スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】「エリア・エローシオ」の入手トレジャーや敵情報等の内容等を見ていきます。「新世界の礎」に必要な「悪魔・太陽・星のウェリタス」と「イグニス・ブライト」はここから入手。エリア内で登場する敵もどこかで見たような姿が沢山。(アーカルムの転世 レプリカルド・サンドボックス)

グラブル

広告

レプリカルド・サンドボックスの「エリア・エローシオ」について、入手トレジャーや敵情報等の内容をまとめて書いていきます。

「アーカルムの転世」に追加された「レプリカルド・サンドボックス」。

その「レプリカルド・サンドボックス」では専用編成でクエストに挑戦して、各アーカルム召喚石がモチーフとなった武器である「新世界の礎」の入手or強化に必要なトレジャーを集めていくことになります。

今回は「レプリカルド・サンドボックス」内のエリアの一つ、「エリア・エローシオ」についてです。

「エリア・エローシオ」はアーカルム召喚石「ザ・デビル」「ザ・サン」「ザ・スター」に対応したエリアです。
それに伴い「新世界の礎」に必要な素材で、このエリアで入手出来る固有のトレジャーは
「悪魔のウェリタス」
「太陽のウェリタス」
「星のウェリタス」
「イグニス・ブライト」
この4種類があります。

ただし「ザ・スター」を由来とする武器「ショット・オブ・ザ・スター」は、他エリアの「エリア・ハービンガー」から「ウェントス・ブライト」を入手する必要があります。
(エリア・ハービンガーから見たら逆にエリア・エローシオへの挑戦が必要)

○レプリカルド・サンドボックスについて
・探索時には「AAP」という独自のAPを消費して探索をしていく。
・「AAP」はエリクシールやエリクシール・ハーフで回復可能。またAM5:00にAAPが100未満の場合は100まで回復。

○探索について

・「レプリカルド・サンドボックス」はチュートリアルの「エリア・デア」をクリアすることで、他のエリアに挑戦可能。その探索エリアは、
「エリア・エローシオ」
「エリア・フェイム」
「エリア・ゴリアテ」
「エリア・ハービンガー」
この4種類。それぞれのエリアでは対応したアーカルム召喚石にちなんだトレジャーや武器が入手可能です。

☆その内の「エリア・エローシオ」について、今回は見ていきます。

○編成について

・「レプリカルド・サンドボックス」内で使用する編成は今までとは違い、新たに追加された「レプリカルド・サンドボックス」でのみ使用出来る特殊な「EXTRA」編成。
・「EXTRA」編成では11本目以降の武器を装備を出来る特殊な編成枠。ただし初回から11本目の枠は解放されておらず、「レプリカルド・サンドボックス」の全エリアをクリアすることで編成が可能に。

☆今回は全エリアクリア後なので11本目の武器を装備して挑戦しています。また編成自体は属性に合ったマグナで挑んでいます。
このエリアでは水マグナと闇マグナ編成での挑戦です。

○敵について

・敵とのバトルはシングルバトルで、マップ上に登場した敵を倒すことで次のマスへ進行可能。
・登場した敵は何回でも討伐可能。

○ディフェンダーについて

・各敵はDEFENDERゲージを持ち、倒すことでゲージが上昇して最大になるとマップ上に「ディフェンダー」が登場。(最大にならなくても登場することがある)
・「ディフェンダー」は一定回数倒すことで、強化され再出現します。また討伐時にはボスへの挑戦に必要なトレジャーを入手することが可能。強化状態はAM5:00にリセット。

・「エリア・エローシオ」では以下のようになっています。
「ザ・デビル」のピンク色のDEFENDERゲージを上昇させると、「不浄滅せし神竜」が登場。
討伐することで「エローシオ・オーゲン」がドロップ。

