TAG

最終上限解放

  • 2021年7月20日

【グラブル】土属性SSR「ユグドラシル」(最終上限解放)のキャラ性能から強さ等のまとめ。「ブロナード・ノルン」や「エ・ウ・ニル」で味方を強化しつつ、敵の攻撃から味方を護る。荒土の刻印も頻繁に付与出来るので、刻印消費の多いキャラとも相性が良い感じ。

土属性SSR「ユグドラシル」(最終上限解放)のキャラ性能や強さ等を色々まとめていきます。2021/7/19に最終上解放された土属性キャラ「ユグドラシル」。2ヶ月連続で星晶獣が最終上限解放です。新たなアビリティの取得はありませんが、既存のアビリティが強化されたり、刻印数に応じてアビリティが変化するようになっています。今回の「ユグドラシル」は「土有利の星の古戦場」直前に実装されたので、さっそくLv上げをして性能を見ていきます。

  • 2021年6月23日
  • 2021年6月23日

【グラブル】火属性SSR「アテナ」(最終上限解放)のキャラ性能から強さ等のまとめ。新たに「パラディオン」を習得して、白銀の鎧を纏い真の姿となったアテナ。無敵やディスペルガード、風属性攻撃DOWNも得てより防御性能が強固なものに。

火属性SSR「アテナ」(最終上限解放)のキャラ性能や強さ等を色々まとめていきます。2021/6/21に最終上解放された火属性キャラ「アテナ」。新たなアビリティ「パラディオン」を取得して火有利ドレッドバラージュ直前に実装されたので、さっそくLv上げをして性能を見ていきます。

  • 2021年6月1日
  • 2021年6月1日

【グラブル】これグラ2021年6月号に「バブ・イールの塔」「ドレッドバラージュ」等の情報が来ていたので内容を確認していきます。今月は「こくう、しんしん」の復刻や撃滅戦が開催、そして六道武器にはEXスキルが実装。

これグラの2021年6月号に「バブ・イールの塔」や「ドレッドバラージュ」について情報が来ていたので確認していきます。ということで早くも今年も折り返し6月となりました。そんな中グラブルでは、あの色んな方向で人気なキャラ「ベリアル」のマルチバトルが実装される6月です。

  • 2021年5月22日
  • 2021年5月22日

【グラブル】土属性SSR「オイゲン」(最終上限解放)のキャラ性能から強さや、関連するイベントやキャラなどについて。「絆の銃」エーケイ・フォーエイを手にして、”蒼醒弾”で奥義や通常攻撃で敵に追加ダメージを与えていく。

土属性SSR「オイゲン」(リミテッド)のキャラ性能や強さ等を実装時期から色々まとめていきます。他のリミテッドVerキャラと同じように、自身の解放武器(エーケイ・フォーエイ)を手にしたオイゲンの性能からプロフィールまでここで確認していきます。☆カタリナとラカムのような”蒼”に関する効果を得る「絆の銃」。10倍という大ダメージを与えて自身に「蒼醒弾」を付与して奥義や通常攻撃を強化していきます。☆奥義時には蒼醒弾の数だけ追加ダメージを与えることになり、最大の5個であれば300万近いダメージを追加で与えることができます。☆しかも奥義では蒼醒弾は消費されませんので、「オートイグニッション」による奥義連発中は毎ターン高火力が維持されます。☆通常攻撃時には蒼醒弾を消費して100万以上の追加ダメージが発生します。

  • 2021年5月8日
  • 2021年5月11日

【グラブル】「ゼノ・ディアボロス撃滅戦(2021年5月)」が開催されたので報酬や内容。1年越しに開催された今回は、新たに「ゼノ・ディアボロス」召喚石と「真・普天幻魔」に5凸目が追加。そして、これで6属性のゼノ召喚石と六道武器5凸が1巡したことになりました。

