スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】「リンドヴルムHL」を闇マグナ編成でフルオートのソロ討伐したので内容について。ビカラちゃんや浴衣アンスリアちゃんの闇回避パで敵からの攻撃を避けてダメージを抑える。神風は片面をベリアルにして5000ダメージにして受ける。そして火力はシス君。

グラブル

広告

マルチバトル「リンドヴルムHL」に闇マグナ編成でフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。
闇マグナということで5凸されたセレスト・マグナで、片面はバハではなくベリアル。そしてビカラやアンスリアを編成した闇の回避パ。

リンドヴルムHLは実装時には「ドラゴニックウェポン」の作成に必要なトレジャーを入手することがメインなクエストでしたが、「アストラルウェポン」や「マグナ召喚石の5凸」と徐々に他にも素材を要求されることが増え始めています。

リンドヴルムHLからの固有トレジャー
「真龍の金鱗」
「祖なる欠片」

クエストはバトルシステムVer2に対応したマルチバトルで、参戦者は18人まで可能です。
〇バトルシステムVer2
・敵が特殊行動をする前にHPゲージの下に行動表示(予兆)がされる。
・キャラ毎にガード機能があり、ガードすることでダメージを軽減できる。ただし行動するターンは攻撃とアビリティ使用が不可。
・チェインバーストは専用のゲージがMAXになった時のみ発動。

★チェインバーストに関しては、2020年8月の生放送で変更が発表されていたりします。
★ガードに関しても今回はフルオートなので、使用はしません。

●リンドヴルム戦について
・敵のLvは200もあり高いHPさらに無属性なのでHPを削るのに時間がかかります。
・攻撃属性は無属性を含む全属性で行われる。
・特殊技の「神風」はかなり威力の特殊技。
・長期戦になるの回復や回避等をしてHPの維持が必要。

★初のバトルシステムVer.2のクエストの為か、難易度はそこまで高くは無い。

○挑戦した編成
・5凸されたセレスト・マグナとベリアルの闇マグナ編成。
・ジータちゃんは安定のランバージャック。「木こりのうた」で回復をしたり、楽器を持たせて「ソウルピルファー」で弱体効果を安定化。

・キャラは「シス」「ビカラ」「アンスリア(浴衣)」で挑戦。

・シスは安定のアタッカー。「恐怖」や「命中率DOWN」で被ダメージも抑えることができる。また「敵対心UP」と「カウンター」で多段する特殊技をほぼ無効化したり。

・ビカラは干支バフで味方全体の「回避率UP」と「奥義ゲージ上昇量UP」「奥義性能UP」。回避成功時にはダメージで地味ながら火力も稼いで行く。「ゆ~とぴあ」はフィールド効果なのでフルオートで自動発動されない。

・アンスリアは味方全体に「防御UP」「連続攻撃率UP」「奥義性能UP」「ストレングス」。さらに回避成功時には味方全体の「HP回復」「弱体効果を一つ回復」できる。

・メイン召喚石は5凸されたセレスト・マグナ、サポーターに4凸ベリアル。
・重要なのはベリアルの加護と召喚効果。加護では「神風」による大ダメージを5000に固定できる。召喚は再召喚不可で開幕に使用して4ターン毎にランダム効果で、その内の一つでHP回復を行う。

・武器はセレストクロー・マグナとアビススパインを複数編成。メインには楽器武器である麒麟弦を持たせてます。

★ちなみに回避を積んでも当たる時は当たる。「スピンドルストン」のような無属性攻撃は避けられず、ベリアルでのダメージ固定も出来ない。

それではリンドブルムHLを闇マグナ編成でフルオートソロ討伐の本題です。

広告

スポンサーリンク

「リンドヴルムHL」を闇マグナ編成でフルオートソロ討伐(セレスト・マグナ×ベリアル)

編成関係

ジータちゃんとキャラ

●ジータちゃんはランバージャック。
・アビリティは「ミゼラブルミスト」「ソウルピルファー」「落葉焚き」。
・「木こりのうた」での弱体や強化そして回復が便利。
・長期戦になるので「ソウルピルファー」で弱体化の補助と味方の弱体耐性UP。メイン武器を楽器にして性能UP。
・「落葉焚き」は安定の味方全体強化効果。

