TAG

ブレイブグラウンド

  • 2021年10月7日

【グラブル】火有利ブレグラPROUD+「ハロウィン・トルーパーLv6」を20ターン以内で攻略をしてきました。いつも通りに黒麒麟が便利なブレグラPROUD+。「ヘイスティパンプキン」からの特殊行動のダメージが痛い戦い。(2021年10月 ブレイブグラウンド)

ブレイブグラウンド(火有利)のPROUD+「ハロウィン・トルーパーLv6」をアグニス(黒麒麟)編成で20ターン以内に攻略をしてきたのでまとめていきます。(称号「ゴースト・ハンター」は過去開催時に取得済み)(2021年10月開催 ブレイブグラウンド)ということでPROUD+の「ハロウィン・トルーパーLv6」、それの20ターン以内の討伐についてです。ブレグラのPROUD+は3戦で構成されていて、その3戦のクリアターンの合計が「20ターン以内」となることで称号を得ることができます。2021年10月の火有利ブレイブグラウンドでは称号「ゴースト・ハンター」を獲得出来ます。☆「ゴースト・ハンター」に限らず、今回は過去開催時に入手できた称号なので、既に入手済みの場合には新たに得る称号はありません。★ちなみに今回は12ターンで討伐でした。

  • 2021年10月7日

【グラブル】「ブレイブグラウンド(火有利)」が開催されたので報酬や内容のまとめ。今回はハロウィンで、有利条件は「累積攻撃や防御DOWNの付与」。ブレグラ武器は「ヴィントホーゼ」そして新武器 「ダウルダヴラ」。(2021年10月ブレグラ)

「ブレイブグラウンド(火有利)」が開催されたので、イベント報酬や内容そして「ヴィントホーゼ」等のブレグラ武器についてまとめていきます。(2021年10月)三ヶ月ぶりとなるブレイブグラウンドの開催ですね。今回のブレイブグラウンドは去年の10月同様に「ハロウィン」仕様となっていて、「デモ―ネン閣下&キュルビス卿」や「ジャック・ザ・リッパー」といった過去の開催で見たことある敵達と戦うことになります。また風属性の敵で統一された「火属性有利のブレグラ」となっています。

  • 2021年7月10日

【グラブル】風有利ブレグラPROUD+「アース・トルーパーLv6」を20ターン以内で攻略をして称号「獣王無尽」を入手したので内容まとめ。いつも通りに黒麒麟が便利な戦い。(2021年7月開催ブレイブグラウンド)

風有利ブレイブグラウンドのPROUD+(アース・トルーパーLv6)を風マグナ編成で20ターン以内に攻略をして、称号「獣王無尽」取得してきたのでまとめていきます。(2021年7月開催 ブレイブグラウンド)ということでPROUD+の「アース・トルーパーLv6」、それの20ターン以内の討伐についてです。PROUD+は3戦で構成されていて、その3戦のクリアターンの合計が20ターン以内となることで称号を得ることができます。2021年7月の風有利ブレイブグラウンドでは称号「獣王無尽」を獲得出来ます。

  • 2021年7月8日

【グラブル】風有利ブレイブグラウンドが開催されたので報酬や内容のまとめ。今回から連隊戦の編成枠が6に変更。有利条件はCB、敵は野生溢れる動物達。ブレグラ武器は「剱嶽」 「ゴライコウ」。(2021年7月ブレグラ)

イベント「(風有利)ブレイブグラウンド」が開催されたので、イベント報酬や内容そしてブレグラ武器についてまとめていきます。(2021年7月)戦貨ガチャを回しつづけた6月のイベントが終わり、久しぶりに戦貨ガチャの無いイベント「ブレイブグラウンド」が始まりましたね。今回のブレイブグラウンドは「土属性の野生溢れる動物達!」と戦う「風有利のブレグラ」となっています。

  • 2021年4月26日
  • 2021年5月23日

【グラブル】闇ブレグラ武器「ビスマルク」の性能について。奥義効果は1ターンのみだけど、トリプルアタック確定と50%の闇属性追撃。第2スキルは~アーツ系でアビダメ上限UP。(ブレイブグラウンド)

闇ブレグラ武器「ビスマルク」の性能や入手方法について見ていきます。「ビスマルク」は2021年4月開催の光有利ブレイブグラウンドで追加された武器ですね。「ツヴァイ・シェーデル」に続き2種類目となる闇属性のブレイブグラウンド武器です。入手先となる光有利のブレイブグラウンドは機械軍団と戦うもので、称号も機械に関したものが多いです。☆奥義の効果はジータちゃんの強化。発動後の次ターンのみトリプルアタック確定と追撃が付与される。今だとレリックバスター辺りに持たせるのが多そうな感じ。

