手にしていきます。シナリオイベントのVH周回ではEXやHLに挑戦に必要なトレジャー及び戦貨集めをしていくことになります。また。十天衆の限界超越にまとまった数が必要な「ダマスカス骸晶」。その元になる「ダマスカス磁性粒子」のドロップも狙っていきます。この「STAY MOON」の場合はトレジャー「プロトコルテープ」を集めることになります。いつもだとVHは両面黄龍編成で周回していましたが、今回からハウンドドッグでも周回をしていこうと思います。ハウンドドッグでの周回の場合はアビリティ「タイム・オン・ターゲット」のみを使用して敵を討伐していくことになります。なお、討伐に必要なダメージ量は640万前後となっています。アビリティによる討伐なので硬直が無くテンポ良く周回が出来ます。〇タイム・オン・ターゲット・パーティの「弓」「銃」得意キャラの数だけ発動回数が上昇するアビリティで、これによる大ダメージでVHの敵を1パンしていくことになります。・↑の通り弓もしくは銃が得意なキャラでパーティを埋めることや、武器や召喚石もアビリティダメージを上昇させるようにするので、編成の余裕が少し狭くなります。○挑んだ編成について・ジータちゃんは「ハウンドドッグ」。・編成したキャラは「ソーン」「シルヴァ」「メーテラ」「エッセル」「イルノート」という、全員が弓か銃が得意なキャラ。・メイン武器は六道武器「フラマ・オルビス」。サブには「ミトロンの弓」といった方陣武器やオメガボウ等を編成。・メイン、サポーター召喚石は「シュヴァリエ・マグナ」による光マグナ編成。・タイム・オン・ターゲットは複数回のダメージが発生するのでサブ加護でダメージ上限増える「ベリアル」を編成。☆この後は挑戦した編成、実際の様子、20箱に必要な戦貨についてそれぞれ確認していきます。それでは光マグナによるタイム・オン・ターゲット周回についてです。

  • 2021年2月27日
  • 2021年5月11日

【グラブル】7周年イベント「STAY MOON」が開催されたので報酬や内容等について。遂にカシウスの救助が始まる、スパゲッティシンドロームの続編。ストーリーは約1週間毎に更新されていく。報酬は新ジョブ「レリックバスター」、そして「ヒヒイロカネ」もあり。また複数のキャラが属性違いでイベントに登場するので、プレイアブル化にも期待。

