TAG

シス

  • 2021年9月4日

【グラブル】ドロップUPキャンペーン(アバターHL等の闇属性)が開催されているので、フルオートしながらドロップ等の内容について。5回目の開催で内容はいつも通りで、これで一巡。限界超越等と色々使う「アバターのマグナアニマ」を集めにいきたい。

5回目となるアバターHL等が対象の「ドロップUPキャンペーン」が開催されているので、その対象マルチバトルをフルオートしながら、ドロップする素材や武器等の内容とか色々見ていきます。(2021年8月)5回目のドロップUPキャンペーンはシヴァHLから開催され、最終週となる6週目の今回はアバターHL等の闇属性マルチバトルが対象に開催されましたね。夏の半額キャンペーンはアゲインとなり継続されています。

  • 2021年6月13日
  • 2021年6月13日

【グラブル】「こくう、しんしん」が復刻開催されたので報酬等について。6周年イベントでは十天衆、特にシスが中心のお話。報酬では十天衆の加入や、イベント召喚石も十天衆。今回の復刻では初回のように前後編で日が空くことなく、最後まで読み進めることが可能。

6周年イベント「こくう、しんしん」が復刻開催されたので、イベント報酬や内容についてまとめていきます。ということで「こくう、しんしん」が開催されましたね。このイベントは十天衆がメインで、中でも「シス」にスポットが当たったイベントです。シスの過去から現在そして先へと続く心情が描かれています。また、このイベントから「ムゲン」や「レイ」そして「ネハン」といったキャラが登場します。そして初回開催時は前編・後編が時間差で公開されていましたが、今回の復刻では両方共に解放されています。あとイベントバトルではBGMで「この狭い世界で、ただ小さく」がボーカル付きで流れるのが良い感じ。

  • 2021年6月1日
  • 2021年6月1日

【グラブル】これグラ2021年6月号に「バブ・イールの塔」「ドレッドバラージュ」等の情報が来ていたので内容を確認していきます。今月は「こくう、しんしん」の復刻や撃滅戦が開催、そして六道武器にはEXスキルが実装。

これグラの2021年6月号に「バブ・イールの塔」や「ドレッドバラージュ」について情報が来ていたので確認していきます。ということで早くも今年も折り返し6月となりました。そんな中グラブルでは、あの色んな方向で人気なキャラ「ベリアル」のマルチバトルが実装される6月です。

  • 2021年5月2日
  • 2021年5月13日

【グラブル】「メタトロンHL」をカシウス等の配布キャラ編成でフルオートソロ討伐。暁とかもカシウスのディファレンシャルで確実に解除できたりするので便利。ちなみに他のキャラは、シス(こくう、しんしん)やラブライブ3年生。(マグナⅡフルオート)

「メタトロンHL」を月からリターンしたカシウス等の配布キャラだけで、フルオートソロ討伐したので書いていきます。(召喚石はハデス)ということでメタトロン戦です。十天衆の限界超越にマグナアニマが欲しいこともあり、ちょうどドロップUPキャンペーンやスカイコンパスの月替りミッションの対象になっているので、挑戦していこうと思います。今回はそのメタトロンHLにイベントに参加することで加入する「配布キャラ」のみでフルオートに挑戦していきます。あと、去年の夏頃(2020/8/31)辺りに追加された武器「炎の柱」も欲しいところです。(アバターのゼカリヤはよくドロップするのに炎の柱は全然落ちない……)ちなみに限界超越に必要なところだと○光属性十天衆の限界超越のLv120解放・メタトロンのマグナアニマ:50個☆対象となる十天衆はソーンとフュンフの2人なので、100個のマグナアニマが必要になっています。★メタトロンHLのマグナⅡ武器(レガリアシリーズ)について・ミトロンの弓・ミトロンの籠手・ミトロンの宝剣・炎の柱☆この内の「ミトロンの宝剣」がスカイコンパスの月替りミッションになっています。達成条件は自発、救援を問わずメタトロンHLを100回討伐です。(炎の柱が良かっ・・・・・・)○そして「ドロップUPキャンペーン」について。・宝箱の増加:対象クエストの発見者は1回のクリアで、クエスト2回分の宝箱を獲得出来る。(自発の赤箱等も倍になる)・追加報酬:ドロップに「紫箱」が追加。入手条件は獲得貢献度に応じて上昇。(青箱みたいなもの)☆メタトロンHL戦について・メタトロンHLは現HPを参照する無属性ダメージを使用してきます。割合による無属性ダメージで大きく減らされたHPを、光属性の特殊技等で残りを削り取られていくことになります。○挑戦した編成・両面ハデスの闇神石編成。・ジータちゃんは安定のランバージャック。「木こりのうた」での累積攻防DOWNやHP回復は大事。・キャラは配布キャラということで★7周年イベント「STAY  MOON」より月からリターンした「カシウス」。★6周年イベント「こくう、しんしん」で過去との決別をした「シス」。★ラブライブとのコラボイベント「ソラノトビラ」で加入した「絢瀬絵里&矢澤にこ&東條 希」。・サブにもコラボキャラの「ルルーシュ」「キャル」それでは配布キャラでメタトロンHLをフルオートソロ討伐していきます。

