TAG

六道武器

  • 2021年6月12日
  • 2021年6月12日

【グラブル】EXスキル付きの「シャフレワル」と「六道・裁考天の鳴弦」について。ドロップしたそれぞれにどのようなEXスキルが付与されたかを確認していきます。なおドロップをまとめたことで召喚石「ゼノ・ウォフマナフ」のドロップ率の低さがよく分かる。報酬や内容について。

ゼノ・ウォフマナフを周回してEXスキル付きの六道武器(シャフレワルと裁考天の鳴弦)を集めて見たので、本数の割合とか入手出来たEXスキルの組み合わせ内容等を見ていきます。ということでEXスキル武器がドロップするようになったゼノ・ウォフマナフ撃滅戦(2021年6月)のまとめみたいなものです。○今回のゼノ・ウォフマナフ撃滅戦について去年の開催では六道武器の真・裁考天の鳴弦の5凸と召喚石ゼノ・ウォフマナフが実装されて、今回ではバトルからドロップする六道武器には「EXスキルが付与された状態」でドロップするようになりました。そしてEXスキル付与に伴い、六道武器のドロップ率も上昇しています。

  • 2021年6月6日
  • 2021年6月6日

【グラブル】「ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦(2021年6月)」の報酬や内容について。今回から新たに「EXスキルが付与された六道武器」がドロップするようになりましたね。同時に六道武器のドロップ率も上昇しているのでEXスキルを粘れるかも。

EXスキルが実装された「ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦」が開催されたので、報酬や変更点や内容についてまとめていきます。(2021年6月開催)ということで開催された「ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦」です。今回の開催では、六道武器にマグナやアンセスタスシリーズのような「EXスキル」が付与されてドロップするようになりました。前回の開催で「召喚石のゼノ・ウォフマナフ」と「真・裁考天の鳴弦の5凸」が出来ていなければ、ここが入手&上限解放のチャンスですね。また、今月は「火有利のドレッドバラージュ」ですが来月は「」土有利の星の古戦場」なので、ここで装備強化をして起きたいところです。

  • 2021年5月12日
  • 2021年5月12日

【グラブル】闇SSR六道武器「真・普天幻魔(5凸)」の性能について。5凸により奥義に「回避率UP」の追加とEX功刃スキル「真・幻魔の覇道」変化。幻影時の連続攻撃確率UPとザ・グローリーでの剣気消費の追撃を活かしていきたい。

闇六道武器「真・普天幻魔」の上限解放(5凸)性能について確認。「真・普天幻魔」(ディア刀)は2021年5月のゼノ・ディアボロス撃滅戦で上限解放(5凸)が可能に。武器Lv200にすることで「真・幻魔の覇道」に強化され、HP上昇効果が追加。ザ・グローリー(剣聖)の「剣神共鳴」では”奥義バースト”効果なのも便利。通常攻撃時の剣気消費効果も「追撃」で、「普天幻魔」自体の連続攻撃確率UPによる相性も良い。

  • 2021年3月17日
  • 2021年5月11日

【グラブル】ゼノ・コキュートス撃滅戦(2021年3月)が開催されたので報酬や内容。1年ぶりに開催されたゼノ・コキュートスは、新たに「ゼノ・コキュートス」召喚石と「真・氷逆天の戦棍」に5凸目が追加。水有利古戦場前の撃滅戦なので、武器集めや各エレメント集めも合わせて。

