TAG

アンスリア

  • 2021年5月30日
  • 2021年5月30日

【グラブル】「グリームニルHL」を火マグナ編成でフルオートソロ攻略。火属性の「ユエル」と「ソシエ」の掛合いを聞きながら討伐。とりあえずグリームニルのマグナアニマが沢山欲しい。

「グリームニルHL」をユエルとソシエの掛合いを見ながら火マグナ編成でフルオートソロ周回をしているので、クエストの情報やドロップアイテム等をまとめていきます。ということでグリームニルHL戦です。ドロップUPキャンペーン(2021年5月)で「グリームニルHL」等の風属性クエストが対象に開催されているので、せっかく?だから「ユエル」と「ソシエ」のコンビで挑戦して掛合いボイスを聞きながらフルオート攻略してきました。やっぱり「ユエル」と「ソシエ」の組み合わせは良い。ユエルの「いっけー!狐火!」からソシエの「ユエルちゃん、火綺麗やね」とか。それとグリームニルHLからの目的のドロップは、武器としては「綺羅煌閃杖」、トレジャーは「グリームニルのアニマ」と「グリームニルのマグナアニマ」。

  • 2021年5月30日
  • 2021年5月30日

【グラブル】ドロップUPキャンペーン(グリームニルHL等の風属性)が開催されているので、ドロップ等の内容について。4回目の開催では5属性目となる今回で、内容はいつも通り。ここでも限界超越用を含めて「グリームニルのマグナアニマ」が集めておきたい。

4回目となるグリームニル等の風属性マルチバトルが対象の「ドロップUPキャンペーン」が開催されているので、その対象マルチバトルをユエル&ソシエの掛け合いを見ながら挑戦(火マグナ編成で)してきたので、ドロップする素材や武器等の内容とかを色々まとめていきます。(2021年5月)今回も4月の終わりから続いているドロップUPキャンペーンについてです。名の通りドロップ数が増えるので、アニマや武器などを集めるのに便利な期間となっています。ここでは「シエテ」「ニオ」の限界超越で使用する分の「グリームニルのマグナアニマ」や、武器エレメントを雑に集めていこうと思います。

  • 2021年4月30日
  • 2021年5月11日

【グラブル】PROUD「忌まわしきレヴィオンの秘宝」を闇マグナのハイランダー編成フルオートで攻略したので編成や内容について。バトルは2戦で敵の属性が1戦目は闇で2戦目は光。敵の「魔晶化した星の眼」による特殊技「スターバースト」でのダメージが痛い。(偽りの英雄達)

イベント「偽りの英雄達」のPROUD「忌まわしきレヴィオンの秘宝」を闇マグナ(ハイランダー)編成でフルオート攻略してきたので、編成や敵の行動について見ていきます。「忌まわしきレヴィオンの秘宝」はレヴィオン王国でのアルベールとユリウスが主役のイベント「偽りの英雄達」の難易度PROUDです。このPROUDでは本イベントや過去の劇中でも戦った「星の眼」そして「魔晶化した星の眼」との戦いとなります。今年のシナリオイベントの敵はメカのようなのが多い気がする。○PROUD「忌まわしきレヴィオンの秘宝」★1戦目は闇属性「星の眼」。・通常攻撃は単体。・PROUD恒例のOD時の強制CT最大。・「エンシェント・ウェイブ」では10000近いダメージと「攻撃力DOWN」「防御力DOWN」の付与。・「リチャージ」はダメージが無い代わりに、「星の眼」の「弱体効果回復」「防御力UP」「弱体耐性UP」。・「ジャッジメント・モチーフ」では数万単位のダメージ。★2戦目は光属性「魔晶化した星の眼」。・通常攻撃は単体。・「巨大壊獣ワルダント」同様にOD時の強制CT最大。・「エンシェント・インパクト」はダメージに加えて「魔晶化した星の眼」に「攻撃力UP」「防御力UP」の付与。・「スターバースト」でも1万単位の大ダメージ。・「エクセキューション・ジャッジメント」は味方全体をランダム複数回攻撃。☆2戦とも通常攻撃は大人しめだけど、特殊技に火力が高い。特に「魔晶化した星の眼」による「スターバースト」を連発で喰らう可能性もあり、それにより一気にHPが削られる。○挑戦した編成・セレスト・マグナとバハムートの闇マグナ編成。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「シス」「ビカラ」「アンスリア(浴衣)」、サブに「ニーア」で挑戦。・武器は方陣武器をメインにハイランダー編成。☆シスは「神狼」による自動強化のアタッカー。「恐怖」は効かないけど「命中率DOWN」で被ダメージも抑える。☆ビカラは干支バフで味方全体の「回避率UP」と「奥義ゲージ上昇量UP」「奥義性能UP」。☆アンスリアは味方全体に「防御UP」「連続攻撃率UP」「奥義性能UP」「ストレングス」。特に回避成功時の「味方全体のHP回復」が重要。それではPROUD「忌まわしきレヴィオンの秘宝」の闇マグナでのフルオート討伐についてです。

