TAG

撃滅戦

  • 2020年2月11日
  • 2020年2月11日

【グラブル】六道武器「ラスト・シャフレワル」の性能と必要本数。奥義で被ダメージを数ターン水属性に変換出来るので高難度で便利。何よりも剣武器であるのが良い(ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦)

ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦で入手できる六道武器「ラスト・シャフレワル」の性能について見ていきます。ゼノ・ウォフマナフの六道武器は「真・裁考天の鳴弦」「ラスト・シャフレワル」の2種類あります。今回は剣武器の方である「ラスト・シャフレワル」についてです。その兼の効果は、・奥義で土属性攻撃UPと被ダメージを水属性に変換・スキルでは被ダメージ時に与ダメージ上昇(累積)というものです。敵からの攻撃を水属性に変換し被ダメージを抑えることが出来るのが特徴ですね。しかも発動ターンを含めると4ターンの間は持続するのでなかなか便利。撃滅戦武器なのでEX功刃も特大とシナリオイベント等で手に入るものより強め。武器の入手自体も真化1本分までは交換でも入手可能なので作成は楽です。それでは本題です。

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月10日

【グラブル】六道武器「ダンテ・アリギエーリ」性能や必要本数について。真・氷逆天の戦棍と比べると攻撃的で、奥義で弱体成功率UPとストレングス、第2スキルでは敵が特殊技を使用する度にダメージと攻防DOWN(累積)。(ゼノ・コキュートス撃滅戦)

ゼノ・コキュートス撃滅戦で入手できる六道武器「ダンテ・アリギエーリ」の性能について見ていきます。ゼノ・コキュートスの六道武器は「真・氷逆天の戦棍」「ダンテ・アリギエーリ」の2種類あります。今回は楽器武器の方である「ダンテ・アリギエーリ」についてです。その杖の効果は、・奥義で弱体成功率UPとストレングス効果・第2スキルでは敵が特殊技を使用する度にダメージと攻防DOWNというものです。真・氷逆天の戦棍と比べるとこちらの方が攻撃的な性能をしていますね。サブに装備する場合でもダンテ・アリギエーリの方が若干攻撃力が高いですし。武器の入手自体も真化1本分までは交換でも入手可能なので作成は楽です。それでは本題です。

  • 2020年2月9日
  • 2020年2月9日

【グラブル】六道武器「真・氷逆天の戦棍」性能や必要本数について。奥義でHPと弱体効果を回復できるオートでも便利なもので、スキルはHPに依存して奥義火力が上昇する。(ゼノ・コキュートス撃滅戦)

ゼノ・コキュートス撃滅戦で入手できる六道武器「真・氷逆天の戦棍」の性能について見ていきます。ゼノ・コキュートスの六道武器は「真・氷逆天の戦棍」「ダンテ・アリギエーリ」の2種類あります。今回は杖武器の方である「真・氷逆天の戦棍」についてです。その杖の効果は、・奥義で回復と弱体回復・スキルではHPに依存して奥義火力の上昇というものです。比較的シンプルな感じです。奥義によるHP回復と弱体回復なのでフルオートでもHP管理に役立ちますね。(ブルースフィアと比べちゃあいけない)武器の入手自体も真化1本分までは交換でも入手可能なので作成は楽です。それでは本題です。

  • 2020年2月6日
  • 2020年2月6日

【グラブル】ゼノ・コキュートスとゼノ・ウォフマナフ撃滅戦が同時開催なので六道武器の性能や内容について(2020年2月)。先月に続きトレジャー交換に各撃滅戦に対応した剣や土晶のエレメント等の追加やスキップ機能が追加。武器以外にも討滅戦アニマを英雄武器に使用したりするので集めどころ。

ゼノ・コキュートス撃滅戦とゼノ・ウォフマナフ撃滅戦が同時に開催されたので報酬や内容についてまとめていきます。(2020年2月開催分)シナリオイベント「Spaghetti Syndrome」も終わり、次のイベント「撃滅戦」が始まりましたね。今回は、ゼノ・コキュートス撃滅戦ゼノ・ウォフマナフ撃滅の2つが同時開催です。ちなみに先月はイフリートとサジタリウスでしたね。【グラブル】ゼノ・イフリートとゼノ・サジタリウス撃滅戦が同時開催なので六道武器や内容について(2020年1月)。今回からトレジャー交換に各撃滅戦に対応した刀や火晶のエレメント等が追加やスキップ機能が追加。個人的に刀のエレメントは少しでも多く欲しいところ。先月に続き新武器の追加はありませんが、「スキップ機能」の追加や、報酬の一部追加が同様に行われています。とにかく撃滅戦について軽く内容を見ていきます。〇六道武器について・EX枠の武器の中でも上昇値が”特大と”強力な武器・第2スキルもあり更なる火力の上昇が狙える〇ゼノ・コキュートスの六道武器・真・氷逆天の戦棍とダンテ・アリギエーリ●真・氷逆天の戦棍・奥義で味方全体のHPを回復と弱体効果を1つ回復・メイン装備時には、HPが高い程奥義ダメージUP●ダンテ・アリギエーリ・奥義で味方全体の弱体成功率UPとストレングス効果。・メイン装備時には、敵が特殊技を使用時に敵に水属性ダメージと攻防DOWN(累積)〇ゼノ・ウォフマナフの六道武器・真・裁考天の鳴弦とラスト・シャフレワル●真・裁考天の鳴弦・奥義で味方全体のHPを回復と活性効果・メイン装備時には、ハイボルテージ状態時、連続攻撃確率UP●ラスト・シャフレワル・奥義で自分の土属性攻撃UPと味方全体の被ダメージを水属性に変換・メイン装備時には、被ダメージ時に自分に与ダメージ上昇効果〇スキップ機能・シナリオイベントで実装されているスキップ機能が撃滅戦にも。・HELLのLv毎にスキップ達成条件が違う。☆条件は難しくは無いけども…〇トレジャー交換に追加●ゼノ・コキュートス撃滅戦・杖のエレメント・楽器のエレメント・水晶のエレメント●ゼノ・ウォフマナフ撃滅戦・楽器のエレメント・剣のエレメント・土晶のエレメント☆各武器種と属性に対応したエレメントが交換出来るようになりました。要求されるトレジャーも難しくない。☆ただ英雄武器の作成には属性に応じたコキュートスのアニマのようなものも必要となるので、撃滅戦の機会で集めておきたい所です。それでは2020年2月開催の撃滅戦についての本題です。

