スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】六竜マルチHL「ガレヲンHL」をソロ討伐(風マグナ編成)したので内容について。ガレヲンの強化効果の解除にはユリウスやハンサ。「大激震」にはバイヴカハの召喚で対処。

2020年8月11日グラブル

広告

マルチバトル「六竜HL」の土属性【ガレヲンHL】のソロ討伐を風属性マグナ編成で攻略してきたのでまとめていきます。

前回はゼピュロスでソロ討伐したので今度はマグナ編成でソロ討伐しました。

六竜討伐戦HL(マルチバトル)が2020/07/27のアップデートで追加されました。
同時にドラゴニックウェポンとは別に「アンセスタルシリーズ」という武器や、キャラの強化アイテム「エーテリアルプラス」も実装されています。

ということで六竜HLマルチバトル土属性の「ガレヲンHL」ソロ討伐です。

マルチバトルの六竜Hもシングルバトル同様にバトルシステムVer2で6人まで参加可能となっています。

クエストの場所はナル・グランデのグロース島で、マルチバトルリストはアルティメットバハムートの星7のところにあります。
(アルバハと同じ難易度のところにあるけど、アルバハほどではない)

クエストクリア時にドロップするアイテムは、シングルバトルでの「インシュラーコア」に加えて、
・「ガレヲンの竜珠」
・「沃土の耳飾り」
・「アンセスタルシリーズ」の「ガレヲン・ジョー」
が入手可能になっています。

「インシュラーコア」
・ドラゴニックウェポンの土属性武器「ドラゴニックボウ」の強化(5凸)に必要。
・アストラルウェポン「ユグドラシルブランチ」の入手、そして5凸に必要。

「沃土の耳飾り」と「ガレヲンの竜珠」
・「沃土の耳飾り」は土属性キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要。
・「ガレヲンの竜珠」はショップで↑の「沃土の耳飾り」と交換出できる。

アンセスタルシリーズ「ガレヲン・ジョー」
・ガレヲンHLからのドロップでのみ入手可能。
・スキルは「巌追の秘奥」「金の誓約」

○ソロ討伐報酬
・参戦者が自分のみでクリアすると称号「巌追を穿ちし孤高の翼」を獲得。
・称号による報酬は「沃土の耳飾り」。

○「ガレヲンHL」について

☆基本的な行動はシングルバトル「六竜討伐戦「金」」と一緒。ただ効果内容の変更やダメージが上昇していたりします。

★全属性ダメージカット無効。(消去不可)
・通常攻撃はしてこない。
・5ターン毎の「スワッター」、次ターンの「クラフトリゲイン」。後半は「降砂石」になり間隔が4ターン毎なる。
・「クラフトリゲイン」で弱体回復は無くなり、攻撃UP・防御UP・再生UPが付与される。
・特殊技では弱体効果で強圧・恐怖・奥義ゲージーが発生。
・「大激震」はディスペルに反応しての発動では無くなっている。そしてガード機能では防げない。

☆高難度に位置するマルチバトルなので「全属性ダメージカット無効」がある。

☆クラフトリゲインで弱体回復がされない代わりに再生が付与され、毎ターンHPを200万回復される。

☆大激震はディスペルに反応せずに、40%突入後4ターン目で1回発動する。

○挑戦した編成
・両面ティアマト・マグナの風マグナ編成。

・ジータちゃんはランバージャック。安らぎの木もれ日で弱体回復とマウント。
・キャラは「ティアマト」「アンチラ」「ユリウス」サブに「カッツェリーラ」。

☆ティアマトはマウント持ちで回復やスロウも出来る万能なキャラ。アンチラは全体強化と敵の弱体そしてHP全回復。ユリウスは素早い攻防DOWNやスロウとディスペル。
☆カッツェリーラは逆位置効果でHPを回復。

☆武器に関してはラストストームハープで渾身と技巧。

☆召喚石に「バイヴカハ」を装備して「大激震」に合わせて召喚。
☆召喚石「ハンサ」は召喚石効果が「ディスペル」なので装備。今回の編成はアンチラ・ユリウス・ハンサのディスペル3枚体制。