  • 2020年11月29日
  • 2021年5月11日

【グラブル】PROUD「伝説の戦騎獣(クフア・タイカ)」を火マグナ編成でフルオート攻略したので編成や内容。バトルは1戦で敵は「護りし者クー・ケオロエワ」。弱体効果が効かず、敵は「TA確率UP」「風属性追撃」を付与して襲いかかってくる。(パリウリ・パラライハ)

PROUD「伝説の戦騎獣(クフア・タイカ)」を火マグナ編成でフルオート攻略してきたので、編成や敵の行動について見ていきます。「伝説の戦騎獣(クフア・タイカ)」はイベント「パリウリ・パラライハ」の難易度PROUDです。このPROUDではイベント中でも戦ったでっかいワンコ「護りし者クー・ケオロエワ」との戦いとなります。○PROUD「伝説の戦騎獣(クフア・タイカ)」の特徴・敵はLv150 護りし者クー・ケオロエワが1体。・通常攻撃は単体。特殊技には風属性ダメージと火属性ダメージのものが有り。・弱体耐性が高く、ミゼラブルミスト等が通用しない。・CTによる特殊技では敵自身に「連続攻撃確率UP」「風属性追撃」を付与してくる。・75%の特殊行動では「攻撃UP」の付与。(効果は5ターン)・50%では「高揚」と「カウンター」が付与。以降のCTによる特殊技でも「高揚」「カウンター」が付与される。・↑の高揚により後半は2ターンに1回はCT技を受けることになる。・25%での特殊行動でも「連続攻撃確率UP」「風属性追撃」を付与してくる。★弱体効果が効きませんが、敵からも弱体効果を使用して来ません。★ただ敵は「連続攻撃確率UP」「風属性追撃」「攻撃力UP」がほぼ付いてる状態で攻撃してきます。弱体効果が効かないので暗闇等による命中率DOWNを狙うことが出来ないので、味方自体を強化して戦っていくことになります。★また一部の特殊技は火属性ダメージとなっているので、そこで思わぬダメージを受けてしまうこともあります。今回では特殊技でスツルムが約2万近いダメージ×3を受けて一瞬で戦闘不能になったりしています。☆ちなみに初見でフルオートしていたのでミゼラブルミスト等の効かないアビリティを設定しています。○挑戦した編成。・自石「コロッサス・マグナ(5凸)」、サポーター「シヴァ」による火マグナ編成で挑戦。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「スツルム」「ジークフリート」「アンスリア」。サブには「アテナ」「アラナン」。・武器は「ブラフマンシミター」と「オールド・エッケザックス」。メインには「ドラゴニックハープ」☆開幕でスツルムとアンスリアもモードを切り替えて戦闘開始。初見なのでスツルムは「技錬の刃」にしましたが、敵に弱体が効かないのでダメージのみでスロウは効きませんでした。☆今回もアンスリアの回避と回復がとっても便利。それではPROUD「伝説の戦騎獣(クフア・タイカ)」攻略についてです。

