【グラブル】土属性SSR「ユグドラシル」(最終上限解放)のキャラ性能から強さ等のまとめ。「ブロナード・ノルン」や「エ・ウ・ニル」で味方を強化しつつ、敵の攻撃から味方を護る。荒土の刻印も頻繁に付与出来るので、刻印消費の多いキャラとも相性が良い感じ。

土属性SSR「ユグドラシル」(最終上限解放)のキャラ性能や強さ等を色々まとめていきます。

2021/7/19に最終上解放された土属性キャラ「ユグドラシル」。2ヶ月連続で星晶獣が最終上限解放です。
新たなアビリティの取得はありませんが、既存のアビリティが強化されたり、刻印数に応じてアビリティが変化するようになっています。
今回の「ユグドラシル」は「土有利の星の古戦場」直前に実装されたので、さっそくLv上げをして性能を見ていきます。

○最終上限解放のフェイトエピソード
「ユグドラシル」の最終上限解放フェイトエピソードは、ユグドラシル自身の力のお話し。
ルリア達と買い物に行って、買ってきたリンゴジュース。これをユグドラシルが飲むと光輝き力が増大、ここでロゼッタが過去のこともあり魔晶の力との関係を疑い、共にルーマシー群島へ。
そしてロゼッタは魔晶に詳しいポンメルンに連絡を取り、調べて貰うも特に問題は無し。
しかし、ルーマシーで強力な力を発現したユグドラシルは、その力と共にルーマシーに残されていた魔晶の力を活性化させてしまう。
再び魔晶に詳しいポンメルンに連絡を取り、その強力の元でユグドラシルの居るルーマシーへ向かう。

☆「ユグドラシル」のフェイトエピソードですが、半分は「ポンメルン」のシナリオで構成されていたります。
☆最初の頃のポンメルンのイメージは何処へと。今はかなり融通の利くエルステの良い上司。

★「ユグドラシル」の最終上限解放による変化

○奥義が「創世のルミノックス」に変化。
・奥義によるダメージが上昇し、自分のHPを回復。そして「荒土の刻印」を付与。
・アビリティの一部には刻印数により変化するものもあります。

○「ブロナード・ノルン」の強化
・Lv100のフェイトエピソードで強化。
・「味方全体を特殊強化と荒土の刻印付与」に変化して効果時間も5ターンに変化。使用間隔も6ターンなのでほぼ常時効果得ることが可能。
・この特殊強化は消去不可。

○刻印数に応じて「ジグラット」が「エ・ウ・ニル」に変化。
・「ジグラット」のバリア効果が3500、効果時間が永続に変化。そして「荒土の刻印」が3個以上の時には「エ・ウ・ニル」にアビリティ変化。
・「エ・ウ・ニル」になると奥義ゲージ消費無しで発動し、「ジグラット」の効果に加えて「創樹の大器」効果。
・「創樹の大器」は「かばう+被ダメージ軽減+被ダメージ時にランダムターゲットにダメージ+自分のアビリティ使用間隔短縮」。

〇「アニマ・アエテルヌス」の強化。
・土属性キャラが水属性の敵に対して与ダメージUP、それぞれの荒土の刻印数に応じて回復性能UPに強化。
・刻印数の効果はサブメンバー時にも発動可能。

○新アビリティ「パラディオン」
・Lv100のフェイトエピソードをクリアすることで取得可能な新アビリティ「パラディオン」。
・味方全体の被ダメージ無効と弱体効果無効という、正に守護の女神のような効果。ただ使用出来るのはバトル開始から10ターン後。

☆最終上限解放による「ユグドラシル」の変化はこんな感じです。

☆今までと比べて大きな変化というものでは無く、全体的に強化された感じの「ユグドラシル」。
☆味方全体を「ブロナード・ノルン」で強化しながら、「エ・ウ・ニル」により味方にはバリアを張りつつかばい、奥義でHP回復。
☆ますます、ユグドラシルというキャラの性質が目立つ強化ですね。味方にはバリアを張り、さらに自分は「かばう」という仲間をも守るというユグドラシルらしさ。

