TAG

マグナ

  • 2020年7月25日
  • 2020年7月25日

【グラブル】邂逅、黒銀の翼(よわバハ)を光マグナでフルオートでソロ討伐。大いなる破局の999999ダメージも、ガイゼンボーガさんのおかげで余裕。

「邂逅、黒銀の翼」(よわバハ)を光マグナ編成でフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。弱い方のプロトバハムートのフルオート討伐です。以前(数年前)は皆で寄って集って戦っていた「よわバハ」も今ではフルオートで放置して倒せる程度になりました。今回プロトバハムートのフルオートをしているのは、「バハムートの角」の在庫が無くっていたからです。前に使うバハムート武器の分や「強バハ」に通って居た時期にはありました。最近になって再び「強バハ」通い始め「バハムートの角」が無くなってきたので、「よわバハ」にも通い始めました。「強バハ」の方に通い始めたのは「バハムートの紫電角」そして「ヒヒイロカネ」。どちらも「終末の神器」に使うためです。ということで「邂逅、黒銀の翼」を光マグナでフルオート討伐です。○敵「プロトバハムート」について・開幕の特殊技「ラグナロクフィールド」で毎ターンHPが減少。・HP25%と5%の特殊技「大いなる破局」。☆バハムートと言えば「大いなる破局」。普通にダメージを受けるとバトルメンバーが壊滅するのでダメージカットが必要です。今回はサブに賢者を入れてダメージを固定化してます。〇攻略した編成について・シュヴァリエ・マグナとルシフェルの光マグナ編成。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラについてはゾーイ、イオ、レ・フィーエ。サブにガイゼンボーガ。・武器はシュヴァリエソード・マグナを主体。☆バトルメンバーのキャラは回復アビリティでは無い回復が可能。(レ・フィーエは付与される効果で回復アビリティが使用される)☆ガイゼンボーガは光属性キャラが受ける闇属性ダメージの上限値を1万に固定。

  • 2020年7月23日
  • 2020年7月23日

【グラブル】フロネシスHLを風マグナ編成でソロ討伐したので編成や内容。マウントとグラビティそしてスロウが無いと、アビリティ封印ループにされる可能性が高い敵。

フロネシスHLを風マグナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていきます。・番外校則という味方の行動制限効果をフロネシス自身に付与。・番外校則には壱~参まであり、それぞれの校則に応じた行動を取らないといけない。この校則を破るとフロネシスに強化効果や味方に弱体効果が付与される。☆マウントとグラビティそしてスロウが無いと、アビリティ封印ループにされる可能性が高い敵。

  • 2020年7月20日
  • 2020年7月20日

【グラブル】ナタクHLをフルオートでソロ討伐(火マグナ)。パーシヴァルのイクスゼーレで恐怖を付与して、特殊技の発動を制限。火尖槍によるダメージもアンスリアのサイレントステップで回復。

「ナタクHL」を火マグナ編成でフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。Lv120ナタクからは「ナラクーバラ」「オールド・ナラクーバラ」といったプライマル(オールド・ペルセウス)武器や、ティアマト・マグナの武器を入手することができます。また上限解放やグランデ自発素材やアーカルム召喚石に必要となる「ナタクのアニマ」「ナタクのマグナアニマ」関係も入手可能です。ナラクーバラ及びオールド・ナラクーバラに関してはクエストからの直接ドロップ以外にも、ショップから入手することも可能です。交換レート○ナラクーバラ・ナタクのアニマ100個、ナタクのマグナアニマ16個、真なる風のアニマ5個で交換。月2回の制限○オールド・ナラクーバラ・栄誉の輝き1000で交換。月2回の制限。ということで「ナタクHL」を火マグナでフルオート討伐です。風有利のブレイブグラウンドが近いのでオールド・ナラクーバラの上限解放をしようと思ったのですが、アニマが足りないのでナタクを倒したついでに書いています。○敵のナタクについて・特殊技「火尖槍」では火と風属性は6000ぐらいのダメージが複数回。・特殊技「混天綾」や「風火二輪」ではナタクの強化や味方の弱体化。☆火力のある特殊技は火尖槍だけ。他は強化や弱体効果なので50%で確定発動する火尖槍を凌げると楽。〇攻略した編成について・コロッサス・マグナとシヴァの火マグナ編成。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラについてはヴィーラ・パーシヴァル・アンスリア。・武器はオールド・エッケザックスを主体。☆ヴィーラのマウントで弱体効果は受けず、攻撃に関してもアンスリアで回避+回復しているので特に危ない状況は発生しない。特殊技に関してはパーシヴァルの恐怖がほとんど効いているので発動が限られた状態の戦闘。

