TAG

ゼノ・ウォフマナフ

  • 2021年6月12日
  • 2021年6月12日

【グラブル】EXスキル付きの「シャフレワル」と「六道・裁考天の鳴弦」について。ドロップしたそれぞれにどのようなEXスキルが付与されたかを確認していきます。なおドロップをまとめたことで召喚石「ゼノ・ウォフマナフ」のドロップ率の低さがよく分かる。報酬や内容について。

ゼノ・ウォフマナフを周回してEXスキル付きの六道武器(シャフレワルと裁考天の鳴弦)を集めて見たので、本数の割合とか入手出来たEXスキルの組み合わせ内容等を見ていきます。ということでEXスキル武器がドロップするようになったゼノ・ウォフマナフ撃滅戦(2021年6月)のまとめみたいなものです。○今回のゼノ・ウォフマナフ撃滅戦について去年の開催では六道武器の真・裁考天の鳴弦の5凸と召喚石ゼノ・ウォフマナフが実装されて、今回ではバトルからドロップする六道武器には「EXスキルが付与された状態」でドロップするようになりました。そしてEXスキル付与に伴い、六道武器のドロップ率も上昇しています。

  • 2021年6月6日
  • 2021年6月6日

【グラブル】「ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦(2021年6月)」の報酬や内容について。今回から新たに「EXスキルが付与された六道武器」がドロップするようになりましたね。同時に六道武器のドロップ率も上昇しているのでEXスキルを粘れるかも。

EXスキルが実装された「ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦」が開催されたので、報酬や変更点や内容についてまとめていきます。(2021年6月開催)ということで開催された「ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦」です。今回の開催では、六道武器にマグナやアンセスタスシリーズのような「EXスキル」が付与されてドロップするようになりました。前回の開催で「召喚石のゼノ・ウォフマナフ」と「真・裁考天の鳴弦の5凸」が出来ていなければ、ここが入手&上限解放のチャンスですね。また、今月は「火有利のドレッドバラージュ」ですが来月は「」土有利の星の古戦場」なので、ここで装備強化をして起きたいところです。

  • 2020年7月10日
  • 2020年7月10日

【グラブル】ゼノ・ウォフマナフのマルチバトルをフルオート周回(風マグナ)。モンクなジータちゃんが率いる風マグナの杖パ。敵の弱体効果はティアマトのマウントやジータちゃんの敵対心+弱体耐性UPで対応していく感じ。

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦マルチバトル周回を風マグナでフルオート周回しているので書いていきます。(2020年7月)ゼノ・ウォフマナフのマルチバトルでは、「ゼノ・ウォフマナフの真なるアニマ」が入手できます。これが新たに追加された、・六道武器の「真・裁考天の鳴弦の5凸」・「召喚石ゼノ・ウォフマナフ」にも要求されるので、ある程度の周回が必要となります。なので風マグナの杖パで周回しているので少し書いていきます。〇編成について・杖パなのでジータちゃんはモンク。・キャラについては同じく杖が得意なティアマト・アンチラ・グリームニル★敵のゼノ・ウォフマナフはHPはそこまで多く無いけど弱体効果を多用してくる。1度目はティアマトのマウント効果で対応して、それ以降はアビリティで敵対心を集めて弱体耐性UPしたジータちゃんでカバーしていく感じの戦闘です。

  • 2020年7月9日
  • 2020年7月9日

【グラブル】召喚石ゼノ・ウォフマナフの性能や入手方法・素材について。装備している土属性武器数で攻撃力が上昇(最大120%)という、イベントで手に入る召喚石として効果値の高い加護。召喚ダメージも180万と高め。

土属性SSレア召喚石「ゼノ・ウォフマナフ」が追加されたので性能や入手方法(上限解放素材含む)について見ていきます。(効果を試す的はワムデュス)ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦(2020年7月開催)から新しくゼノ・ウォフマナフの召喚石が実装されましたね。ゼノ・イフリート撃滅戦(2020年6月)で実装された召喚石ゼノ・イフリートに続き、2種類目となるゼノ召喚石です。〇召喚石として追加されたゼノ・ウォフマナフの性能・加護は装備している土属性武器の数で土属性攻撃力が上昇。・召喚は倍率表記のダメージと土属性攻撃力UP☆倍率表記なので召喚ダメージはかなり高めです。土属性攻撃UPも便利。☆加護も装備している土属性武器の数だけ土属性攻撃力上昇なので比較的緩い条件で高い攻撃力を得ることができますね。〇入手方法として・トレジャー交換・クエストからドロップ☆クエストからも入手できるようですが、かなりドロップ率は低めですね。なので交換から入手が手っ取り早いです。☆交換についてはゼノ・ウォフマナフの真なるアニマの要求される数が結構多いので(4回目は64個)ある程度のマルチバトルの周回が必要です。

