TAG

黄龍・黒麒麟

  • 2020年8月22日
  • 2020年8月22日

【グラブル】PROUD+「黄龍・黒麒麟」のフルオート討伐を闇マグナ編成の回避パで。当たると痛い黄龍の攻撃も当たらないので問題無し。ただ黒麒麟からの無属性攻撃「スーパーローテーション」は痛い。

四象降臨PROUD+「Lv150 黄龍・黒麒麟」をフルオート討伐を闇マグナ編成で攻略してきたので編成や敵の行動に等について書いていきます。「この蒼空に聖き目覚めを」のPROUD+はPROUDの「Lv120 朱雀」「Lv120 玄武」「Lv120 白虎」「Lv120 青竜」を全て倒すことで挑戦可能になります。今まで光マグナや闇マグナで普通に討伐してきましたが、フルオートでも行けそうだったので今回はソレでやってきました。PROUD+はPROUDよりも遥かに難易度が高く特殊行動も頻繁になり高ダメージの攻撃を多発してきますので、敵の行動にはかなりの注意を行い、挑戦の際は編成を整えて行きたいところです。この「Lv150 黄龍・黒麒麟」は黄龍と黒麒麟の2体を同時に相手にします。なので敵のチャージターンには注意しないといけません。また片方のHPが50%を切ると背景が変わり2体とも真の力を解放して特殊行動も変化してきます。特に黄龍の方は4万ダメージと非常に危険なので対策が必要です。まぁ敵の攻撃は当たれば痛いというこうとなので、今回の編成は闇マグナの回避パ。・キャラは「シス」「ビカラ」「アンスリア(浴衣)」で挑戦。・シスの「恐怖」で黄龍は特に特殊技を使用すること無く沈んでいきます。また「命中率DOWN」で黄龍・黒麒麟の両方からの被ダメージも抑えることができる。・ビカラは干支バフで味方全体の「回避率UP」と「奥義ゲージ上昇量UP」「奥義性能UP」。回避成功時にはダメージ+ディスペルで強化効果の解除をしながら火力も稼いで行く。「ゆ~とぴあ」はフィールド効果なのでフルオートで自動発動されない。・アンスリアは味方全体に「防御UP」「連続攻撃率UP」「奥義性能UP」「ストレングス」。さらに回避成功時には味方全体の「HP回復」「弱体効果を一つ回復」できる。・武器はセレストクロー・マグナとアビススパインを複数編成。メインには楽器武器である麒麟弦を持たせてます。★基本的に敵の行動はほとんど回避出来ますが、黒麒麟の「スーパーローテーション」だけは無属性ダメージなので避けることができません。ただ、まともに受けるダメージはそれぐらいです。★PROUD+「黄龍・黒麒麟」はクリア時には宝晶石500個があるので、四象降臨の開催毎に忘れずに各PROUDをクリアしていきたいですね。★討伐の報酬には、2020年8月開催時で新たに追加された「柘榴石の鉞」等の四象武器の上限解放に必要な「黄龍と黒麒麟のマグナアニマ」も入手できます。

  • 2020年6月9日
  • 2020年6月9日

【グラブル】この蒼空に聖き目覚めを(PROUD、PROUD+)について。とりあえずは黄龍・黒麒麟までクリアして宝晶石500を確保したいところ。その黄龍・黒麒麟戦も最終イオちゃんのおかげで楽に討伐。

