TAG

真・裁考天の鳴弦

  • 2021年6月12日
  • 2021年6月12日

【グラブル】EXスキル付きの「シャフレワル」と「六道・裁考天の鳴弦」について。ドロップしたそれぞれにどのようなEXスキルが付与されたかを確認していきます。なおドロップをまとめたことで召喚石「ゼノ・ウォフマナフ」のドロップ率の低さがよく分かる。報酬や内容について。

ゼノ・ウォフマナフを周回してEXスキル付きの六道武器(シャフレワルと裁考天の鳴弦)を集めて見たので、本数の割合とか入手出来たEXスキルの組み合わせ内容等を見ていきます。ということでEXスキル武器がドロップするようになったゼノ・ウォフマナフ撃滅戦(2021年6月)のまとめみたいなものです。○今回のゼノ・ウォフマナフ撃滅戦について去年の開催では六道武器の真・裁考天の鳴弦の5凸と召喚石ゼノ・ウォフマナフが実装されて、今回ではバトルからドロップする六道武器には「EXスキルが付与された状態」でドロップするようになりました。そしてEXスキル付与に伴い、六道武器のドロップ率も上昇しています。

  • 2021年6月6日
  • 2021年6月6日

【グラブル】「ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦(2021年6月)」の報酬や内容について。今回から新たに「EXスキルが付与された六道武器」がドロップするようになりましたね。同時に六道武器のドロップ率も上昇しているのでEXスキルを粘れるかも。

EXスキルが実装された「ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦」が開催されたので、報酬や変更点や内容についてまとめていきます。(2021年6月開催)ということで開催された「ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦」です。今回の開催では、六道武器にマグナやアンセスタスシリーズのような「EXスキル」が付与されてドロップするようになりました。前回の開催で「召喚石のゼノ・ウォフマナフ」と「真・裁考天の鳴弦の5凸」が出来ていなければ、ここが入手&上限解放のチャンスですね。また、今月は「火有利のドレッドバラージュ」ですが来月は「」土有利の星の古戦場」なので、ここで装備強化をして起きたいところです。

  • 2020年12月29日
  • 2021年5月11日

【グラブル】「エウロペHL」を土マグナ編成でフルオートソロ討伐。ネモネやメルゥを入れた趣味ぽっい編成。やっぱり最終したメルゥは耐久性が高いし火力もそこそこあって使いやすい。ところで「フェルルカ」はいつになったら来ますかね?

「エウロペHL」を土マグナ編成でフルオートソロ討伐しているので書いていきます。土マグナというかネモネとメルゥを入れたかった編成。要は早く「フェルルカ」を実装して欲しい編成。(あと地味に土マグナハイランダーだったりする)↑は置いて置いて、これを書いている時期はイベント「ドロップUPキャンペーン」開催され、特定のクエストからは自発のドロップが倍そして特別報酬追加という美味しい期間です「ドロップUPキャンペーン」○宝箱の増加・対象クエストの発見者は1回のクリアで、クエスト2回分の宝箱を獲得出来る。(自発の赤箱等も倍になる)○追加報酬・新たに「紫箱」が追加。入手条件は獲得貢献度に応じて獲得しやすくなる。(青箱みたいなもの)☆単純に入手宝箱が増えるイベントですね。特に紫箱からはアニマや希にマグナⅡ武器も入手出来るので期間中に周回して集めていきたいです。★結構前ですがマグナⅡ武器やアニマは新武器追加時にドロップ率が上昇しています。☆エウロペの場合だと「スピリット・オブ・マナ」以外。☆なので「テュロスビネット」や「エウロペの(マグナ)アニマ」集めの絶好の機会です。特にアニマは大量に集めておいても良いかも知れませんね。(十天衆の限界超越“第1段階”で“銀片を200個“要求してくることを考えると…)○ということで今回はエウロペHLを土マグナ編成でのフルオートソロ討伐についてです。☆エウロペちゃんとの戦闘についてはフルオートなので、特殊技毎に対応して行動することはできません。☆エウロペは特殊技で味方にディスペルや水牢の付与を頻繁にしてきます。また自身にもターン制の攻撃力UPと連続攻撃確率UPを付与して高火力で攻撃してきます。☆40%以降は特殊技・通常攻撃が共に威力が高いです。特に強力なのは「トーラスブライト」ですね。○挑戦した編成・両面ユグドラシル・マグナの土マグナ編成。・ジータちゃんは安定のランバージャック。・キャラは「ネモネ」「メルゥ」「マキラ」。サブには賢者2人。・メインには5凸した六道武器「真・裁考天の鳴弦」。他の武器は全部バラバラな土のハイランダー編成☆とりあえず「ネモネ」「メルゥ」を組みたいだけの編成。☆「メルゥ」に関しては最終上限解放しているだけあって強い。火力が飛び抜いてるとかじゃなくて、まず硬いそしてディスペルが効かない、火力に関してほぼTAで追撃。★ここから↓はネモ姉風味。☆「ネモネ」はネモネネモネネモネしてパゥワーするから火力は高め。最終したら絶対火力がとんでもないことになると思うヤツ!あとスキンはクリスマス!ではでは、エウロペちゃんと“ハレマエ”だー。