それでは美味しいものを食べたり飲んだりして最終上限解放した「ユグドラシル」の性能を見ていきます。

土SSRキャラ〔創樹の守人〕「ユグドラシル」の性能

「ユグドラシル」のステータス

・〔創樹の守人〕ユグドラシル
・属性:土
・種族:星晶獣
・タイプ:特殊
・得意武器:格闘
・HP:2220
・攻撃:7500

☆最終上限解放では、美味しいものを色々食べたり飲んだりした結果、力が強力になったユグドラシル。
(他のキャラだとアイテムを入手したりとか試練を超えたりしたとかが多いけど、ユグドラシルの最終上限解放はユグドラシルらしい感じ)

「ユグドラシル」の奥義

創世のルミノックス

効果

・土属性ダメージ(特大)/自分の奥義ゲージUP(20%)/HP回復/荒土の刻印を付与。

☆ユグドラシルが敵のところで上下に魔方陣を展開して、

☆自身もオーバードライブ状態のように背中に魔方陣を展開して「創世のルミノックス」を発動。

☆奥義のモーションはユグドラシル・マグナの「創世のルミノックス」をキャラの動きで再現したものですね。

☆追加効果の奥義ゲージ上昇は元の20%にブロナード・ノルンとLBにより27%UP。そして味方全体に荒土の刻印を付与です。

☆この荒土の刻印は土属性だと「ミレイユ&リゼット」辺り等の刻印消費の激しいキャラと相性が良いですね。

☆もう一つの効果のHP回復はLBの回復性能UPにより5480回復。かばうにより減少したHPは奥義で回復していくことになるので、奥義の発動回数が重要です。

「ユグドラシル」のアビリティ

ブロナード・ノルン++

効果

・味方全体を特殊強化(攻防UP)/奥義ゲージ上昇量UP/荒土の刻印を付与
・使用間隔:6ターン

☆味方全体の特殊強化「ウルザブルン」や奥義ゲージ上昇量UPそして荒土の刻印を付与する「ブロナード・ノルン」です。

○「ウルザブルン」
攻撃力が上昇した状態(消去不可)
防御力が上昇した状態(消去不可)
効果時間:5ターン

☆このアビリティで付与される効果は、発動間隔と効果時間が1ターンの差なのでほぼ常時効果を得ることが出来ます。というよりも次のアビリティ「エ・ウ・ニル」によりアビリティ使用間隔が短縮されるので、その隙も無い感じです。

☆「荒土の刻印」も味方全体に付与できるので、奥義と合わせることで多くの「荒土の刻印」得ることが出来ます。

ジグラット++(エ・ウ・ニル)

効果

・土属性キャラのクリティカル確率UP/自分以外の味方全体にバリア効果
◆奥義ゲージ20%消費/荒土の刻印が3以上の時エ・ウ・ニルに変化
・使用間隔:6ターン

○エ・ウ・ニル

効果

・土属性キャラのクリティカル確率UP/自分以外の味方全体にバリア効果/自分に創樹の大器効果
・使用間隔:6ターン

☆ジグラットに関しては荒土の刻印が直ぐ溜ることもあり、「エ・ウ・ニル」での発動がほとんどとなります。

☆その「エ・ウ・ニル」ですが、クリティカル確率UPとバリア効果そして自身に「創樹の大器」を付与します。

○創樹の大器
敵の攻撃を味方の代わりに受ける状態(全体攻撃は不可/消去不可)
被ダメージを減少する状態(消去不可)
被ダメージでターン終了時にターゲットに関わらず4回土属性ダメージが発生/自分のアビリティ使用間隔が1ターン短縮される状態(消去不可)
効果時間:3ターン

☆バリア効果については耐久値3500です。

☆創樹の大器では3ターンの間は自身の防御を上げて「かばう」ことで味方の被ダメージを大きく減らすことが出来ます。
☆さらに被ダメージ時には土属性ダメージが4回発生と自身のアビリティ使用間隔が短縮されるので、火力やアビリティ効果維持に便利です。

☆ただエウロペやワムデュスのような単発がエグい特殊技受けるとHPの減りが目立つので奥義による回復が必要です。

ケラスス・グラティア

効果

・味方全体のHP回復/再生効果/弱体効果を1つ回復
・使用間隔:7ターン

☆回復アビリティの「ケラスス・グラティア」ですね。HP回復は800、再生効果は700ほどと少し低めですが、弱体回復を持ち、「創樹の大器」で使用間隔は短縮されます。

