TAG

ゼウス

  • 2021年4月14日
  • 2021年5月11日

【グラブル】水有利古戦場(2021年4月)の勲章やSP報酬等々のまとめについて。個人ランキング7万位のボーダーは遂に10億となり前回よりも3億も上昇。そしてスペシャルバトルからの報酬「金剛晶」はまた貰えなかったので「金剛晶の欠片」。

水古戦場(2021年4月)も本戦が終わり、残すはスペシャルバトルだけでほぼ終わりとなったので軽く感想とかをまとめていきます。(まぁともかく個人ランキング10億越えというボーダー爆上がりな古戦場)ということで2021年4月の古戦場も終わりを迎えることになります。今回のスペシャルバトルは「ゼウス」ですね。最終日はそのスペシャルバトルで「金剛晶」を入手出来るか?SSRチケットの結果に戸惑うことになります。○今回の古戦場の感想◆HELLについて・敵の「セキトバ」に関しては、50%の特殊行動による強化効果付与による火力で一気にHPを減らされるのが痛かったですね。他には気絶が少し面倒でした。★個人ランキングについて・勲章×100の7万位、そのボーダーは”10億6千万”となりました。〇ここ最近の7万位のボーダーというと・2021年1月:7億7千万・2020年11月:7億5千万・2020年8月:7億2千万・2020年6月:5億4千万・2020年4月:6億2千万☆ついに10億越えとなってしまった個人ランキングのボーダーです。☆前回と比較すると一気に3億も上昇するという魔境具合。★スペシャルバトルについて・敵はゼウス様ですね。・特に考えるまでもなくひたすら攻撃してれば終わります。・ちなみに今回も金剛晶は入手できませんでした。(今までスペシャルバトルから入手できたことはありません←絶賛継続中)・ただ今回からは「金剛晶」が入手出来なかった場合は「金剛晶の欠片」を入手できます。「金剛晶の欠片」は集めることで「金剛晶」にすることができます。それでは感想とかの本題。

  • 2021年3月27日
  • 2021年5月11日

【グラブル】ヴァルナやハデス等のオプティマスシリーズ(神石)の最終上限解放(5凸)について。加護効果は150%となり、召喚効果の一部が強化。ただ上限解放には対応した神石のアニマが必要なのが、ちょっとネック。(とりあえず全部5凸しました)

ヴァルナやハデス等のオプティマスシリーズ(神石)に5凸目の最終上限解放が実装されました。今回は6種類全部を上限解放してきたので素材や性能について書いていきます。ということで7周年直前生放送で発表されていた神石の5凸が実装されましたね。これにより加護や召喚効果がより強化されました。ただ5凸の最終上限解放には実装時に新たに追加されたトレジャーが必要となります。○神石「アグニス」「ヴァルナ」「ゼピュロス」「ティターン」「ゼウス」「ハデス」○神石5凸による強化・加護効果が150%UPに。・召喚効果の「バリア」や「奥義ゲージ上昇量」等の性能UP。○5凸に必要なトレジャー・新しく追加された神石の「ヴァルナのアニマ」等☆生放送でも言われていた神石をエレメント化した時に入手出来る「アニマ」が必要になっています。これにより上限解放の難易度は上がっています。☆ただ普通に素材を使って上限解放する以外にも方法があり、”ゴールドムーン30個”で交換出来る「オプティマス・グローブ」を使用することでも可能です。(5凸実装時に”オプティマス・グローブ”が1つ配布されています)また5凸により各召喚石の見た目も変更されています。それでは神石5凸について見ていきます。

  • 2021年3月20日
  • 2021年5月11日

【グラブル】アバターHL等が対象のドロップUPキャンペーンが開催されているので、オデ槍ゼウスでフルオート挑戦したので、そのドロップ内容の確認。3回目となる開催、多分オリヴィエが対象なのは今回が最後かも。