  • 2020年7月12日
  • 2020年7月12日

【グラブル】バアル討伐戦をフルオートでソロ討伐(風マグナ編成)。モンクなジータちゃん率いる杖パ。バアルは調律状態のハーフステップ・ダウンの無属性ダメージが痛いくらい。

「バアル討伐戦」を風マグナ編成でフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。Lv100 バアルからは「ソロモンドライブ」「マイムールヴィジョン」といったバアル武器や、ユグドラシル・マグナの武器を入手することができます。また強化等に必要となる「バアルのアニマ」「バアルのマグナアニマ」も入手可能です。バアル武器に関してはクエストからの直接ドロップ以外にも、ショップの武勲の輝き交換から入手することも可能です。○交換レート・それぞれ武勲の輝き5000で交換可能で、月制限は2個。ということで「バアル討伐戦」を風マグナでフルオート討伐です。土有利古戦場で使える武器を集めです。武器以外にもアニマを使うので多く討伐していきたいです。○敵のバアルについて・敵はバアルとお供のマイムールが2体。バアル本体を倒せばクリア。・特殊技で調律効果を頻繁に付与してくる。(調律は毎ターンダメージ)・調律が付与された状態で特殊技を受けると調律の代わりに別の効果が発生。(無属性ダメージや弱体効果)〇攻略した編成について・両面ティアマト・マグナの風マグナ編成。・ジータちゃんは杖と格闘が得意なジョブ「モンク」。武芸百般でほぼ毎ターン追加の150万以上のダメージが発生。・キャラについては杖を得意とするティアマト・アンチラ・グリームニル。・武器はラストストームハープやティアマトボルト・マグナ、メインには六道武器アルカブ・プリオル。☆バアルの初回行動でマウントを消費してしまうので、フルオートでは調律の完全な回避は無理でした。

  • 2020年7月12日
  • 2020年7月12日

【グラブル】ユグドラシル・マグナを低レアキャラでソロ討伐(風マグナ)。スピナーやカルテイラのようなレアキャラでマグナに挑戦。

「ユグドラシル・マグナ討伐戦」を低レア編成で討伐してみたのでまとめていきます。ちなみに風マグナ編成で武器も中途半端な数を装備してます。最近は追加されることがなくなったレアリティが”レア”のキャラ達。加入しても使用する機会が、かなーり少ない。(アーカルム転世のレアリティ制限では使う)ということで今回は、そんなレアキャラ達を編成してユグドラシル・マグナ討伐戦に挑戦してきました。ユグドラシル・マグナだと、次の古戦場が土有利なのでちょいど良い感じだと思ったので選びました。(これでSSR武器・召喚石が出たらヨシ)〇挑んだ編成について・両面ティアマト・マグナの風マグナ編成。・ジータちゃんはベルセルク。・キャラについては風のレアキャラのスピナー・スタン・カルテイラ。・武器はティアマトボルト・マグナ、メインにはガチャッティ。☆私的な話、カルテイラはグラブル始めた頃に凄くお世話になったキャラ。奥義の効果でルピが入手可能になっていてそれでルピ稼ぎをしていました。

  • 2020年4月7日
  • 2020年4月7日

【グラブル】リヴァイアサン・マリスHLをソロ討伐(土属性マグナ編成)したので編成や内容を見ていきます。狂濤を斎みし孤高の翼の為にも一度はソロ討伐をしておきたい。引き潮の対策にカインとマキラで追撃祭り。晦冥のタイダルフォールには水着ブローディアで対応。

