スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】天上征伐戦「Lv150幽世に堕ちたエキドナ」PROUDを火マグナ編成で攻略してきたので編成や行動について。専用の効果「歪んだ愛」を付与して味方からのダメージが吸収される。ただPROUDなので予行演習、+が本番。

2020年11月16日グラブル

広告

天上征伐戦「Lv150幽世に堕ちたエキドナ」PROUDを火マグナ編成で攻略してきたので書いていきます

天上征伐戦に新しく風属性の「幽世に堕ちたエキドナ」が2020/10/26に追加されましたね。ギルベルトから始まりこれで4属性目の天上征伐戦となりました。

この「エキドナ」の特徴は特殊技「トゥ・マザーアース」、そして付与される「歪んだ愛」という弱体効果です。

「トゥ・マザーアース」はエキドナのHPによる特殊行動で多く発動されます。
この技は味方全体に無属性ダメージを与え、一人を対象に「灼熱」「麻痺」そして「歪んだ愛」を付与してきます。
ダメージ量は最初の方は少ない方ですが、後半は2万ダメージ近くなります。

「歪んだ愛」を付与されたキャラはエキドナにダメージが吸収されるけども敵からの風属性の攻撃を無効化、さらに攻撃行動が稀に制限される状態になります。またエキドナ特殊技「サード」を受けるとHPを回復します。
もちろんクリアオール等による回復は不可ですが、味方から回復や強化アビリティを受けると1ターン効果を短縮できます。

☆効果時間が9ターン(6ターン)と長めです。ターン短縮については「他のキャラから」のアビリティで短縮されるので場合によっては解除に手間取ります。

今回はPROUDなので最初から最後まで敵の状態は変わらずに戦闘を進めていくことが出来ます。
これがPROUD+になると25%からエキドナからの攻撃が水属性(弱点属性)になるので被ダメージが辛くなったりします。

ちなみに天上征伐戦は、
・”シングルバトル”の中で最高の難易度を誇るバトル。
・特に「PROUD+」はかなり強さです。
・クエストの挑戦にはAPの消費は無し。ただしドロップアイテムや経験値の入手は無し。
・初回クリア時に「PROUD」では【蒼穹のトロフィー】、「PROUD+」では【天上のトロフィー】を1個入手。

☆初回開催時には「天上征伐戦」が唯一の「トロフィー」入手場所でした。今では「バブ・イールの塔」からも入手出来るようになり機会が増えました。(それでも入手数は限られていますけど)

○挑戦した編成。
・コロッサス・マグナとシヴァによる火マグナ編成で挑戦しました。
・ジータちゃんは「ランバージャック」。
・キャラは「アニラ」「水着ティナ」「アンスリア」。サブには「フラウ」「アラナン」。
・武器は「ブラフマンシミター」と「オールド・エッケザックス」。メインには「ドラゴニックハープ」

☆ちなみにフルオートでの討伐です。

それでは天上征伐戦「幽世に堕ちたエキドナ」PROUDについて見ていきます。

広告

スポンサーリンク

天上征伐戦「幽世に堕ちたエキドナ」PROUDを火マグナ編成で討伐

編成について

ジータちゃん一行

●ジータちゃんはランバージャック
・アビリティは「ミゼラブルミスト」「グラビティ」「落葉焚き」
・「グラビティ」はティナで付与出来るのに何故か入れていた。この部分は「ソウルピルファー」に変更。(PROUD+ではそうした)

●アニラ
・「森羅万象」で全属性攻防DOWN。
・「色即是空」でのスロウ。
・「竜吟虎嘯」では味方全体の強化。強化効果なので「歪んだ愛」の効果ターン短縮も。

☆属性攻撃DOWNそしてスロウにより被ダメージを軽減。強化と回復アビリティもあるので「歪んだ愛」の効果時間短縮も可能。

●水着ティナ
・「癒紅の灯」では味方全体のHPと弱体効果を1つ回復さらに業火の刻印を付与。刻印数が5の時は味方全体の奥義ゲージ20%UP。
・「二炎の連鎖」は暗闇と灼熱、そして暗闇状態の敵に最大CT増加、灼熱状態の敵に命中率DOWN。
・「虹花の日輪・改」は奥義バーストそして他のアビリティが即時使用可能に。

