スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】リヴァイアサン・マリスHLをソロ討伐(土属性マグナ編成)したので編成や内容を見ていきます。狂濤を斎みし孤高の翼の為にも一度はソロ討伐をしておきたい。引き潮の対策にカインとマキラで追撃祭り。晦冥のタイダルフォールには水着ブローディアで対応。

グラブル

広告

リヴァイアサン・マリスHLを土属性マグナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていきます。

プロメテウスを始めティアマト・マリスやリヴァイアサン・マリス等のHLはソロで討伐することで称号
「○○孤高の翼」
を獲得することができます。

ティアマト・マリスの場合だと、
「狂濤を斎みし孤高の翼」
ですね。

称号の報酬にはレジェンドガチャチケットが入手出来るので、1度はソロでクリアをしておきたいクエストです。

それでリヴァイアサン・マリスについてですが、水属性の敵で特長的なことが2つあります。

◯引き潮
「引き潮」という独自の強化効果があることですね。これはチェインバーストが発生する度にLvが上昇していきます。
そのLvが3になった次のターンに特殊技「晦冥のタイダルフォール」使用してきます。この技は水と闇属性ダメージによる多段攻撃で1撃が数万ダメージと強力です。
この「晦冥のタイダルフォール」受けないため、「引き潮」Lvを調整する必要があります。

引き潮はディスペル解除できない効果ですが、1ターンに25回ダメージを与えると1Lvダウンが出来る効果です。
なので奥義を打つ時は可能な限りFULL CHAINでして引き潮LVの上昇を抑えていきます。
(2でもFULLでもチェインバーストをすればLvは1上昇する)

◯溺水
「溺水」は味方キャラに付与される効果で、この効果にもLvがあり最大で10まで上昇します。付与される条件はリヴァイアサン・マリスの攻撃を受けることです。
この効果はLvが上限する為に被ダメージが上昇する厄介な効果です。
リヴァイアサン・マリスは1回の攻撃回数が多く、放置すれば数ターンでかなり上昇してしまいます。ただクリアをすれば効果自体を消せるので、細かなクリアオール系で対処できます。

他にもHPによる特殊技を使用してもCTがリセットされないことです。これはティアマト・マリスと同様ですね。CTがリセットされないことなんて、今ではザラですけどね。

特殊技の一部には絶命効果をしてくる攻撃もあります。ただ1ターンの猶予はあるのでクリアでも対処は可能です。

そして入手出来る武器は通常のリヴァイアサン・マグナ武器に加えてマリス限定の
「ヒュプノスクリス」
「カラダンダ」
があります。

「ヒュプノスクリス」はイクシードと無双の水属性武器、「カラダンダ」は技巧と進境の火属性武器となっていますね。

武器以外にも「マリス・フラグメント」が入手できます。これが入手できるのは現状は他に「ティアマト・マリス」だけです。

マリス・フラグメントはバハムート等の召喚石を5凸するのに使用したり、ドラゴニックウェポン等の武器を5凸にしたりと上限解放時に必要なアイテムですね。

ということで編成についてです。
◯両面ユグドラシルの土マグナ編成で挑戦しました。

☆ジョブはポーションの生成とクリアオールがセットのアビリティを持つドクターにしました。

☆キャラに関してはカイン・マキラ・水着ブローディアで挑戦しました。
・カインはヒット数の多いアビリティと奥義による追撃の付与で、引き潮の解除を行います。
・マキラは味方全体の強化とアビリティに追撃があるのでカイン同様です。
・ブローディアはグラビティで敵のCTを増やします。そして10%時に引き潮と関係なく使用してくる晦冥のタイダルフォールの対処をします。

それでは本題です。

広告

スポンサーリンク

リヴァイアサン・マリスをソロ討伐(土属性マグナ編成)

ジータちゃん+キャラ


●ジータちゃんのジョブはドクター。
・ポーションを生成するとターン終了時に味方全体の弱体効果を一つ回復が可能。
・セットしたアビリティはミゼラブルミストとクリアオールそしてニュートリエント。

●カイン
・伏計に弱体耐性を低下させた状態で攻防DOWNをできる。
・味方全体を特殊強化して連続攻撃確率を上昇して引き潮の解除のため手数確保。
・8回ヒットするアビリティがあるので、これひとつで引き潮の解除が捗る。

●マキラ
・味方全体の強化から敵の防御DOWNまでできる。
・アビリティによる追撃付与もあり、カインと合わせると引き潮の解除はかなり簡単。
・鼓の音を消費してオールポーションの生成ができる。

●水着ブローディア
・味方全体の防御を累積で上げることが可能。
・水属性攻撃DOWNや命中低下で被ダメージを抑えることができる。そしてグラビティ要員。
・不可侵海域で晦冥のタイダルフォールは対処可能。ただしソレでのみ使用しないと直ぐに溺水が上昇してやられてしまう。