  • 2021年5月1日
  • 2021年5月11日

【グラブル】ドロップUPキャンペーン(メタトロンHL等の光属性)が開催されているのでその内容確認。4回目となる開催で内容はいつも通り。ただスカイコンパスの月替りミッションや限界超越にマグナアニマが必要なこともあり、ここで周回をしておきたい感じ。

4回目となるメタトロンHL等が対象の「ドロップUPキャンペーン」が開催されているので、その対象クエストをハデス編成で挑戦してきたので、ドロップ内容とか色々見ていきます。(2021年4月)前回は7周年Anniversary前夜祭キャンペーンと共に開催されていたドロップUPキャンペーン。4回目となる今回はGWに合わせての開催のようです。内容はいつもと変わらないキャンペーンですね。そう、同じ内容です。7周年で発表されていた一部マルチバトルがシングルバトルに変更がそろそろ行われると思っていましたが未だのようです。(光属性だとアポロン討伐戦とアポロンHLが対象)とりあえずは今のところ光属性クエストのみですが、前回同様に1週間で対象クエスト変更で全属性を一巡するものと思われます。☆また今回のメタトロンHL等のドロップUPキャンペーンは「GWグラブルやろうぜキャンペーン」中なので、消費AP・BPの消費を少なく周回出来ます。また対象クエストのうち「シュヴァリエ・マグナHL」と「メタトロンHL」は「スカイコンパスの月替りミッション」の対象にもなっています。「シュヴァリエ・マグナHL」・シュヴァリエ・マグナHLを100回討伐・報酬「シュヴァリエソード・マグナ」「メタトロンHL」・メタトロンHLを100回討伐・報酬「ミトロンの宝剣」☆ドロップUPキャンペーン+半額と合わせられる今の内に達成していくのが美味しい感じですね。○ドロップUPキャンペーン宝箱の増加・対象クエストの発見者は1回のクリアで、クエスト2回分の宝箱を獲得出来る。(自発の赤箱等も倍になる)追加報酬・期間中は「紫箱」が追加。入手条件は獲得貢献度に応じて獲得しやすくなる。(青箱みたいなもの)☆自発箱が倍になるので、SSR武器を入手する確率が上昇します。☆紫箱からはアニマを頻繁に入手出来るので、このキャンペーンで集めていきたい。○対象のクエスト・シュヴァリエ・マグナ討伐戦・アポロン討伐戦・シュヴァリエ・マグナHL・メタトロンHLこの4つのマルチバトルがキャンペーン対象となっています。☆メタトロンHLに関してはマグナⅡ武器「炎の柱」を目当てに集めていきたい。☆ただ、ドロップ率が良く無いので根気良く集めていきたい。☆合わせて「メタトロンのアニマ」「メタトロンのマグナアニマ」も一緒に集めていきたいです。☆特にアニマ関係は限界超越辺りで要求さ……れますね。Lv120の解放にマグナアニマが50個要求されます。☆光属性の十天衆は「ソーン」「フュンフ」の2人なので、合わせて「メタトロンのマグナアニマが100個」必要なので集めていきたいですね。☆「炎の柱」はドロップ率が良く無いので根気良く集めていきたい。逆にそれ以外のマグナⅡ武器ドロップしやすいので、集めるチャンス何だけど光属性は……。☆そして今度こそ「アポロン討伐戦」はシングルバトルに変更が予定されているので、今回が最後かもしれないです。それでは4回目の開催となるドロップUPキャンペーン(光属性クエスト)ついてです。