3回目となるアバターHL等が対象の「ドロップUPキャンペーン」が開催されています。その対象クエストをオデ槍ゼウス編成(マスカレード)でそれぞれフルオート挑戦してきたので、ドロップ内容とかを見ていきます。(2021年3月)7周年Anniversary前夜祭キャンペーンと共に開催された今回は、3回目のドロップUPキャンペーンとなります。とは言っても内容はいつもと変わらないキャンペーンですけど。ただ当初は3週目となる風属性クエストまでしかグラパスに期間表示が無くそれで終わりと思われましたが、その後も「光属性クエスト」そして今回の「闇属性クエスト」を対象に開催されました。○3回目の開催スケジュール・1週目はシヴァHL等の火属性クエスト。・2週目はブローディアHL等の土属性クエスト。・3週目はグリームニルHL等の風属性クエスト。・4週目のメタトロンHL等の光属性クエスト。・5週目の今回はアバターHL等の闇属性クエスト。☆この流れだと残りの水属性も開催され、そのまま水有利の古戦場に入っていくことになりそうですね。というか4月の古戦場は7日から始まるという……☆また7周年のキャンペーンも継続しているので、消費AP・BP半額により消費が少なく周回出来ます。○ドロップUPキャンペーン宝箱の増加・対象クエストの発見者は1回のクリアで、クエスト2回分の宝箱を獲得出来る。(自発の赤箱等も倍になる)追加報酬・期間中は「紫箱」が追加。入手条件は獲得貢献度に応じて獲得しやすくなる。(青箱みたいなもの)☆自発箱が倍になるので、SSR武器を入手する確率が上昇します。☆紫箱からはアニマを頻繁に入手出来るので、このキャンペーンでかき集めたいですね。○対象のクエスト・セレスト・マグナ討伐戦・オリヴィエ討伐戦・セレスト・マグナHL・アバターHLこの4つのマルチバトルがキャンペーン対象となっています。☆アバターHLに関してはマグナⅡ武器「ゼカリヤ」を目当てに集めていきたいですが、ドロップ率が良く無いので根気良く集めていきたい。☆合わせて「アバターのアニマ」「アバターのマグナアニマ」も一緒に集めていきたいです。(特にアニマ関係は限界超越辺りで要求される気がする)☆「ゼカリヤ」はドロップ率が良く無いので根気良く集めていきたい。逆にそれ以外のマグナⅡ武器ドロップしやすいので、ここで「アビススパイン」や「アビスルック」を集めてもみたい。(ただ個人的なところゼカリヤだけは他よりドロップする感じがする)☆そして7周年直前生放送で「オリヴィエ討伐戦」はシングルバトルに変更が予定されたので、今後のドロップキャンペーンでは対象クエストが変わるかも知れませんね。それでは3回目の開催となるドロップUPキャンペーン(闇属性クエスト)ついて本題です。

  • 2021年1月18日
  • 2021年5月11日

【グラブル】95HELL「ティラノサウルス」を光ゼウス編成でフルオートソロ周回。95HELLから「爪痕」効果が付与され毎ターンダメージを受けて、敵の攻撃により「爪痕」Lvが上昇。また敵の強化効果も「闇属性追撃」が追加。とりあえずリリィちゃんに回復して貰いながら周回を進めています。(2021年1月 光有利古戦場)

光有利古戦場の95HELL【ティラノサウルス】を光ゼウス編成でフルオートソロ周回しているので、敵の行動とかを見ていきます。2021年最初の星の古戦場も、本戦が始まりましたね。本戦に突入したことでティラノサウルス95HELLも解放されたので、今回はソレについて見ていこうと思います。○先ずは90HELLティラノサウルスのおさらい・通常攻撃は3回ヒット。・特殊技は味方全体・全体を対象にランダムのものがあり。・特殊技の追加効果で「ティラノサウルス」自身に「防御力UP」を付与してくる。・味方への弱体効果は「灼熱」によるターンダメージや「防御力DOWN」。☆「ティラノサウルス」専用の特殊な強化効果は今のところ見られないですね。☆厄介な効果は「灼熱」ですね。90HELLではターン2000ダメージですが、上位HELLになった時にダメージが上昇しそうです。もしくは「裂傷」とかも増えたりとか……☆また今のところ「ティラノサウルス」自身の強化効果は「防御力UP」だけですが、これも難易度が上昇するにつれて「高揚」等の効果が増えていきそうですね。★↑こんなことを思いながら90HELLから、上位難易度のことを考えてました。ということで↓が実際の95HELL。○”95HELL”ティラノサウルスについて・通常攻撃は3回ヒット。・敵の残りHP50%で弱体効果回復。特殊技「エンド・オブ・フードチェイン」・味方全体をランダムに攻撃。最初と最後の一撃は大ダメージ。・弱体効果は「防御力DOWN」。味方1人に「麻痺」特殊技「ビヨンド・ジ・エボリューション」・味方全体をランダムに攻撃。・弱体効果は味方全体への「ディスペル」。味方1人に「裂傷」特殊技「プライド・オブ・エーペックス」・味方全体へ攻撃。・敵自身に強化効果「闇属性追撃」「防御力UP」☆案の定「灼熱」から「裂傷」では無く、専用効果「爪痕」に変更されました。・「爪痕」は毎ターンダメージが発生し、敵の通常攻撃または特殊技でレベルが上昇。☆レベルが上昇する行動を受けることで、効果時間が延長され被ダメージが大きくなるので早めの弱体回復がここで必要になりました。☆「ティラノサウルス」自身の強化効果も「防御力UP」に加えて「闇属性追撃」も追加されました。これは最近よくある追加効果ですね。どちらも効果時間3ターンです。☆そしてお約束の50%弱体効果回復。○挑戦した編成・「ゼウス」を両面に選択した光神石編成。・武器編成は「エデン」や「サティフィケイト」。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「ソーン」「ジャンヌダルク(リミテッド)」「リリィ(クリスマス)」。サブには安定と信頼の「ガイゼンボーガ」。☆50%で敵の弱体効果回復がされるけども、そこからは麻痺が入るので安定のソーンさん。☆新たな効果「爪痕」に対しても、奥義で弱体効果回復を出来るリリィちゃん。それでは95HELLティラノサウルスを光ゼウス編成によるフルオートソロ周回についてです。