  • 2020年8月27日
  • 2020年8月27日

【グラブル】「100HELL竜吉公主」を土マグナでフルオート周回。100HELLからは特殊技の発動HPが変更されたり、トリプルアタック確率UPや攻撃力UPが追加。(2020年8月 土有利古戦場)

土古戦場の100HELL【竜吉公主】を土マグナでフルオートしながら周回しているので、編成や竜吉公主の行動を見ていきます。2020年8月の星の古戦場の本戦も3日目となりまりましたね。本戦3日目からは「竜吉公主」の100HELLとUNITE BATTLEが解放されるので、今回は100HELLについて見ていきます。(UNITE BATTLEは騎空団内で100HELLを100体討伐後に解放)○竜吉公主について・通常攻撃は単体。・HPが50%で「竜吉公主」の弱体効果の解除。・特殊技は味方全体を対象。→「霧露乾坤網」では追加効果で「魅了」「防御DOWN」「ターゲッティング」→「五行相克」では追加効果で「防御力UP」「リフレクト」「攻撃力UP」→「四海瓶」では追加効果で「ダブルアタック確率UP」「水属性追撃」「トリプルアタック確率UP」。☆95HELLでは「水属性追撃」が追加されました。そして100HELLからは「ターゲッティング」「攻撃力UP」「トリプルアタック確率UP」が新たに追加されました。☆特殊技の発動タイミングも変更されていて、最初のHPによる特殊技が「四海瓶」になっていたりします。☆「魅了」は受けてしまうと、かなり攻撃の制限がされてしまいます。☆「リフレクト」に関しては1ヒットにつき2000のダメージが帰ってきます。○編成について・ユグドラシル・マグナとブローディアの土マグナ編成。・キャラは「ブローディア(水着)」「マキラ」「アルルメイヤ」。・サブに「カイム」を編成して武器はハイランダー。☆魅了による行動制限が辛いので「アルルメイヤ」でマウントしていきます。☆ブローディア(水着)では100HELLになって敵の攻撃力が高くなってきたのでダメージ軽減で。

  • 2020年8月2日
  • 2020年8月11日

【グラブル】六竜マルチHL「ワムデュスHL」をティターン編成でソロ討伐したので内容について。シングル「碧」の時と同じように高火力なワムデュス。やっぱり水着ブローディアの防御性能が便利。