  • 2021年4月30日
  • 2021年5月11日

【グラブル】PROUD「忌まわしきレヴィオンの秘宝」を闇マグナのハイランダー編成フルオートで攻略したので編成や内容について。バトルは2戦で敵の属性が1戦目は闇で2戦目は光。敵の「魔晶化した星の眼」による特殊技「スターバースト」でのダメージが痛い。(偽りの英雄達)

イベント「偽りの英雄達」のPROUD「忌まわしきレヴィオンの秘宝」を闇マグナ(ハイランダー)編成でフルオート攻略してきたので、編成や敵の行動について見ていきます。「忌まわしきレヴィオンの秘宝」はレヴィオン王国でのアルベールとユリウスが主役のイベント「偽りの英雄達」の難易度PROUDです。このPROUDでは本イベントや過去の劇中でも戦った「星の眼」そして「魔晶化した星の眼」との戦いとなります。今年のシナリオイベントの敵はメカのようなのが多い気がする。○PROUD「忌まわしきレヴィオンの秘宝」★1戦目は闇属性「星の眼」。・通常攻撃は単体。・PROUD恒例のOD時の強制CT最大。・「エンシェント・ウェイブ」では10000近いダメージと「攻撃力DOWN」「防御力DOWN」の付与。・「リチャージ」はダメージが無い代わりに、「星の眼」の「弱体効果回復」「防御力UP」「弱体耐性UP」。・「ジャッジメント・モチーフ」では数万単位のダメージ。★2戦目は光属性「魔晶化した星の眼」。・通常攻撃は単体。・「巨大壊獣ワルダント」同様にOD時の強制CT最大。・「エンシェント・インパクト」はダメージに加えて「魔晶化した星の眼」に「攻撃力UP」「防御力UP」の付与。・「スターバースト」でも1万単位の大ダメージ。・「エクセキューション・ジャッジメント」は味方全体をランダム複数回攻撃。☆2戦とも通常攻撃は大人しめだけど、特殊技に火力が高い。特に「魔晶化した星の眼」による「スターバースト」を連発で喰らう可能性もあり、それにより一気にHPが削られる。○挑戦した編成・セレスト・マグナとバハムートの闇マグナ編成。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「シス」「ビカラ」「アンスリア(浴衣)」、サブに「ニーア」で挑戦。・武器は方陣武器をメインにハイランダー編成。☆シスは「神狼」による自動強化のアタッカー。「恐怖」は効かないけど「命中率DOWN」で被ダメージも抑える。☆ビカラは干支バフで味方全体の「回避率UP」と「奥義ゲージ上昇量UP」「奥義性能UP」。☆アンスリアは味方全体に「防御UP」「連続攻撃率UP」「奥義性能UP」「ストレングス」。特に回避成功時の「味方全体のHP回復」が重要。それではPROUD「忌まわしきレヴィオンの秘宝」の闇マグナでのフルオート討伐についてです。

  • 2021年4月22日
  • 2021年10月23日

【グラブル】六竜討伐戦「黒」「フェディエル」をイオ砲編成で5ターン攻略したので編成や内容について。イオのフラワリーセブンで1000万ダメージを繰り返し与えながらの討伐。「カースドステークス」等を無視出来るので楽。用途が増えつつある「トーデストリープ」集め。