  • 2021年4月24日
  • 2021年5月11日

【グラブル】光有利ブレグラPROUD+を20ターン以内で攻略をして称号「何もしてないのに壊れた」を入手したので内容について。3戦共にレリックバスター。あとやっぱり黒麒麟が便利な戦い。ちなみにクリアには12ターンでした。(2021年4月開催)

光有利ブレイブグラウンドのPROUD+(ダーク・トルーパーLv6)を20ターン以内の攻略をして称号「何もしてないのに壊れた」取得してきたので書いていきます。(2021年4月開催ブレイブグラウンド)それでは今回は難易度PROUD+の「ダーク・トルーパーLv6」についてです。PROUD+には連隊戦のクリア合計が20ターン以内でクリアすることで称号を得ることができます。この光ブレイブグラウンドでは「何もしてないのに壊れた」を入手することが出来ます。(何もしてないのに壊れるはずもなく……)ちなみに今回の挑戦では12ターンでのクリアとなっています。(相変わらず便利な黒麒麟での挑戦です。)ではPROUD+についてです。敵は闇属性で、連隊戦のバトル回数は3回です。1戦目はLv150「多脚型防御火器システム×2」。2戦目はLv150「掃討機関砲ライオネル」。3戦目はLv150「マザーシステム」。・敵の特殊技の特徴として2戦目の「掃討機関砲ライオネル」は全体に2万近いダメージ、3戦目の「マザーシステム」は2000ダメージほどが多段ヒットしていく感じ。なのでガイゼンボーガを入れておくなら2戦目。・「マザーシステム」の特殊行動には毎回奥義ゲージー100%が付いてくるので注意。(注意は必要だけど脅威では無い)○今回のブレグラで有利になる条件は「奥義」です。・奥義によるダメージが上昇するので、奥義火力メインで敵のHPを削っていくことになります。○挑戦した編成について・自召喚石はゼウスでサポーター召喚石は黒麒麟。・ジータちゃんは「レリックバスター」。・武器に関しては六道武器「フラマ・オルビス」をメインに、サブには「エデン」や「サティフィケイト」。☆1~3戦目の、どの戦闘も1ターン目は「リミットバースト」でフルチェイン。☆2ターン目は単体奥義バースト等で攻撃。☆3ターン目で「黒麒麟」使用で再び「リミットバースト」といった流れ。○1戦目の編成・キャラは「ジャンヌダルク」「シトリ」「シロウ」。○2戦目の編成・キャラは「ノア」「メーテラ(クリスマス)」「イオ」。○3戦目の編成・キャラは「ソーン」「アグロヴァル(バレンタイン)」「クラリス」。☆やっぱり今回のブレイブグラウンドでも黒麒麟が便利です。ブレグラのようなクリアターンが重要な場面は特にです。それではPROUD+ダーク・トルーパーLv6の20ターン以内討伐について見ていきます。

  • 2021年4月24日
  • 2021年5月11日

【グラブル】ブレイブグラウンド(光有利:2021年4月)が開催されたので報酬や内容。新たな闇銃武器「ビスマルク」が追加、そして再びの「ツヴァイ・シェーデル」を入手可能。今回の有利条件は「奥義」。あとはSSレア確定チケットに運を委ねて。

光有利ブレイブグラウンドに新たな闇武器「ビスマルク」開催されたので、内容や報酬武器等について書いていきます。(2021年4月開催)水有利古戦場、ビストロ・フェードラッヘが終わりブレイブグラウンドが始まりましたね。今回のブレイブグラウンドは闇属性の機械軍団と戦う光有利の開催となっています。入手できる称号に関しても「カラクリ人形」「メカニカルハウンド」「アンティークギア」のような機械にちなんだものになっています。ただ、中には「何もしてないのに壊れた」といったものも……。(ティラノサウルスとかをしばき倒すジータちゃんなら触っただけで壊れますね〈物理〉)とういうことなので闇属性の敵なので光属性の編成で挑戦していくことになります。そして今回のブレイブグラウンドで有利になる条件は「奥義」の発動です。奥義によるダメージが上昇しているので、積極的に奥義を使用していく編成をすることになります。ブレイブグラウンドと言えば限定の武器ですが、今回開催で新たに闇属性武器が追加されています。○今回のブレイブグラウンドで入手出来る武器・闇格闘武器「ツヴァイ・シェーデル」・闇銃闘武器「ビスマルク」☆以前行われたハロウィンのブレイブグラウンドでは「ツヴァイ・シェーデル」の他に「ファントムクロー」を入手できましたが、今回は「ファントムクロー」の代わりに新武器「ビスマルク」が入手できます。☆「ツヴァイ・シェーデル」はトリプルアタック時の3回目の攻撃に追撃が発生。☆「ビスマルク」はウシュムガルのようなアビリティダメージ上限UP。☆ブレイブグラウンド武器は、その開催でとり逃すと次の入手機会まで一年後、もしくはログインポイントからの交換になってしまうので開催期間中に集めておきたいところです。●ブレイブグラウンドとは☆連隊戦という複数のバトルを、それぞれ別のパーティを編成して挑戦するもの。★戦闘には有利になる条件が存在する。(今回は奥義のダメージ上昇)☆報酬にはブレイブグラウンド限定武器。・このブレイブグラウンド武器はEX功刃を持ち奥義やスキルの効果も六道武器とはまた別の強さ。(EX功刃としてはアストラルウェポンもあるので、スキルで差別化をしていきたい)それでは2021年4月光有利ブレイブグラウンドの報酬や内容について見ていきます。