マルチバトル「六竜HL」の水属性【ワムデュスHL】のソロ討伐を土属性ティターン編成で攻略してきたのでまとめていきます。六竜討伐戦HL(マルチバトル)が2020/07/27のアップデートで追加されたので、1属性毎に神石・マグナ編成でソロ攻略していこうと思います。六竜HLではドラゴニックウェポンとは別に「アンセスタルシリーズ」という武器や、キャラの強化要素「エーテリアルプラス」も実装されています。今回は水属性の六竜HL「ワムデュスHL」をティターン(神石)編成で討伐してきました。マルチバトルの六竜Hもシングルバトル同様にバトルシステムVer2で6人まで参加可能となっています。クエストの場所はナル・グランデのグロース島で、マルチバトルリストはアルティメットバハムートの星7のところにあります。アルバハと同じ難易度のところにあるけど、アルバハほどではない。けども、ガード機能を使用したり弱体効果の対策をしないと、アルバハのターゲッティングからのレギンレイヴくらいに誰かがやられる。クエストクリア時にドロップするアイテムは、シングルバトルでの「アビサル・トラジェディー」に加えて、・「ワムデュスの竜珠」・「流水の耳飾り」・「アンセスタルシリーズ」の「ワムデュス・ナイダリア」が入手可能になっています。「アビサル・トラジェディー」・ドラゴニックウェポンの水属性斧武器「ドラゴニックバスター」の強化(5凸)に必要。・アストラルウェポン「フェイトレス」の入手、そして5凸に必要。「流水の耳飾り」と「ワムデュスの竜珠」・「流水の耳飾り」は水属性キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要。・「ワムデュスの竜珠」はショップで↑の「流水の耳飾り」と交換出できる。アンセスタルシリーズ「ワムデュス・ナイダリア」・ワムデュスHLからのドロップでのみ入手可能。・スキルは「水禍の技巧」「碧の誓約」○ソロ討伐報酬・参戦者が自分のみでクリアすると称号「水禍を凌ぎし孤高の翼」を獲得。・称号による報酬は「流水の耳飾り」○「ワムデュスHL」について☆基本的な行動はシングルバトル「六竜討伐戦「碧」」と一緒。ただ効果内容の変更やダメージが上昇していたりします。★全属性ダメージカット無効。(消去不可)。★40%で弱体回復、オーバードライブ、攻撃UP。・通常攻撃はランダム4回攻撃。後半は2回になりダメージ上昇。・「ウェゼルフォール」で高揚が付与され、特殊技の頻度が増える。・「フォースバイト」ではランダムで4回大ダメージ。・特殊技では弱体効果で衰弱・恐怖・猛毒・麻痺・水牢が発生。・特に「水牢」「猛毒」では毎ターン終了時に大ダメージが発生。。☆高難度に位置するマルチバトルなので「全属性ダメージカット無効」。☆通常攻撃も特殊技も大ダメージを受けやすい。特に40%で通常攻撃で抜ける場合は、敵の弱体回復もされているのでダメージ軽減等をしてないと、誰かがやられる。○挑戦した編成・両面ティターンの土属性の神石編成。・ジータちゃんはランバージャック。・キャラは「ヴィーラ」「マキラ」「水着ブローディア」、サブには「カイム」。☆ヴィーラはディスペル+スロウや回復で便利。☆マキラは敵の攻撃・防御DOWNや味方の強化。鼓の音を消費してオールポーションの作成や弱体効果無効も出来る。☆水着ブローディアはグラビティ持ち。かばう+ダメージ上限固定で敵からの被ダメージを大きく軽減出来る。☆武器に関してはメインに5凸された真・裁考天の鳴弦でHPを回復。

  • 2020年7月10日
  • 2020年7月10日

【グラブル】ゼノ・ウォフマナフのマルチバトルをフルオート周回(風マグナ)。モンクなジータちゃんが率いる風マグナの杖パ。敵の弱体効果はティアマトのマウントやジータちゃんの敵対心+弱体耐性UPで対応していく感じ。

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦マルチバトル周回を風マグナでフルオート周回しているので書いていきます。(2020年7月)ゼノ・ウォフマナフのマルチバトルでは、「ゼノ・ウォフマナフの真なるアニマ」が入手できます。これが新たに追加された、・六道武器の「真・裁考天の鳴弦の5凸」・「召喚石ゼノ・ウォフマナフ」にも要求されるので、ある程度の周回が必要となります。なので風マグナの杖パで周回しているので少し書いていきます。〇編成について・杖パなのでジータちゃんはモンク。・キャラについては同じく杖が得意なティアマト・アンチラ・グリームニル★敵のゼノ・ウォフマナフはHPはそこまで多く無いけど弱体効果を多用してくる。1度目はティアマトのマウント効果で対応して、それ以降はアビリティで敵対心を集めて弱体耐性UPしたジータちゃんでカバーしていく感じの戦闘です。

  • 2020年7月8日
  • 2020年7月8日

【グラブル】真・裁考天の鳴弦(5凸)の性能について。5凸によりEX功刃スキルが「真・裁考の覇道」になりHPも上昇するように。奥義の回復量も800から2000ほどにUP。

六道武器「真・裁考天の鳴弦」の5凸目の上限解放をしてきたので、性能について見ていきます。真・裁考天の鳴弦(ウォフ琴)はゼノ・ウォフマナフ撃滅戦で入手できる六道武器ですね。この武器が2020年7月開催の撃滅戦で召喚石ゼノ・ウォフマナフの実装と共に、5凸目の上限解放が追加されました。ということで最終上限解放後の真・裁考天の鳴弦について見ていきます。〇上限解放後による強化点・武器Lvは200、スキルLvは20まで上昇させることが可能。・奥義のHP回復効果が上昇。・第一スキルが”真・裁考の覇道”に変化して、EX功刃に加えてHP上昇(小)が追加。☆奥義の回復量が以前の700から2000となり倍以上の増加となりましたね。★奥義による回復量が増えたので、フルオートで使い易くなりましたね。☆上限解放するにはゼノ・ウォフマナフEXを4ターンで倒して「大地の主を制す者」という称号を取得する必要があります。EXを4ターンなので取得の難度はかなり低めですね。