  • 2020年10月31日
  • 2021年6月6日

【グラブル】「ティアマト・マリスHL」のフルオートソロ討伐を火マグナ編成で挑戦。やっぱりアンスリアの回避・回復、スツルムの回避・スロウが便利。ただ後半のトルネードディザスター祭りの被ダメージはエグい。(マリスフルオート)

ティアマト・マリスHLを火属性マグナ編成でフルオートソロ攻略してきたのでまとめていきます。闇有利古戦場も近いので「マジェスタス」を狙いに挑戦したいクエストです。以前はティアマト・マリスをアグニスや火マグナでソロで討伐しましたが、今回はマグナ編成でのフルオートでソロに挑戦してきました。無理にフルオートでソロする必要も無いけど、適当にHPを削って救援を流して誰も来なくても放置してれば倒せるので片手間に挑戦するには楽な感じ。ちなみにコレを書いている時も裏でフルオート状態でソロしています。別のことで時間が掛かるときに裏で勝手に倒してくれるので便利。○ティアマト・マリスについて・風属性の敵で特長的なことは特殊技を使用してもCTがリセットされない。そして基本CTも1なので連続で特殊技を受けてしまうことも多々あります。・特殊技の一部には強化アビリティの使用間隔が3ターン延長されてしまい、連続で特殊技を受けると10ターン近く遅延されてしまうこともあります。・特殊技自体も火力が高く、「クルーエルバイト」だと3万位のダメージを受けてしまいます。・2種類あるトルネードディザスターの内「殲嵐のトルネードディザスター」は闇属性の攻撃となり、被ダメージが多くなりがちです。☆今回は完全にフルオートなので細かいダメージカットは出来ないので、アンスリアの回避・回復とスツルムの回避・スロウで戦っていきます。○入手出来る武器・通常ティアマトのマグナ武器・「ハツオイイルハル」・「マジェスタス」があります。・「ハツオイイルハル」はイクシードと背水の風属性武器、「マジェスタス」は神威と堅守の闇属性武器となっていますね。・この2つの武器は6周年記念武器交換に含まれているので、どちらか1つを入手することは可能です。基本的にはティアマト・マリスからのドロップのみから入手することになります。・ちなみにこれを書いている時に「マジェスタス」の方がドロップしました。・マリス・フラグメントはバハムート等の召喚石を5凸するのに使用したり、ドラゴニックウェポン等の武器を5凸にしたりと上限解放時に必要なアイテムです。○挑戦した編成。・両面コロッサス・マグナ(5凸)による火マグナ編成で挑戦しました。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「スツルム」「ジークフリート」「アンスリア」。サブには「アテナ」「アラナン」。・武器は「ブラフマンシミター」と「オールド・エッケザックス」。メインには「ドラゴニックハープ」☆開幕でスツルムとアンスリアもモードを切り替えて戦闘開始。☆基本はアンスリアの回避・回復やランバージャックそしてドラゴニックハープの奥義でHPの維持。スツルムの「レックスレイド(スロウ)」で特殊技の発動回数を少しでも減らしていく。☆ジークフリートさんは「ル・ミラージ」での軽減や「ザルヴァートル」による強化で味方全体が頑丈に。

  • 2020年10月31日
  • 2021年5月11日

【グラブル】天上征伐戦「Lv200幽世に堕ちたエキドナ」PROUD+を火マグナ編成で攻略してきたので編成や行動について。25%からは弱点属性で攻撃されるので注意。「歪んだ愛」も合わさって25%からが一気に辛くなる。でもアテナとか居たら楽な感じも。