グラブル7周年のシナリオイベント「STAY MOON」が開催されたので、イベント内容や報酬について書いていきます。ということで7年目となる今年も始まりました周年イベントです。去年の「こくう、しんしん」は十天衆「シス」がメインのシナリオでしたが、今年のイベント「STAY MOON」はゼタやバザラガの所属する組織イベントとなります。「STAY MOON」はスパゲッティシンドロームが続くイベントです。そのイベントスパゲッティシンドロームで念願叶って月へ戻った”アイザック”そして”カシウス”ですが、月に到着後”カシウス”はサンプルとして悲惨な状態となりました。そのエンディングそして「STAY MOON」の開幕で、アイザックから今のカシウス状態が伝えられ助けてくれと連絡が入ります。そこから月に向かい2人を救出するというのが今回のお話になります。なにはともかく開幕から”アイザック”のSAN値がフルスピードで減るような感じなイベントなので、早く助けにいきたいところです。ただ今回の7周年イベントは4部構成となっていて、ストーリー更新は約1週間となっているので、順を追っていくしかありません。また、更新に伴いイベントのシングルバトル・マルチバトルの敵も変化していくことになります。イベント自体も組織絡みのイベントの終着点となるので、今まで登場してきたキャラ達も勢揃いとなります。・瓶喰い女で”敵”である”グレイス”とか。他にもヨダ爺やファラやユーリも登場します。ファラとユーリに関してはイベント戦闘で2人で1キャラ扱いで使用することになるので、これもプレイアブル化しそうです。ゼタやバザラガ達もシナリオ中に新たな装いで登場します。しかもイベント中の戦闘で使用することになるので、レジェンドフェスやグランデフェスのタイミングでプレイアブル化しそうです。ちなみにバザラガは火属性、ゼタは水属性で登場しています。これで火属性でもゼタ・バザラガ・イルザ・ベアトリクスのような組織編成も組むことが出来るようになりそうですね。○イベント報酬について・ジョブ「レリックバスター」・機神の召喚石「月に降り立ちし三機神」・杖武器「ルナ・ベアラー」・ヒヒイロカネ・ダマスカス骸晶等のアイテム「レリックバスター」☆このイベントでは新ジョブ「レリックバスター」の取得が可能となります。条件はシナリオイベントを進めることで入手出来るトレジャーを4個使用することになります。☆なのでジョブの取得には最後のシナリオが解放されてからとなります。★またイベント期間中に取得出来なかった場合は、トレジャー交換から入手が可能なようです。「月に降り立ちし三機神」☆イベント限定の召喚石ですね。いつも通りマルチバトルや戦貨ボックスからの入手となります。☆性能は、闇属性の召喚石で加護は闇属性キャラの攻撃UPと奥義ダメージUPです。召喚効果は闇属性ダメージ6回と味方全体をランダム強化となっています。「ルナ・ベアラー」☆こちらもイベント限定の武器です。入手方法もマルチバトルや累計貢献度等からとなっています。☆武器性能としては、闇属性の杖武器で闇属性キャラの攻撃力を上昇させるEX功刃、そしてメイン装備には主人公にランダムな強化効果を付与するもとなっています。「ヒヒイロカネ」☆何も言うことは無いほどの存在感の「ヒヒイロカネ」も入手可能です。☆入手方法は戦貨ボックスの4ボックス目に設定されています。これで十天衆の取得から最終上限解放そして限界超越をしていきたいですね。「ダマスカス骸晶」☆これもいつものトレジャーですね。入手方法は累計貢献度から。☆十天衆の限界超越でより需要が高まったので、集めておきたいですね。☆その破片の磁性粒子もマルチバトルから入手出来るので、戦貨のついでドロップしたら嬉しい。○イベントストーリーとバトル☆上にも書きましたが4部構成。約1週間毎に更新されていきます。☆また更新の度にシングルバトル・マルチバトルの敵が変化していきます。☆イベントの敵は闇属性で光有利となります。(イベント開催時)☆また難易度「PROUD」は2回目のストーリー更新で追加されるようです。それでは7周年の組織イベント「STAY MOON」について見ていきます。

  • 2021年2月23日
  • 2021年5月11日

【グラブル】シヴァHL等が対象にドロップUPキャンペーンが開催されたので水マグナ編成で挑戦し、そのドロップ内容の確認。3回目となる開催で、対象クエストもそのままで、紫箱のドロップや自発者はドロップが倍となるイベント。

3回目となるシヴァ等の火属性クエストの「ドロップUPキャンペーン」が開催されたので、対象クエストを水マグナで挑戦してきたので、ドロップ内容や編成とかを見ていきます。7周年 Anniversary前夜祭キャンペーンと共に開催された今回は3回目のドロップUPキャンペーンとなります。とは言っても内容はいつもと変わらないキャンペーンですけどね。ただ前夜祭キャンペーンにより消費AP・BP半額なので、いつもより消費が少なく周回出来ます。また開催期間は約1週間となっています。今のところ火属性クエストのみの表記ですが、グラパスでは3月まで期間が続いてるので前回同様に1週間毎に対象属性が変わっていくことになると思います。○ドロップUPキャンペーンとは?宝箱の増加・対象クエストの発見者は1回のクリアで、クエスト2回分の宝箱を獲得出来る。(自発の赤箱等も倍になる)追加報酬・新たに「紫箱」が追加。入手条件は獲得貢献度に応じて獲得しやすくなる。(青箱みたいなもの)☆自発箱が倍になるので、SSR武器を入手する確率が上昇します。対象は火属性クエストですが・コロッサス・マグナ討伐戦・フラム=グラス討伐戦・コロッサス・マグナHL・シヴァHLこの4つのみがキャンペーン対象となっています。☆シヴァに関してはマグナⅡ武器「ニーラカンタ」を目当てに集めていきたいですね。(これを目当てにしているとブラフマンシミター3凸分の1本は直ぐ出来る)☆他にも各種アニマを集めていきたいですね。それでは3回目となるドロップUPキャンペーン(火属性)ついて本題です。