すっごい久しぶりにゼノ・コキュートス撃滅戦が開催されたので、報酬や内容についてまとめていきます。(2021年3月開催分)前回の開催が2020年2月ということで、約1年1ヶ月ぶりのゼノ・コキュートス撃滅戦です。久々に「真・氷逆天の戦棍」と「ダンテ・アリギエーリ」を入手(真化)するチャンスがきました。(入手自体はログインポイントからも可能です)○前回↓【グラブル】ゼノ・コキュートスとゼノ・ウォフマナフ撃滅戦が同時開催なので六道武器の性能や内容について(2020年2月)。先月に続きトレジャー交換に各撃滅戦に対応した剣や土晶のエレメント等の追加やスキップ機能が追加。武器以外にも討滅戦アニマを英雄武器に使用したりするので集めどころ。また、今回の開催で他の撃滅戦と同様にゼノ・コキュートスの六道武器に新たな上限解放や新召喚石の追加が行われています。○六道武器「真・氷逆天の戦棍」に5凸が実装・「真・氷逆天の戦棍」に新たな上限解放が追加されました。上限解放後には武器Lv200、スキルLv20まで上昇できるようになり、スキル内容も一部変更となります。・上限解放するにはトレジャーの他にも称号が必要となっています。その称号も新しく追加されたものでゼノ・コキュートスEXを4ターンで討伐することで取得できます。○水属性SSR召喚石「ゼノ・コキュートス」が追加・召喚石としてゼノ・コキュートスが追加です。・加護は装備している水属性武器の数で水属性攻撃力が上昇です。・ゼノ召喚石は属性以外は、同じ性能で実装されていますね。(2021年3月段階で残りはディアボロスのみとなりました)・入手方法はトレジャー交換やクエストからドロップ。(クエストからのドロップ率は結構低め)〇他にもエレメントの入手・ゼノ・コキュートス撃滅戦では「杖のエレメント」「楽器のエレメント」そして「水晶のエレメント」が交換から入手可能です。☆4月には水有利古戦場が行われるので、ここで水属性の六道武器を手に入れて戦力の強化をしていきたいですね。★また討滅戦のアニマも用途が多いので、合わせて集めていきたいところです。(英雄武器に使ったりするので)それでは2021年3月開催のゼノ・コキュートス撃滅戦についてです。

  • 2020年12月26日
  • 2021年5月11日

【グラブル】光SSR「真・道天浄土(5凸)」の性能について。5凸により奥義の暗闇が敵全体を対象、そして効果時間も3ターン。EX功刃スキルも他の六道武器同様に「真・妃光の覇道」になりHPも上昇するようになり、全体的に防御性能が高め。

六道武器「真・道天浄土」を5凸目の上限解放をしてきたので、性能について見ていきます。「真・道天浄土」(コロ剣)はゼノ・コロゥ撃滅戦で入手できる六道武器です。この武器は2020年12月開催の撃滅戦で、召喚石ゼノ・コロゥの実装と共に5凸目の上限解放が追加されました。これで六道武器5凸は4種類目になりますね。(残りはコキュートスとディアボロス)今回は5凸後の「真・道天浄土」について見ていきます。〇上限解放後による強化点・武器Lvは200、スキルLvは20まで上昇させることが可能。・奥義の暗闇効果が全体化。・第一スキルが”真・”に変化して、EX功刃に加えてHP上昇(小)が追加。★奥義のターン指定「暗闇」の効果時間が3ターンに延長となり、効果対象が全体化しました。★また「真・妃光の覇道」に変更となり、HP上昇効果が追加されました。☆上限解放するにはゼノ・コロゥEXを4ターンで倒して「日輪の主を制す者」という称号を取得する必要があります。EXを4ターンなので取得の難度はかなり低めですね。☆光有利古戦場前の撃滅戦なので、ここで5凸を入手しておきたいですね。それでは真・道天浄土(5凸)の本題です。

  • 2020年12月19日
  • 2021年5月11日

【グラブル】ゼノ・コロゥ撃滅戦(2020年12月)が開催されたので報酬や内容。新たに「ゼノ・コロゥ」召喚石と「真・道天浄土」に5凸目が追加。光有利古戦場前の撃滅戦なので、武器集めの他にも各エレメント集めも合わせて。