☆ルシウスさんが回復側の性能になった感じのティナ。流石な兄弟。

●アンスリア
・「サイレントタップ」状態による回避性能で味方全体のHP回復と防御力UP。
・「キャプティベイト」による奥義バースト、さらに味方全体に高揚・バリア・テンション効果。

☆何時ぞやのバランス調整からバトルメンバーへの選出が超大幅に増えたアンスリア。

●アラナン
・逆位置効果により敵の灼熱対策。

召喚石

〇火マグナということで自召喚石は「コロッサス・マグナ(5凸)」。サポーターは「シヴァ」。
〇サブには火アーカルム召喚石「ザ・サン」そして「ザ・デビル」。ミカエルは持ってない。

武器

〇メイン武器はドラゴニックウェポン「ドラゴニックハープ」。奥義効果では味方全体に再生と幻影効果。特に幻影が便利。
〇サブは「オールド・エッケザックス」や「ブラフマンシミター」を装備したマグナ編成。
○他には「柘榴石の鉞」や「ソル・レムナント」。

クエスト:幽世に堕ちたエキドナPROUD

○ベスティエ島の129章にクエストがあります。
☆消費APは0で挑戦可能。

Lv150 幽世に堕ちたエキドナ

戦闘①:戦闘開始

☆「幽世に堕ちたエキドナ」との戦闘開始です。最初の特殊行動はHP90%なので、それまで攻撃していきます。

☆敵の通常攻撃は味方3体を対象に攻撃です。最初は単発ですが中盤からはダブルアタックやトリプルアタックも頻繁に行ってきます。

戦闘②:トゥ・マザーアース(HP90%で発動)

 

☆HP90%では特殊行動「トゥ・マザーアース」が発動します。ここからは敵HP40%(80%を除き)まで10%毎に発動してくる特殊技です。

☆味方全体に無属性ダメージを与えてきます。ここでは1200ダメージでしたが、この技はターン経過によりダメージ量が増加するので、後半になると2万近いダメージになったりします。

☆この技で恐ろしい効果「歪んだ愛」が味方一人に付与されます。

☆効果はエキドナにダメージが吸収される代わりに敵からの風属性の攻撃を無効化、さらに攻撃行動が稀に制限される状態になり、エキドナ特殊技「サード」を受けるとHPを回復。

☆効果の消去は不可だけど、味方から回復や強化アビリティを受けると1ターン効果を短縮可能。

☆効果時間は9ターンと長め。でもこの効果が致命的なことにならないことが救い。(PROUDでは)

戦闘③:ダムド(CT最大で発動)

 

☆CT最大の特殊技「ダムド」の発動です。

☆味方全体を対象にランダム10回攻撃してきます。ここではアンスリアが殆ど回避して、ジータちゃんが少しダメージを受けた程度でした。

☆この技の追加効果はアビリティ使用間隔の延長そして短縮です。対象は一人でそのキャラの持つ弱体とダメージアビリティは2ターン延長、強化と回復アビリティは3ターン短縮という珍しい効果となっています。

戦闘④:ダムド(HP80%で発動)

☆HP80%では特殊行動「ダムド」を発動してきます。

☆先ほどのCTによる発動は殆ど避けることが出来ましたが、今回は約5000のダメージをかなり受けてしまいました。

☆追加効果もCTによる発動と同じくアビリティ使用間隔の延長そして短縮です。ここではジータちゃんが対象となり、弱体アビリティの2ターン延長と強化アビリティの3ターン短縮となりました。

戦闘⑤:トゥ・マザーアース(HP70%で発動)