  • 2020年7月7日
  • 2020年7月7日

【グラブル】ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦(2020年7月)が開催されたので報酬や内容。新たにゼノ・ウォフマナフ召喚石の追加と真・裁考天の鳴弦に5凸目が実装。他にも土晶のエレメント等集めも合わせて。

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦が開催されたので報酬や内容についてまとめていきます。(2020年7月開催分)前回のゼノ・イフリート撃滅戦(2020年6月)と同様にゼノ・ウォフマナフ単独開催ですね。また今回の開催でゼノ・ウォフマナフの六道武器に新たな上限解放や新召喚石の追加が行われています。○六道武器「真・裁考天の鳴弦」に5凸が実装・「真・裁考天の鳴弦」に新たな上限解放が追加されました。上限解放後には武器Lv200、スキルLv20まで上昇できるようになりスキルも一部変更となりますね。・ちなみに上限解放するにはトレジャーの他にも称号が必要となっています。その称号も新しく追加されたものでゼノ・ウォフマナフEXを4ターンで討伐することで取得できます。○土属性SSレア召喚石「ゼノ・ウォフマナフ」が追加・召喚石としてゼノ・ウォフマナフが追加されましたね。加護は装備している土属性武器の数で土属性攻撃力が上昇です。・前回実装されたゼノ・イフリートは対象が火属性だったので、ゼノ召喚石はこの性能で実装されていきそうですね。・入手方法はトレジャー交換。〇他にもエレメントの入手・ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦では「剣のエレメント」「楽器のエレメント」そして「土晶のエレメント」が交換から入手可能です。☆8月には土有利古戦場前が開催されので、ここで準備を固めておきたいところです。★それ以外にも7月末にはブレイブグラウンドもあるので武器エレメントを集めて、強化をしていきたいところですね。

  • 2020年2月11日
  • 2020年2月11日

【グラブル】六道武器「真・裁考天の鳴弦」の性能と必要本数。奥義では味方全体のHP回復と活性効果で中~長期戦向けな感じ。とりあえずメインで持たせてもある程度の性能がある土属性の楽器武器。(ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦)

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦で入手できる六道武器「真・裁考天の鳴弦」の性能について見ていきます。ゼノ・ウォフマナフの六道武器は「真・裁考天の鳴弦」「ラスト・シャフレワル」の2種類あります。今回は楽器武器の方である「真・裁考天の鳴弦」についてです。その兼の効果は、・奥義で味方全体のHPを回復と活性効果・スキルではハイボルテージ状態の時、連続攻撃確率UPというものです。回復と活性により中~長期戦向けな感じ。連続攻撃確率は別アビリティでハイボルテージにする必要があり。撃滅戦武器なのでEX功刃も特大とシナリオイベント等で手に入るものより強め。ただメインで持ててある程度の性能がある武器なので1個は欲しい。武器の入手自体も真化1本分までは交換でも入手可能なので作成は楽です。それでは本題です。

  • 2020年2月11日
  • 2020年2月11日

【グラブル】六道武器「ラスト・シャフレワル」の性能と必要本数。奥義で被ダメージを数ターン水属性に変換出来るので高難度で便利。何よりも剣武器であるのが良い(ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦)

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦で入手できる六道武器「ラスト・シャフレワル」の性能について見ていきます。ゼノ・ウォフマナフの六道武器は「真・裁考天の鳴弦」「ラスト・シャフレワル」の2種類あります。今回は剣武器の方である「ラスト・シャフレワル」についてです。その兼の効果は、・奥義で土属性攻撃UPと被ダメージを水属性に変換・スキルでは被ダメージ時に与ダメージ上昇(累積)というものです。敵からの攻撃を水属性に変換し被ダメージを抑えることが出来るのが特徴ですね。しかも発動ターンを含めると4ターンの間は持続するのでなかなか便利。撃滅戦武器なのでEX功刃も特大とシナリオイベント等で手に入るものより強め。武器の入手自体も真化1本分までは交換でも入手可能なので作成は楽です。それでは本題です。