スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】闇マグナのクリティカル(技巧)編成の武器や火力等について。武器は「アビスルック」を複数装備で。10ターン経過後の火力では約1.5億~2億ほどになりました。(闇有利古戦場に向けた準備)

2020年11月25日グラブル

広告

闇マグナのクリティカル(技巧)編成を準備したりしているので、編成や火力等について確認していきます。

闇有利古戦場が近いので闇マグナ編成をいくつか試しているので、それぞれ見ていこうと思います。
とりあえず単体火力と10ターン経過後のトータルダメージ辺りを見ていきます。
ちなみに10ターン経過後を2回確認して1回目は約1.5億、2回目は約2億。

今回はマグナⅡ武器である「アビスルック」を複数装備した、クリティカル(技巧)編成についてです。

○「アビスルック」について
・スキル構成
「黒霧方陣・功刃」
「黒霧方陣・克己」
☆克己は二手と技巧の複合スキル。
☆技巧編成の場合はコレを複数装備する必要が有り。

・入手はアバターHLの赤箱・青箱からドロップ。もしくは栄誉の輝き交換。
☆マグナⅡに新武器(ゼカリア等)が追加された時に、元からあった「アビススパイン」や「アビスルック」等のドロップ率が上昇しているので、「ゼカリア」集めのついでに結構数が揃ったりします。
☆ただし「アビスストライカー」にドロップはかなり吸われることも………(精神論)

☆栄誉の輝きでも4000で1個交換可能。(月2回まで)

○編成について
・両面「セレスト・マグナ」と「アビスルック」で(ほぼ)確定クリティカルにしていく。
・「アビスルック」は1個辺り技巧上昇が6.5%。5凸「セレスト・マグナ」140%×2の加護により1個で24.7%になるので4本編成で98.8%となりほぼクリティカル発動。
・ジータちゃんのジョブは「モンク」、メイン武器には「黒銀の滅爪」を装備。サブには「闇の子の歯牙」等。

・1回目の編成では「フェリ」「オーキス」「シス」。
・2回目では「プレデター」「オーキス」「ニーア」「レイ」「シス」

☆技巧なので「渾身」や「背水」が発揮しなくても、ある程度の火力があるので戦い易い。その分、爆発力は控えめ。(マグナ技巧なのでなおさら)

それでは闇マグナのクリティカル編成について見ていきます。

広告

スポンサーリンク

闇マグナのクリティカル編成について

編成

武器編成

・「黒銀の滅爪」
・「闇の子の歯牙」
・「麒麟弓」
・「アビスルック」×4
・「永遠拒絶の太刀」(CB上限)
・「アビススパイン」
・「フェディエル・スパイン」

○「アビスルック」

「黒霧方陣・功刃」:闇属性キャラの攻撃力上昇(中)
「黒霧方陣・克己」:闇属性キャラのダブルアタック確率上昇(中)/クリティカル確率上昇(中)

☆功刃部分は(中)なので、クリティカルは出ても基礎の火力が少し低めになりがち。キャラ毎の攻撃性能が火力にかなり影響があります。

○メイン武器「黒銀の滅爪」
・奥義の追加効果で味方全体にブロック効果とカウンター(被ダメージ/3回)の付与。
・そしてEX攻刃「極大」。

○「フェディエル・スパイン」
・EX枠の「渾身」スキル武器。第2スキルでは渾身による奥義与ダメージ上昇。

☆「黒銀の滅爪」「永遠拒絶の太刀」は4凸の状態。

キャラ編成

○ジータちゃんはモンク。
・アビリティは「剛体の型」「岩崩拳」「ミゼラブルミスト」

1回目のキャラ

○フェリ
・「ブラウ・ゲシュペンスト」による「幽想の檻」状態で味方全体に追撃付与。

○オーキス
・「オブリヴィオン」による連続攻撃確率UPと追撃の付与。

○シス
・「神狼」と「惡門・修羅」でどんな編成でも一定以上の火力が出る。

2回目のキャラ(入れ替え)

