TAG

クリティカル編成

  • 2020年12月19日
  • 2021年5月23日

【グラブル】「アバターHL」をゼウス編成でフルオートソロ攻略。どうしようと無属性攻撃が痛い敵なので、イオやゾーイそしてレ・フィーエで回復しながら進行。(光神石技巧編成)

「アバターHL」をオデ槍(グングニル)を担いだゼウス技巧編成でフルオートソロ討伐したので書いていきます。光マグナ編成でのフルオートソロ討伐は↓【グラブル】「アバターHL」を光マグナ編成でフルオートソロ討伐。現HPに依存した無属性攻撃が多い敵。基本はイオやゾーイそしてレ・フィーエで回復アビ以外での回復しながら進行。最後のアーク・エネミーはガイゼンボーガで対応。↑のように以前は光マグナでしたので、今回はゼウス編成での挑戦です。キャラ編成に関しては光マグナの時と同じですが、武器はオーディンからドロップする「グングニル」を装備した技巧をメインにした編成です。そして書いているタイミングでは、2020年9月辺りから行われた「ドロップUPキャンペーン」が再び開催されています。そのドロップUPキャンペーンでは、対象クエストの発見者は1回のクリアで、クエスト2回分の宝箱を獲得出来るようになります。☆入手宝箱が増えるイベントですね。ただし今回の開催では「紫箱」のドロップは無くなっています。○ということでアバターHLをゼウス(技巧)編成でのフルオートソロ討伐です。☆アバターHLとの戦闘についてはフルオートなので、特殊技一つひとつに対して特に行動することはできません。☆アバターHLはメタトロンHLと同じように現HPを参照する無属性ダメージが多く発生してきます。その無属性ダメージによってHP大きく減らされることになります。☆アバターの残りHPが10%になると「アークエネミー」で闇属性大ダメージが発生してしまいます。これに関しては闇属性攻撃なのでサブに「ガイゼンボーガ」を編成して1万の上限値に固定するので問題無くフルオートで討伐です。○挑戦した編成・両面ゼウスの神石編成。・ジータちゃんはランバージャック。「木こりのうた」での累積攻防DOWNやHP回復は大事。・キャラは「ゾーイ」「イオ」「レ・フィーエ」、サブには「ガイゼンボーガ」で挑戦。・ゾーイは「ラストウィッシュ」による攻防UPとHP吸収。・イオは強化アビリティの「メメントウィッシュ」でのHP回復。そしてフラワリーセブンによるダメージ。・レ・フィーエは「燦爛」効果により敵の特殊技に反応して発動する「ベネディクションライト」が便利。・武器は「グングニル」を複数装備し、スキル「克己」によるクリティカル発動率が上昇した技巧編成。★全員何かしらのHP回復手段を持たせての編成です。それではアバターHLのゼウス技巧編成でのフルオートについて本題です。

  • 2020年10月5日
  • 2021年5月11日

【グラブル】「オールド・オベロン」の性能について。水マグナのクリティカル編成用の武器。とりあえずは3個集めて後は「冬ノ霜柱」辺りで。(エウロペちゃんの手袋もオマケして)ドレッドバラージュ用に武器の準備②。

「オールド・オベロン」の性能・入手・強化素材について見ていきます。「オールド・オベロン」はオールド・プライマルシリーズに属する武器ですね。スキルは神威と克己の2種類を持ちます。この「オールド・オベロン」は主に克己に含まれる「技巧」効果を目当てに、クリティカル編成で使用することになる武器です。入手先は主にマキュラ・マリウスからのドロップですね。他にはエウロペからのドロップや栄誉の輝き交換もあります。ということで「オールド・オベロン」についてです。2020年10月に行われる「ドレッドバラージュ」が水有利なので、水マグナのクリティカル編成で挑戦しようと思い、手持ちにあった「オールド・オベロン」を4凸して性能を見てました。○「オールド・オベロン」の性能・水属性の格闘武器。・奥義は水属性ダメージと自分に幻影(1回)。・第1スキルは海神方陣・神威で水属性キャラの攻撃力とHP上昇。・第2スキルは海神方陣・克己で水属性キャラのダブルアタック確率とクリティカル確率UP。☆武器種が格闘と種類が少なく一応はメインで使える。けど追加効果が自分のみ幻影なので繋ぎとして。☆とりあえずクリティカル編成としては、この4凸されたこの武器は3個は欲しい感じ。