☆ただ回復アビリティなのでフルオートでは発動されませんね。

「ユグドラシル」のサポートアビリティ

慈愛の大樹

効果

・敵のターゲットにされやすいが被ダメージ時の奥義ゲージ上昇量UP

☆被ターゲット率と被ダメージ時の奥義ゲージ上昇量UPですね。他のアビリティの効果もありターゲットになる確率がかなり高いユグドラシルなので、奥義での回復で維持していきたいですね

アニマ・アエテルヌス+

効果

・土属性キャラが水属性の敵に対して与ダメージUP/それぞれの荒土の刻印の数に応じて回復性能UP
◆回復性能UPは自分がサブメンバーにいる場合でも発動

☆天司武器のような効果と刻印数に応じて回復性能が上昇します。

☆回復性能UPはサブでも発動しますが、基本サブは一杯なところがあるので主にメインで使う時ですね。

「ユグドラシル」のLB(リミットボーナス)と振り方

○1段目
・攻撃力/防御力/弱体耐性/対オーバードライブ攻撃/対オーバードライブ抑制
○2段目
・攻撃力/防御力/HP/土属性攻撃力/奥義ダメージ
○3段目
・奥義ゲージ上昇量/敵対心UP/敵対心DOWN/回復性能/サポートアビリティ

☆ユグドラシルは奥義発動によるHP回復が重要なので、奥義ゲージ上昇量や回復上限を優先して取得していきたいです。

リミットサポートアビリティ

・味方全体の被回復上限UP

「ユグドラシル」の解放武器

土SSR武器「ベッラ・アエテルヌス」

ステータス

・属性:土
・武器種:楽器
・攻撃力260
・HP:2130

奥義
枝葉の揺らめき
効果:土属性ダメージ(特大)/味方全体のHP回復

スキル
地裂の功刃
効果:土属性キャラの攻撃力上昇(大)

大地の治癒
効果:土属性キャラの回復上限上昇(中)

☆この楽器は「永遠の豊穣を願い、森の女神が人間に与えたとされるもの」。いつも通りのルリピッピクオリティ。

ユグドラシルのプロフィール

「ユグドラシル」

プロフィール

年齢:不明
身長:不明
種族:星晶獣
趣味:緑を増やすこと、外の世界の散歩
好き:自然なもの全て、柔らかい食べ物、ジュース
苦手:機械やテクノロジー

☆今回の最終上限解放Lv100のエピソードでは新たな食べ物で、まだまだ成長中なゆぐゆぐ。

ユグドラシルと関連するイベント

とりまトッポブで。

粧して臨めよ花戦

☆妄想話の2つイベントではローアイン組でのエルセム絡みで登場。
(巨大女と言った店主は、売れるサイズが確かに無いけど、処す)

どうして蒼空は蒼いのか

失楽園 どうして蒼空は蒼いのかPartⅡ

☆周年イベントにも登場。ただメインは天司達。

「ユグドラシル」に関連するキャラ

ロゼッタ

☆ユグドラシルと最も関係の深いロゼッタさん。今回はユグドラシルの変化に不安を感じることで、ポンメルンに連絡。

「ユグドラシル」の性能、強さまとめ

☆最終上限解放後の「ユグドラシル」についてでした。

☆荒土の刻印に変化する「エ・ウ・ニル」により、敵からの攻撃をほとんど吸い寄せることで味方を護ることが出来るゆぐゆぐ。自身の減ったHPは奥義で回復していくので、味方全体の維持に努めてくれます。

☆また荒土の刻印の付与速度も速めなので、刻印消費が必要なキャラとも相性がよいですね。
☆特に今回編成していたミレイユ&リゼットは荒土の刻印を5消費して発動するので良い感じとなります。

☆ということで「ユグドラシル」についてでした。そして土有利古戦場は目前となっています。
☆とりあえずはニーアのキャラソンでも聴きながら周回していこうと思います。

 

画像引用元:グランブルーファンタジー

最新情報をチェックしよう!