ゼノ・ディアボロス撃滅戦が開催されたので、報酬や内容についてまとめていきます。(2021年5月開催分)前回の開催が2020年3月ということで約1年2ヶ月ぶりとなる、スッゴイ久しぶりな「ゼノ・ディアボロス撃滅戦」です。ということで久々に「真・普天幻魔」と「デモン・アドヴォケイト」を入手(真化)するチャンスがきました。(入手自体はログインポイントからも可能です)○前回↓【グラブル】ゼノ・コロゥ&ゼノ・ディアボロス撃滅戦が同時開催中。なので六道武器の性能や内容について(2020年3月)。トレジャー交換に刀や闇晶のエレメント等の追加やスキップ機能が追加。個人的には討滅戦アニマを英雄武器に使用したりするので集めていきたい。(コロゥのアニマが8個しかなかった)今回の開催で他の撃滅戦と同様にゼノ・ディアボロス撃滅戦の六道武器「普天幻魔」に新たな上限解放や新召喚石「ゼノ・ディアボロス」の追加が行われています。○六道武器「真・普天幻魔」に5凸が実装・「真・普天幻魔」に新たな上限解放が追加されました。上限解放後には武器Lv200、スキルLv20まで上昇できるようになり、スキル内容も一部変更となります。・上限解放するにはトレジャーの他にも称号が必要となっています。その称号も新しく追加されたもので「ゼノ・ディアボロス」EXTREMEを4ターンで討伐することで取得できます。○闇属性SSR召喚石「ゼノ・ディアボロス」が追加・召喚石として「ゼノ・ディアボロス」が追加です。・加護は装備している闇属性武器の数で闇属性攻撃力が上昇です。・ゼノ召喚石は属性以外は、同じ性能で実装されていますね。★この「ゼノ・ディアボロス」の実装により、全てのゼノ召喚石が登場したことになりました・・入手方法はトレジャー交換やクエストからドロップ。(クエストからのドロップ率は結構低め)〇他にもエレメントの入手・ゼノ・ディアボロス撃滅戦では「刀のエレメント」「槍のエレメント」そして「闇晶のエレメント」を交換から入手可能です。☆これで各属性1種類ずつの「六道武器の5凸」と「ゼノ召喚石」が実装されたことになります。なので次回以降の開催では何かしらの変更が見られるかもしれませんね。(もしくは常設化されたり)★また撃滅戦での討滅戦のアニマ(ディアボロスのアニマ)も入手出来るので、合わせて集めていきたいところです。(英雄武器に100個単位で使用するので、使う時は一瞬で無くなる)それでは2021年5月開催の「ゼノ・ディアボロス撃滅戦 」についてです。

  • 2021年5月7日
  • 2021年5月19日

【グラブル】水属性SSR「ソシエ」(最終上限解放)のキャラ性能や強さから関連するイベントやキャラなどについて。敵の耐性を下げながら攻防DOWNやスロウ、さらに特殊ダメDOWNも。また奥義に「幻影」が追加されたことで、ウィルナスのような単体攻撃が多い敵に優位に戦っていける。

水属性SSR「ソシエ」(最終上限解放後)のキャラ性能や強さ等を実装時期から色々まとめていきます。2021年4月の水有利古戦場辺りで最終上限解放された水「ソシエ」の性能からプロフィールまでここで確認していこうと思います。今となっては「水属性」「火属性」「風属性」と3つの属性で登場している「ソシエ」。今回最終上限解放されたのは、1番最初に実装された(水属性)「ソシエ」です。「ソシエ」の最終上限解放フェイトエピソードは、イベント「コウと空っぽ影法師」から続く(風属性)「ソシエ」のフェイトエピソード後となっています。また、「ソシエ」と言えば「ユエル」ですね。「ユエル」も「ソシエ」と同じ属性で実装されているので、難なくバトルメンバーに同時に編成できるのも良いところ。ただ、欲を言えば他の王家の末裔の「コウ」「ヨウ」と共に一緒の属性で編成したい。(あとヨウもSSR化して欲しかったり…)2021/5/18には「ソシエ」が登場して、「ユエル」から始まった千年の物語を綴るイベント「ごめんなさいとありがとう」がサイドストーリーに追加されています。★「ソシエ」の最終上限解放による変化○奥義が「白之舞・鵬淨」に変化。・奥義のダメージが上昇し、追加効果が夜凪の儀効果と味方全体に幻影(1回)に。○「陸之舞・美髯」・敵全体の攻防DOWNと弱体耐性DOWN、そして2回発動で累積の攻防DOWN。○「終之舞・時詠」・敵全体に水属性ダメージを与えて、スロウと狐火効果。さらに2回発動で特殊技ダメージDOWN。○「豊穣の祭舞」・新たなサポートアビリティ「豊穣の祭舞」。・味方全体が狐火状態の敵に連続攻撃確率UPと攻撃時に奥義ゲージ上昇量UP。☆最終上限解放による「ソシエ」の変化はこんな感じです。☆先ずは奥義の追加効果「幻影」。ソシエ自身だけではなく味方全体が対象で、単体攻撃の多い敵にはかなり有効となりますし、ジータちゃんのメインにブルースフィアを持たせると、「幻影」の付与ターンを増やせていけるので被ダメージを減らせて行けます。特にウィルナスが可哀想なくらい。☆陸之舞は新たに弱体耐性DOWNと累積攻防DOWNを得て、「ソシエ」1人で安定しながら敵を大きく弱体することが可能。☆終之舞は「ユエル」や「風ソシエ」のような狐火の付与と、そして2回発動による特殊技ダメージDOWNが追加。狐火は新たに得たサポートアビリティの発動に必要です。☆その新たなサポートアビリティ「豊穣の祭舞」では「狐火」状態の敵に連続攻撃確率UPと奥義ゲージ上昇量UPするもの。「ソシエ」は奥義の追加効果「夜凪の儀」で1アビ「壱之舞」の自動発動や「幻影」に繋がるので、このサポアビで奥義の発動頻度を高めていきたい。☆演出も「ソシエ」らしい感じが増えています。