召喚石

☆メイン・サポーター共に召喚石はユグドラシル・マグナです。
☆敵は水属性なの与ダメージUPのザ・ハングドマン投入してあります。召喚効果もクリアオールなので便利。
☆リヴァイアサン・マリスは火力が高いのでカーバンクル系の召喚をループさせます。

武器

☆メインは天星器の「四天刃」。
☆他はニーベルンホルンやクリンゲを複数装備。

クエスト「リヴァイアサン・マリスHL」

☆1日1回のみ自発可能。

Lv150 リヴァイアサン・マリス戦

①開幕

☆両面ユグドラシル・マグナでHPがジータちゃんは4万7千で他のキャラは3万5千ほどとなっています。

☆敵を弱体化して攻撃開始で、開幕からグラビティも入れていきます。
ただし不可侵海域を序盤から使用すると一気に溺水Lvが急上昇するので10%まで封印します。

☆リヴァイアサン・マリスの基本的な火力は低いですが、その溺水により直ぐ上昇してきます。

☆溺水はヒットした分だけ溺水Lvが上昇します。

②戦闘:バミュダルア・レイ

☆2000ほどのダメージを多段してきます。溺水のLvがまだ低いのでこの程度で済んでいます。

☆奥義に関してはFULL CHAINとなる様に発動していきます。

☆そうして引き潮の上昇を抑えていきます。

③戦闘:バミュダルア・レイ(85%で発動)

☆HP85%になるとバミュダルア・レイを使用してきます。

☆カーバンクルの軽減ループに入っているのでダメージを抑えることができています。

④戦闘:引き潮のLvDOWN

☆引き潮のLvが3になる前に下げていきます。下がる条件は1ターンでダメージを25回与えることです。

☆カインの八卦斬は8回ヒットするので便利。

☆カインの奥義とマキラのアビリティで追撃をしたので、1人トリプルアタックで他のキャラがダブルアタック以上をすれば攻撃で解除できます。

☆2ターンで引き潮Lvをリセットしました。

⑤戦闘:アナクラシスショット

☆アナクラシスショットは全体攻撃となります。

☆引き潮Lvが2で4000ダメージ位ですね。追加で暗闇の付与もあります。

⑥戦闘:スケールショット(HP70%で発動)

☆この特殊技には弱体耐性UPが付与されるので、攻撃を受ける前に弱体効果の再付与をした方が良いかも。

☆HP70%でスケールショットを発動してきます。

☆カーバンクル上から4000ダメージなので軽減がないと辛いですね。

☆追加効果で弱体耐性UPと水の障壁が5ターン継続するようになります。

⑦戦闘:潰崩のタイダルフォール(HP50%で発動)

☆HP50%を超えると潰崩のタイダルフォールを使用してきます。

☆こっちのタイダルフォールは水属性ダメージで2回ヒットします。水属性ダメージを50%カットしても8000ダメージです。

☆追加で味方強化効果をディスペルされるのと絶命が付与されます。

☆絶命は1ターンの猶予があるのでクリアオール等で対応可能です。

⑧戦闘:アナクラシスショット(HP25%で発動)

☆25%では再びアナクラシスショットを使用してきます。

☆ポーション生成で回復もしてきたのでHP的に余裕があります。

☆HPによる特殊技はCTがリセットされないので、続けて潰崩のタイダルフォールを受けて絶命も付与されてしまいました。

⑨戦闘:10%直前

☆次の特殊技は引き潮Lv3で発動するタイダルフォールと同じで水と闇属性の攻撃です。

☆闇属性の方を対処するために不可侵海域でブローディアはかばう状態となり受けるダメージは水属性に変換されます。

⑩戦闘:晦冥のタイダルフォール(HP10%で発動)

☆HP10%で晦冥のタイダルフォールが発動します。

☆不可侵海域により全てブローディアでダメージを受けます。

☆追加で強化のディスペルと奥義ゲージが下げられますが、残り僅かのHPなのでカーバンクルで耐えながら攻撃していきます。

⑩戦闘:討伐完了

☆最後にカインの通常攻撃で無事に討伐完了です。

〇戦闘結果

☆さすがに武器は入手できませんでした。

☆そしてソロで討伐してもらえる称号が

☆「狂濤を斎みし孤高の翼」。エリクシールも使用不可なので戦力がある程度必要となります。

〇討伐まとめ

☆引き潮というシステムがあるので奥義の使用タイミングはFULL CHAINまで繋げる時に。

☆溺水によって被ダメージがかなり増えてしまうのでLv5,6位でクリアオールでリセットした方が良い感じ。

☆↑や特殊行動により数万単位のダメージになるので、属性ダメージカットはあった方が楽。

☆攻撃が厄介だけど引き潮Lvの調整をすれば普通に倒せる。

☆倒せるけどもやっぱり被ダメージが多いのでポーションをガブ飲み。

☆少し余ったけど。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村