☆HP70%では再び特殊行動「トゥ・マザーアース」が発動します。ここからは敵HP40%まで10%毎に受けていくことになります。

☆味方全体に無属性ダメージを与えてきます。90%時は1200ダメージでしたが、70%では4400まで上昇しています。

☆追加効果「歪んだ愛」も味方一人に付与されますが、90%の時とは違い効果時間は6ターンそして追加で麻痺と灼熱が付与されます。

☆灼熱によるターンダメージが大きく放置しておくのは危険ですが、サブのアラナンによる逆位置効果で回復できます。

戦闘⑥:サード(CT最大で発動)

☆CT最大でもう一つの特殊技「サード」の発動です。

☆味方全体を対象に攻撃してきます。ここでは命中率DOWNによりダメージはありませんでした。

☆この技による追加効果は各キャラに付与された強化効果を3つディスペルです。

戦闘⑦:トゥ・マザーアース(HP60%で発動)

☆HP60%でも特殊行動「トゥ・マザーアース」です。

☆ダメージ量も6400まで増加しています。あと何回かこの技を受けることになります。

☆追加効果「歪んだ愛」も継続です。もちろん麻痺と灼熱もセットで付与されます。

☆やっぱりアラナンによる逆位置効果は便利。

戦闘⑧:トゥ・マザーアース(HP50%で発動)

 

☆折り返しとなるHP50%での特殊行動「トゥ・マザーアース」。

☆ターンも進行していて、ダメージは8000となっています。

☆追加効果も「歪んだ愛」「麻痺」「灼熱」と継続です。

☆「歪んだ愛」により一人分の火力が数ターン無くなるので「トゥ・マザーアース」でのダメージがどうしても多くなってしまいます。

戦闘⑨:トゥ・マザーアース(HP40%で発動)

☆そしてHP40%での特殊行動「トゥ・マザーアース」。ここで10%毎の発動は終わりです。
☆ただし次の発動が敵HP25%になっただけですが。

☆ダメージ量も9600となり1万近くになってきました。次の「トゥ・マザーアース」まである程度のHP回復が必要ですね。

☆追加効果も「歪んだ愛」「麻痺」「灼熱」。

戦闘⑩:トゥ・マザーアース(HP25%で発動)

☆HP25%では特殊行動「トゥ・マザーアース」。これが最後の「トゥ・マザーアース」です。

☆ダメージ量は遂に1万を超えましたが、アンスリアやティナによる回復でHPには余裕があります。

☆追加効果も「歪んだ愛」「麻痺」「灼熱」ですが、対象が2人になっています。

★PROUDではこれだけですが、+になるとこのタイミングで敵が弱点属性で攻撃してくるようになり一気に辛くなります。

☆その後、CT最大によるダムドをアンスリアが回避仕切れずに大ダメージを受け戦闘不能になりました。そしてサブからフラウが登場です。

☆ちなみにトリプルアタックも頻繁にしてくるので、通常攻撃によるダメージも結構痛いです。

戦闘⑪:ダムド(HP10%で発動)

☆HP10%では最後の特殊行動「ダムド」を発動してきます。

☆ここでも味方全体からランダム10回ダメージです。今回は命中率DOWNもアンスリアもいないのでダメージを全て受けることになりました。

☆追加効果もアビリティ使用間隔の延長そして短縮です。ただ「歪んだ愛」の効果も無いので、あとは残ったHPを削るだけですね。

戦闘⑫:討伐完了

☆そしてフラウでトドメを刺して、火マグナ編成で「幽世に堕ちたエキドナPROUD」の討伐(フルオート)完了です。

まとめ

☆ということで火マグナ編成でエキドナPROUDの討伐でした。クリア報酬には「蒼穹のトロフィー」が初回に一つです。

☆「歪んだ愛」により攻撃の手数が減り戦闘が長引きますが、特徴的なものはそれだけなので難易度は少し低め。
☆ただ灼熱が残るとダメージが痛いので、サブにアラナンがいると楽にいけますね。

☆ただし、PROUD+では25%からエキドナが弱点属性で攻撃してくるので被ダメージがかなり大きくなります。しかも「歪んだ愛」で攻撃・行動制限があるのでジリ貧になってしまう可能性があります。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村