●シス
・サポートアビリティの「神狼」で通常攻撃も奥義も強い
・「迅門・紫電」で敵対心UPそしてカウンターで、ダメージを与えつつ被ダメージを抑えていく。
・「鬼門・修羅」では恐怖と命中率DOWNで、特殊技の発動回数やダメージを減らしていく。

●ビカラ
・「エンチャンテッド・ドリーム」こと「ゆ〜とぴあ(し〜とぴあ)」はフルオートなので閉園中。
・「一子之夢」では「回避率UP」と「奥義ゲージ上昇量UP」「奥義性能UP」を各キャラ2回被ダメージするまで継続発動。

●アンスリア(浴衣Ver)
・「燎火の舞」で回避率UPと敵対心UPさらに味方全体強化(防御力・連続攻撃確率・奥義性能上昇)をする「炎の舞踊」をアンスリア自身に付与。
・「踊る姿は百合の花」で味方全体に「高揚」「テンションUP」、さらに「炎の舞踊」中には「ストレングス」も追加される。
・サポートアビリティ「湯けむり道中」でアンスリアが回避成功することで、味方全体のHPと弱体効果を一つ回復。
・「拍子舞」は攻撃回避2回の付与。「湯けむり道中」と相性が良い。

召喚石

☆メイン召喚石は5凸のセレスト・マグナ、サポーター召喚石にベリアルです。サブは召喚しないので、それなりの編成。

武器

☆メインは四象武器「麒麟弦」です。奥義では弱体回復で、メイン装備時には闇属性キャラの「アビリティ封印無効」「弱体成功率UP」「アビリティダメージ上限UP」が発動します。
☆サブ装備はセレストクロー・マグナやアビススパインのようなマグナ武器を編成。天司武器は……外し忘れですね。

クエスト「リンドヴルムHL」

☆グロース島の97章のところ。

☆マルチバトルは☆5のところで、ティアマト・マリスやフロネシスと同じところ。

Lv200 リンドヴルム戦

戦闘①:開幕

☆初ターンにサポーターの「ベリアル」を召喚して、フルオート討伐のスタートです。味方のHPに関しては「ベリアル」の加護効果により強制的に上限値を20000に固定されます。その代わりに被ダメージ(無属性以外)の上限も5000となります。

☆ビカラちゃんの「エンチャンテッド・ドリーム(ゆ~とぴあ)」以外が自動で使用されます。

☆リンドヴルム自体は無属性の敵ですが、通常攻撃に関してはランダムな属性により行われます。また特殊技に関しても無属性を含めた全属性で行われる技もあります。

☆そして戦闘を進めていくとベリアルの召喚効果が4ターン毎に発動し始めます。

★ベリアルの召喚には味方のHP回復や奥義ダメージUPさらに敵の攻防DOWN等有利な効果もあるけど、味方の防御DOWNや魅了も付与され行動が制限されることも。


☆ただ制限されたとしても、有利な効果が便利なので召喚してフルオートしていきます。と言いますか、召喚の回復が無いとHPの維持がキツいです。

戦闘②:スピンドルストン(CTが最大で予兆)

☆CTがMAXで「スピンドルストン」の予兆が発生します。
☆味方1人を対象とした“無属性ダメージ“の特殊技です。
★解除条件はありません。

☆無属性ダメージはガード機能を使っても軽減が不可能です。そもそも今回はフルオートなのでガードは一切無しです。
☆この技では無属性で約5500のダメージとなりました。

☆リンドヴルム戦では「スピンドルストン」でダメージを多く受けてしまうことになるので、HPの回復がフルオートだと重要です。

戦闘④:ワームサンダー(CTが最大で予兆)

☆CTがMAXになるともう一つの特殊技「ワームサンダー」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした光属性攻撃の特殊技です。
★解除条件は20回ダメージです。

☆味方全体に約4000ダメージを与えてくる技です。シスとビカラちゃんは回避してダメージが無いですね。

☆また追加効果で麻痺の付与がされます。

戦闘④:狗焔(CTが最大で予兆)

☆CTがMAXで3つ目の特殊技「狗焔」の予兆が発生します。
☆ランダムな対象に火属性攻撃をしてくる特殊技です。
★解除条件は無しです。

☆最後の一回までは少ないダメージを与えてきて、最後の1回だけは大ダメージとなります。さらに最後の1回のダメージで戦闘不能になると「復活不可」が付与されてしまいます。