  • 2021年5月5日
  • 2021年5月23日

【グラブル】風SSRキャラ「ユリウス(最終上限解放)」の性能について。奥義にアビ使用間隔1ターン短縮が追加されたことでスロウやディスペル効果を短い間隔で使用が可能に。新たなアビ「ディプリーター」も習得してダメージを与えつつ回復も。触手の力を使うものの、アルベールとの掛合いはしっかりしてます。(キャラ性能)

風SSRキャラ「ユリウス」が最終上限解放されたので、性能や強さについてまとめていきます。イベント「偽りの英雄達」により「雷迅卿からの贈り物」を入手することで、風SSR「ユリウス」の最終上限解放が可能となります。最終上限解放により、内に宿している触手の力も使い始めるようになりました。ただ力に飲み込まれている分けでは無く、制御が出来ている感じ。(戦闘中もアルベールと掛合いも、ちゃんとしているし)★最終上限解放による変化○奥義が「テンタクル・サルタティオ」に変化。・奥義のダメージが上昇し、追加効果が自分の奥義ゲージUPとアビリティ再使用間隔の1ターン短縮に。○「ネゲートインフルエンス」・効果が敵の強化効果を1つ無効化と無効化時に自分の奥義ゲージUPに加えて、風属性防御DOWN。○「ディプリーター」・新たなアビリティ「ディプリーター」が追加。・敵にダメージを与え、浸食効果と自分のHP回復。さらに敵に付与されている弱体効果の数が10個以上の時に2回発動。○「真理の探究」・アビリティを使用する度に真理の探究Lvが上昇。真理の探究Lvに応じて奥義性能UP与ダメージ上昇効果。☆最終上限による変化はこんな感じです。☆新たなアビリティ「ディプリーター」では触手で敵を攻撃してダメージを与えつつ回復出来ます。2回発動の条件も1アビ「トゥルーインクワイア」で様々な効果を付与できるので達成しやすいです。そのためダメージ、回復量も高めです。☆奥義にもアビリティ再使用間隔が短縮されたことで、スロウやディスペル効果が早いターンで回せるようになり、より便利となりました。☆奥義の発動も「パワーエクストラクション」「ネゲートインフルエンス」に奥義ゲージUPが付いてくるので、発動回数も多くなります。☆相変わらず便利な「トゥルーインクワイア」もありますし。それでは最終上限解放された「ユリウス」をブローディアと戦いながら性能を見ていきます。

  • 2021年4月2日
  • 2021年5月11日

【グラブル】”限界超越”十天衆「カトル」の性能について。奥義が「モルス・ケルタ」に変化して、「水属性追撃」効果が追加。限界超越とかをしていると一気に「星晶の欠片」が減っていく……(限界超越Lv110)

