スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】ディストリーム編成でアーカルムの転世を楽に周回(ちなみに火編成)。大半の敵はディストリームのみで倒せるけども、一部の敵には少し工夫が必要。

グラブル

広告

グラディエーターのアビリティ「ディストリーム」を使用した編成による、「アーカルムの転生」を楽に周回する方法を書いていきます。

アーカルム召喚石と賢者を入手する為にはアーカルムの転世をひたすら周回するしかありません。ディストリーム編成は一つの編成で通常の敵をディストリームのみで倒して、パーティの変更等を行わずにスムーズにステージを進めていくものです。

ディストリーム編成はグラディエーターに英雄武器であるプロキシモを装備することです。そしてディストリームは敵の弱点属性で攻撃してくれるアビリティです。

要は手間を省く編成です。

実際に使って見ると楽に進めることが出来ます。

ただ一部の敵はHPが多いことや防御値が高いものがいるので、それに対応した要素も編成に組み込んでおく必要もあります。

ということでディストリーム編成について、アビリティや武器等や実際の火力を見ていきます。
ちなみに火属性の編成で、ポイント・ケルサス(EXTREME)周回です。

広告

スポンサーリンク

アーカルムの転世での実際の火力

・最初に実際の様子を見ていきます。

〇複数の敵に対して

☆この辺は何の問題も無くいけます。

〇単一の敵①

☆ロック鳥等ならば問題なくいけますが……

〇単一の敵②

☆例えばフィールドメーカーのような敵にはダメージ自体が減少して倒せません。

☆相手によって対応できる手段としてサラーサによるダメージやコッコロの与ダメージ上昇効果などを準備しておく必要があります。

ディストリームの性能

〇ディストリーム
・敵に5回弱点属性ダメージ◆コンパニオンウェポン装備時:攻撃回数2倍

☆弱点属性に変換されるので自パーティの属性に縛られることが無いので、アビリティのダメージUP・上限UPの編成に特化できる属性でアーカルムの周回が行えるようになります。

 

ディストリーム編成

〇主人公

・ジョブ:グラディエーター

☆ディストリームを打つだけなら上位ジョブのクリュサオルでも良いのですが、

◆リミットボーナス

☆ディストリーム編成では奥義やHP補強関連にポイントを振る必要はないので、アビリティダメージや属性攻撃に特化したものにします。
クリュサオルの場合は普段の戦闘で使うことが多いので奥義やクリティカル等の推奨されるものにポイントを振り分けていることが多いはずなので、グラディエーター採用するのはディストリーム専用としてポイント振り分けを特化させるためです。

〇キャラ:ひよこ班

・サポートアビリティ:眠れる竜

☆バトルメンバーの2番目に配置することで味方全体のアビリティダメージ性能を上げてくれます。

〇キャラ:アルルメイヤ(浴衣)

・サポートアビリティ:夏祭りの思い出

☆こちらは残HPにより味方全体の攻撃力を上昇させてくれます。戦闘開始1ターン目で決着をつける編成なので良くかみ合います。

〇他のキャラ

〇サラーサ
☆言わずとしれたグラウンドゼロによる無属性ダメージ
〇コッコロ
☆スピードアップによる与ダメージUPでディストリームの火力UP
〇ユエル(水着)
☆こちらは狐火状態の敵に対して与ダメージ上昇。

〇武器の編成



☆メインはプロキシモですね。

プロキシモにもディストリームの攻撃回数UPがあり、他にもアビリティダメージ性能UPも付いています。
☆ウシュムガルやオメガスウォードによりアビリティダメージ上限を伸ばしたり、虚空の槍(虚ろなる神器)で更さらにダメージを伸ばすようになっています。

〇召喚石の編成

☆メインには黒麒麟です。

黒麒麟は加護効果にアビリティ性能UP関連をもっています。これによりディストリームの火力をより上げることが出来ます。

☆他は攻撃力の高い石を詰め込む感じです。

まとめ

☆ディストリームでの周回は確かに楽です。

☆プロキシモの確保が問題です。プロキシモの上位ヴァッサーシュパイアーが強く全属性分揃えるとなるとショップの在庫では半分は足りないので共闘を周回してドロップ品を入手する必要があります。
↓は実際に周回して入手した時のことです。
【グラブル】プロキシモの入手方法について。レプリカのドロップには中々の周回が必要かも(実際に230周程で落ちました)。他にもイペタムやケラウノスも入手可能だけど…..
半額時に周回しなかったので、エリクシールハーフが結構持っていかれました。

☆無理に編成しなくてもサラーサ+ルナールでも良い感じもしますけど、楽したいなら作っておいて損の無い編成です。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村