四象降臨の「この蒼空に聖き目覚めを」について書いていきます。「この蒼空に聖き目覚めを」は難易度PROUDとPROUD+のクエストです。・難易度PROUDは「Lv120 朱雀」「Lv120 玄武」「Lv120 白虎」「Lv120 青竜」この4つのクエストがあります。これらを全てクリアすることで、・難易度PROUD+「Lv150 黄龍・黒麒麟」に挑戦可能になります。ということで今回はザックリとこの四象降臨のPROUD関係について見ていきます。★真面目に挑戦した時↓〇PROUD【グラブル】Lv120朱雀(PROUD)を水マグナ編成の杖パで倒してきたので編成や敵の行動とか。やっぱり最終上限解放されたリリィが便利。(この蒼空に聖き目覚めを)【グラブル】Lv120玄武(PROUD)を土マグナ編成の刀パで倒してきたので編成や敵の行動とか。オクトーやブローディアのいる安心安定の土マグナだと楽に倒せますね。ただ玄武の攻撃は1撃が重い。【グラブル】Lv120白虎(PROUD)を風マグナ編成で倒してきたので編成や敵の行動とか。アンチラやニオによる流石の風マグナ。グリームニルの火力もアンチラによる追撃も加えて高め。そしてニオの魅了により白虎もただのでっかいワンちゃんに。【グラブル】Lv120青竜(PROUD)を火マグナ(オールド・エッケザックス)編成で倒してきたので編成や敵の行動とか。やっぱりアニラの干支バフのおかげで初速もそこそこ出せる。他にもシヴァによるダメージやアテナのテトラドグマがいい感じ。〇PROUD+【グラブル】Lv150黄龍・黒麒麟(PROUD+)を闇マグナ編成(ウォーロック)で倒してきたので編成や敵の行動とか。レプリケーションキャストで黄龍に特に何もさせないまま倒したので全体的に楽に進めることができました。【グラブル】Lv150黄龍・黒麒麟(PROUD+)を光マグナ(シュヴァリエソード・マグナ)編成で倒してきたので編成や敵の行動とか。光属性は回復役(フュンフやイオ)を編成出来るので安心して戦えますね。ただ今回は黄龍の特殊を素で受けてしまい後半はグダグダになってしまいました。★以上が真面目?やった時PROUDとは言っても四象降臨だと難易度は少し低め。PROUD+の方は黄龍と黒麒麟の2体を同時に相手にします。なので敵のチャージターンには注意しないといけません。また片方のHPが50%を切ると背景が変わり2体とも真の力を解放して特殊行動も変化してきます。特に黄龍の方は4万ダメージと非常に危険なので対策が必要です。と流石に難易度が高く特殊行動も頻繁になり高ダメージの攻撃を多発してきますただそれでも他のPROUD+と比べるとやっぱり低め難易度。ちなみにPROUD+「黄龍・黒麒麟」はクリア時には宝晶石500個があるので忘れずに倒しておきたい。そろそろ眼前となってきた水着キャラの為に。

  • 2020年6月7日
  • 2020年6月8日

【グラブル】四象に挑戦EXを両面黄龍0ポチ周回編成について。今回は朱雀・玄武・白虎・青竜の全部に挑戦したまとめ。以前との一番の違いはルリアがシロイドスになったことだったり。

四象降臨のマルチバトルEXTREME「四象に挑戦」を、両面黄龍による0ポチによる周回編成について書いていきます。(ちなみに2020年6月開催時)四象に挑戦は「朱雀討伐戦」「玄武討伐戦」「白虎討伐戦」「青竜討伐戦」があります。今回は全部をまとめました。両面黄龍による0ポチ編成なので、十天光輝の楯により奥義ゲージ100%で戦闘を開始できる十天衆からの3チェインで倒していく編成。なので十天衆はどの属性にも編成。・水はウーノ・土はオクトー・風はシエテ・火はエッセル他にはるっ!で「相手に合わせて変えればいいんじゃないですか」とおしゃったルリアさん。(なおアオイドスイベントでのスキン着用)後は追撃を所持しているキャラを編成していく感じですね。ジークフリートさんとか。0ポチによる周回なのでとにかく楽です。四象の輝き集めと討伐章集めの負担が結構減ります。

  • 2020年6月7日
  • 2020年6月7日

【グラブル】四象降臨(2020年6月)の報酬とかについて。今回も変更点は無いのでいつも通りに印符(四象金印)や四象武器集め。少し前にヒヒイロカネの在庫が追加されたのでクロム鋼を集めて交換。