  • 2020年1月9日
  • 2020年1月9日

【グラブル】ゼノ・イフリート撃滅戦HELL Lv120を両面カグヤにトレハンを加えて周回。ドロップの量は良い感じだけど六道武器の入手は運の絡みが多いところ。

ゼノ・イフリート撃滅戦のHELL、そのLv120を両面カグヤ編成にトレハンを加えてフルオート周回しているので、まとめていきます。ということで両面カグヤでドロップ率を上げて周回してます。流石に両面なので6箱のドロップはかたいですね。ただ六道武器の灼滅天の刃鎌等が直ぐに入手出来るわけではありませんが。(ゼノ・サジタリウスのアルカブは直ぐに入手出来たりしてるので、やっぱり運次第)それにしてもフルオートの周回は便利ですね。弱体効果を入れつつトレハンも出来るので安心してオート周回(放置)できます。EXTREMEの時【グラブル】ゼノ・イフリート撃滅戦EXTREME周回について。黒猫道士で全体攻撃をしながらのオート周回。火属性の英雄武器作成に必要なイフリートのアニマ集めもココで。と同様に”コレ””を書いている時に裏でゼノ・イフリートを周回できるので楽です。今回の編成は両面カグヤにトレハンなのでジータちゃんは義賊にしてフルオート周回です。敵はHELLのLv120ゼノ・イフリートなので、攻撃面に加護が無いカグヤ編成では時間のかかる挑戦となります。ただ火のプシュケーのドロップはなかなか良い感じはします。(今となってはプシュケーは簡単に入手出来ますけど)そして六道武器では無くイフリート・ハルベルトは結構入手出来ます。(槍のエレメントへgo)なので六道武器が直ぐに欲しい時は手動、Lv70にするなりして周回速度を上げていった方が良いですね。それでは本題。

  • 2020年1月8日
  • 2021年1月31日

【グラブル】ゼノ・イフリート撃滅戦EXTREME周回について。黒猫道士で全体攻撃をしながらのオート周回。火属性の英雄武器作成に必要なイフリートのアニマ集めもココで。

ゼノ・イフリート撃滅戦でHELL発生の為にEXTREMEを周回する必要があります。今回は周回ということで、黒猫道士で全体攻撃をしながらのオート周回についてです。ということでゼノ・イフリート撃滅戦の周回です。六道武器の入手の為にもEXTREMEを周回してHELLを発生させて、そのHELLをクリアしていくことが重要ですね。他にもマルチバトルもクリアしていく必要もありますが、今回はEXTREMEの周回について見ていきます。EXTREMEをするにあたり、黒猫道士で全体攻撃しながらオートで周回していきます。速度としては他のジョブとも大して変わりませんが、EXTREMEの1戦目と2戦目は敵が複数出てくるので気持ち速く周回出来ます。本当に速度を出すならアビリティを使用してアローレイン等を使用して1戦目、2戦目をクリアしていった方が早いです。ただそれだと手が塞がって「こうして書くこと」が出来ないので私は片手間にオート周回として黒猫道士で周回しています。そして周回していくわけですがその目的は、HELL発生の為ではあるんですが、他にもイフリートのアニマが欲しいこともあります。イフリートのアニマは英雄武器の色変え(火属性)にも100個ほど要求されます。意外と消耗するものなので撃滅戦で副産物も入手しながら集めていきます。そして編成については両面ヴァルナで武器はガチャ武器なしで、オベロンやヴィルヘルムそしてオメガロッドを入れた杖パで周回しています。またキャラもちょうどピックアップされているリリィちゃんを編成しています。それでは本題。