リヴァイアサン・マリスHLを土属性マグナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていきます。プロメテウスを始めティアマト・マリスやリヴァイアサン・マリス等のHLはソロで討伐することで称号「○○孤高の翼」を獲得することができます。ティアマト・マリスの場合だと、「狂濤を斎みし孤高の翼」ですね。称号の報酬にはレジェンドガチャチケットが入手出来るので、1度はソロでクリアをしておきたいクエストです。それでリヴァイアサン・マリスについてですが、水属性の敵で特長的なことが2つあります。◯引き潮「引き潮」という独自の強化効果があることですね。これはチェインバーストが発生する度にLvが上昇していきます。そのLvが3になった次のターンに特殊技「晦冥のタイダルフォール」使用してきます。この技は水と闇属性ダメージによる多段攻撃で1撃が数万ダメージと強力です。この「晦冥のタイダルフォール」受けないため、「引き潮」Lvを調整する必要があります。引き潮はディスペル解除できない効果ですが、1ターンに25回ダメージを与えると1Lvダウンが出来る効果です。なので奥義を打つ時は可能な限りFULL CHAINでして引き潮LVの上昇を抑えていきます。(2でもFULLでもチェインバーストをすればLvは1上昇する)◯溺水「溺水」は味方キャラに付与される効果で、この効果にもLvがあり最大で10まで上昇します。付与される条件はリヴァイアサン・マリスの攻撃を受けることです。この効果はLvが上限する為に被ダメージが上昇する厄介な効果です。リヴァイアサン・マリスは1回の攻撃回数が多く、放置すれば数ターンでかなり上昇してしまいます。ただクリアをすれば効果自体を消せるので、細かなクリアオール系で対処できます。他にもHPによる特殊技を使用してもCTがリセットされないことです。これはティアマト・マリスと同様ですね。CTがリセットされないことなんて、今ではザラですけどね。特殊技の一部には絶命効果をしてくる攻撃もあります。ただ1ターンの猶予はあるのでクリアでも対処は可能です。そして入手出来る武器は通常のリヴァイアサン・マグナ武器に加えてマリス限定の「ヒュプノスクリス」「カラダンダ」があります。「ヒュプノスクリス」はイクシードと無双の水属性武器、「カラダンダ」は技巧と進境の火属性武器となっていますね。武器以外にも「マリス・フラグメント」が入手できます。これが入手できるのは現状は他に「ティアマト・マリス」だけです。マリス・フラグメントはバハムート等の召喚石を5凸するのに使用したり、ドラゴニックウェポン等の武器を5凸にしたりと上限解放時に必要なアイテムですね。ということで編成についてです。◯両面ユグドラシルの土マグナ編成で挑戦しました。☆ジョブはポーションの生成とクリアオールがセットのアビリティを持つドクターにしました。☆キャラに関してはカイン・マキラ・水着ブローディアで挑戦しました。・カインはヒット数の多いアビリティと奥義による追撃の付与で、引き潮の解除を行います。・マキラは味方全体の強化とアビリティに追撃があるのでカイン同様です。・ブローディアはグラビティで敵のCTを増やします。そして10%時に引き潮と関係なく使用してくる晦冥のタイダルフォールの対処をします。

  • 2020年4月5日
  • 2020年4月5日

【グラブル】終焉ノ刻「アスタロト」を闇マグナ編成(サポーター無しの片面)でフルオートによるソロ討伐。シス君は通常攻撃、シャレムちゃんは奥義でアスタロトのHPをいい感じで削ってくれる。ビカラちゃんも回避UPや奥義ゲージ上昇量UPでみんなをサポート。ジータちゃんはやっぱりランバージャック。

共闘クエスト「終焉ノ刻」のアスタロト攻略を闇属性マグナ編成でフルオートでソロ討伐してきたのでまとめていきます。ということで闇マグナでアスタロトに挑戦です。今回の闇で5属性目のフルオートソロ討伐です。残りの土マグナも後で挑戦していこうと思います。闇属性で挑戦なのでビカラちゃんを問答無用で編成して戦っていきます。編成についてはサポーター無しでセレスト・マグナをメインにした片面闇マグナ編成。ジータちゃんはランバージャック。キャラはシスとヘレル・ベン・シャレムとビカラです。主に火力はシス君が1人で2人分以上の働きをしてくれます。シャルちゃんも奥義では追撃合わせるとシス君を軽く超える火力です。ビカラちゃん自身はダメージが低めですが干支バフや回避時のダメージ・ディスペルで支援してくれます。武器については6周年で貰えたLv200とスキルLv20のセレストクロー・マグナ。他にはアビススパインを装備して奥義で火力を出していきます。○戦闘について・特殊技の「終焉」は対象に10万以上のダメージを受けてしまいますが、シス君の敵対心と幻影や回避でノーダメージで過ごすことができます。・ヘルマニビス奥義の連続攻撃確率UPとビカラちゃんの干支バフで奥義ゲージを上昇させ、奥義主体で戦っていきます。・回復できる効果はランバージャックの「木こりのうた」だけですが、ビカラちゃんによって回避率上昇や元から回避するシス君により被ダメージ自体がかなり抑えられるので、HPの維持は問題ありません。それでは本題です。

  • 2020年4月3日
  • 2020年4月5日

【グラブル】終焉ノ刻「アスタロト」を水マグナ編成(サポーター無し)でフルオートによるソロ討伐。やっぱりこの手の戦いはリリィちゃんとエウロペ姫のおかげで安定した討伐。弱体成功率もランバージャックに持たせたダンテ・アリギエーリでそこそこな命中率。