六竜討伐戦「黒」【フェディエル】を5ターン(イオ砲)で攻略してきたので書いていきます。前にもイオ砲でシングルバトルの「フェディエル」をイオ砲で討伐しましたが、その時よりも若干早めのターンでの攻略です。それでも今さら感が漂いますが、十天衆シスの限界超越分の「トーデストリープ」も足りて無かったので、集めるついでにといった感じなところ。(他の素材も足りないけれど)↑なように六竜討伐戦(シングルバトル)からの目当てとなるドロップは「トーデストリープ」のような素材。★「トーデストリープ」の使用先・ドラゴニックウェポンの闇属性銃武器「ドラゴニックファイア」の強化(5凸)に必要。・アストラルウェポン「黒銀の滅爪」の入手、そして5凸に必要。・アンセスタルシリーズ「フェディエル・スパイン」の4凸、そしてショップでの交換で必要。・召喚石「セレスト・マグナ」の5凸に必要。・十天衆「シス」の限界超越。☆実装当時は「ドラゴニックファイア」のみでしたが、時間が経過するにつれて用途が増えています。おそらく、これから先も要求される機会が増えていく感じですね。★「トーデストリープ」は六竜討伐戦「黒」以外では、マルチバトル六竜HLの「フェディエルHL」やトレジャー交換でも入手出来ます。・トレジャー交換での消費素材「祖なる欠片」が30個「闇晶のエレメント」が30個☆地味に消費が多いので、六竜討伐戦や六竜HLの方で他のアイテム(HLでは武器や耳飾り)と一緒に集めていきたいところです。(消費素材は以前は各100個だったりします)○フェディエルについて・フィールド効果を始めから発動していて、効果はターン終了時に敵と味方のHPが減少する状態というものです。減少量は最大HPの6%程。しかも後半になると回復不可も追加される危険なフィールド効果。・弱体化が通用しない敵で、カオスルーダーでも当たらない程の高い弱体耐性を持っています。・攻撃に関しては、通常攻撃の威力はかなり低めです。しかし攻撃が当たると「呪蝕」という効果が付与されてしまいます。・「呪蝕」はターンダメージが上昇するという効果。・そしてフィールド効果によりターンダメージが常に発生する状態。・特殊技に関しては威力が低いものが多いですが、中には「カースドステークス」といった味方3人を対象に32400の無属性固定ダメージを与えてくる攻撃があるので、HPを確保して戦いに望む必要があります。★とは言っても今回はイオ砲編成でフェディエルのソロ討伐。・残りHP90%位を一気に削り取るので「カースドステークス」や「ブレイクソウル」のような危険な特殊技や、後半の回復不可フィールドは無視するので楽に討伐できます。○ジョブやキャラについて・ジータちゃんはハウンドドッグ。ジョブ自体がアビリティによるダメージを与えやすく、タクティクスコマンドでサブとキャラを入れ替えて、魔封杖の用にアビリティ使用回数を増やしていきます。・キャラに関してはバトルメンバーに「アグロヴァル」「ノア」「イオ」、サブメンバーに「アルベール」。・召喚石はメインに「ゼウス」、サポーター召喚石に黒麒麟です。サブには与ダメージ上昇のサブ加護を持つ「メタトロン」「ザ・スター」「ベリアル」、そして召喚によりダメージ性能を上昇させる「フレイ」。・4ターン目に「フレイ」召喚からイオ砲のスタート、次ターンで「黒麒麟」召喚でアビリティを再使用可能にして、そのままトドメまで持っていく感じ。★黒麒麟やダメージ上限もあり1000万越えのフラワリーセブンを何度も発動していくので、フェディエルのHPが面白いように削られていきます。それではイオ砲によるフェディエルの5ターンソロ討伐です。

  • 2021年4月4日
  • 2021年10月23日

【グラブル】「シュヴァリエ・マリスHL」をフルオートソロ討伐(ハデス編成)したので内容を見ていきます。「ストライクビット」から「本体」の順に討伐。「コロンバ」や「セイファート」の為に日々倒していきたい。そして今回はコロンバがドロップ。(マリスフルオート)