天上征伐戦「Lv200幽世に堕ちたエキドナ」PROUD+を火マグナ編成で攻略してきたので書いていきます天上征伐戦に新しく風属性の「幽世に堕ちたエキドナ」が2020/10/26に追加されましたね。ギルベルトから始まりこれで4属性目の天上征伐戦となりました。この前はPROUDをやったので、今回はPROUD+の方です。PROUD+になっても特殊技「トゥ・マザーアース」、そして付与される「歪んだ愛」は継続です。「トゥ・マザーアース」・エキドナのHPによる特殊行動で多く発動されます。・この技は味方全体に無属性ダメージを与え、一人を対象に「灼熱」「麻痺」そして「歪んだ愛」を付与してきます。・ダメージ量は最初の方は少ない方ですが、後半は2万ダメージ近くなります。「歪んだ愛」・付与されたキャラはエキドナにダメージが吸収されるけども敵からの風属性の攻撃を無効化、さらに攻撃行動が稀に制限される状態になります。またエキドナ特殊技「サード」を受けるとHPを回復します。・もちろんクリアオール等による回復は不可ですが、味方から回復や強化アビリティを受けると1ターン効果を短縮できます。☆効果時間が9ターン(6ターン)と長めです。ターン短縮については「他のキャラから」のアビリティで短縮されるので場合によっては解除に手間取ります。HP25%以下(PROUD+では)・エキドナからの攻撃が水属性(弱点属性)になるので被ダメージがかなり上昇します。(通常攻撃が水属性で1万ダメージ程にも)・またこのタイミングで「トゥ・マザーアース」が発動するので、ダメージを与えるのに時間が掛かりジリ貧になることもあります。また召喚不可も同時に付与されるので、ここからキャラのみで戦っていくことになります。ちなみに天上征伐戦は、・”シングルバトル”の中で最高の難易度を誇るバトル。・特に「PROUD+」はかなり強さです。・クエストの挑戦にはAPの消費は無し。ただしドロップアイテムや経験値の入手は無し。・初回クリア時に「PROUD」では【蒼穹のトロフィー】、「PROUD+」では【天上のトロフィー】を1個入手。☆初回開催時には「天上征伐戦」が唯一の「トロフィー」入手場所でした。今では「バブ・イールの塔」からも入手出来るようになり機会が増えました。(それでも入手数は限られていますけど)○挑戦した編成。・両面コロッサス・マグナ(5凸)による火マグナ編成で挑戦しました。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「スツルム」「ジークフリート」「アンスリア」。サブには「アテナ」「アラナン」。・武器は「ブラフマンシミター」と「オールド・エッケザックス」。メインには「ドラゴニックハープ」☆開幕でスツルムとアンスリアもモードを切り替えて戦闘開始。敵の特殊技をレックレイド(スロウ)で少しでも発動回数を減らしていく。25%辺りでサブからアテナが出てくると良い感じ。☆トゥ・マザーアースは経過ターンも多いことから被ダメージ量が2万を超えることも。☆ちなみにほぼフルオートでの討伐です。手動なのは開幕のモード切替と25%前の黒麒麟召喚。

  • 2020年10月29日
  • 2021年5月11日

【グラブル】天上征伐戦「Lv150幽世に堕ちたエキドナ」PROUDを火マグナ編成で攻略してきたので編成や行動について。専用の効果「歪んだ愛」を付与して味方からのダメージが吸収される。ただPROUDなので予行演習、+が本番。