  • 2020年1月7日
  • 2020年1月7日

【グラブル】ゼノ・イフリートとゼノ・サジタリウス撃滅戦が同時開催なので六道武器や内容について(2020年1月)。今回からトレジャー交換に各撃滅戦に対応した刀や火晶のエレメント等が追加やスキップ機能が追加。個人的に刀のエレメントは少しでも多く欲しいところ。

ゼノ・イフリート撃滅戦とゼノ・サジタリウス撃滅戦が同時に開催されたので報酬や内容についてまとめていきます。(2020年1月開催分)ということでお正月も過ぎ「ゆく年くる年キャンペーン」(半額期間)や「除夜の終わりに響く鐘も」終わりましたね。そして今年初めての撃滅戦の開始ですね。今回は、ゼノ・イフリート撃滅戦ゼノ・サジタリウス撃滅の2つが同時開催です。特に新武器の追加はありませんが、シナリオイベントで実装されている「スキップ機能」が追加されたり、報酬に一部追加がされているので見ていきます。その前に撃滅戦なので、六道武器について確認をしていきます。〇六道武器について・EX枠の武器の中でも上昇値が”特大と”強力な武器・第2スキルもあり更なる火力の上昇が狙える〇ゼノ・イフリートの六道武器・真・灼滅天の大鎌と極マリシ烈火ノ太刀●真・灼滅天の大鎌・味方全体の連続攻撃確率UPする四天刃のような斧武器。追加効果として灼熱の付与、そして灼熱状態時の敵に対して追加ダメージが発生する火力が出しやすい武器。●極マリシ烈火ノ太刀・奥義で味方全体の攻撃UPとそれを引き立てるダメージ上限UPを持つ刀武器。被ダメージに敵ダメージを与える効果があり、これもダメージを稼げる武器。〇ゼノ・サジタリウスの六道武器・真・黄木天の箭とアルカブ・プリオル●真・黄木天の箭・奥義にディスペル効果と敵のモードゲージを吸収して自分の奥義ゲージに変換できる槍武器。意外と風の槍の数は少なくディスペル持ちのなので使い道はある。●アルカブ・プリオル・奥義ゲージ上昇量UPとアビリティ使用間隔短縮を持つ格闘武器。フルもしくはオーバーチェインをすると味方全体がトリプルアタックが確定するというなかなか良い武器。☆今さらだけどかなり強めな武器。迷ったら雑に武器編成しても良い感じ。〇スキップ機能・シナリオイベントで実装されているスキップ機能が撃滅戦にも。・HELLのLv毎にスキップ達成条件が違う。☆条件は難しくは無いけども…〇トレジャー交換に追加●ゼノ・イフリート撃滅戦・斧のエレメント・刀のエレメント・火晶のエレメント●ゼノ・サジタリウス撃滅戦・槍のエレメント・格闘のエレメント・風晶のエレメント☆各武器種と属性に対応したエレメントが交換出来るようになりました。要求されるトレジャーも簡単なのでイイ感じ(ただ在庫数)☆と、六道武器と変更点について軽くふれてみました。では2020年1月開催の撃滅戦についての本題です。

  • 2019年11月8日
  • 2019年11月8日

【グラブル】ゼノ・ディアボロス撃滅戦が開催(2019年11月)。新六道武器の「アドヴォケイト」が追加され、これで全属性2種類が揃いましたね。真化後「デモン・アドヴォケイト」の性能は主人公の残HPが低いほど火力が上昇するという背水な効果。

ゼノ・ディアボロス撃滅戦の周回や報酬についてまとめていきます。今回(2019年11月)は新武器の「アドヴォケイト」が追加されました。槍武器で奥義に与ダメージUPが付いている武器です。その真化後は「デモン・アドヴォケイト」スキルも追加され主人公のHPが少なくなるほど味方全体の攻撃が上昇するというもの。新武器が追加という事で「六道・普天幻魔」を作り終えた人達もまた武器集めに走ること事になりますね。(交換で4凸1つ作れる在庫はあるので、直ぐ終わる人もいますけどね)ちなみ「六道・普天幻魔」の方は刀武器です。〇さて、撃滅戦ということで目的となるのは“六道武器”ですがその特徴は、・EX枠の武器の中でも上昇値が”特大と”強力な物・第2スキルもあり更なる火力の上昇が狙えるなので撃滅戦で確実に確保しておきたいです。〇新武器も追加されたのでゼノ・ディアボロス武器は2種類となりました。出来れば両方とも4凸を1ずつ入手したいですね。〇また武器の他にも召喚石のディアボロス自体も入手出来るので、召喚石を砕いて不足してるエレメントを集めることも出来ます。(六道武器は真化までしても属性エレメントを使用しないので、副産物として闇晶のエレメントを入手出来ます)・撃滅戦は討滅戦より遥かに敵が強いので、せめて討滅戦のMANIACを難なくクリア出来る戦力を確保しておきたいです。もし戦力不足を感じた場合はマルチバトルでもトレジャー交換アイテムを集めて武器を入手することが出来ます。ちょっと周回数が増えると思いますけど。〇とはいっても初回開催と比べて大分時間が経過したうえ、フルオート機能も追加されたので片手間で行けますけどね。では報酬関係や周回について書いていきます。