2020年6月の四象降臨が始まったので、内容や変更点そして四象交換等についてまとめていきます。今回の四象降臨については特に前回開催と比べると大きな変更点は無いですね。少し前にヒヒイロカネが在庫が追加されたことだけですね。ともあれ四象降臨です。四象関係のトレジャーや武器を入手するチャンスなので、四象の輝きを集めて入手していきましょう。特に四象降臨で入手できる四象金印、これを消費して挑戦出来る黄龍や黒麒麟。そこから入手できる黄龍や黒麒麟は、マルチバトルやアーカルムそして高難度に挑む時に便利なので入手を確実したいですね。最近だとバブさんHLにも使いますし。〇四象降臨について簡単に。・功刃Ⅱの四象武器を入手。・方陣の四象武器を入手。・黄龍・黒麒麟の入手する為の四象金印。・ヒヒイロカネ・久遠の指輪と交換できるクロム鋼。

  • 2020年3月19日
  • 2020年3月19日

【グラブル】Lv150黄龍・黒麒麟(PROUD+)を闇マグナ編成(ウォーロック)で倒してきたので編成や敵の行動とか。レプリケーションキャストで黄龍に特に何もさせないまま倒したので全体的に楽に進めることができました。

四象降臨のPROUD+「この蒼空に聖き目覚めを」の最後「Lv150 黄龍・黒麒麟」(PROUD+)を闇マグナ編成で攻略してきたので編成や敵の行動について書いていきます。「この蒼空に聖き目覚めを」のPROUD+はPROUDの「Lv120 朱雀」「Lv120 玄武」「Lv120 白虎」「Lv120 青竜」を全て倒すことで挑戦可能になります。PROUD+はPROUDよりも遥かに難易度が高く特殊行動も頻繁になり高ダメージの攻撃を多発してきますので、敵の行動にはかなりの注意を行い、挑戦の際は編成を整えて行きたいところです。このLv150 黄龍・黒麒麟はその名の通り黄龍と黒麒麟の2体を同時に相手にします。なので敵のCTに注意しないと特殊技を2連続で食らってしまいます。また片方のHPが50%を切ると背景が変わり2体とも真の力を解放して特殊行動も変化してきます。特に黄龍の方は4万ダメージと非常に危険なので対策が必要です。そんなPROUD+を今回は闇マグナ編成で倒してきました。四象降臨のPROUD関係は開催期間中に1度しか倒すことが出来ないので、色んな編成を試す機会が少ないです。編成に関しては6周年でアビリティ「レプリケーションキャスト」が追加されたウォーロックで挑戦しました。このレプリケーションキャストは編成している杖得意キャラの数に応じてダメージと奥義ゲージ上昇量がUPするアビリティです。ダメージの方は300万を超え、味方全体の奥義ゲージは100%以上増えるので擬似奥義バーストにできる、かなり強めな効果となっています。キャラについては杖が得意なヴァンピィちゃんやシャレムちゃん。杖が得意ではないけどビカラちゃん、サブには安全安心の渇望を付与させるニーアちゃん。敵の攻撃力は高いですが、特殊技をまともに受けなれば良い?です。そこで黄龍の攻撃が危険なので先に黄龍から倒していきましょう。なんて倒して行こうとしたけど、4ターン目にレプリケーションキャストを使って奥義ブッパしたら、黄龍を倒しちゃっいました。なので今回の黄龍君は通常攻撃をしただけで、黄龍の行動は分からない状態となりました。前回開催時は光マグナでゆっくり倒したので、その時に行動は分かっていますけどね。【グラブル】Lv150黄龍・黒麒麟(PROUD+)を光マグナ(シュヴァリエソード・マグナ)編成で倒してきたので編成や敵の行動とか。光属性は回復役(フュンフやイオ)を編成出来るので安心して戦えますね。ただ今回は黄龍の特殊を素で受けてしまい後半はグダグダになってしまいました。PROUD+「黄龍・黒麒麟」はクリア時には宝晶石500個があるので、その為にも各PROUDをクリアしてこのクエストも成功させて行きましょう。

  • 2020年1月18日
  • 2020年1月18日

【グラブル】光有利古戦場のEXTREME+(肉集め)を片面黄龍クリュサオル編成による非AT2ポチ周回について(2000万編成)。アーセガルとデュアルアーツによりFULL CHAINまで。メインにヴァッサーシュパイアーをコンパニオンウェポンには無銘金重の英雄武器2本編成で挑戦。