天上征伐戦「幽世に堕ちたエキドナ」PROUDを火マグナ編成で攻略してきたので書いていきます天上征伐戦に新しく風属性の「幽世に堕ちたエキドナ」が2020/10/26に追加されましたね。ギルベルトから始まりこれで4属性目の天上征伐戦となりました。この「エキドナ」の特徴は特殊技「トゥ・マザーアース」、そして付与される「歪んだ愛」という弱体効果です。「トゥ・マザーアース」はエキドナのHPによる特殊行動で多く発動されます。この技は味方全体に無属性ダメージを与え、一人を対象に「灼熱」「麻痺」そして「歪んだ愛」を付与してきます。ダメージ量は最初の方は少ない方ですが、後半は2万ダメージ近くなります。「歪んだ愛」を付与されたキャラはエキドナにダメージが吸収されるけども敵からの風属性の攻撃を無効化、さらに攻撃行動が稀に制限される状態になります。またエキドナ特殊技「サード」を受けるとHPを回復します。もちろんクリアオール等による回復は不可ですが、味方から回復や強化アビリティを受けると1ターン効果を短縮できます。☆効果時間が9ターンと長めでもあります。ターン短縮については「他のキャラから」のアビリティで短縮されるので場合によっては解除に手間取ります。今回はPROUDなので最初から最後まで敵の状態は変わらずに戦闘を進めていくことが出来ます。これがPROUD+になると25%からエキドナからの攻撃が水属性(弱点属性)になるので被ダメージが辛くなったりします。ちなみに天上征伐戦は、・”シングルバトル”の中で最高の難易度を誇るバトル。・特に「PROUD+」はかなり強さです。・クエストの挑戦にはAPの消費は無し。ただしドロップアイテムや経験値の入手は無し。・初回クリア時に「PROUD」では【蒼穹のトロフィー】、「PROUD+」では【天上のトロフィー】を1個入手。☆初回開催時には「天上征伐戦」が唯一の「トロフィー」入手場所でした。今では「バブ・イールの塔」からも入手出来るようになり機会が増えました。(それでも入手数は限られていますけど)○挑戦した編成。・コロッサス・マグナとシヴァによる火マグナ編成で挑戦しました。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「アニラ」「水着ティナ」「アンスリア」。サブには「フラウ」「アラナン」。・武器は「ブラフマンシミター」と「オールド・エッケザックス」。メインには「ドラゴニックハープ」☆ちなみにフルオートでの討伐です。それでは天上征伐戦「幽世に堕ちたエキドナ」PROUDについて見ていきます。

  • 2020年9月10日
  • 2020年9月10日

【グラブル】ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)を火マグナ編成でフルオート周回。キャラはガチャで有利に戦えとピックアップされていた「イルノート」「ドランク」を編成。イグジット・スルーで有利に戦える、けど今回はフルオートなので。(2020年9月撃滅戦)

ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)周回を火マグナ編成でフルオート周回しているので書いていきます。(2020年9月)火マグナというかガチャのピックアップキャラ「イルノート」「ドランク」を組み込んだ方がメインの編成。あれです、「ゼノ・サジタリウスの真なるアニマ」集めの周回です。撃滅戦のマルチバトルでは、「それぞれの真なるアニマ」が入手できます。そしてこれが、・六道武器の交換・ゼノ召喚石の交換・各種エレメントの交換さらに・六道武器の真化さらに5凸段階目の上限解放・ゼノ召喚石の上限解放に要求されます。今回はゼノ・サジタリウスのマルチバトルについてなので、「ゼノ・サジタリウスの真なるアニマ」を集めて・六道武器「真・黄木天の箭」「アルカブ・プリオル」・召喚石「ゼノ・サジタリウス」・「杖のエレメント」「格闘のエレメント」「風晶のエレメント」これらの為にマルチバトルを周回していくことになります。ちなみに2020年9月開催で新たに追加されたゼノ・サジタリウスの召喚石は中々ドロップ率が悪いので、アニマ集めのついでに1つでもドロップして欲しいと祈りながら周回。(ゼノ・ウォフマナフの時は召喚石完成後にドロップするという………)〇編成について・ガチャが「撃滅戦を有利に戦え」なので、そこでピックアップされている「イルノート」「ドランク」を入れた編成。(なおフルオートなので単体指定アビリティは使えない)・一応はコロッサス・マグナとシヴァの火マグナ編成・ジータちゃんはとりあえずランバージャック。・キャラについては上の通り「イルノート」「ドランク」。もう1人はバランス調整後から出番がかなり増えた「アンスリア」。・武器に関しては「オールド・エッケザックス」複数編成。○「イルノート」「ドランク」について・「イルノート」は「イグジット・スルー」、ドランクは「プリヴェンダー」を使って撃滅戦を有利進めようとガチャページにある。・とはあるけど「イルノート」は単体指定の奥義バーストもあるし、ドランクは回避時にアビリティ自動発動があったりと紹介以外にも普通に便利。(あとイルノートは何か良いキャラしてる、個人的にこれから編成する回数が増えそう)★敵のゼノ・サジタリウスに関しては専用の強化効果「黄金紋」が厄介。「黄金紋」が付与された状態で特殊技を受けるとアビリティ封印等の追加効果が発生するようになる。ただ「黄金紋」は普通にディスペルできるので、これを「イグジット・スルー」でスロウしながら解除していくことになりますね。☆まぁフルオート何で上手くタイミングは合いませんけど。★あとゼノサジ君は残り10%で現HP90%の無属性ダメージのアストロホライズンを打ってくるけど、あとは通常攻撃を避けるだけなので、アンスリアやドランクやドラゴニックハープで回避or幻影するだけなので問題無し。