「ザ・サン」の緑色のDEFENDERゲージを上昇させると、「玉座を簒奪せし者」が登場。
討伐することで「エローシオ・リブ」がドロップ。

「ザ・スター」のピンク色のDEFENDERゲージを上昇させると、「紫電を纏いし轟雷の覇者」が登場。
討伐することで「エローシオ・コア」がドロップ。

○ボスについて

・マップ上にはボスの出現する場所があり、ディフェンダーにより入手できるトレジャーを使用して挑戦が可能。
・「エリア・エローシオ」では「エローシオ・オーゲン」「エローシオ・リブ」「エローシオ・コア」を各1個を消費して挑戦が可能に。
・このエリアのボスは火属性の「エローシアン・グライガー」。

・ボスだけはバトルシステムVer.2での戦闘。倒すことでエリアクリアとなるが、何度でも挑戦が可能。

・ボスは毎日最初の挑戦時のみ弱体化した「プロトタイプ」との戦闘が可能。2回目からはHPや攻撃力等が強化された状態と戦闘になる。

・その強化状態はAM5:00にリセット。

〇セフィラゲージについて

・各エリアに3種類のアーカルムシリーズに対応したゲージが存在。
・マップ上の敵を倒すことで対応したゲージが上昇します。ゲージを溜めることで「セフィラボックス」を入手。
・セフィラボックスが出現するとセフィラゲージはリセットされます。

・また敵を倒すとマップ上に他とは違う色をした特殊な敵シンボルが出現することがあります。
・この敵を倒すことで「セフィラの福音」が発動して、対応した敵を倒した時に得られるEXP・RPそしてゲージ上昇量が増加します。
・さらに発動中に、再び発生した特殊な敵を倒すことで効果時間と効果量が増えます。

○新世界の礎について

・各アーカルムシリーズの名を冠した武器で、Extra編成の11本目以降にも装備可能。
・スキルはアーカルム召喚石や賢者の能力に作用したり、アーカルムの転世でダメージ上限が大きく上昇する。
・入手するには対応する賢者を仲間にすることが必要。

・「エリア・エローシオ」では
「キス・オブ・ザ・デビル」
「ヒート・オブ・ザ・サン」
「ショット・オブ・ザ・スター」
この3種類の必要なトレジャーがドロップ。

☆今までのアーカルム転世よりも敵の強さも上昇していますが、挑戦にパスポートの制限がないので自由にいけます。自由な分だけ各エリアのボスに挑戦する為のトレジャー集めから時間が掛かります。

☆「新世界の礎」は「レプリカルド・サンドボックス」だけではなく、元のアーカルム転世でアーカルムポイントを集め「ニューワールド・クォーツ」を交換して入手することが必要。
☆その「ニューワールド・クォーツ」は「レプリカルド・サンドボックス」のミッションやアーカルムポイントと交換で入手可能。
☆2021年1月の古戦場からは戦貨ガチャからもリセット対象として選択して入手が可能。

☆他にも今まで登場した「マグナ武器」や「セフィリアン・オールドウェポン」も引き続き入手できます。
「マグナ武器」に関しては、この「レプリカルド・サンドボックス」内でドロップするものには「新たなスキル」が”ランダム”で付与されていたりします。

それでは「エリア・エローシオ」について見ていきます。

広告

スポンサーリンク

「エリア・エローシオ」の敵情報や入手トレジャーそして挑戦について

エリア・エローシオについて

・このエリアに対応したアーカルム召喚石は
「ザ・デビル」
「ザ・サン」
「ザ・スター」

・「新世界の礎」の内、「キス・オブ・ザ・デビル」「ヒート・オブ・ザ・サン」「ショット・オブ・ザ・スター」「レプリカルド・サンドボックス」の入手から強化の為に周回することになるエリア。