  • 2020年7月8日
  • 2020年7月8日

【グラブル】真・裁考天の鳴弦(5凸)の性能について。5凸によりEX功刃スキルが「真・裁考の覇道」になりHPも上昇するように。奥義の回復量も800から2000ほどにUP。

六道武器「真・裁考天の鳴弦」の5凸目の上限解放をしてきたので、性能について見ていきます。真・裁考天の鳴弦(ウォフ琴)はゼノ・ウォフマナフ撃滅戦で入手できる六道武器ですね。この武器が2020年7月開催の撃滅戦で召喚石ゼノ・ウォフマナフの実装と共に、5凸目の上限解放が追加されました。ということで最終上限解放後の真・裁考天の鳴弦について見ていきます。〇上限解放後による強化点・武器Lvは200、スキルLvは20まで上昇させることが可能。・奥義のHP回復効果が上昇。・第一スキルが”真・裁考の覇道”に変化して、EX功刃に加えてHP上昇(小)が追加。☆奥義の回復量が以前の700から2000となり倍以上の増加となりましたね。★奥義による回復量が増えたので、フルオートで使い易くなりましたね。☆上限解放するにはゼノ・ウォフマナフEXを4ターンで倒して「大地の主を制す者」という称号を取得する必要があります。EXを4ターンなので取得の難度はかなり低めですね。

  • 2020年7月8日
  • 2020年7月8日

【グラブル】ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦EXTREMEのフルオート周回(風マグナ)。戦闘はジータちゃんとシエテでアビリティは4回使用されて周回。3ターンで討伐するので真・裁考天の鳴弦の5凸に必要な称号「大地の主を制す者」も入手。

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦のEXTREME周回を風マグナでフルオート周回しているので書いていきます。(2020年7月)ということで2020年7月、ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦が単独開催されています。この開催で六道武器の真・裁考天の鳴弦の5凸と召喚石ゼノ・ウォフマナフが実装されたタイミングです。そして真・裁考天の鳴弦の5凸する為にはゼノ・ウォフマナフ撃滅戦EXTREMEを4ターン以内にクリアして入手できる称号【大地の主を制す者】を獲得する必要があります。条件の4ターンで討伐というのは、ゼノ・ウォフマナフの場合は3戦目のゼノ・ウォフマナフ本体のHPが低めなので到達するのは比較的簡単ですね。そして周回については、ジータちゃんとシエテの2人でフルオートです。1戦目・2戦目はアビリティで倒して3戦目は奥義倒しています。クリアに必要なアビリティも4回で3ターンで討伐完了なので速度もそこそこあります。★ちなみにジータちゃんとシエテの2人で周回していますが、あくまでアビリティを使い攻撃に参加するのが2人です。周回なので土レさんやエッセルさんを編成したいので、バトルメンバーの空きにはフルオートでは使用されない回復アビリティで構成されているキャラを編成しています。それではゼノ・ウォフマナフEXフルオート周回についての本題にいきます。

  • 2020年7月7日
  • 2020年7月7日

【グラブル】ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦(2020年7月)が開催されたので報酬や内容。新たにゼノ・ウォフマナフ召喚石の追加と真・裁考天の鳴弦に5凸目が実装。他にも土晶のエレメント等集めも合わせて。

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦が開催されたので報酬や内容についてまとめていきます。(2020年7月開催分)前回のゼノ・イフリート撃滅戦(2020年6月)と同様にゼノ・ウォフマナフ単独開催ですね。また今回の開催でゼノ・ウォフマナフの六道武器に新たな上限解放や新召喚石の追加が行われています。○六道武器「真・裁考天の鳴弦」に5凸が実装・「真・裁考天の鳴弦」に新たな上限解放が追加されました。上限解放後には武器Lv200、スキルLv20まで上昇できるようになりスキルも一部変更となりますね。・ちなみに上限解放するにはトレジャーの他にも称号が必要となっています。その称号も新しく追加されたものでゼノ・ウォフマナフEXを4ターンで討伐することで取得できます。○土属性SSレア召喚石「ゼノ・ウォフマナフ」が追加・召喚石としてゼノ・ウォフマナフが追加されましたね。加護は装備している土属性武器の数で土属性攻撃力が上昇です。・前回実装されたゼノ・イフリートは対象が火属性だったので、ゼノ召喚石はこの性能で実装されていきそうですね。・入手方法はトレジャー交換。〇他にもエレメントの入手・ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦では「剣のエレメント」「楽器のエレメント」そして「土晶のエレメント」が交換から入手可能です。☆8月には土有利古戦場前が開催されので、ここで準備を固めておきたいところです。★それ以外にも7月末にはブレイブグラウンドもあるので武器エレメントを集めて、強化をしていきたいところですね。