  • 2021年1月7日
  • 2021年5月11日

【グラブル】光古戦場のEX+2100万(肉集め)を、非AT1ポチで剣豪+シャトラ編成にて。シャトラちゃんの「舐犢之愛」により、ジータちゃんから奥義を使用してOVERCHAINまで。メインには英雄武器「無銘金重」でエンブレムは「魔獄」。

光古戦場のEX+での2100万編成(肉集め)、光剣豪+シャトラでの非AT1ポチ編成に挑戦してきたので、その編成や火力を書いていきます。ということで、2021年の光有利古戦場肉集め編成です。古戦場のEX+のお犬様のHP2100万を1ターンで削り取ることを目標とします。今回はそれを行うのは、風属性の「シャトラ」ちゃんを入れた光属性の剣豪編成で非AT1ポチ編成です。シャトラちゃんについては↓【グラブル】風SSR「シャトラ」の性能や強さについて。団長ちゃんLOVE勢なシャトラちゃんは、奥義でアビリティ使用間隔を短縮しながら、アビリティを多用していく。全体的にダメージ回数を多く稼げるのも便利。この編成は両面ゼウスで行っていて、奥義ゲージは30%からスタートです。そこに「シャトラ」ちゃんのアビリティ「舐犢之愛」で自身と主人公の奥義ゲージ100%にして、そこから奥義をFULLCHAINまでして、2100万を削り取る編成です。ジータちゃんは剣豪にして、武器には英雄武器「無銘金重」を装備します。この段階でジータちゃん自身は奥義ゲージ上昇量UPを得ることで、シャトラちゃんの「舐犢之愛」を受けることで奥義ゲージ190%となり、その上昇量UPを得ることで奥義を2連発出来ます。そこに「魔獄のエンブレム」による効果を得た奥義で、味方全体に奥義ゲージUPと上昇量UPをさせて、残りのキャラも奥義を発動出来るようになっています。ただし、3番手に”十天光輝の楯”により、初期奥義ゲージを40%でスタート出来る十天衆「ソーン」を配置する必要があります。○編成について◆ジータちゃん・ジョブは剣豪。奥義ゲージ200%による、奥義2連発。◆キャラについて・2番手には十二神将「シャトラ」。「舐犢之愛」により奥義を使用して、3番手が奥義を発動出来るように奥義ゲージ上昇をさせる。・3番手には「十天光輝の楯」で奥義ゲージ40%で戦闘開始出来る十天衆「ソーン」。「無銘金重」により奥義ゲージUP+上昇量UPにより奥義発動が可能。・4番手は自然と奥義ゲージが溜まるので”極大”奥義の「ロボミ」・サブにはCB「アセンション」発動時に追加ダメージを発生させる「シルヴァ」◆武器について・メイン武器は奥義ゲージを増やす為に英雄武器「無銘金重」。エンブレムは奥義ゲージ上昇量UPのため「魔獄のエンブレム」。・サブには必殺を持つ「サティフィケイト」、他には「エデン」。〇召喚石・メイン、サポーター召喚石に「ゼウス」。・サブにアーカルム召喚石「ザ・スター」を装備して与ダメージUP★ちなみに光炉は無しの状態です。では、非AT2ポチ編成について見ていきます。