  • 2020年9月6日
  • 2020年9月6日

【グラブル】「メタトロンHL」を闇マグナ編成でフルオートソロ討伐。基本はビカラやアンスリアの回避で対応。とにかく前半の「風」→「暁」→「昴」をベリアル召喚効果やアンスリア回避による回復で乗り越える。

「メタトロンHL」を闇マグナ編成でフルオートソロ討伐しているので書いていきます。メタトロンやシヴァを初めとしたマグナⅡに新たな武器が追加されたことで、再びマルチバトルの救援参加が凄いことになっていますね。特にメタトロンへの救援参加はかなり多いですね。新たに追加された武器(2020/8/31)・シヴァ:ニーラカンタ・エウロペ:スピリット・オブ・マナ・ブローディア:極神剣・グリームニル:綺羅煌閃杖・メタトロン:炎の柱・アバター:ゼカリヤ☆追加された武器は種族や得意武器による制限が無く使い易いです。☆ただしドロップ率はあまり高く無いので結構な周回が必要ですね。★そして元からあったマグナⅡ武器やアニマは新武器追加時にドロップ率が上昇しています。(ミトロン系の武器が2個同時ドロップとかが珍しく無くなった)☆ちなみに元からあったメタトロンHLのマグナⅡ武器(レガリアシリーズ)・ミトロンの弓・ミトロンの籠手・ミトロンの宝剣○ということで今回はメタトロンHLを闇マグナ編成でのフルオートソロ討伐についてです。9月上旬から始まったイベント「ドロップUPキャンペーン」は週替わりで対象クエストが変動していき、メタトロンHLは10月からの対象クエストですね。クリアした時の宝箱が増えるようになります。そして普段は無い「紫箱」も追加報酬としてドロップするようになります。○宝箱の増加・対象クエストの発見者は1回のクリアで、クエスト2回分の宝箱を獲得出来る。(自発の赤箱等も倍になる)○追加報酬・新たに「紫箱」が追加。入手条件は獲得貢献度に応じて獲得しやすくなる。(青箱みたいなもの)☆単純に入手宝箱が増えるイベントですね。特に紫箱からはアニマや希にマグナⅡ武器も入手出来るので期間中に周回して集めていきたいですね。★ただし期間中は恐ろしい救援参加率になり、参加するのも困難になりそうですね。☆ちなみにシヴァの時は、新武器のドロップ率が悪いせいなのか「ブラフマンシミター」や「ブラフマントライデント」の3凸を新しく2セットできました。しかも新武器「ニーラカンタ」のドロップは0個のままで。☆メタトロンとの戦闘についてはフルオートなので、特殊技一つひとつに対して特に行動することはできません。ただシヴァ等とは違いある程度の敵の行動に対して戦闘させる必要があります。(アバター戦も)☆メタトロンHLは現HPを参照しや無属性ダメージが多く発生してきます。その無属性ダメージに大きく減らされたHPを光属性の特殊技等で残りを削り取られていくことになります。☆無属性ダメージは避けようが無いのでそのままダメージを受けて、他の攻撃は避けながらHPを細かく回復していく感じになります。★ということで編成は闇マグナで片面をベリアルにした回避パ。○挑戦した編成・セレスト・マグナとベリアルの闇マグナ編成。・ジータちゃんは安定のランバージャック。「木こりのうた」での累積攻防DOWNやHP回復は大事。・キャラは「シス」「ビカラ」「アンスリア(浴衣)」で挑戦。・シスは「神狼」による自動強化のアタッカー。「恐怖」は効かないけど「命中率DOWN」で被ダメージも抑えることができる。・ビカラは干支バフで味方全体の「回避率UP」と「奥義ゲージ上昇量UP」「奥義性能UP」。ゆ~とぴあ」はフィールド効果なのでフルオートで自動発動されない。・アンスリアは味方全体に「防御UP」「連続攻撃率UP」「奥義性能UP」「ストレングス」。さらに回避成功時の味方全体は「HP回復」が重要。・武器はセレストクロー・マグナとアビススパインを複数編成。メインには楽器武器である麒麟弦を持たせてます。★開幕にベリアルを召喚してからのフルオートです。