それではガレヲンHLの風マグナによるソロ討伐の本題です。

広告

スポンサーリンク

六竜HL「ガレヲンHL」を風マグナでソロ討伐

編成関係

ジータちゃんとキャラ

 

●ジータちゃんのジョブはランバージャック。
・アビリティは「ミゼラブルミスト」「安らぎの木もれ日」「落葉焚き」。
・ガレヲンによる弱体に対する「安らぎの木もれ日」でマウントと弱体回復。
・通常攻撃の無い敵なので「落葉焚き」も維持しやすい。

●ティアマト
・弱体効果用に「ウィンドクローク」によるマウント効果。
・「フィブルストーム」では敵の攻防DOWN。「スーパーセル」に変化するとスロウと裂空の慟哭により敵の行動を遅延。
・「豊穣の風」で奥義ゲージ上昇量UPとHP回復。

●アンチラ(久しぶりスキン)
・特殊技には火力が高いものがあるので「不生不滅」でHP全回復をしてバトルメンバーの維持。特に大激震は防御を貫通してくるので、HPが少なくなってきたら使用。
・「葦編三絶」で味方全体の強化。(特に連撃攻撃確率UP)
・奥義のディスペルで再生や防御UPを解除していく。

●ユリウス
・「トゥルーインクワイア」は何時でも便利。
・「パワーエクストラクション」ではスロウ。
・再生や降砂石を「ネゲートインフルエンス」でディスペル。そして得た奥義ゲージを使用して「トゥルーインクワイア」もしくは自身の奥義に繋げる。

召喚石

☆メイン・サポーター共に召喚石ティアマト・マグナ。
☆ハンサは召喚石効果が「ディスペル」なので装備。バイヴカハは「大激震」に合わせて召喚して風属性ダメージをカットして耐える。
☆ガレヲンの「アトミック・サラウンド」ではアビリティ使用間隔変化を使って味方全体のアビリティ遅延をしてくるので、アビリティを即再使用可能になる黒麒麟を装備。

武器

☆メインは四象武器「春ノ柔風」。奥義で連続攻撃確率UP。
☆サブには「ラストストームハープ」を複数装備して渾身と技巧。

クエスト「ガレヲンHL」

☆ナル・グランデのグロース島の94章のところにあります。

☆挑戦時には「真なる土のアニマ」3個を消費。1日1回まで自発可能。

☆マルチバトルリストはアルティメットバハムートと同じ☆7に。

Lv200 ガレヲン戦

戦闘①:スワッター(2ターン目に予兆)

☆ガレオンは通常攻撃をしてきません。

☆2ターン目で「スワッター」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。
★解除条件は1500万ダメージです。

☆ガードをして攻撃を受けました。ガードをすれば600ほどのダメージです。

☆スワッターには追加効果で味方に強圧と奥義ゲージ-50%、ガレヲンに1ターンのオーバードライブ状態が付与されます。

戦闘②:クラフト・リゲイン(スワッターの次ターンに予兆)

☆スワッターの次ターンに「クラフト・リゲイン」の予兆が発生します。
☆ダメージは発生せず、ガレヲンに強化効果が付与されます
★解除条件は1500万ダメージです。

☆シングルバトルの時は攻撃と防御UP5ターンと弱体効果回復でしたが、HLでは攻撃と防御UPそして再生が3ターンとなっています。さらに1ターンのオーバードライブ状態が付与されます。

☆回復量は200万となっていますね。この回復が面倒なのでハンサ・ユリウスのディスペルを基本に使用していきます。アンチラちゃんは奥義のタイミングが合えば解除してもらいます。

戦闘③:スワッター(5ターン毎に予兆)
    クラフト・リゲイン(スワッターの次ターンに予兆)

☆2ターン目の後は5ターン目、10ターン目、15ターン目~と5ターン毎に「スワッター」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。
★解除条件は1500万ダメージです。