共闘クエスト「終焉ノ刻」のアスタロト攻略を水属性マグナ編成でフルオートでソロ討伐してきたのでまとめていきます。水有利古戦場も近くなってきたので様々な編成を試しているこの頃。今回はリヴァイアサン・マグナ片面のみでアスタロトを討伐してきました。戦闘自体は特に問題無く時間内に討伐可能です。ただ最後の終焉についてはそのまま受けるしかないです。弱体関係もメインに装備したダンテ・アリギエーリの弱体成功UPのおかげで効きやすいですし。編成についてはサポーター無しでリヴァイアサン・マグナをメインにした片面水マグナ編成。ジータちゃんは安定のランバージャックで、キャラはカトル・リリィ・エウロペそしてサブにはシルヴァです。武器はについて6周年で貰えたLv200とスキルLv20のリヴィアンゲイズ・マグナ、他にはテュロスビネットですね。○戦闘について・特殊技の「終焉」により確実に一人ずつやられていくけど、サブからでたシルヴァさんの奥義バーストで2回目の終焉が来る前に倒せる。・カトルの奥義による連続攻撃確率UPで奥義ゲージを上昇させ、奥義主体で戦っていく。・回復アビリティが使えなくても、リリィやエウロペのような回復アビリティ以外による回復でHPの維持。終焉はフルオートなので狙って回避することがほぼ不可能ですが、倒しきれるので問題ありません。水属性はリリィとエウロペのおかげで安定感が良いですね。○英雄武器に必要な「アスタロトのアニマ」入手を片手間に行える・アスタロトのアニマは英雄武器に必須となるエンブレムの作成に必要となります。・今回使ったランバージャックの英雄武器も4月の終わりには実装されるので集めておきたいですね。それでは本題です。

  • 2020年3月26日
  • 2020年3月26日

【グラブル】六竜討伐戦「朱」ウィルナスを水属性マグナ編成で討伐したので編成や内容を見ていきます。特殊技には灼熱+何かで弱体されるのでクリアやマウント、そして回復をしていれば多少攻撃力が引くくてもどうにかなる。まぁ、マグナ編成といってもオールド・オベロンなんですけどね。

六竜討伐戦の火属性【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスを水属性マグナ編成で攻略してきたのでまとめていきます。水マグナとは言ってもオールド・オベロンを詰めた編成ですけど。六竜討伐戦「朱」はリンドブルムHLと共に同時に実装された「ドラゴニックウェポン」、その火属性武器「ドラゴニックハープ」の強化に必要なトレジャー「イグナイトラブル」を入手することができるクエストです。「イグナイトラブル」は六竜討伐戦でもなくてもトレジャー交換でも入手出来ますが、要求される素材が、「祖なる欠片」が100個「火晶のエレメント」が100個でかなーり重い感じになるので、六竜討伐戦の方で集めていきたいところですね。そして六竜討伐戦は1日/2回までのクエストなので日々クリアしていくことが大事ですね。このクエストもリンドブルムHL同様にバトルシステムVer2に対応したクエストです。〇バトルシステムVer2・敵が特殊行動をする前にHPゲージの下に行動表示がされる。・キャラ毎にガード機能があり、ガードすることでダメージを軽減できる。ただし行動するターンは攻撃とアビリティ使用が不可・チェインバーストは専用のゲージがMAXになった時のみ発動。ということで挑戦した感じですが、ウィルナスの攻撃は単調なものが多いですが、とにかく火力が高い。特にマグマチェンバーはHPをキャラ毎の最大値70%分の無属性ダメージしてくる。同じ六竜討伐戦「翠」のイーウィヤと比べると、こっちのウィルナスの方が簡単。編成はリヴァイアサン・マグナの水マグナ編成でジョブはセージにしました。☆キャラに関してはカトル・エウロペ・リリィで挑戦しました。リリィとエウロペによる回復とカトルによる弱体で長期戦を凌いでいきます。キャラはヴァルナ編成で討伐した時と一緒ですね。武器に関しては、メイン装備にブルースフィアをサブ装備には↑で書いたようにオールド・オベロンンを主体に装備しています。○戦闘面で思ったのは、・40%で形態変化をして弱体効果がリセットされるので事前にアビリティの調整。・マグマチェンバーさえどうにかすれば、基本は楽。だけど灼熱が多いのでクリアと回復は必要。

  • 2019年12月6日
  • 2020年11月16日

【グラブル】マグナHL周回でスキル上げの餌やエレメント集め(シュバ剣とか集めていない時に限ってドロップする)。各マグナHLをフルオート(ソロ)で素材集め。カグヤとトレハンLv9で挑戦、HLだとSSRも落ちやすい気がする。

グラブルでは武器のスキル上げに必要なSR・SSR武器。召喚石の上限解放に必要な属性エレメント。そして武器の上限解放や英雄武器の作成に使用する武器エレメントとして必要なSSR武器。今回はティアマト・マグナやコロッサス・マグナ等の討伐戦HLを倒した時にどれくらいの量の武器や召喚石を入手出来るかを見てみました。