「限界超越」水SSR十天衆「力トル」の性能についてまとめていきます。十天衆の最終上限解放の更なる上限解放である”限界超越”今回は水属性の十天衆「カトル」の”限界超越”後の性能についてです。2020年12月に十天衆の更なる上限解放“限界超越”が実装されましたね。この限界超越は5段階に分かれていて10Lv毎に解放条件が存在します。最初は「ウーノ」と「ソーン」の2人に実装され、そこから2月ぐらいの間隔で次々と実装されていくスケジュールがグラフェス2020で発表されていました。○2021年3月段階では「ウーノ」「ソーン」「サラーサ」「力トル」まで限界超越(Lv110まで)が可能となっています。今回は2021年4月の水有利古戦場に向けて「カトル」を“限界超越“させたので見ていきます。(ウーノも同時に限界超越させたので、そちらは↓)【グラブル】限界超越十天衆「ウーノ」の性能について。奥義が「真槍破邪顕正陣」に変化して、「吸収」効果が追加。相変わらず「刹那の閃き」に火力がよい。あとやっぱり十天衆にはマントが似合う。(限界超越Lv110)○十天衆の限界超越の条件・RANK150以上・対象十天衆の覚醒Lv7・対象十天衆の4つ目のアビリティ取得☆条件は緩いですが、問題はそこから先の「限界超越に必要な素材」です。☆ただ必要とされる素材の難易度的には「六竜」素材が少しだけ上ぐらいで他は大したことありません。しかし量がとにかく多いです。(大したことないと言っても、ヒヒイロカネは約束事のように要求されるけど)○かトル“限界超越“の1段階目に必要な素材☆1段回目という通り限界超越はLv10毎に素材が要求されるタイミングがあります。・双葬・落天刃:1個・アビサル・トラジェディー:40個・水の光輪:80個・ダマスカス骸晶:20個☆限界超越に伴い、新たにアイテム「双葬・落天刃」が追加されています。これはショップの「限界超越」タブから素材と交換して入手ができます。そして、それに要求される素材は、・刃の銀片:200個・青き依代の刃:30個☆両方共に最終上限解放時の「黄金の依代」作成に使用したものですね。最近では英雄武器の製作にも使われりしますが、それが要求されています。☆問題は要求量がとにかく多いことですね。「青き依代の刃」に関しては「朽ち果てた刃」の3凸から作成するので、元となる武器が120個も必要となります。☆さらに素材には「水の宝珠」「アクア・ジーン」「星晶の欠片」がそれぞれ250個、それが30個分も必要となるので一気に素材が減っていきます。(ウーノも同時に行った為、一気に減りました)☆刃の銀片については十天衆の最終上限解放実装時とは違い、ヘイロー10回でディメンション・ヘイロー発生の確定やアーカーシャHLがあるので集めやすいです。ただし要求数が200個なのでどちらにしても時間がかなり必要となります。☆そしてダマスカス骸晶を20個要求されているので、ショップからのダマスカス鋼への交換もこれからは控えていくことや、シナリオイベントでのバトルや高難度のマルチバトルで「ダマスカス磁性粒子」のドロップを狙っていく必要があります。○限界超越「カトル」の強化点◆奥義が「モルス・ケルタ」に変化。・「追撃」効果が追加。◆LBの4行目が解放、LB強化数上限が上昇。・Lv110になることでダメージ上限UPを取得可能。・LB強化数上限が5上昇。☆限界超越の第1段階では奥義の強化に伴い、「吸収」効果が追加され味方全体のHP回復が可能になりました。☆元々の防御よりな性能がさらに上昇した感じの強化となっていますね。☆まだ限界超越の第1段階なので、これから先も強化されていき性能にはまだまだ期待が出来ますね。(ただ要求される素材が中々エグそう)☆ちなみに、さらなる限界超越に必要なアイテムが古戦場等の勲章交換に追加されるようです。☆限界超越のフェイトエピソードは最終上限解放の続きとなり、今後展開の伏線も張られたりするので読んでおきたいところ。それでは”限界超越”十天衆「カトル」の性能を見ていきます。

  • 2021年3月27日
  • 2021年5月11日

【グラブル】”限界超越”十天衆「ウーノ」の性能について。奥義が「真槍破邪顕正陣」に変化して、「吸収」効果が追加。相変わらず「刹那の閃き」に火力がよい。あとやっぱり十天衆にはマントが似合う。(限界超越Lv110)