  • 2020年2月11日
  • 2020年2月11日

【グラブル】六道武器「真・裁考天の鳴弦」の性能と必要本数。奥義では味方全体のHP回復と活性効果で中~長期戦向けな感じ。とりあえずメインで持たせてもある程度の性能がある土属性の楽器武器。(ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦)

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦で入手できる六道武器「真・裁考天の鳴弦」の性能について見ていきます。ゼノ・ウォフマナフの六道武器は「真・裁考天の鳴弦」「ラスト・シャフレワル」の2種類あります。今回は楽器武器の方である「真・裁考天の鳴弦」についてです。その兼の効果は、・奥義で味方全体のHPを回復と活性効果・スキルではハイボルテージ状態の時、連続攻撃確率UPというものです。回復と活性により中~長期戦向けな感じ。連続攻撃確率は別アビリティでハイボルテージにする必要があり。撃滅戦武器なのでEX功刃も特大とシナリオイベント等で手に入るものより強め。ただメインで持ててある程度の性能がある武器なので1個は欲しい。武器の入手自体も真化1本分までは交換でも入手可能なので作成は楽です。それでは本題です。

  • 2020年2月11日
  • 2020年2月11日

【グラブル】六道武器「ラスト・シャフレワル」の性能と必要本数。奥義で被ダメージを数ターン水属性に変換出来るので高難度で便利。何よりも剣武器であるのが良い(ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦)

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦で入手できる六道武器「ラスト・シャフレワル」の性能について見ていきます。ゼノ・ウォフマナフの六道武器は「真・裁考天の鳴弦」「ラスト・シャフレワル」の2種類あります。今回は剣武器の方である「ラスト・シャフレワル」についてです。その兼の効果は、・奥義で土属性攻撃UPと被ダメージを水属性に変換・スキルでは被ダメージ時に与ダメージ上昇(累積)というものです。敵からの攻撃を水属性に変換し被ダメージを抑えることが出来るのが特徴ですね。しかも発動ターンを含めると4ターンの間は持続するのでなかなか便利。撃滅戦武器なのでEX功刃も特大とシナリオイベント等で手に入るものより強め。武器の入手自体も真化1本分までは交換でも入手可能なので作成は楽です。それでは本題です。

  • 2020年2月9日
  • 2020年2月9日

【グラブル】これグラ2020年2月号の内容を見てなかったので確認してきました。今月は6周年シナリオイベントがあります。他にも天上征伐戦の第2弾が追加されたり、ティアマトの最終上限解放が実装されますね。そして古戦場は風有利だけど、EXTREME+のHPが上昇したりして編成が少し厳しめになりそう。

これからのグランブルーファンタジーの2020年2月号がはるか前に来ていたけど、何やかんやで頭に入っていなかったので、今さらだけど内容の確認をしてきます。※何やかんや→オヤシラズのイタミ〇天上征伐戦の第2弾・新しく敵に「ナル・グレートウォール」が登場。○星の古戦場が開催・今月は風属性が有利。○6周年シナリオイベントが開催・十天衆を1人選択して仲間にすることが可能。同時に選択した十天衆に対応する天星の欠片も入手。☆今月は風有利古戦場が開催されますね。先月に続き2ヶ月連続して古戦場の開催なのでヒヒイロカネやセフィラ玉髄の入手を頑張りたいところですね。☆6周年シナリオイベントも天司から代わり今年は十天衆のお話になりますね。そして十天衆を1人加入出来ますし、1人以上仲間にしている場合は代わりにヒヒイロカネを入手することも可能なのでおいしい。ではこれグラの内容をゲーム内とグラブル ヴァーサスに関わる部分を見ていきたいと思います。