光有利古戦場のEXTREME+で肉集めについて、片面黄龍クリュサオルで非AT2ポチ編成を準備してきたので、その編成や火力を書いていきます。ということで2020年初の古戦場が始まるわけです。なので肉集め編成を整えてきました。編成はジョブをクリュサオルにして召喚石を黄龍とゼウスでによる、いつもお世話になっている片面黄龍編成です。アーセガルとデュアルアーツにより、開幕から奥義〜FULL CHAINまで繋げていく編成ですね。そのアーセガルとデュアルアーツのみの2ポチだけなので、周回速度もそこそこ早め。AT中ならデュアルアーツのみ1ポチでもいけます。(ちなみにこの後に書くアプサラスなら非AT1ポチ、AT0ポチで周回出来ます)〇ちなみに予告ページの古戦場EXTREME1ターン討伐について↓・メカニック【グラブル】古戦場(光有利2020年1月)予告ページの「目指せEXTREME1ターン討伐」編成(1500万編成)を試してみた①。メカニック編成で奥義ダメージを上昇させよう!の方。クラリスちゃんやロボミさんのような奥義火力が高いキャラを編成する感じ。武器も入れ替えればEXTREME+も1ターンでいける(2000万編成)。もし火力が足りない時はシルヴァさんに頼みましょ。・クリュサオル【グラブル】古戦場(光有利2020年1月)予告ページの「目指せEXTREME1ターン討伐」編成(1500万編成)を試してみた②。クリュサオル編成でアビリティを駆使して戦おう!の方。デュアルアーツにより単純に奥義回数が1回増えるのでダメージを出しやすい。メインにヴァッサーシュパイアーを編成すればEXTREME+も1ターンでいける(2000万編成)。☆予告ページはあくまでEXTREMEなのでそれなりに。今回の編成について〇武器・サティフィケイトが必殺スキル持ちであること。・光属性の「終末の神器」は武器種が剣なのでデルタ・ペンデュラムにすると「ヴィントホーゼ」のような奥義ゲージUPが出来てFULL CHAINに繋げやすい。(今回は無銘金重を使っています)・フェイトルーラーという光属性ゾーイ解放武器が功刃・秘奥・イクシードと3つとも奥義火力に直結して優秀。・クリュサオルということで英雄武器「ヴァッサーシュパイアー」を装備することで、奥義に追加ダメージが増え(魔獄)、簡単に火力を盛ることが出来る。〇召喚石・黄龍の加護による奥義ゲージ上昇により全てが始まる。・サブにアーカルム召喚石「ザ・スター」を装備して与ダメージUP★えっ?メタトロン? 私の手持ちには見当たらない。〇キャラ・ソーンさんは十天光輝の盾により奥義ゲージが+10%されて70%からスタート出来ます。・ルリピッピは飛びぬけた奥義火力と防御DOWN。・ロボミさんは奥義ダメージが極大と素で強い・シルヴァさんはアセンションによりサブ編成からダメージを発生させることが出来る、最後の1押し。では、本題いきます。

  • 2019年12月18日
  • 2019年12月18日

【グラブル】四象降臨(2019年12月)のイベント内容や報酬武器について。今回からアサルトタイム中は好きなEXTREME+に挑戦できるように。黄龍や黒麒麟が色んなとこで使えるので入手のための金印集めや夏ノ陽炎のような優秀な必殺武器の入手。そして十天衆加入ワールド素材セットなるものが交換に追加。