ゼノ・コロゥ撃滅戦が開催されたので報酬や内容についてまとめていきます。(2020年12月開催分)ということで約9ヶ月ぶりのゼノ・コロゥ撃滅戦です。【グラブル】ゼノ・コロゥ&ゼノ・ディアボロス撃滅戦が同時開催中。なので六道武器の性能や内容について(2020年3月)。トレジャー交換に刀や闇晶のエレメント等の追加やスキップ機能が追加。個人的には討滅戦アニマを英雄武器に使用したりするので集めていきたい。(コロゥのアニマが8個しかなかった)また前回の撃滅戦であるゼノ・サジタリウス(2020年9月)同様に単独開催ですね。そして今回の開催でゼノ・コロゥの六道武器に新たな上限解放や新召喚石の追加が行われています。○六道武器「真・道天浄土」に5凸が実装・「真・道天浄土」に新たな上限解放が追加されました。上限解放後には武器Lv200、スキルLv20まで上昇できるようになり、スキル内容も一部変更となりますね。・上限解放するにはトレジャーの他にも称号が必要となっています。その称号も新しく追加されたものでゼノ・コロゥEXを4ターンで討伐することで取得できます。○光属性SSR召喚石「ゼノ・コロゥ」が追加・召喚石としてゼノ・コロゥが追加です。・加護は装備している光属性武器の数で光属性攻撃力が上昇です。・ゼノ召喚石はこの属性違い以外は同じ性能で実装されていますね。(2020年12月段階ではゼノ・イフリート、ゼノ・ウォフマナフ、ゼノ・サジタリウスが実装済み)・入手方法はトレジャー交換やクエストからドロップ。(クエストからのドロップ率は結構低め)〇他にもエレメントの入手・ゼノ・コロゥ撃滅戦では「剣のエレメント」「銃のエレメント」そして「光晶のエレメント」が交換から入手可能です。☆来年1月には光有利古戦場が行われるので、ここで光属性の六道武器を手に入れて戦力の強化をしていきたいですね。★また討滅戦のアニマも用途が多いので、合わせて集めていきたいですね。

  • 2020年9月12日
  • 2020年9月12日

【グラブル】ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)を黒麒麟で2ターン討伐。「エッセル」「ゼタ」のような攻撃力大幅UPや、レスラーの「ツープラトン」を黒麒麟で再使用可能にして2ターンでHPを削り取る。(2020年9月撃滅戦)

ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)を黒麒麟編成(アグニス)で2ターン討伐もしているので書いていきます。(2020年9月)レスラーのツープラトンを黒麒麟でもう一回使用する編成です。ちなみに前回辺りはガチャピックアップキャラで倒していたりしました。【グラブル】ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)を火マグナ編成でフルオート周回。キャラはガチャで有利に戦えとピックアップされていた「イルノート」「ドランク」を編成。イグジット・スルーで有利に戦える、けど今回はフルオートなので。(2020年9月撃滅戦)ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)の目的は↑同様に「ゼノ・サジタリウスの真なるアニマ」集めです。○「ゼノ・サジタリウスの真なるアニマ」の使用先・六道武器「真・黄木天の箭」「アルカブ・プリオル」・召喚石「ゼノ・サジタリウス」・「杖のエレメント」「格闘のエレメント」「風晶のエレメント」ちなみに2020年9月開催で新たに追加されたゼノ・サジタリウスの召喚石は中々ドロップ率が悪いので、アニマ集めのついでに1つでもドロップして欲しいと祈りながら周回。★今回は未だにゼノ・サジタリウスのドロップは無し。ということで黒麒麟で2ターン討伐です。レスラーの「ツーパラトン」や「エッセル」「ゼタ」のような攻撃力大幅UP持ちのアビリティを黒麒麟で再使用可能にして2ターンで敵のHPを削り取っていきます。〇編成について・自石はアグニスでサポーターは黒麒麟。・ジータちゃんはレスラー。・キャラについては「エッセル」「ゼタ」「シヴァ」。この3人は全員トリプルアタック確定アビリティ持ち。★敵のゼノ・サジタリウスに関しては専用の強化効果「黄金紋」があります。付与される特殊技はHP90%や50%にありますが、HPを削りその発動タイミングから離れるので、敵から受けるの通常攻撃1回だけです。

