スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)を火マグナ編成でフルオート周回。キャラはガチャで有利に戦えとピックアップされていた「イルノート」「ドランク」を編成。イグジット・スルーで有利に戦える、けど今回はフルオートなので。(2020年9月撃滅戦)

グラブル

広告

ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)を火マグナ編成でフルオート周回しているので書いていきます。(2020年9月)
火マグナというかガチャのピックアップキャラ「イルノート」「ドランク」を組み込んだ方がメインの編成。

「ゼノ・サジタリウスの真なるアニマ」集めの周回です。

撃滅戦のマルチバトルでは、「それぞれの真なるアニマ」が入手できます。そしてこれが、
・六道武器の交換
・ゼノ召喚石の交換
・各種エレメントの交換
さらに
・六道武器の真化さらに5凸段階目の上限解放
・ゼノ召喚石の上限解放
に要求されます。

今回はゼノ・サジタリウスのマルチバトルについてなので、「ゼノ・サジタリウスの真なるアニマ」を集めて
・六道武器「真・黄木天の箭」「アルカブ・プリオル」
・召喚石「ゼノ・サジタリウス」
・「杖のエレメント」「格闘のエレメント」「風晶のエレメント」
これらの為にマルチバトルを周回していくことになります。

ちなみに2020年9月開催で新たに追加されたゼノ・サジタリウスの召喚石は中々ドロップ率が悪いので、アニマ集めのついでに1つでもドロップして欲しいと祈りながら周回。
(ゼノ・ウォフマナフの時は召喚石完成後にドロップするという………)

〇編成について
・ガチャが「撃滅戦を有利に戦え」なので、そこでピックアップされている「イルノート」「ドランク」を入れた編成。(なおフルオートなので単体指定アビリティは使えない)
・一応はコロッサス・マグナとシヴァの火マグナ編成
・ジータちゃんはとりあえずランバージャック。
・キャラについては上の通り「イルノート」「ドランク」。もう1人はバランス調整後から出番がかなり増えた「アンスリア」。
・武器に関しては「オールド・エッケザックス」複数編成。

○「イルノート」「ドランク」について
・「イルノート」は「イグジット・スルー」、ドランクは「プリヴェンダー」を使って撃滅戦を有利進めようとガチャページにある。
・とはあるけど「イルノート」は単体指定の奥義バーストもあるし、ドランクは回避時にアビリティ自動発動があったりと紹介以外にも普通に便利。
(あとイルノートは何か良いキャラしてる、個人的にこれから編成する回数が増えそう)

★敵のゼノ・サジタリウスに関しては専用の強化効果「黄金紋」が厄介。「黄金紋」が付与された状態で特殊技を受けるとアビリティ封印等の追加効果が発生するようになる。
ただ「黄金紋」は普通にディスペルできるので、これを「イグジット・スルー」でスロウしながら解除していくことになりますね。

☆まぁフルオート何で上手くタイミングは合いませんけど。

★あとゼノサジ君は残り10%で現HP90%の無属性ダメージのアストロホライズンを打ってくるけど、あとは通常攻撃を避けるだけなので、アンスリアやドランクやドラゴニックハープで回避or幻影するだけなので問題無し。

それではゼノ・サジタリウス(マルチバトル)の火マグナ編成でのフルオート周回についての本題にいきます。

広告

スポンサーリンク

ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)を火マグナでフルオート周回

編成

ジータちゃんとキャラ達

●ジータちゃんは学園スキンなランバージャック
☆アビリティは「グラビティ」「ミゼラブルミスト」「落葉焚き」

●イルノート
☆フェイトエピソード読むと分かる、言ってることは危なげだけど良い姉ちゃん。
☆キャラがアビリティを使用すると自身に「ドープ」(アビリティにより赤・青・緑のどれか)という独自の効果付与され、付与された「色のドープ」によって異なる強化効果。ゼノ・サジタリウスの場合だと「青のドープ」を付与して奥義に「イグジット・スルー」即時使用可能にしていきたい。
☆「イグジット・スルー」はスロウに加えて強化効果解除もあるので、黄金紋の解除に便利。
☆「イル・ナイト」には単体指定のHPと弱体回復そして奥義ゲージ100%UPがあるので状況に応じて使用していきたい。なおフルオートでは自動発動されない。