「限界超越」した水SSR十天衆「ウーノ」の性能についてまとめていきます。十天衆の最終上限解放の更なる上限解放である”限界超越”今回は水属性の十天衆「ウーノ」の”限界超越”後の性能についてです。2020年12月に十天衆の更なる上限解放“限界超越”が実装されましたね。この限界超越は5段階に分かれていて10Lv毎に解放条件が存在します。最初は「ウーノ」と「ソーン」の2人に実装され、そこから2月ぐらいの間隔で次々と実装されていくスケジュールがグラフェス2020で発表されていました。○2021年3月段階では「ウーノ」「ソーン」「サラーサ」「力トル」まで限界超越(Lv110まで)が可能となっています。今回は2021年4月の水有利古戦場に向けて「ウーノ」を“限界超越“させたので見ていきます。(カトルも同時に限界超越させたので、そちらはまた別のところで)○十天衆の限界超越の条件・RANK150以上・対象十天衆の覚醒Lv7・対象十天衆の4つ目のアビリティ取得☆条件は緩いですが、問題はそこから先の「限界超越に必要な素材」です。☆ただ必要とされる素材の難易度的には「六竜」素材が少しだけ上ぐらいで他は大したことありません。しかし量がとにかく多いです。(大したことないと言っても、ヒヒイロカネは約束事のように要求されるけど)○ソーン“限界超越“の1段階目に必要な素材☆1段回目という通り限界超越はLv10毎に素材が要求されるタイミングがあります。・無我・天伐槍:1個・アビサル・トラジェディー:40個・水の光輪:80個・ダマスカス骸晶:20個☆限界超越に伴い、新たにアイテム「無我・天伐槍」が追加されています。これはショップの「限界超越」タブから素材と交換して入手ができます。そして、それに要求される素材は、・槍の銀片:200個・青き依代の槍:30個☆両方共に最終上限解放時の「黄金の依代」作成に使用したものですね。最近では英雄武器の製作にも使われりしますが、それが要求されています。☆ただ要求量がとにかく多いです。「青き依代の槍」に関しては「朽ち果てた槍」の3凸から作成するので、元となる武器が120個も必要となります。☆さらに素材には「水の宝珠」「アクア・ジーン」「星晶の欠片」がそれぞれ250個、それが30個分も必要となるので一気に素材が減っていきます。(カトルも同時に行った為、一気に減りました)☆槍の銀片については十天衆の最終上限解放実装時とは違い、ヘイロー10回でディメンション・ヘイロー発生の確定やアーカーシャHLがあるので集めやすいです。ただし要求数が200個なのでどちらにしても時間がかなり必要となります。☆そしてダマスカス骸晶を20個要求されているので、ショップからのダマスカス鋼への交換もこれからは控えていくことや、シナリオイベントでのバトルや高難度のマルチバトルで「ダマスカス磁性粒子」のドロップを狙っていく必要があります。○限界超越「ウーノ」の強化点◆奥義が「真槍破邪顕正陣」に変化。・「吸収」効果が追加。◆LBの4行目が解放、LB強化数上限が上昇。・Lv110になることでダメージ上限UPを取得可能。・LB強化数上限が5上昇。☆限界超越の第1段階では奥義の強化に伴い、「吸収」効果が追加され味方全体のHP回復が可能になりました。☆元々の防御よりな性能がさらに上昇した感じの強化となっていますね。☆まだ限界超越の第1段階なので、これから先も強化されていき性能にはまだまだ期待が出来ますね。(ただ要求される素材が中々エグそう)☆ちなみに、さらなる限界超越に必要なアイテムが古戦場等の勲章交換に追加されるようです。☆限界超越のフェイトエピソードは最終上限解放の続きとなり、今後展開の伏線も張られたりするので読んでおきたいところ。それでは”限界超越”十天衆「ウーノ」の性能を見ていきます。

  • 2021年3月27日
  • 2021年5月11日

【グラブル】ヴァルナやハデス等のオプティマスシリーズ(神石)の最終上限解放(5凸)について。加護効果は150%となり、召喚効果の一部が強化。ただ上限解放には対応した神石のアニマが必要なのが、ちょっとネック。(とりあえず全部5凸しました)

ヴァルナやハデス等のオプティマスシリーズ(神石)に5凸目の最終上限解放が実装されました。今回は6種類全部を上限解放してきたので素材や性能について書いていきます。ということで7周年直前生放送で発表されていた神石の5凸が実装されましたね。これにより加護や召喚効果がより強化されました。ただ5凸の最終上限解放には実装時に新たに追加されたトレジャーが必要となります。○神石「アグニス」「ヴァルナ」「ゼピュロス」「ティターン」「ゼウス」「ハデス」○神石5凸による強化・加護効果が150%UPに。・召喚効果の「バリア」や「奥義ゲージ上昇量」等の性能UP。○5凸に必要なトレジャー・新しく追加された神石の「ヴァルナのアニマ」等☆生放送でも言われていた神石をエレメント化した時に入手出来る「アニマ」が必要になっています。これにより上限解放の難易度は上がっています。☆ただ普通に素材を使って上限解放する以外にも方法があり、”ゴールドムーン30個”で交換出来る「オプティマス・グローブ」を使用することでも可能です。(5凸実装時に”オプティマス・グローブ”が1つ配布されています)また5凸により各召喚石の見た目も変更されています。それでは神石5凸について見ていきます。