  • 2020年12月19日
  • 2021年5月23日

【グラブル】「アバターHL」をゼウス編成でフルオートソロ攻略。どうしようと無属性攻撃が痛い敵なので、イオやゾーイそしてレ・フィーエで回復しながら進行。(光神石技巧編成)

「アバターHL」をオデ槍(グングニル)を担いだゼウス技巧編成でフルオートソロ討伐したので書いていきます。光マグナ編成でのフルオートソロ討伐は↓【グラブル】「アバターHL」を光マグナ編成でフルオートソロ討伐。現HPに依存した無属性攻撃が多い敵。基本はイオやゾーイそしてレ・フィーエで回復アビ以外での回復しながら進行。最後のアーク・エネミーはガイゼンボーガで対応。↑のように以前は光マグナでしたので、今回はゼウス編成での挑戦です。キャラ編成に関しては光マグナの時と同じですが、武器はオーディンからドロップする「グングニル」を装備した技巧をメインにした編成です。そして書いているタイミングでは、2020年9月辺りから行われた「ドロップUPキャンペーン」が再び開催されています。そのドロップUPキャンペーンでは、対象クエストの発見者は1回のクリアで、クエスト2回分の宝箱を獲得出来るようになります。☆入手宝箱が増えるイベントですね。ただし今回の開催では「紫箱」のドロップは無くなっています。○ということでアバターHLをゼウス(技巧)編成でのフルオートソロ討伐です。☆アバターHLとの戦闘についてはフルオートなので、特殊技一つひとつに対して特に行動することはできません。☆アバターHLはメタトロンHLと同じように現HPを参照する無属性ダメージが多く発生してきます。その無属性ダメージによってHP大きく減らされることになります。☆アバターの残りHPが10%になると「アークエネミー」で闇属性大ダメージが発生してしまいます。これに関しては闇属性攻撃なのでサブに「ガイゼンボーガ」を編成して1万の上限値に固定するので問題無くフルオートで討伐です。○挑戦した編成・両面ゼウスの神石編成。・ジータちゃんはランバージャック。「木こりのうた」での累積攻防DOWNやHP回復は大事。・キャラは「ゾーイ」「イオ」「レ・フィーエ」、サブには「ガイゼンボーガ」で挑戦。・ゾーイは「ラストウィッシュ」による攻防UPとHP吸収。・イオは強化アビリティの「メメントウィッシュ」でのHP回復。そしてフラワリーセブンによるダメージ。・レ・フィーエは「燦爛」効果により敵の特殊技に反応して発動する「ベネディクションライト」が便利。・武器は「グングニル」を複数装備し、スキル「克己」によるクリティカル発動率が上昇した技巧編成。★全員何かしらのHP回復手段を持たせての編成です。それではアバターHLのゼウス技巧編成でのフルオートについて本題です。

  • 2020年4月29日
  • 2020年10月18日

【グラブル】六竜討伐戦「黒」フェディエルを光属性ゼウス編成で討伐したので編成や内容を見ていきます。トーデストリープの為にクリアしたい。弱体効果が効かない敵で、戦闘中は毎ターンダメージを受けるフィールド、後半になると回復も不可に。特殊技には32400の固定ダメージや最大HP100%ダメージもあり危険。40%前にフュンフちゃんで全回復すると安定する。