・その武器に必要な素材で、このエリアで入手出来る固有のトレジャーは
「悪魔のウェリタス」
「太陽のウェリタス」
「星のウェリタス」
「イグニス・ブライト」

・「各ウェリタス」については対応したディフェンダーやボスそして宝箱から入手。
・「イグニス・ブライト」はボスのドロップからのみ入手可能。

エリア内の敵

這い寄る蠱惑の蛇姫

対応セフィラゲージ:ザ・デビル
DEFENDERゲージ:10
AAP20

火属性の敵が2体出現します。HPは多くないので奥義で1ターン討伐も余裕。
だけどディフェンダー出現までのゲージが多いので、ここでの周回はしない。

稲妻呼びの怪魚

対応セフィラゲージ:ザ・スター
DEFENDERゲージ:10
AAP20

皆んな大好き?なデンキンナギの名前違いが光属性で出現します。↑の蛇姫と同様にHPは多くないので、ここはシスとプレデターのレスラー編成で1ターン討伐。
周回についても同上。

エローシアン・ドレイク

対応セフィラゲージ:ザ・デビル
DEFENDERゲージ:10
AAP20

火属性の敵が1体出現します。こちらも奥義で1ターン討伐。

二律背反の象徴たる門

対応セフィラゲージ:ザ・サン
DEFENDERゲージ:10
AAP20

ロミオとジュリエットのイベントに登場した「オクシモロン」の名前違いが出現します。
基本ディフェンダーのゲージを多いところは、周回には適しませんね。ただしミッション○回討伐があるので、その時はまた別。

死を招く魔眼

対応セフィラゲージ:ザ・スター
DEFENDERゲージ:10
AAP20

名前だけは強そうなアーカルム転世でたまに見かける敵。ここでもレスラー編成で1ターン討伐。

トリニティフィアー

対応セフィラゲージ:ザ・サン
DEFENDERゲージ:10
AAP20

火属性の敵が1体出現します。レプリカルド・サンドボックスでは見た目一緒で名前と属性が違う敵が多く出現するので、敵の属性には注意。
(多くというか、全部)
ここまでは奥義1ターン討伐可能。

燃え盛る悠久の翼

対応セフィラゲージ:ザ・デビル
DEFENDERゲージ:6
AAP20

火属性の敵が1体出現します。ザ・デビル関係のゲージ用の周回はここです。ディフェンダーゲージが短く、ディフェンダー登場までの時間が早いですが、HPが少し増えて1ターンでの討伐は出来なくなりました。

金剛穿ちの百碗巨人

対応セフィラゲージ:ザ・スター
DEFENDERゲージ:6
AAP20

某ヘカトンケイルのそっくりさんで光属性の敵です。ザ・スター関係はここを周回することになります。
燃え盛る悠久の翼と同じ様に、HPが増えているので1ターン討伐は辛いです。

憤怒より生まれし者

対応セフィラゲージ:ザ・サン
DEFENDERゲージ:6
AAP20

そっくりというか、スルトが登場します。

【グラブル】水有利古戦場「90HELLスルト」の行動確認をフルオートでしてきました。アイドルぽっいキャラ編成で挑戦してきました(アイドル:ディアンサやリルル)。敵の行動は全体攻撃が多く弱体効果は暗闇や灼熱なので、95や100HELLだとリリィちゃんはいつも通りに編成していくことになりそう。(古戦場2020年4月)

古戦場の90HELLと同じ様な行動をしてきますが、古戦場時(90HELL)よりHPが多いです。

ゲージBONUSの敵

・エリア内に常時出現している敵を倒していると、エリア内に「ゲージBONUS」と書かれた敵が出現します。
・その敵は3種類存在します。
・敵はそれぞれセフィラゲージに対応しており、その敵を倒すことで一定時間、その対応したゲージ持つ敵を倒した時に得られるセフィラゲージ獲得量そしてEXP・RPが増加します。
・この増加する効果は累積して200%まで増やすことができます。
・それぞれの強さ自体は大したことありません。