〇フェリ→プレデター
・「ラフィング・ファントム」によるブレイクアサシン。「アサルト・ブロー」により「強襲」を付与して確実に火力UP。

〇ニーア
・「死ト愛ノ世界」による攻撃力UPと追撃。
・「終焉ノ愛」で味方一人に奥義再発動。
・戦闘不能時に敵味方の弱体化

〇レイ
・「解脱」で入れ替えたサブメンバーのステータスを大幅UP。

召喚石編成

・「セレスト・マグナ」
・「バハムート」
・「デス」
・「アヌビス」
・「カグヤ」

トライアルバトルで火力確認

ジータちゃんの参考火力

☆アビリティ全使用して通常攻撃は約82万。そこに3種類の追撃発生して合計118万をトリプルアタック。
〇発生追撃
「岩崩拳」
「幽想の檻」
「オブリヴィオン」

☆「オブリヴィオン」による追撃はアビリティの巡りが良いので、ほぼ永続的に発動。

☆オーキスの「闇属性攻撃力UP」や「岩崩拳」の効果が切れると、追撃込みで1撃当たり約90万ダメージ。

☆奥義に関しては「アビススパイン」「フェディエル・スパイン」により約450万ダメージ。

☆ただ今回はダメージを受けてないので「フェディエル・スパイン」が最大発揮。実際はそれなりに火力の低下がある感じ。

シスの参考火力

☆「幽想の檻」と「オブリヴィオン」そしてシスの「惡門・修羅」による追撃を合わせて1撃辺り約180万ダメージのトリプルアタック。

☆「惡門・修羅」が切れても「神狼」効果により通常攻撃の威力は高い状態を維持。

1回目の10ターン経過後のトータルダメージ

☆10ターン経過後のトータルダメージは約1.5億ダメージ。フェリ以外が4000万以上のダメージを稼いでいる感じです。

〇ジータちゃん
・そもそもジータちゃんは火力が高い。
・「岩崩拳」による火力UPもあるけど、モンクなので「武芸百般」によるダメージ大きいところ。

〇フェリちゃん
・他のキャラと比べて2500万ほど火力が低い感じ。
・敵の弱体化や味方の被ダメージ軽減等のサポートキャラなので仕方なし。

〇オーキスちゃん
・「オーダーマリオネット」による特殊強化で火力が高め。
・「オブリヴィオン」によるダメージも高め、さらに奥義を使用する度に再発動可能になるのでダメージを稼ぎやすい。

〇シス
・「惡門・修羅」による追撃が強力。
・「神狼」による攻撃性能強化で常に高火力。

☆フェリちゃんのところをプレデター辺りに変えると火力は大幅上昇。ただプレデターにするとHP管理も必要になるので今回は無し。
(プレデターとかはル・オーとかの短期戦の場合には編成していきたい)

2回目のキャラを少し変えて10ターン経過後の火力

☆ということでキャラを変えて10ターン経過後の火力を見てみました。単純にプレデターにより火力がUP。

〇変更点
・「フェリ」を「プレデター」に変更。
・「シス」のところは、「ニーア」のアビリティ使用→「デス」召喚→「レイ」アビリティ使用→「シス」に交代。

☆「プレデター」にすることで「エッセル」のような「強襲・ブレイクアサシン」で火力UP。ただHPを消費してアビリティを使用。
☆「ニーア」のフィードで火力上昇と奥義再発動を付与した後に「デス」召喚で敵味方を弱体化。(味方はデスのトリプルアタック確率上昇で問題無し)
☆「レイ」登場後は2アビ使用でサブからステータス大幅UPさせた「シス」をバトルメンバーに。

☆ということで10ターン後の火力。プレデターにしたことで火力が大きくUPしてトータルで約2億となりました。

☆ジータちゃんとオーキスの部分はそこまで大きな火力差はありませんが、シスはステータス大幅UPで攻撃しているので約1000万の上昇がありました。

闇マグナのクリティカル編成まとめ

☆ということで闇マグナのクリティカル編成についてでした。

☆技巧なのでHPをあまり気にせずに火力を出すことができます。
☆どの編成でもですが、使用するキャラ・ジョブによって火力の上下が目立つので戦い方による調整は必要ですね。

☆ただ闇マグナ技巧のネックは「アビスルック」ぐらいしか武器が無いことですね。武器の入手は勿論、上限解放にもエレメントの消費が多いのが辛いですね。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村