6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性ゼウス編成で攻略してきたのでまとめていきます。六竜討伐戦も今回の闇属性のフェディエルが登場したことにより、遂に全属性が揃ったことになりますね。同時にドラゴニックウェポンも全部5凸まで可能となりました。関係は無いけどほぼ同じタイミングでゾーイちゃんがヴァーサスのプレイアブルキャラとなり、本編の方でもスキンが登場しました......●六竜討伐戦について六竜討伐戦はリンドブルムHLと共に同時に実装された「ドラゴニックウェポン」の5凸に必要なトレジャーを入手することができるクエストです。今回の六竜討伐戦「黒」では闇属性武器「ドラゴニックファイア」の強化(5凸)に必要なトレジャー「トーデストリープ」を入手することができます。「トーデストリープ」は六竜討伐戦でもなくてもトレジャー交換でも入手出来ますが、要求される素材が、「祖なる欠片」が100個「闇晶のエレメント」が100個と必要な素材が多いので、六竜討伐戦の方で集めていきたいところですね。そして六竜討伐戦は全ての属性合わせて1日/2回までのクエストとなります。なので日々クリアしていくことが大事ですね。★アップデートで撤退したら挑戦回数が減らなくなりました。このクエストもリンドブルムHL同様にバトルシステムVer2に対応したクエストです。〇バトルシステムVer2・敵が特殊行動をする前にHPゲージの下に行動表示がされる。・キャラ毎にガード機能があり、ガードすることでダメージを軽減できる。ただし行動するターンは攻撃とアビリティ使用が不可・チェインバーストは専用のゲージがMAXになった時のみ発動。六竜討伐戦「朱」「翠」「碧」「金」「白」と実装されてきたわけですが、今回の「黒」闇属性のフェディエルはCTが3と他の六竜よりも多くなっています。ただフェディエルはフィールド効果を始めから発動していて、効果はターン終了時に敵と味方のHPが減少する状態というものです。減少量は最大HPの6%程。しかも後半になると回復不可も追加される危険なフィールド効果となっています。さらに弱体化を通用しない敵でもあります。カオスルーダーでも当たらない程の高い弱体耐性を持っています。攻撃に関しては、通常攻撃の威力はかなり低めですが、その攻撃とが当たると呪蝕という効果が付与されてしまいます。呪蝕は受けるターンダメージが上昇するという効果。そしてフィールド効果による減少が大きい結果ターンダメージはかなり多くなる感じです。特殊技に関しては威力が低いものが多いですが、中には3万台の固定された無属性ダメージや最大HPの100%ダメージを与えてくる攻撃があるので、HPを多くして挑まなくてはなりません。六竜討伐戦関係の難易度は・リンドブルムHL(ソロ)・六竜討伐戦「朱」・六竜討伐戦「金」・六竜討伐戦「翠」・六竜討伐戦「白」・六竜討伐戦「碧」・六竜討伐戦「黒」☆下から順に難易度が高い。フェディエルは常にフィールド効果によるダメージや、無属性ダメージが強烈なことからワムデュスと同等の強さですね。そして今回挑戦した編成は両面ゼウスの光の神石編成です。ジョブやキャラについて。ジータちゃんはセージです。マウントで弱体化を防ぎつつやHP回復をしていきます。キャラに関してはイオ・ゾーイ・フュンフで挑戦しました。最終上限解放されたイオちゃんは高火力かつ高回復力を持ち戦闘を全体的に支えてくれます。ゾーイちゃんはラストウィッシュによる強化が強い。というよりはヴァーサススキンが追加されたので意地でも使っていこうという覚悟の編成。フュンフちゃんは弱体化を全回復したりHP回復をしてHPの維持に努めてくれます。特に40%直前に活躍。武器に関してはエデンやサティフィケイトそしてHPの為にオーラフラジェルムとかを装備。○戦闘面で思ったのは、・通常攻撃によるダメージは大したことが無い。・無属性ダメージの特殊技なのでガード無視で大ダメージを与えてくる。・フィールド効果が40%を切ると回復不可効果追加されるので、ある程度の火力で押し切る必要。

  • 2019年11月10日
  • 2019年11月10日

【グラブル】Lv100ゼノ・ディアボロス(マルチバトル)をフルオートでソロ討伐。11月にバランス調整されたルシオさんの火力も合わせて。

ゼノ・ディアボロス撃滅戦のマルチバトル「LV100 ゼノ・ディアボロス」をフルオートでソロ討伐してきたのでまとめていきます。今回は2019年11月にバランス調整されたルシオを編成してどんな感じで戦えるのかも合わせていきます。・マルチバトルのゼノ・ディアボロスからは普天幻魔及びアドヴォケイトの真化・交換に必要な「ゼノ・ディアボロスの真なるアニマ」が入手できます。この真なるアニマはマルチバトルからのみドロップするのである程度の周回が必要となります。また効率は良くないですが、妖魔の枷鎖も同時に集めることが出来ます。しかしソロ(フルオート)で無理に討伐する必要もありませんけどね。ゼノ・ディアボロスのような撃滅戦のマルチは救援もそこそこ入ってきてくれるので。・あと六道武器のドロップも狙えたりしますね。〇編成はゼウス編成です。・キャラはハールート・マールート、クビラ、ルシオです。☆特に敵の行動は考えてません。それでは本題。