●ドランク
☆火属性のドランク。リミ版のスツルム殿(火属性)と合わせて使いたいけど、スツルム殿は今回お留守番。
☆「ヴィオラチェウス」は累積の弱体耐性と攻撃力DOWN。さらにドランクが回避に成功すると自動発動するので便利。
☆「プリヴェンダー」単体にディスペルガードとバリアそして敵の攻撃を全て回避(1回)。この回避は弱体効果も回避できるので、特殊技に合わせて使用してアビリティ封印等を防いでいきたい。
☆「アウト・オブ・ザ・フォグ」は敵のCTを1つ進めてしまう代わりに風属性攻撃力・火属性防御力・特殊技ダメージDOWNの3つの弱体が可能。

●アンスリア
・「エキサイトステップ」回避後にテンション効果の延長と累積攻撃UP。不安な時は「サイレントステップ」に切り替え。
・「キャプティベイト」では奥義バースト/味方全体に高揚効果があり、メンバー全体の奥義の回転率が良い。

武器

☆メインはドラゴニックウェポン「ドラゴニックハープ」。奥義の幻影で大体は何とかなる。
☆他は「オールド・エッケザックス」による技巧・背水な編成武器。まともな背水HPになるのは10%のアストロホライズンからな気がする。

召喚石

☆メインは5凸したコロッサス・マグナ、サポーターにシヴァの編成。
☆サブにはアーカルム召喚石2種「ザ・サン」「ザ・デビル」。

ゼノ・サジタリウス(マルチバトル)フルオート周回の様子

①:開幕

☆開幕に取りあえず「プリヴェンダー」をイルノートに付与してフルオート開始。(イル・ナイトも誰かに使っておけば良かった)ただ使う必要は特に無いですけど。

☆イルノートの「ドープ」はフルオートだとダメージアビリティが最後に発動するので初ターンは赤確定。

②:ジュピターナル・エイト

☆ゼノ・サジタリウスは90%で黄金紋が付与されます。そして付与後に特殊技毎に追加効果が発動するようになります。
☆この「ジュピターナル・エイト」ではランダム対象ダメージ後にアビリティ封印が付与されます。多分これがゼノ・サジタリウスで1番面倒な技。
(ダメージは回避やバリアでほとんど無し)

☆本当なら「イグジット・スルー」で対応したいけど、まぁフルオートなので。

③:残り30%まで(ゾディアックディメンションとか)

☆50%には特殊行動「ゾディアックディメンション」で黄金紋の付与と味方には強圧の付与と奥義ゲージの減少がされますが、50%前にゼノ・サジタリウスはブレイクしているので脅威は特に無いですね。

☆ただ25%ではCTが最大になり、そのタイミングでCTによる「ゾディアックディメンション」を受けてしまうことになります。

☆また50%からは敵の攻撃が味方全体になるのでドランクやアンスリアの回避成功時効果が高頻度で発動していく。

④:10%のアストロホライズン

☆恐らくゼノ・サジタリウスからのまともに受けるダメージはこの「アストロホライズン」。現HPの90%分の無属性ダメージで味方全体が一気に瀕死状態になります。

☆ただ残りHPは10%だけど敵には暗闇の付与、味方には幻影の付与も可能なので特に危険なことはなく進行できますね。

⑤討伐完了

☆最後は回避成功したドランクの「ヴィオラチェウス」で倒して、ゼノ・サジタリウスを火マグナでフルオート討伐の完了です。

戦闘結果

☆今回、真なるアニマは1個ドロップでした。1戦辺り1〜2個位のドロップだけど、たま〜に4個ドロップしたりすることも。

まとめ

☆ということでガチャピックアップキャラ「イルノート」「ドランク」を編成した火マグナによるゼノサジ(マルチバトル)のフルオート討伐でした。

☆10%のアストロホライズン以外は回避等をしているのでダメージも少なく安心して討伐です。

☆ゼノ・サジタリウスの真なるアニマは100個以上は余裕で使うので、マルチバトルはフルオートで楽に討伐していきたいです。

☆あと六道武器のドロップも普通に有り。

☆でも今は武器より召喚石「ゼノ・サジタリウス」が欲しい。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村