【グラブル】風SSR「リリゼット」のキャラ性能から強さ等のまとめ。「ファイナルファンタジーⅪ 幻想のウタイビト」で加入するコラボキャラ。

風属性SSR「リリゼット」のキャラ性能や強さ評価などを色々まとめていきます。

「リリゼット」は「FINAL FANTASYⅪ」とのコラボイベント「ファイナルファンタジーⅪ 幻想のウタイビト」で登場したキャラです。
「ファイナルファンタジーⅪ 幻想のウタイビト」では、「リリゼット」をはじめに「プリッシュ」や「イロハ」といったコラボキャラを仲間に加入させることが可能です。

今回はその中の1人、風属性キャラの「リリゼット」について性能等を見ていきます。

★風SSR「リリゼット」の性能(詳細は下の方で)

○「リリゼット」は風属性SSRキャラで、種族は「その他」。
○タイプがバランスということもあり、強化、弱体、ダメージアビリティを1つずつ所持します。
○また、今回のコラボキャラの特徴はアビリティを順番に使用していくことで追加効果を得られるようになっています。「リリゼット」の場合は「プリッシュ」と同じように「連携」という効果があり、アビリティを順番に使用していくとでLvが上昇していき、Lv3になると通常攻撃後にLvを0にしてアビリティ「ワーリングエッジ」が自動発動します。

○アビリティ「ソーンスタンス」
・自分に被ダメージ無効1回とクリティカル確率UP。
・自分の連携Lvが0なら1に上昇。
☆連携Lvは、Lvの状態によって上昇するアビリティが決められています。先ずはソーンスタンスから使用してLvを上昇させていくことになります。

○アビリティ「センシュアルダンス」
・敵全体に魅了効果と攻撃DOWN
・自分の連携Lvが1なら2に上昇。
☆舞により相手を魅了する効果ですね。ソーンスタンスの次に使用してLvを2に上昇させます。

◯アビリティ「ワーリングエッジ」
・敵全体に風属性ダメージ。発動回数に応じてダメージ回数UP(最大4回)
・自分の連携Lvが2なら3に上昇。
☆最後に使用することで連携Lv3になります。この状態で通常攻撃を行うとワーリングエッジが自動発動します。

○奥義「ダンサーズフューリー」
・風属性ダメージ(特大)。「ワーリングエッジ」が発動。
☆奥義でも「ワーリングエッジ」が発動するので、「ワーリングエッジ」の発動回数を稼ぎやすくなりダメージを与えやすくなります。

○サポートアビリティ「マヤコフ舞踏団員」。
・必ず連続攻撃と回避率UP。
・通常攻撃後に連携Lvが3なら0にして「ワーリングエッジ」が発動。
☆このサポアビにより連続攻撃が確定です。そして連携Lvにより「ワーリングエッジ」もここで発動します。

◯サポートアビリティ「ビビファインワルツ」
・ターン終了時に瀕死の味方がいれば味方全体のHP回復と弱体効果を1つ回復。

☆性能に触れるとこんな感じですね。
☆アビリティ順番に使用していことが基本となり、「ワーリングエッジ」でダメージを稼いでいくことになります。

☆それでは風SSRキャラ「リリゼット」の性能について詳細を見ていきます。

風SSRキャラ〔月影の胡蝶〕「リリゼット」の性能【コラボキャラ】

ステータス

キャラ[月影の胡蝶]リリゼット
レアリティSSR
属性
種族その他
タイプバランス
HP1550
攻撃力8250
得意武器短剣
シリーズC(コラボ)

加入時の姿

上限解放後の姿

奥義

ダンサーズフューリー+

奥義ダンサーズフューリー+
効果風属性ダメージ(特大)/ワーリングエッジが発動

☆「リリゼット」の奥義「ダンサーズフューリー」です。

☆短剣と蹴りの組み合わせで舞うように敵を攻撃していきます。

☆最後は空中で一閃。

☆奥義後には「ワーリングエッジ」が自動発動です。4回発動後の「ワーリングエッジ」では高めのダメージが狙えるので、奥義によりダメージを多く狙っていけます。

アビリティ

ソーンスタンス+

アビリティソーンスタンス+
効果自分に被ダメージ無効(1回』/クリティカル確率UP
◆自分の連携Lvが0の時Lv1上昇
使用間隔7ターン

☆自分に対して無敵とクリティカルUPを付与する「ソーンスタンス」ですね。「リリゼット」はかぼう等を持ってないので、あくまで自身を守る用の無敵になります。

連携
アビリティを順番に使用している状態効果時間:ー

☆また「リリゼット」の連携Lvはこの「ソーンスタンス」から始まっていくので、このアビリティから次の「センシュアルダンス」そして「ワーリングエッジ」に繋げていくことになります。

センシュアルダンス+

アビリティセンシュアルダンス+
効果敵全体に魅了効果/攻撃DOWN
◆自分の連携Lvが1の時Lv1上昇
使用間隔7ターン

☆魅力する効果なだけあってハートなエフェクトで発動する「センシュアルダンス」。
☆敵全体に魅了と攻撃力DOWNを付与します。どちらも効果時間は180秒です。

ワーリングエッジ

アビリティワーリングエッジ
効果敵全体に風属性ダメージ
◆発動回数に応じてダメージ回数UP(最大4回)/自分の連携Lvが2の時Lv1上昇
使用間隔5ターン

☆「リリゼット」のメインダメージソースになる「ワーリングエッジ」です。
☆初回発動では、そこまで威力はありません。ただ4回発動することで、かなりダメージを与えることが可能になります。

☆「ワーリングエッジ」の発動頻度も奥義による追加効果や、連携Lv3時の通常攻撃後の発動と頻度も多いのでダメージを稼いでいけます。

サポートアビリティ

マヤコフ舞踏団員

サポートアビリティマヤコフ舞踏団員
効果必ず連続攻撃/回避率UP/通常攻撃後に連携Lvが3の時、連携Lvを0にしてワーリングエッジが発動

☆このサポアビにより「リリゼット」はダブルアタックが確定となります。
☆「連携Lv」効果もここにあり、3の時に「ワーリングエッジ」が通常攻撃後に自動発動してダメージを稼げます。
☆ただ「ワーリングエッジ」の発動頻度は高いですが、始動となる「ソーンスタンス」と「センシュアルダンス」の使用間隔が7ターンなので、連携の効果も7ターンに1回のものになります。

ビビファインワルツ

サポートアビリティビビファインワルツ
効果ターン終了時に瀕死状態の味方がいる時、味方全体のHP回復/弱体効果を1つ回復

☆味方の誰か1人が瀕死状態になると味方全体のHP回復と弱体効果を1つ回復できます。回復量については2000ほどになっています。

LB(リミットボーナス)

攻撃力防御力HPクリティカル弱体耐性
攻撃力防御力HP風属性攻撃奥義ダメージ
TA確率TA確率回避回復性能サポートアビリティ

☆とりあえずは「奥義ダメージ」と「回復性能」に振っていきたい感じです。

リミットサポートアビリティ

リミットサポートアビリティ通常攻撃時に稀にアビリティ再使用間隔を1ターン短縮

まとめ

☆FFコラボキャラ「リリゼット」についてでした。
☆バランスタイプというように色々できますね。特に「ワーリングエッジ」でダメージを稼ぎやすい感じとなっています。
☆ただ、コラボキャラなので基本火力は低めですね。

画像引用元:グランブルーファンタジー

最新情報をチェックしよう!

グラブルの最新記事8件