「シュヴァリエ・マリスHL」をハデス編成でフルオートソロ攻略してきたのでまとめていきます。この前は普通?にソロ討伐したので、今回はフルオートで討伐してみました。○シュヴァリエ・マリスについて・新しいマリスシリーズの「シュヴァリエ・マリス」が2021/03/22に実装。これは「ティアマト」「リヴァイアサン」「フロネシス(マリスでは無いけど)」に続く登場です。「シュヴァリエ・マリス」はシュヴァリエの名を冠する通りに”光属性”の敵となっています。・ただ、光属性の敵といっても他のマリス同様に他属性での攻撃もしてきます。またシュヴァリエ・マグナHLの ように2体のビットお供を連れ、さらに厄介な耐性やフィールド効果を持つ敵となっています。・そして実装と同時に新しい武器2種類登場しています。あと、ソロ討伐した場合は専用の称号の獲得も出来ます。・「シュヴァリエ・マリスHL」は、「Lv150シュヴァリエ・マリス」「Lv150ディスターブビット」「Lv150ストライクビット」という3体構成。討伐であれば本体であるシュヴァリエ・マリスを倒した時点で完了。・専用のフィールド効果により”連続攻撃が発生しない”状態が常時発動。解除方法は2種類のビットを倒すこと。・ビットを両方倒すと本体は通常攻撃をしなくなります。・本体にはビットが存在する間は強化効果が付与されている。「ディスターブビット」:通常攻撃をした時に強化効果を一つ解除。「ストライクビット」:通常攻撃をした時に水属性の追加ダメージ。・2種類のビットには通常攻撃ではダメージを与えられない。「ディスターブビット」:アビリティによるダメージのみ通用。「ストライクビット」:奥義とチェインバーストのみ通用。・15ターン毎に特殊行動により味方全体に大ダメージ。☆他のマリスと比べると特殊行動が強力というより、常時発動している効果の方が強い感じ。(リヴァイアサンやティアマトの場合だと、特殊技が他属性により大ダメージを受けることが多い)☆今回はフルオートで討伐ですが、「ストライクビット」を最初にターゲットし、次に本体を倒していく流れになっています。○入手出来る武器・通常のシュヴァリエ・マグナ武器・「セイファート」・「コロンバ」○「セイファート」・光属性の斧武器・スキルは3つ所持して「光の技巧」「イクシード・ライト」「ゴールデン・クラフト」○「コロンバ」・水属性の弓武器・スキルは2つ「雪の極意」「ボルテージ・オブ・ボウ」・この2つの武器は他のマリス同様に「シュヴァリエ・マリス」のドロップからのみ入手することになります。○挑戦した編成・両面ハデス(5凸)による闇神石編成で挑戦しました。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「シス」「ビカラ」「黒騎士」。サブには「ニーア」「ヘレル・ベン・シャレム」。・武器は「マジェスタス」による堅守で耐久も。メインには「ゼカリヤ」☆前回のソロ討伐時と同じ編成。【グラブル】シュヴァリエ・マリスHLをハデス編成でソロ討伐したので内容を見ていきます。崇騎を従えし孤高の翼の為にも一度はソロ討伐をしておきたい。とりあえずはストライクビットから倒していきました。☆ただフルオートなので敵の攻撃妨害を狙えないので結構な被ダメージを受けてしまいます。それではシュヴァリエ・マリスHLのフルオートソロ討伐について見ていきます。

  • 2021年3月28日
  • 2021年5月11日

【グラブル】シュヴァリエ・マリスHLをハデス編成でソロ討伐したので内容を見ていきます。崇騎を従えし孤高の翼の為にも一度はソロ討伐をしておきたい。とりあえずはストライクビットから倒していきました。

