スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】フロネシスHLを風属性ゼピュロス編成でソロ討伐したので編成や内容を見ていきます。メインクエスト更新で追加された新マルチバトルで、校則を守りながら戦っていく。

2020年7月23日グラブル

広告

フロネシスHLを風属性ゼピュロス編成でソロ攻略してきたのでまとめていきます。

2020/7/20にメインクエストが更新されて、新章「星の旅人編ー理想郷の子供達ー」の「第130章~第140章」が追加され、そして新たなマルチバトル「フロネシスHL」も実装されましたね。

この「フロネシスHL」はメインクエスト第140章をクリアすると新たに追加されるマルチバトルです。
なのでさっそくメインクエストを読み進めてクエストを解放してきました。

そして「フロネシスHL」をソロ討伐してきたので内容を見ていきます。

○称号について
・ティアマト・マリス等のHL同様にソロで討伐称号が有り、フロネシスでは
「ルール・ブレイカー」
を獲得することができます。

・称号の報酬には他のHLソロ討伐と同じくレジェンドガチャチケットが入手出来ます。

○フロネシスの行動について

・番外校則という味方の行動制限効果をフロネシス自身に付与。
・番外校則には壱~参まであり、それぞれの校則に応じた行動を取らないといけない。この校則を破るとフロネシスに強化効果や味方に弱体効果が付与される。

・通常攻撃は味方全体。

・特殊技でダメージが発生するものは味方全体と単体指定の2種類。各特殊技ではアビリティ封印や麻痺等の追加効果。

・残り10%では単体指定の攻撃が強化され大ダメージを受ける。

・1部の特殊技の発動ではCTがリセットされない。

☆全体としてはこんな感じ。クエストはマリスと同じ難易度のところにあるけど、難易度は低め。

☆入手出来る武器やアイテム
・以前開催されていた「ディフェンド・オーダー」で獲得出来ていた武器がドロップする。

SSR武器
土属性 刀「剣聖の袋竹刀」
水属性 弓「扇抜」

SR武器
風属性 楽器「オルフェウス」

☆それぞれ「ディフェンド・オーダー」でのみ発動するスキル持ちだった武器が、アップデートで通常の功刃等に変更されています。
(弓は堅守と神威なので欲しい)

・マリスと名はついていないけど「マリス・フラグメント」もドロップする。

・他には「フロネシスのアニマ」や「銀天の輝き」等がドロップする。

○今回の挑戦した編成について

・どんな威力の技を使って来るか分からなかったので、両面ゼピュロスでインドラリム複数積みの堅守編成。(初見なので)

・ジータちゃん対応幅の広い「ランバージャック」。

・キャラに関してはティアマト・アンチラ・ユリウスで挑戦。

☆この3キャラとジータちゃんにグラビティを入れておけば、とりあえずは何かしら対処が出来る。

それではフロネシスHLのソロ討伐の本題です。

広告

スポンサーリンク

フロネシスHLをソロ討伐(ゼピュロス編成)

編成について

ジータちゃんとキャラ


●ジータちゃんはランバージャック。(水着スキン)
・アビリティは「グラビティ」「ミゼラブルミスト」「落葉焚き」を設定。

●ティアマト
・「フィブルストーム」から変化した「スーパーセル」のスロウや裂空の慟哭で敵の特殊技を制限。
・「ウィンドクローク」ではアビリティ封印や麻痺等の弱体効果を無効化。

●アンチラ
・「葦編三絶」での複数強化。特に弱体成功確率UPが便利。属性攻防DOWNを付与出来るアニラ姉ちゃん。
・「三令五申」による消去不可の弱体化。

●ユリウス
・「トゥルーインクワイア」によるランダム弱体。命中率DOWNや恐怖を引きたい。
・「パワーエクストラクション」によるスロウ。

召喚石

☆メイン・サポーター共に召喚石はゼピュロス。
☆他はアビリティを即再使用可能になる黒麒麟を安心の2枚積みしてます。

武器

☆メインは四象武器「春ノ柔風」。奥義で味方全体の連続攻撃確率UP。
☆他はインドラリム複数積みで防御を上げ。

クエスト「フロネシスHL」

☆黄星の輝きか青星の輝きを5個使用して挑戦。1日1回のみ自発可能。

・入手出来るSSR
「剣聖の袋竹刀」
「扇抜」

☆武器に関しては「ディフェンド・オーダー」無き今、このフロネシスHLでのみ入手可能。

Lv150 フロネシス戦

戦闘①:開幕

☆両面ゼピュロスでHPはジータちゃんは約6万で他のキャラは5万ほどです。

☆敵を弱体化して攻撃開始です。敵のCTは1なのでグラビティも入れていきます。

☆敵の通常攻撃は味方全体で900ダメージくらいと低めです。

戦闘②:校則制定 其の壱(HPが95%で発動)