☆追加効果も同じく味方に強圧と奥義ゲージ-50%、ガレヲンに1ターンのオーバードライブ状態が付与です。

☆スワッターの次ターンに「クラフト・リゲイン」の予兆が発生します。
★解除も同じく1500万ダメージです。

☆効果も特殊技によるダメージがなく、ガレヲンに攻撃と防御UPそして再生が3ターン付与と1ターンのオーバードライブ状態が付与されます。

戦闘④:島投擲(CTが最大で予兆)

☆CTがMAXになると「島投擲」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。
★解除条件はアビリティダメージ500万です。

☆ガードしないと20000、ガードすれば2800ぐらいのダメージでした。

☆HPが41%までは70%を除き「島投擲」「スワッター」「クラフト・リゲイン」のループとなっています。

戦闘⑤:アトミック・サラウンド(HP70%で予兆)

☆HPが70%になると特殊技「アトミック・サラウンド」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。
★解除条件は30回ダメージです。

☆ガード上から味方全体に2000ほどのダメージです。

☆さらに追加効果で味方全体に奥義ゲージ-200%、アビリティ使用間隔変化、強化効果解除、強圧、恐怖と複数の弱体化がされます。

戦闘⑥:モード変化(HP40%で発動)

☆40%を超えると弱体リセット・攻撃UP・オーバードライブ状態が付与されます。そしてアトミック・サラウンドの予兆もきます。

☆ガレヲンの場合は通常攻撃が無いので安心して40%を超えることができますね。これのおかげで六竜HLの中でも簡単な方になります。

戦闘⑦:アトミック・サラウンド(HP40%で予兆)

40%になると弱体回復と強化の他に「アトミック・サラウンド」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。
★解除条件は30回ダメージです。

☆ガレオンに弱体無し攻撃UPで味方全体にガード上から8000ダメージです。

☆さらに70%と同様にアビリティ使用間隔変化と奥義ゲージ-200%、強化効果の全ディスペル、そして強圧と恐怖が付与されます。

戦闘⑧:大激震(モード変化後の4ターン目に予兆)

モード変化後(アトミック・サラウンドのターン)から4ターン目には特殊技「大激震」の予兆が発生です。
☆味方全体を対象としてガードでは防げない特殊行動です。
★解除条件はチェインバーストです。

☆ガードが効かないのでバイヴカハを召喚して風属性ダメージを50してダメージを受けます。
結果として2万とかなりのダメージです。

☆追加効果は奥義ゲージ-50%と恐怖そしてアビリティ封印が付与されます。ここではマウントでアビリティ封印は無効化です。

戦闘⑨:降砂石(4ターン毎に予兆)

☆40%からはスワッターではなくターン経過による特殊技が「降砂石」に変更されます。
☆ダメージは発生せず、ガレヲンに強化効果が付与されます。
★解除条件は1500万ダメージです。

☆発動間隔も5ターンから4ターンに変化します。

☆効果は降砂石と攻撃UPが3ターン付与されます。降砂石はターン終了時に無属性ダメージが複数回発生。

☆流石に無属性ダメージを受け続けるの良くないので、直ぐにディスペルで解除していきます。

☆40%からは大激震を超えると「島投擲」「降砂石」の繰り返しだけとなります。

戦闘⑩:討伐完了

☆後はひたすら攻撃していきます。

☆最後はチェインバーストでガレヲンHLのソロ討伐完了です。

戦闘結果

☆インシュラーコアは自発箱から1~3個の入手。

☆そ新トレジャーのガレヲンの竜珠は確定で入手できる。

討伐まとめ

☆通常攻撃が無いので、HLでも他の六竜よりも討伐自体は楽ですね。特に40%を超える時。

☆気を付けるのは「大激震」。ダメージを受け方にによっては4万ぐらいのダメージになるので注意ですね。
今回はバイヴカハの風属性ダメージ50%カットで「大激震」を2万ダメージにして超えていきました。

☆基本的に弱体効果と強化効果が面倒なのでマウントとディスペルはそれぞれ2個ずつを持っていきたいですね。
☆ゼピュロスだと自身の召喚にディスペルがあるので問題無いですが、マグナだとどこかに装備枠を作らないといけませんね。今回はハンサを入れてました。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村