  • 2020年8月22日
  • 2020年8月22日

【グラブル】PROUD+「黄龍・黒麒麟」のフルオート討伐を闇マグナ編成の回避パで。当たると痛い黄龍の攻撃も当たらないので問題無し。ただ黒麒麟からの無属性攻撃「スーパーローテーション」は痛い。

四象降臨PROUD+「Lv150 黄龍・黒麒麟」をフルオート討伐を闇マグナ編成で攻略してきたので編成や敵の行動に等について書いていきます。「この蒼空に聖き目覚めを」のPROUD+はPROUDの「Lv120 朱雀」「Lv120 玄武」「Lv120 白虎」「Lv120 青竜」を全て倒すことで挑戦可能になります。今まで光マグナや闇マグナで普通に討伐してきましたが、フルオートでも行けそうだったので今回はソレでやってきました。PROUD+はPROUDよりも遥かに難易度が高く特殊行動も頻繁になり高ダメージの攻撃を多発してきますので、敵の行動にはかなりの注意を行い、挑戦の際は編成を整えて行きたいところです。この「Lv150 黄龍・黒麒麟」は黄龍と黒麒麟の2体を同時に相手にします。なので敵のチャージターンには注意しないといけません。また片方のHPが50%を切ると背景が変わり2体とも真の力を解放して特殊行動も変化してきます。特に黄龍の方は4万ダメージと非常に危険なので対策が必要です。まぁ敵の攻撃は当たれば痛いというこうとなので、今回の編成は闇マグナの回避パ。・キャラは「シス」「ビカラ」「アンスリア(浴衣)」で挑戦。・シスの「恐怖」で黄龍は特に特殊技を使用すること無く沈んでいきます。また「命中率DOWN」で黄龍・黒麒麟の両方からの被ダメージも抑えることができる。・ビカラは干支バフで味方全体の「回避率UP」と「奥義ゲージ上昇量UP」「奥義性能UP」。回避成功時にはダメージ+ディスペルで強化効果の解除をしながら火力も稼いで行く。「ゆ~とぴあ」はフィールド効果なのでフルオートで自動発動されない。・アンスリアは味方全体に「防御UP」「連続攻撃率UP」「奥義性能UP」「ストレングス」。さらに回避成功時には味方全体の「HP回復」「弱体効果を一つ回復」できる。・武器はセレストクロー・マグナとアビススパインを複数編成。メインには楽器武器である麒麟弦を持たせてます。★基本的に敵の行動はほとんど回避出来ますが、黒麒麟の「スーパーローテーション」だけは無属性ダメージなので避けることができません。ただ、まともに受けるダメージはそれぐらいです。★PROUD+「黄龍・黒麒麟」はクリア時には宝晶石500個があるので、四象降臨の開催毎に忘れずに各PROUDをクリアしていきたいですね。★討伐の報酬には、2020年8月開催時で新たに追加された「柘榴石の鉞」等の四象武器の上限解放に必要な「黄龍と黒麒麟のマグナアニマ」も入手できます。