  • 2021年2月18日
  • 2021年5月11日

【グラブル】「Spaghetti Syndrome」が復刻開催されたので報酬等について。7周年イベントはこのイベントの続きとなるのでシナリオを読み返しておきたいところ。報酬は「ゼタ」の最終上限解放アイテムやバザラガのスキンや召喚石といった感じ。

組織イベント「Spaghetti Syndrome」が復興開催されたので、イベント報酬等について書いていきます。ということで2021年2月に組織イベントである”スパゲッティシンドローム”が復刻開催されましたね。初回開催から1年と1ヶ月ぶりの開催となっています。スパゲッティシンドロームは”Right Behind You”そして”Second Advent”から続くイベントです。「カシウス」と「アイザック」が主体となったシナリオです。このイベントにより組織・敵・月について分かるようになってきます。そして7周年のイベントは、この組織イベントの続編となっています。なのでこの機会に一度”ライト・ビハインド・ユー”から読み直しても良いかもしれません。○イベント報酬・闇属性の銃武器「プラズマジグソー」・闇属性召喚石「大鎌を操りし漆黒」・バザラガのスキン「払暁に冥刃閃く」・ゼタの最終上限解放アイテム「穿光のパトス」・ダマスカス骸晶・アーカルムポイントSSR「ゼタ」の最終上限解放アイテムである「穿光のパトス」を入手出来ます。初回時とは異なりイベント期間外でもショップでもトレジャーを消費して入手することも可能です。またダマスカス骸晶やアーカルムポイントもイベントのトレジャー交換で入手可能です。ダマスカス骸晶は十天衆の限界超越、アーカルムポイントは賢者に必要なので確保を確実にしていきたいところです。(今月にはサラーサと力トルの限界超越も実装されますし)復刻に伴い敵との戦いは討滅戦形式のエクストラクエストになりました。そのためPROUD等の難易度が初回時より削除されています。それではスパゲッティシンドロームの復刻開催についての本題です。

  • 2021年2月18日
  • 2021年5月11日

【グラブル】バレンタインの「アグロヴァル」や「クラリス」達が欲しいので、「グランデフェス」を300連(天井)してきました。今回は未加入の「グリームニル」を初めとしたバレンタインキャラを、多く加入することが出来ました。

バレンタインキャラの「アグロヴァル」や「モニカ」が実装された2021年2月の「グランデフェス」。ここがバレンタインキャラを複数入手のチャンスなので、7周年を控えているにも関わらず天井(300連)してきたのでガチャの結果を見ていきます。ということでバレンタインな時期で、今年のお空にも新しいバレンタインVerキャラが追加されました。それは「アグロヴァル」と「モニカ」の2人ですね。(モニカについてはバレンタインというか、神バハやプリコネからの輸入なラブリーモニカ提督だけどね!)そんなバレンタインキャラが実装された「グランデフェス」を天井して来ました。ちなみにグラブルのバレンタインキャラは・SSRキャラ「モニカ」「アグロヴァル」「メドゥーサ」「クラリス」「メリッサベル」「スカーサハ」「グリームニル」・SRキャラ「ナルメア」「ティナ」となっています。その内、手持ちのバレンタインキャラの加入具合を見たところ、「メドゥーサ」と「ナルメア」という圧倒的な所持率の低さが目立ったので、この機会に引いていくことにしました。ということでガチャでバレンタインキャラやSSRはどれくらい入手出来たかを見ていきます。

  • 2021年2月16日
  • 2021年10月23日

【グラブル】「フロネシスHL」をフルオートソロ攻略したので編成や内容を見ていきます。編成はゼピュロスにインドラリムを積んだ堅守。「扇抜」や「剣聖の袋竹刀」の為にも日々自発。