  • 2020年9月12日
  • 2020年9月12日

【グラブル】ゼノ・サジタリウスHELL(70,100,120)を両面カグヤ編成で1ターン周回。ジータちゃんやエッセルでトレハンしながらブレイクアサシン。あとはゼタのラプソディーで火力を上げる。なおドロップは……(2020年9月撃滅戦)

ゼノ・サジタリウス撃滅戦HELL(70,100,120)の周回を、両面カグヤ編成で1ターンで行っているので書いていきます。(エッセも入れてトレハン+ドロップ率UPな編成)(2020年9月開催)撃滅戦のHELLということで、六道武器や固有のトレジャーを狙って挑戦ですね。ゼノ・サジタリウスの場合は・トレジャーは「ゾディアック・ホーフ」・六道武器は「六道・黄木天の箭」と「アルカブ」・ゼノ召喚石「ゼノ・サジタリウス」(他にもヒヒイロカネを入手できるかも知れないので………)○ゾディアック・ホーフ・この「ゾディアック・ホーフ」はHELLをメインで集めていくことになりますが、HELLの難易度によって入手出来る基礎数が変わります。ゾディアック・ホーフのHELL毎の基礎ドロップ。・Lv70は1個/Lv100は2個/Lv120は3個☆これに加えてドロップからランダムに入手もあります。★他にも撃滅戦マルチバトルからもランダムで入手できますが、確定ではないので「ゼノ・サジタリウスの真なるアニマ」集めのついでという感じです。○ゾディアック・ホーフの使用先入手した「ゾディアック・ホーフ」は、・六道武器「六道・黄木天の箭」と「アルカブ」との交換・ゼノ召喚石「ゼノ・サジタリウス」との交換さらに・六道武器「真・黄木天の箭」と「アルカブ・プリオル」への真化・六道武器「真・黄木天の箭」の5凸段階目の上限解放・ゼノ召喚石「ゼノ・サジタリウス」の上限解放等の武器や召喚石の入手や上限解放(真化)に使用します。○ということで今回は「ゼノ・サジタリウスHELL」を両面カグヤそしてエッセルを入れた1ターン周回編成についてです。(HELLの難易度はどれでも1ターン討伐)・討伐報酬からゾディアック・ホーフは確定なので、それ以外の武器や召喚石を目当てにドロップ率を上げて周回です。(あとヒヒイロカネ)〇編成について・自石とサポーター召喚石をカグヤ。・ジータちゃんは義賊でトレハン。・キャラについては「エッセル」「ゼタ」「アニラ」○戦闘について・ジータちゃんとエッセルでトレハンLvを上げながら、ブレイクアサシンで敵のHPを一気に削り取る。・ゼタはブレイクアサシンでは無いけど「ラプソディー」で火力に貢献。アニラは弱体と味方の強化。★1ターンで倒すのでゼノ・サジタリウスの行動は何も気にする必要ないです。唯一気になるのは討伐時の宝箱の「くるりん」。★そしてドロップ率UP上げたところで一番必要なのは”運”なので、今回のドロップはお察しなレベル。

  • 2020年9月10日
  • 2020年9月10日

【グラブル】真・黄木天の箭(5凸)の性能について。5凸により奥義のディスペルが2つになり便利。EX功刃スキルも他の六道武器同様に「真・人馬の覇道」になりHPも上昇するように。