シュヴァリエ・マリスHLをハデス編成でソロ攻略してきたのでまとめていきます。新しいマリスシリーズの「シュヴァリエ・マリス」が2021/03/22に実装されましたね。これは「ティアマト」「リヴァイアサン」「フロネシス(マリスでは無いけど)」に続く登場です。「シュヴァリエ・マリス」はシュヴァリエの名を冠する通りに”光属性”の敵となっています。ただ、光属性の敵といっても他のマリス同様に他属性での攻撃もしてきます。またシュヴァリエ・マグナHLのように2体のビットお供を連れ、さらに厄介な耐性やフィールド効果を持つ敵となっています。そして実装と同時に新しい武器2種類登場しています。あとソロ討伐した場合は専用の称号の獲得も出来ます。○シュヴァリエ・マリスについて・光属性で敵は、「Lv150シュヴァリエ・マリス」「Lv150ディスターブビット」「Lv150ストライクビット」という3体構成。討伐であれば本体であるシュヴァリエ・マリスを倒した時点で完了。・専用のフィールド効果により”連続攻撃が発生しない”状態が常時発動。解除方法は2種類のビットを倒すこと。・本体にはビットが存在する間は強化効果が付与されている。「ディスターブビット」:通常攻撃をした時に強化効果を一つ解除。「ストライクビット」:通常攻撃をした時に水属性の追加ダメージ。・2種類のビットには通常攻撃ではダメージを与えられない。「ディスターブビット」:アビリティによるダメージのみ通用。「ストライクビット」:奥義とチェインバーストのみ通用。・15ターン毎に特殊行動により味方全体に大ダメージ。☆他のマリスと比べると特殊行動が強力というより、常時発動している効果の方が強い感じ。(リヴァイアサンやティアマトの場合だと、特殊技が他属性により大ダメージを受けることが多い)☆今回は「ストライクビット」から倒していきます。○入手出来る武器・通常のシュヴァリエ・マグナ武器・「セイファート」・「コロンバ」○「セイファート」・光属性の斧武器・スキルは3つ所持して「光の技巧」「イクシード・ライト」「ゴールデン・クラフト」○「コロンバ」・水属性の弓武器・スキルは2つ「雪の極意」「ボルテージ・オブ・ボウ」・この2つの武器は他のマリス同様に「シュヴァリエ・マリス」のドロップからのみ入手することになります。○挑戦した編成。・両面ハデス(5凸)による闇神石編成で挑戦しました。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「シス」「ビカラ」「黒騎士」。サブには「ニーア」「ヘレル・ベン・シャレム」。・武器は「マジェスタス」による堅守で耐久も。メインには「ゼカリヤ」☆「ストライクビット」を狙いながら戦闘開始。☆敵全体に「睡眠」がよく効くので、定期的に「ハデス」を召喚していく。☆あとリロード無しで戦闘を進めていったので、討伐に時間がかかっています。それではティアマト・マリスHLのソロ討伐について見ていきます。

  • 2020年12月18日
  • 2021年5月11日

【グラブル】「シュヴァリエ・マグナHL」を闇マグナ編成で2ターン討伐。背水レスラーでアビリティを黒麒麟で使い回し。やっぱり「プレデター」さんの火力が素敵。

「シュヴァリエ・マグナHL」を闇マグナで2ターン討伐してきたので書いていきます。ということで今更だけどシュヴァリエ・マグナHLです。光有利古戦場も控えているので、光属性のマルチバトルをチクチク討伐しています。シュヴァリエ・マグナHLからは「光晶のエレメント」として召喚石や、メタトロンの自発素材「光のクリスタル」のドロップ目当てに挑んでいます。(シュヴァリエソード・マグナについては、レプリカルド・サンドボックスでEXスキル突きを所望しているで候)今回はそのシュヴァリエ・マグナHLを闇マグナで2ターン討伐しました。昔を考えると、本体ではなく真ん中の敵から結構時間かけて討伐していたことを思い出します。(そもそも昔は今よりもHPも多かったので比較の参考にあまりならないけれど)シュヴァリエ・マグナHLも今はそこまで強く無いので、ビカラちゃんと突撃していたこともありますし。【グラブル】ビカラちゃんと行く「シュヴァリエ・マグナ(HL含む)」のソロ伐戦。ビカラちゃんの動きの可愛いを見る為にシュヴァリエ・マグナとそのHLをソロ討伐してきました。編成はジータちゃんお供に連れて2人で挑戦です。話を戻して、2ターン討伐についてです。まぁデス召喚によるTA確定+レスラーのツープラトンのデスラーな編成ですね。短いターンで火力を出すにはやっぱり便利です。○編成について・↑の通りにジータちゃんは「レスラー」。・キャラは「シス」「ゾーイ」「ニーア」。そして「プレデター」・メイン召喚石は「セレスト・マグナ」、サブには「デス」。・サポーター召喚石には「黒麒麟」・武器関係は「セレストクロー・マグナ」で背水編成。☆「死ト愛ノ世界」で攻撃力UPと追撃を付与した状態にして、「デス」からの「プレデター」をバトルメンバーに引き出しTA確定。☆「プレデター」は「強襲」付与からのブレイクアサシン確定。さらに「ゾーイ」のコンジャクションでHP1による強制背水状態に。☆そしてツープラトンと攻撃、追加で黒麒麟召喚によるアビリティ再起動でダメージの追加。☆短期で火力の欲しい時に「デス」+「レスラー」編成はやっぱり便利なので、一つは編成を用意しておきたいところですね。(ル・オーとかメタトロンの救援参加にもお役立ち)