「フロネシスHL」のフルオートソロ攻略をゼピュロス編成でしてきたのでまとめていきます。フロネシスもシャトラちゃんと一緒にフルオート討伐して、専用の武器「扇抜」や「剣聖の袋竹刀」のドロップを狙っていきます。特に水有利古戦場もあるので「扇抜」を集めてみたいところでもあります。以前は「フロネシス」を風マグナとゼピュロスでソロで討伐しましたが、今回はゼピュロスでフルオートソロ討伐に挑戦してきました。無理にフルオートでソロする必要も無いけど、適当にHPを削って救援を流して誰も来なくても放置してれば倒せるので安心できます。○称号について・ティアマト・マリス等のHL同様にソロで討伐称号が有り、フロネシスでは「ルール・ブレイカー」を獲得することができます。・称号の報酬には他のHLソロ討伐と同じくレジェンドガチャチケットが入手出来ます。○フロネシスについて・「番外校則」という味方の行動制限効果をフロネシス自身に付与。・「番外校則」には壱~参まであり、それぞれの校則に応じた行動を取らないといけない。この校則を破るとフロネシスに強化効果や味方に弱体効果が付与される。・通常攻撃は味方全体。・特殊技でダメージが発生するものは味方全体と単体指定の2種類。各特殊技ではアビリティ封印や麻痺等の追加効果。・1部の特殊技の発動ではCTがリセットされない。☆全体としてはこんな感じ。クエストは各マリスと同じ難易度のところにあるけど、難易度は低め。☆入手出来る武器やアイテム・以前開催されていた「ディフェンド・オーダー」で獲得出来ていた武器がドロップ。SSR武器土属性 刀「剣聖の袋竹刀」水属性 弓「扇抜」SR武器風属性 楽器「オルフェウス」☆それぞれ「ディフェンド・オーダー」でのみ発動するスキル持ちだった武器が、アップデートで通常の功刃等に変更されています。(弓は堅守と神威なので欲しい)・マリスと名はついていないけど「マリス・フラグメント」もドロップする。・他には「フロネシスのアニマ」や「銀天の輝き」等がドロップ。○今回の挑戦した編成について・両面ゼピュロスでインドラリム複数積みの堅守編成。・ジータちゃんは「ロビンフッド」。・キャラに関しては「シャトラ」「アンチラ」「ティアマト」、サブに「シエテ」「エスタリオラ」で挑戦。☆ロビンフッドやシャトラちゃんにはダメージ回数が多いアビリティを持つので番外校則”弐”で便利。☆後半は被ダメージが痛くなり番外校則”参”にも引っかかりHPの減りが多くなるので、インドラリムの堅守による味方の維持がお役立ち。それではフロネシスHLのフルオート討伐の本題です。

  • 2021年2月13日
  • 2021年10月23日

【グラブル】リヴァイアサン・マリスHLのフルオートソロ攻略を土マグナでしたので編成や内容を見ていきます。「引き潮」にはサンダルフォンやマキラの追撃で、「溺水」にはディアンサの奥義で対応。「晦冥のタイダルフォール」は「元素不和」で。(マリスフルオート)