  • 2020年10月25日
  • 2021年5月11日

【グラブル】闇ブレグラPROUD+を闇マグナ編成(黒麒麟)で20ターン以内の攻略をしてきたので編成等。1,2戦目はクリュサオルの奥義編成、3戦目はレスラーの背水編成で挑戦。クリアは19ターンでした。(2020年10月開催)

闇ブレイブグラウンドのPROUD+(ハロウィン・トルーパーLv6)を闇マグナ編成で20ターン以内の攻略をしてきたので書いていきます。(2020年10月開催)2020年10月の闇(ハロウィン)ブレイブグラウンドを一通りクリア(PROUD +の20ターン称号、ゴースト・ハンターも取得)してきたので難易度毎に見ていきます。そして今回は難易度PROUD+の「ハロウィン・トルーパーLv6」についてです。PROUD+には連隊戦のクリア合計が20ターン以内でクリアすることで称号を得ることができます。この闇ブレイブグラウンドでは「ゴースト・ハンター」を入手することが出来ます。今回の挑戦では19ターンでのクリアとなり称号の獲得が出来ています。ちなみに今回開催されているブレイブグラウンドは2019年10月に開催されたもので敵とクエストは一緒です。違うのはクエスト名変更と新武器が追加されたことですね。クエスト名「グレー・トルーパー」↓「ハロウィン・トルーパー」新武器「ファントムクロー」ではPROUD+についてです。敵は光属性で連隊戦のバトル回数は3回です。1戦目はLv150「パンプキンニック」。2戦目はLv150「ゴア・シャーマン」。3戦目はLv150「ドグー」。・PROUD+では「デモーネン閣下」「キュルビス卿」は居なくなり、古戦場でも戦った「ドグー」が光属性として登場しています。・パンプキンニックは古戦場で戦うEX+で戦う犬の強化版な敵。・ゴア・シャーマンは奥義性能が上昇する代わりに回復不可となる「奈落の瞳」が付与される。しかも消去不可。そして攻撃力も高い。・「奈落の瞳」以外も「アビリティ封印」があるのでマウントが必要。・ドグーは↑のゴア・シャーマンの様な変なことは無い代わりに、純粋に攻撃力が高い敵。☆光属性の敵なので闇属性の編成で挑戦していくことになります。そして有利になる条件は「回避」成功です。・回避成功により「ラフィング・パンプキン」が発動して、敵に闇属性4回ダメージ。○挑戦した編成について・自召喚石はセレスト・マグナ(5凸)。サポーター召喚石は黒麒麟。○1戦目は奥義編成・ジータちゃんはクリュサオル。・キャラは「ヘレル・ベン・シャレム」「ルリア」「コルル」。・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。○2戦目も同じく奥義編成・ジータちゃんはクリュサオル。・キャラは「ルシウス」「バザラガ」「ヴィーラ」。・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。○3戦目はレスラーの背水通常攻撃編成・ジータちゃんはレスラー。・キャラは「ゾーイ」「シス」「ニーア」、サブに「レイ」。・メイン武器は「黒銀の滅相」、サブには「セレストクロー・マグナ」による背水編成。☆黒麒麟の召喚によりアビリティが再使用出来るのは便利です。ブレグラのようなクリアターンが重要な場面は特に。

  • 2020年10月25日
  • 2021年5月11日

【グラブル】闇ブレグラPROUDを闇マグナ編成(黒麒麟)で攻略してきたので編成等について。1,2戦目はクリュサオルの奥義編成、3戦目はレスラーの背水編成で挑戦。クリアは10ターンぐらいでした。(2020年10月開催)