☆フロネシスのHPが95%で「校則制定 其の壱」が発動します。ダメージは発生しませんが、これによりフロネシスに「校則 其の壱」が付与されます。

★校則 其の壱
・4CHAIN以上してはいけない
◆順守した場合は味方全体の回復
◆違反した場合は味方全体にダメージ/強化効果無効化/敵に全属性ダメージカット
(消去不可/3回違反で解除)

☆ここからフロネシスとの戦いは常に「校則」を守りながらの戦闘になります。

☆其の壱では4CHAIN以上しなければよいので、ほぼ校則を守ることが可能です。

戦闘③:アフタースクール(CTによる特殊技)

☆CTが溜り特殊技「アフタースクール」が発動します。

☆味方全体に6000ほどのダメージとアビリティ封印が付与されます。ここの弱体効果はティアマトのマウントで無効です。

戦闘④:アフタースクール(HP80%で発動)

☆今度はHPが80%になることで再び特殊技「アフタースクール」が発動します。

☆ここでは味方全体に3000ほどのダメージ、そしてマウントが切れているのでアビリティ封印が付与されます。

戦闘⑤:スケアリィウィップ(CTによる特殊技)

☆CTが再び溜りもう一つの特殊技「スケアリィウィップ」が発動します。

☆味方単体に1500ほどのダメージが複数回降り注ぎます。また対象となったキャラには麻痺が付与されますが、ここではマウントがあるので効いていません。

戦闘⑥:校則制定 其の弐(HPが65%で発動)

☆HPが65%になると「校則制定 其の弐」が発動します。
其の壱と同じくダメージは発生しませんが、「校則 其の弐」が付与されます。
(其の壱はこのタイミングで上書きされる)

★校則 其の弐
・1ターンに10回以上の攻撃を与えなくてはいけない
◆順守した場合は味方全体の奥義ゲージUP
◆違反した場合は味方全体にランダムな弱体効果/敵に全属性ダメージカット
(消去不可/3回違反で解除)

☆其の壱とは違い10回以上の攻撃が必要となります。なので奥義を複数使用してしまうと校則に引っかかる場合があります。

☆校則を破るとこんな風に弱体効果が付与されていきます。ただ三回破ると校則は消去されるので、ここでは敵もブレイクしているので3回破ってターン経過で弱体化も回復しました。

戦闘⑦:スケアリィウィップ(HPが50%で発動)

☆HPが折り返しの50%になると特殊技「スケアリィウィップ」が発動します。

☆味方単体に1500ほどのダメージが複数回降り注ぎます。また対象となったキャラには麻痺が付与されますが、ここでもマウントで無効です。

☆このあとブレイクして36%までは敵は通常攻撃だけです。

戦闘⑧:校則制定 其の弐(HPが35%で発動)

☆HPが35%になると最後の校則「校則制定 其の参」が発動します。
他の校則と同じくダメージは発生しませんが、「校則 其の参」が付与されます。

★校則 其の弐
・1ターンの間に使用するアビリティは3回までとする
◆順守した場合は味方全体のランダムなタイプのアビリティ使用間隔短縮
◆違反した場合は敵にランダムな強化効果を付与/全属性ダメージカット
(消去不可/3回違反で解除)

☆1ターンにアビリティは3回までという緩い校則なので、これも違反することは無いですね。

戦闘⑨:アフタースクール(HPが25%で発動)

☆HPが25%になることで特殊技「アフタースクール」が発動します。

☆CTで発動したものよりもダメージが多く、この技では味方全体に約11000ほどのダメージが与えられています。追加効果のアビリティ封印はマウントで無効です。

☆ちなみこの辺りの通常攻撃は2000ダメージとなっています。

戦闘⑩:スケアリィウィップ(HPが10%で発動)

☆HPが10%になると特殊技「スケアリィウィップ」が発動します。

☆HPによる最後の特殊技で味方単体に5000ほどのダメージが複数回降り注ぎます。これがフロネシスからの一番の大ダメージとなります。また対象となったキャラ(ユリウス)には麻痺が付与されます。

☆あとは敵のHPを削るだけなので、スロウを入れながら最後までいきます。

戦闘⑪:討伐完了

☆10%のスケアリィウィップでユリウスが大ダメージを受けましたが、それ以外は問題なく無事に討伐完了です。

戦闘結果

☆まぁ、そう簡単に武器が落ちることはありません。

☆そしてソロで討伐してもらえる称号「ルール・ブレイカー」も入手です。

☆他のティアマトやリヴァイアサンのマリスと比べると楽に取得できます。

討伐まとめ

☆校則により行動が制限されますが、難しい内容では無いことに加えて、違反した場合も壊滅する分けでも無いので戦闘を進めることが可能。

☆基本CTが1なのでソロ討伐時にはグラビティとスロウで特殊技の発動を減らしていく。

☆討伐は楽な方だけど、武器のドロップは辛いところ。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村