四象降臨(2019年12月)が始まりましたね。ということで四象降臨の内容や変更点、四象交換等についてまとめていきます。〇四象降臨は、・強力な四象武器の入手・便利な召喚石の黄龍・黒麒麟の入手権・ヒヒイロカネ・久遠の指輪等を得ることができます。☆特に黄龍や黒麒麟はマルチバトルやアーカルムそして高難度に挑む時に便利なので入手を確実していきたいですね。・黄龍【グラブル】両面黄龍編成でアビ・召喚0ポチ周回。プラチナ・スカイⅡのVERY HARD(Lv30 ローカスト)を素早く周回してAMEクリスタル集め。やっぱりルリアは強い。・黒麒麟【グラブル】プラチナ・スカイⅡのPROUD「吹き荒ぶ嵐の中で」をアグニスでクリアしてきたので編成や内容を見ていきます。バトル2戦でとにかく攻撃力が高いのでダメージカットや回復が必要で、2戦目は風属性以外の攻撃もあるので注意。長期戦になる時はアテナや虚空の楔槍が凄く便利でした。【グラブル】ディストリーム編成でアーカルムの転世を楽に周回(ちなみに火編成)。大半の敵はディストリームのみで倒せるけども、一部の敵には少し工夫が必要。今回の四象降臨で武器の追加はありませんが変更点が1つありますね。〇変更点・アサルトタイム中は全てののEXTREMEとEXTREME+が輝きボーナスの対象となり、EXTREME+は任意のクエストに挑戦が可能になりました。☆これは便利ですね。AT中はアグニス君に集中して武器を狙ったりできますね。(クリフィンとか落ちたことありませんが)・四象交換に十天衆加入ワールド素材セットや碧空の結晶が追加。☆十天衆素材セットはオルディネシュタインや古代布等が詰まったものですね。また久遠の指輪の在庫が1つ追加されたので、でデイリーミッションをこなしてクロム鋼の取りこぼしが無いようにしていきたいですね。光有利古戦場前の開催となるので黄龍関係の武器を集める人は、印符をたくさん集めて備えたいですね。黄龍武器を上限解放する時は四象降臨の専用トレジャー「勾玉」も必要となるので、こちらも忘れずに入手しておきましょう。

  • 2019年10月12日
  • 2020年7月11日

【グラブル】Lv150黄龍・黒麒麟(PROUD+)を光マグナ(シュヴァリエソード・マグナ)編成で倒してきたので編成や敵の行動とか。光属性は回復役(フュンフやイオ)を編成出来るので安心して戦えますね。ただ今回は黄龍の特殊を素で受けてしまい後半はグダグダになってしまいました。

四象降臨のPROUD,PROUD+「この蒼空に聖き目覚めを」の最後「Lv150 黄龍・黒麒麟」(PROUD+)をマグナ編成で攻略してきたので編成等や敵の行動について書いていきます。「この蒼空に聖き目覚めを」のPROUD+はPROUDの「Lv120 朱雀」「Lv120 玄武」「Lv120 白虎」「Lv120 青竜」を全て倒すことで挑戦可能になります。PROUD+はPROUDよりも遥かに難易度が高く特殊行動も頻繁になり高ダメージの攻撃を多発してきますので、敵の行動にはかなりの注意を行い、挑戦の際は編成を整えて行きたいところです。このLv150 黄龍・黒麒麟はその名の通り黄龍と黒麒麟の2体を同時に相手にします。なので敵のチャージターンには注意しないといけません。また片方のHPが50%を切ると背景が変わり2体とも真の力を解放して特殊行動も変化してきます。特に黄龍の方は4万ダメージと非常に危険なので対策が必要です。そんなPROUD+を今回は光マグナ編成(シュヴァリエソード・マグナ編成)の杖パで倒してきました。倒すことは出来ましたが途中黄龍のHP10%の特殊技を素で受けてしまい盛大に事故を起こしましたが、その後は特に問題なく倒すことが出来ました。編成は光なので弱体でソーン、回復と強化でフュンフとイオを編成しました。敵の攻撃力は高いですがフュンフとイオのおかげでリカバリーは簡単なので問題はありませんでした。ただ一発でHPが全部持っていかれると対処が厳しいですけど。ともかく黄龍の攻撃が危険なので先に黄龍から倒していきましょう。そのPROUD+「黄龍・黒麒麟」はクリア時には宝晶石500個があるので、その為にも各PROUDをクリアしてこのクエストも成功させて行きましょう。それでは本題、