闇ブレイブグラウンドのPROUD(ハロウィン・トルーパーLv5)を闇マグナ編成で攻略してきたので書いていきます。(2020年10月開催)2020年10月の闇(ハロウィン)ブレイブグラウンドを一通りクリア(PROUD +の20ターン称号、ゴースト・ハンターも取得)してきたので難易度毎に見ていきます。ということで今回は難易度PROUDの「ハロウィン・トルーパーLv5」についてです。(PROUDにはターン称号はありませんが、一応合計で10ターンでの討伐となった編成です)ちなみに今回開催されているブレイブグラウンドは2019年10月に開催されたもので敵とクエストは一緒です。違うのはクエスト名変更と新武器が追加されたことですね。クエスト名「グレー・トルーパー」↓「ハロウィン・トルーパー」新武器「ファントムクロー」ではPROUDについてです。敵は光属性で連隊戦のバトル回数は3回です。1戦目はLv120「ブロックン」「ツミッキー」の2体。2戦目はLv120「ホーンテッド・メイル」。2戦目はLv120「デモーネン閣下」「キュルビス卿」の2体。・3戦目の「デモーネン閣下」「キュルビス卿」はMANIACで登場した時よりもHPや攻撃が増加した感じですね。やっぱり高揚付与があり特殊技を受ける頻度が多くなってしまうので、火力足りない時はディスペルやダメージカットの準備。光属性の敵なので闇属性の編成で挑戦していくことになります。そして有利になる条件は「回避」成功です。・回避成功により「ラフィング・パンプキン」が発動して、敵に闇属性4回ダメージ。○挑戦した編成について・自召喚石はセレスト・マグナ(5凸)。サポーター召喚石は黒麒麟。○1戦目は奥義編成・ジータちゃんはクリュサオル。・キャラは「ヘレル・ベン・シャレム」「ルリア」「コルル」。・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。○2戦目も同じく奥義編成・ジータちゃんはクリュサオル。・キャラは「ルシウス」「バザラガ」「ヴィーラ」。・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。○3戦目はレスラーの背水通常攻撃編成・ジータちゃんはレスラー。・キャラは「ゾーイ」「シス」「ニーア」、サブに「レイ」。・メイン武器は「黒銀の滅相」、サブには「セレストクロー・マグナ」による背水編成。☆黒麒麟の召喚によりアビリティが再使用出来るのは便利です。ブレグラのようなクリアターンが重要な場面は特に。☆ちなみにハロウィン・トルーパーLv6(PROUD +)にも同じ編成で緒戦しています。

  • 2020年10月24日
  • 2021年5月11日

【グラブル】闇ブレグラMANIACを闇マグナ編成(黒麒麟)で攻略してきたので編成等について。1戦目はクリュサオルの奥義編成で、2戦目はレスラーの背水編成で挑戦。やっぱり黒麒麟は便利。(2020年10月開催)

闇ブレイブグラウンドのMANIACを闇マグナ編成で攻略してきたので書いていきます。(2020年10月開催)2020年10月の闇(ハロウィン)ブレイブグラウンドを一通りクリア(PROUD +の20ターン称号、ゴースト・ハンターも取得)してきたので難易度毎に見ていきます。ということで今回は難易度MANIACの「ハロウィン・トルーパーLv4」についてです。ちなみに今回開催されているブレイブグラウンドは2019年10月に開催されたもので敵とクエストは一緒です。違うのはクエスト名変更と新武器が追加されたことですね。クエスト名「グレー・トルーパー」↓「ハロウィン・トルーパー」新武器「ファントムクロー」ではMANIACについてです。敵は光属性で連隊戦のバトル回数は2回です。1戦目はLv100「ストーンビースト」。2戦目はLv100「デモーネン閣下」「キュルビス卿」の2体。・2戦目は高揚付与があり特殊技を受ける頻度が多くなってしまうので、火力足りない時はディスペル等の準備。光属性の敵なので闇属性の編成で挑戦していくことになります。そして有利になる条件は「回避」成功です。・回避成功により「ラッフィング・パンプキン」が発動して、敵に闇属性4回ダメージ。○挑戦した編成について・自召喚石はセレスト・マグナ(5凸)。サポーター召喚石は黒麒麟。○1戦目は奥義編成・ジータちゃんはクリュサオル。・キャラは「ヘレル・ベン・シャレム」「ルリア」「コルル」。・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。○2戦目はレスラーの背水通常攻撃編成・ジータちゃんはレスラー。・キャラは「ゾーイ」「シス」「ニーア」、サブに「レイ」。・メイン武器は「黒銀の滅相」、サブには「セレストクロー・マグナ」による背水編成。☆やっぱり黒麒麟は便利です。ブレグラのようなクリアターンが重要な場面は特に。☆ちなみにハロウィン・トルーパーLv6(PROUD +)にも同じ編成で緒戦しています。