六道武器「真・黄木天の箭」を5凸目の上限解放をしてきたので、性能について見ていきます。「真・黄木天の箭」(サジ槍)はゼノ・サジタリウス撃滅戦で入手できる六道武器ですね。この武器が2020年9月開催の撃滅戦で、召喚石ゼノ・サジタリウスの実装と共に5凸目の上限解放が追加されました。これで六道武器5凸は3種類目になりますね。ということで最終上限解放後の真・黄木天の箭について見ていきます。〇上限解放後による強化点・武器Lvは200、スキルLvは20まで上昇させることが可能。・奥義のディスペルが2つと、奥義ゲージ上昇量がUP。・第一スキルが”真・人馬の覇道”に変化して、EX功刃に加えてHP上昇(小)が追加。★奥義のディスペルが1つから2つに増えました。複数の強化効果を同時に付与してくる敵や、Lvを持つ効果に対してより使い易くなりましたね。★モードゲージ吸収による奥義ゲージ増加量も20から30%になりました。☆上限解放するにはゼノ・サジタリウスEXを4ターンで倒して「疾風の主を制す者」という称号を取得する必要があります。EXを4ターンなので取得の難度はかなり低めですね。

  • 2020年9月10日
  • 2020年9月10日

【グラブル】ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)を火マグナ編成でフルオート周回。キャラはガチャで有利に戦えとピックアップされていた「イルノート」「ドランク」を編成。イグジット・スルーで有利に戦える、けど今回はフルオートなので。(2020年9月撃滅戦)

ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)周回を火マグナ編成でフルオート周回しているので書いていきます。(2020年9月)火マグナというかガチャのピックアップキャラ「イルノート」「ドランク」を組み込んだ方がメインの編成。あれです、「ゼノ・サジタリウスの真なるアニマ」集めの周回です。撃滅戦のマルチバトルでは、「それぞれの真なるアニマ」が入手できます。そしてこれが、・六道武器の交換・ゼノ召喚石の交換・各種エレメントの交換さらに・六道武器の真化さらに5凸段階目の上限解放・ゼノ召喚石の上限解放に要求されます。今回はゼノ・サジタリウスのマルチバトルについてなので、「ゼノ・サジタリウスの真なるアニマ」を集めて・六道武器「真・黄木天の箭」「アルカブ・プリオル」・召喚石「ゼノ・サジタリウス」・「杖のエレメント」「格闘のエレメント」「風晶のエレメント」これらの為にマルチバトルを周回していくことになります。ちなみに2020年9月開催で新たに追加されたゼノ・サジタリウスの召喚石は中々ドロップ率が悪いので、アニマ集めのついでに1つでもドロップして欲しいと祈りながら周回。(ゼノ・ウォフマナフの時は召喚石完成後にドロップするという………)〇編成について・ガチャが「撃滅戦を有利に戦え」なので、そこでピックアップされている「イルノート」「ドランク」を入れた編成。(なおフルオートなので単体指定アビリティは使えない)・一応はコロッサス・マグナとシヴァの火マグナ編成・ジータちゃんはとりあえずランバージャック。・キャラについては上の通り「イルノート」「ドランク」。もう1人はバランス調整後から出番がかなり増えた「アンスリア」。・武器に関しては「オールド・エッケザックス」複数編成。○「イルノート」「ドランク」について・「イルノート」は「イグジット・スルー」、ドランクは「プリヴェンダー」を使って撃滅戦を有利進めようとガチャページにある。・とはあるけど「イルノート」は単体指定の奥義バーストもあるし、ドランクは回避時にアビリティ自動発動があったりと紹介以外にも普通に便利。(あとイルノートは何か良いキャラしてる、個人的にこれから編成する回数が増えそう)★敵のゼノ・サジタリウスに関しては専用の強化効果「黄金紋」が厄介。「黄金紋」が付与された状態で特殊技を受けるとアビリティ封印等の追加効果が発生するようになる。ただ「黄金紋」は普通にディスペルできるので、これを「イグジット・スルー」でスロウしながら解除していくことになりますね。☆まぁフルオート何で上手くタイミングは合いませんけど。★あとゼノサジ君は残り10%で現HP90%の無属性ダメージのアストロホライズンを打ってくるけど、あとは通常攻撃を避けるだけなので、アンスリアやドランクやドラゴニックハープで回避or幻影するだけなので問題無し。