リヴァイアサン・マリスHLのフルオートソロ攻略を土マグナ編成でしてきたのでまとめていきます。専用の武器「ヒュプノスクリス」や「カラダンダ」のドロップを狙いに挑戦したいクエストですね。以前に「リヴァイアサン・マリス」を土マグナでソロで討伐しましたが、今回はマグナ編成でフルオートソロ討伐に挑戦してきました。無理にフルオートでソロする必要も無いけど、適当にHPを削って救援を流して誰も来なくても放置してれば倒せるので安心できます。〇リヴァイアサン・マリスについて◯引き潮・「引き潮」という独自の強化効果。これはチェインバーストが発生する度にLvが上昇していきます。・そのLvが3になった次のターンに特殊技「晦冥のタイダルフォール」使用してきます。この技は水と闇属性ダメージによる多段攻撃で1撃が数万ダメージと強力です。・この「晦冥のタイダルフォール」受けないため、「引き潮」Lvを調整する必要があります。☆「引き潮」はディスペル解除できない効果ですが、1ターンに25回ダメージを与えると1Lvダウンが出来ます。☆奥義を打つ時は可能な限りFULL CHAINで引き潮LVの上昇を抑えていきたいところですが、フルオートではそんな調整出来ません。◯溺水・「溺水」は味方キャラに付与される効果で、この効果にもLvがあり最大で10まで上昇します。・付与される条件はリヴァイアサン・マリスの攻撃を受けることです。・この効果はLvが上限する為に被ダメージが上昇する厄介な効果です。リヴァイアサン・マリスは1回の攻撃回数が多く、放置すれば数ターンでかなり上昇してしまいます。・クリアオール等の弱体回復をすれば効果自体を消せます。〇フルオートでの挑戦時に用意したい要素・「引き潮」のLv上昇は避けられないので、1ターンで25回ダメージを与えることが可能にする為の”複数の追撃効果”。・「溺水」の回復で、今回はフルオートなので回復アビリティ以外の弱体回復方法。☆主にこの2点を用意してきました。〇入手出来る武器・通常のリヴァイアサン・マグナ武器に加えてマリス限定の「ヒュプノスクリス」「カラダンダ」の2種類があります。・「ヒュプノスクリス」はイクシードと無双の水属性武器、「カラダンダ」は技巧と進境の火属性武器となっています。・また「マリス・フラグメント」の入手先でもあります。バハムート等の召喚石を5凸するのに使用したり、ドラゴニックウェポン等の武器を5凸にしたりと上限解放時に必要なアイテムですね。他にも「バース・オブ・ニューキング」への挑戦トレジャーにもなっています。○挑戦した編成。・両面「ユグドラシル・マグナ」の土マグナ編成で挑戦しました。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「サンダルフォン(アナザー)」「マキラ」「ディアンサ」。サブには「ブローディア(水着)」「カイム」。・メイン武器には「真・裁考天の鳴弦」で奥義によりHP回復。他はカイム君の効果を得るために全て違う武器を装備したハイランダー。☆「引き潮」は一人で4属性追撃が出来るサンダルフォン。他にもマキラやディアンサで追撃付与も可能。☆「溺水」はディアンサの奥義に弱体効果回復があるので、それで対応していきます。☆また2属性の「晦冥のタイダルフォール」についても、サンダルフォンで「元素不和」を付与出来ていれば水属性ダメージに変換出来るので、被ダメージを抑えることが出来ます。それではリヴァイアサン・マリスHLのフルオートソロ討伐についての本題です。

  • 2021年2月13日
  • 2021年5月11日

【グラブル】土ドレバラ強敵Lv175「海嘯を統べる者」を土マグナ編成でソロ攻略したので編成や内容。ソロだと戦闘が長くなるので「アビリティ使用間隔変化」が厄介。特殊なLv制の「防御UP」も50%と20%で付与され、LvⅩでの付与となり与ダメージも減少。(2021年2月 土有利ドレッドバラージュ)

強敵Lv175「海嘯を統べる者」を土マグナ編成でソロ討伐しながら敵の行動を見てみました。(2021年2月開催 ドレッドバラージュ)「海嘯を統べる者」は2021年2月開催の土有利「ドレッドバラージュ」の「強敵」クエストですね。前回開催の水有利ドレッドバラージュの強敵「ムスペル」と同様に特殊な「防御力UP」使用してくる敵です。「海嘯を統べる者」はCB発動がポイントとなります。○「強敵」・イベントボスを倒していると「強敵」が出現。「強敵」とは1日2回まで挑戦可能。・「強敵」を倒すと発見者報酬で「宝晶石」が入手可能。・「強敵」の難易度はLv95とLv175。ただしLv175は2/12より挑戦可能。(現在は挑戦可能)今回は”Lv175”の「海嘯を統べる者」をソロ討伐しながら行動とかを見ていきます。○海嘯を統べる者の特徴・通常攻撃は味方全体。・HP50%で弱体効果回復。・OD突入時にCTが最大に。・特殊技「ストームスラスト」には追加効果で「奥義ゲージDOWN」の発生と「ダブルアタック確率DOWN」が付与。・特殊技「タイダルウェイブ」には追加効果で「アビリティ使用間隔変化」の発生と「水牢」が付与。・特殊技「メイルストローム」はダメージは無いものの、敵に「水属性追撃」「リフレクト」「防御力UP」が付与。この「防御力UP」はディスペルでは消去不可なLv制の防御UP。☆厄介なのは50%と25%で付与される特殊なLv制の「防御力UP」ですね。これは味方のチェインバースト発生によりLvDOWNするという効果です。☆Lv175では「防御力UP」のLvがXの状態で付与されるので、とても硬い敵となっています。☆「アビリティ使用間隔変化」も厄介です。発動されるたびにアビリティ使用間隔が延長されるので、後半では敵のCT減少もあり弱体化が安定しなくなる可能性があります。○発見者報酬の宝晶石・強敵を倒すと「発見者報酬」から「宝晶石100個」が確定でドロップ。☆毎日2回まで自発出来るので、確実に宝晶石を入手していきたいですね。○挑戦した編成。・両面「ユグドラシル・マグナ」の土マグナ編成。・ジータちゃんはロビンフッド。・キャラは「ブローディア(水着)」「マキラ」「ディアンサ」。サブには「カイム」。・メインにはドラゴニックウェポン「ドラゴニックボウ」。他の武器は全部バラバラな土マグナのハイランダー編成。それでは強敵Lv175「海嘯を統べる者」について見ていきます。