悪魔の天啓を齎す紅玉
対応セフィラゲージ:ザ・デビル
AAP20

ポイント・アクイラでフラグメントをドロップする亀の名前違いですね。

星の天啓を齎す雄牛
対応セフィラゲージ:ザ・スター
AAP20

今度はポイント・ベラトールでフラグメントをドロップする牛の名前違いです。

太陽の天啓を齎す結晶
対応セフィラゲージ:ザ・サン
AAP20

上に2体と比べると場違い感が漂うポイント・ケルサスで登場する敵の名前違いですね。

ディフェンダーについて

・各敵はDEFENDERゲージを持ち、倒すことでゲージが上昇して最大になるとマップ上に「ディフェンダー」が登場します。(最大にならなくても登場することがある)

・「ディフェンダー」が登場するとゲージはリセットされます。

・「ディフェンダー」は一定回数倒すことで、強化され再出現します。この強化状態はAM5:00にリセット。

・また討伐時にはボスへの挑戦に必要なトレジャーや「新世界の礎」にも必要なウェリタスも入手することが可能です。

エリア・エローシオでは以下の3体のディフェンダーが登場します。

不浄滅せし神竜

対応セフィラゲージ:ザ・デビル
AAP30

召喚石や古戦場のボスとして登場した「ザオシェン」の名前違い。
入手出来るアイテムは「エローシオ・オーゲン」や「悪魔のウェリタス」。

紫電纏いし轟雷の覇者

対応セフィラゲージ:ザ・スター
AAP30

召喚石でネタとしてやアニメ記念で配布もされたりした「雷霆公」の名前違い。
入手出来るアイテムは「エローシオ・コア」や「星のウェリタス」。

玉座を簒奪せし者

対応セフィラゲージ:ザ・サン
AAP30

ユエルとソシエ、そしてコウのイベントで登場した敵「九尾」の名前違いですね。
入手出来るアイテムは「エローシオ・リブ」や「太陽のウェリタス」。

ボスについて

・マップ奥にあるボスもシングルバトルですが、ボスだけはバトルシステムVer2となっています。
・挑戦には各「ディフェンダー」から入手できるトレジャーを一つずつ消費して挑戦が可能となります。

・「エリア・エローシオ」のボスについて

エローシアン・グライガー

AAP30

・「エローシオ・オーゲン」「エローシオ・リブ」「エローシオ・コア」を各1個を消費して挑戦が可能。
・このエリアのボスは火属性の「エローシアン・グライガー」。
・バトルシステムVer2なので予兆からの特殊技となっています。これの解除には「氷結」「氷牢」の命中や「フェイタルチェイン」等があります。

・ボスは他の敵よりも一回り強めとなっていますが、1日1回だけは弱いプロトタイプのボスと戦うことができます。2回目以降は本気状態なので火力が段違いに上昇しています。

・ボスを討伐することで「イグニス・ブライト」等の「新世界の礎」に必要なトレジャーを入手することが可能、またボスを倒すことでエリアクリアとなります。

・ボスも他の敵同様に何度でも挑戦が可能ですが、「ディフェンダー」同様に討伐数によって強くなって登場します。
・しかもかなり強い状態での登場なので、初戦と同じ気持ちで挑戦するとえらい目に合います。(合った)
・この強化状態は「ディフェンダー」同様にAM5:00にリセットです。

セフィラゲージについて

・各エリアに3種類のアーカルムシリーズに対応したゲージが存在。

・マップ上の敵を倒すことで対応したゲージが上昇します。

・敵を倒すとマップ上に他とは違う色をした敵シンボルが出現することがあります。

・この敵を倒すことで対応したセフィラゲージにボーナス「セフィラの福音」が発動します。

・「セフィラの福音」発動中は敵を倒すことで得られるRPとEXPが増加します。また対応した色の敵を倒すことで効果時間の延長が可能です。

宝箱について

・宝箱については「通常の宝箱」「セフィラボックス」の2種類が存在。

 