  • 2021年2月13日
  • 2021年5月11日

【グラブル】土ドレバラ強敵Lv95「海嘯を統べる者」を土マグナ編成でフルオートソロ攻略したので編成や内容。弱体効果で「アビリティ使用間隔変化」や「水牢」の発生。今回も特殊なLv制の「防御UP」が付与され、Lv減少にはCB発生が必要。(2021年2月 土有利ドレッドバラージュ)

強敵Lv95「海嘯を統べる者」を土マグナ編成でフルオートソロ討伐しながら敵の行動を見てみました。(2021年2月開催 ドレッドバラージュ)「海嘯を統べる者」は2021年2月開催の土有利「ドレッドバラージュ」の「強敵」クエストですね。前回開催の水有利ドレッドバラージュの強敵「ムスペル」と同様に特殊な「防御力UP」使用してくる敵です。○「強敵」・イベントボスを倒していると「強敵」が出現。「強敵」とは1日2回まで挑戦可能。・「強敵」を倒すと発見者報酬で「宝晶石」が入手可能。・「強敵」の難易度はLv95とLv175。ただしLv175は2/12より挑戦可能。(現在は挑戦可能)今回は”Lv95”の「海嘯を統べる者」をフルオートしながら行動とかを見ていきます。○海嘯を統べる者の特徴・通常攻撃は味方全体。・HP50%で弱体効果回復。・特殊技「ストームスラスト」には追加効果で「奥義ゲージDOWN」の発生と「ダブルアタック確率DOWN」が付与。・特殊技「タイダルウェイブ」には追加効果で「アビリティ使用間隔変化」の発生と「水牢」が付与。・特殊技「メイルストローム」はダメージは無いものの、敵に「水属性追撃」「リフレクト」「防御力UP」が付与。この「防御力UP」はディスペルでは消去不可なLv制の防御UP。☆厄介なのは50%で付与される特殊なLv制の「防御力UP」ですね。これは味方のチェインバースト発生によりLvDOWNするという効果です。☆Lv95段階では、そこまで硬く感じません。しかしLv175では「防御力UP」のLvが倍の状態で付与されるので、とても硬い敵となっています。☆また「アビリティ使用間隔変化」も厄介ですね。発動されるたびにアビリティ使用間隔が延長されるので、後半では敵への弱体化が安定しなくなる可能性があります。○発見者報酬の宝晶石・強敵を倒すと「発見者報酬」から「宝晶石100個」が確定でドロップ。☆毎日2回まで自発出来るので、確実に宝晶石を入手していきたいですね。○挑戦した編成。・両面「ユグドラシル・マグナ」の土マグナ編成。・ジータちゃんはランバージャック。・キャラは「サンダルフォン(アナザー)」「マキラ」「ナルメア(クリスマス)」。サブには「カイム」。・メインには5凸した六道武器「真・裁考天の鳴弦」。他の武器は全部バラバラな土マグナのハイランダー編成。☆Lv95でも50%からの被ダメージの増加が目立ちました。それでは強敵Lv95「海嘯を統べる者」について見ていきます。