・通常の宝箱はマップの場所を開放したり、敵を倒したときにランダムに発生します。

・セフィラボックスはセフィラゲージを溜めることで入手可能です。ゲージは対応した敵を倒すことで上昇し、敵討伐時にランダムで入手することが出来ます。またゲージ量が多いほど入手確立も上昇します。

・セフィラボックスが出現するとセフィラゲージはリセットされます。

編成について

・「レプリカルド・サンドボックス」での戦闘は今までとは違い、新たな「EXTRA」編成で挑戦することになります。

・「EXTRA」編成では11本目以降の武器を装備を出来る特殊な編成枠「Additional wepons」があります。
・ただし初回から11本目の枠は解放されておらず、「レプリカルド・サンドボックス」の全エリアをクリアすることで編成が可能です。

・その枠に編成が可能な武器は「セフィリアン・オールドウェポン」もしくは「新世界の礎」のみとなっています。

・また12本目以降の武器は今後のアップデート装備が出来るようになる模様です。

ミッションについて

・探索で条件を満たすとミッションが発生します。指定された条件を満たすことで完了となり報酬を獲得できます。

・報酬にはアニマ等のトレジャーやアーカルムポイント、さらに「セフィラ導本」の入手やその効果の解放があります。

セフィラ導本について

・「セフィラ導本」は「レプリカルド・サンドボックス」内で味方に様々な強化を与えてくれるアイテムです。
・この「セフィラ導本」は2種類が存在します。

○起源道本

・「エリア・デア」クリア時に入手。種類は1種類のみでチュートリアルで装備されます。

○特殊導本

・探索でのミッション達成で入手可能。種類は複数存在し同時に2冊まで装備可能。

新世界の礎について

・各アーカルムシリーズの名を冠した武器で
「ライズ・オブ・ジャスティス」
「タイ・オブ・ザ・ハングドマン」
「ペイン・オブ・デス」
「プレイ・オブ・テンペランス」
「キス・オブ・ザ・デビル」
「クラッシュ・オブ・ザ・タワー」
「ショット・オブ・ザ・スター」
「リフレクト・オブ・ザ・ムーン」
「ヒート・オブ・ザ・サン」
「メロディ・オブ・ジャッジメント」
の10種類が存在します。

・スキルはアーカルム召喚石や賢者の能力に作用したり、アーカルムの転世でダメージ上限が大きく上昇する。

・また入手するには対応した十賢者を仲間にすることが必要です。

・エリア・エローシオでは
「キス・オブ・ザ・デビル」
「ショット・オブ・ザ・スター」
「ヒート・オブ・ザ・サン」
この3つの作成に必要なアイテムを入手することが出来ます。

EXスキル付きマグナ武器

・レプリカルド・サンドボックスで入手出来るマグナ武器には「EXスキル」というスキルを持つものを入手可能。

・「EXスキル」は通常のスキルとは別にランダムで付与されるスキル。そして入手した時点で効果量が決定しています。

・また「EXスキル」を持つ武器は「レベル継承」行うことが可能。
・「レベル継承」は同名の武器を素材とすることで上限解放・武器レベル・スキルレベルを引き継ぐことが可能になります。

まとめ

☆軽く「レプリカルド・サンドボックス」の「エリア・エローシオ」の内容についてでした。

☆新武器の「新世界の礎」は、面白い性能をしているので手に入れていきたいですね。

☆ただ登場する一部の敵が古戦場のHELL並の強さもあり、周回には時間がかなり必要そうですね。
☆ボスもその日の1戦目は弱いけど、2戦目からは強敵となり開幕から大ダメージ与えてくるようになったりします。

☆そして「EXスキル付きマグナ武器」。付与されるスキルがランダムではありますが、確実に強化されるので良いスキルを粘っていくことになります。
☆特に「シュヴァリエソード・マグナ」がEXスキル付きでドロップするので、これを集めていきたいところです。

☆あとでボスである「エローシアン・グライガー」の行動をプロトタイプと強化版に分けて見ていこうと思います。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村