☆ここでは全て回避成功してダメージがありませんでした。

☆リンドヴルム戦ではHP41%までは「スピンドルストン」「ワームサンダー」「狗焔」の3つの特殊技を受けながら戦っていくことになります。

戦闘⑤:狗焔(HP80%で予兆)

☆HPが80%になると「狗焔」の予兆が発生します。
☆ランダムな対象に火属性攻撃をしてくる特殊技です。
★解除条件は無しです。

☆CT最大時の狗焔と同様です。ここでも回避成功してダメージがありませんでした。

戦闘⑥:狗焔(HPが50%で予兆)

☆HPが50%になると再び「狗焔」の予兆が発生します。
☆ランダムな対象に火属性攻撃をしてくる特殊技です。
★解除条件は無しです。

☆CT最大時、HP80%時の狗焔と同様です。ここでも回避成功です。

☆ちなみリンドヴルムのHPを50%まで削った時の味方の様子はこんな感じ。全員HPが最大まで戻っています。

戦闘⑦:モード変化(HP40%で変化)

☆40%になるとリンドブルムが赤い雷を纏い始めます。
★ここで弱体効果の回復、攻撃力UP、高揚、オーバードライブ状態となります。

☆フルオートなので再弱体のタイミングを合わせることは出来きません。ここは回避して敵からのダメージを無くして再弱体を待ちます。ただ高揚も付与されているのでしばらくの間は特殊技を受ける頻度が上昇しています。

☆また敵の特殊技に関しても、ここから変わっていきます。

☆通常攻撃もダメージ及び回数が増加しています。

戦闘⑧:ワームサンダー(CTが最大で予兆)

☆CTがMAXになると前半戦でも使用された特殊技「ワームサンダー」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした光属性攻撃の特殊技です。
★解除条件は20回ダメージです。

☆名称は一緒ですが、攻撃のエフェクトが赤い稲妻に変更されてダメージも上昇しています。ここで味方全体に約4400ダメージを与えられました。ただジータちゃん以外は皆んな回避してダメージが無いですね。

☆追加効果も麻痺のままです。

戦闘⑨:ミーティア(CTが最大で予兆)

☆40%以下で新しく追加された特殊技「ミーティア」の予兆が発生します。
☆ランダムな対象に無属性を含む全属性の特殊技です。
★解除条件は無しです。

☆攻撃力上昇もあり1発が約7000ダメージをランダムに与えてくる技です。大ダメージとなるのは6属性に混じった無属性です。無属性以外は回避やダメージが減っているので被害は少ないです。

☆追加の弱体効果が無いのが救いです。

戦闘⑩:ミーティア・シャワー(モード変更4ターン後に予兆)

☆40%でモード変更後(オーバードライブ状態解除後)に特殊技「ミーティア・シャワー」の予兆が発生します。
☆ランダムな対象に無属性を含む全属性の特殊行動です。
★解除条件は無しです。

☆1発が約2000ダメージをランダムに与えてくる技で、ミーティアよりもダメージが少ない代わりに大幅に攻撃回数が増加しています。2000ダメージとなるのは無属性だけで、それ以外は半分の1000程度となっています。

☆アンスリア達は回避率が高く攻撃のほとんどを避けているので、ジータちゃんの被弾が目立ちます。

戦闘⑪:神風(CTが最大で予兆)

☆40%以下ではリンドヴルム戦で1番危険な特殊技「神風」の予兆が発生します。
☆味方全体に光属性の“特大“ダメージを与える特殊技です。
★解除条件は無しです。

☆今回片面ベリアルにした理由となる技ですね。特大ダメージの威力はそのまま受けると10万以上のダメージとなるので、ベリアルの加護で強制的に5000ダメージに軽減していきます。

☆また神風で戦闘不能になると復活不可が付与されます。

☆後半になると前半よりも被ダメージが増えるので、アンスリアの回避による回復やベリアルの召喚効果での回復でHPを維持していきます。

☆40%以下では「ワームサンダー」「ミーティア」「神風」がCTによる特殊技となります。

戦闘⑫:神風(HP30%で予兆)

☆HP30%でも特殊技「神風」の予兆が発生します。
☆味方全体に光属性の“特大“ダメージを与える特殊技です。
★解除条件は無しです。

☆ここではアンスリアが回避して他のキャラは5000のダメージとなりました。

☆ここからは後は如何にして回避が成功するかですね。

戦闘⑬:ミーティア(HP10%で予兆)

☆HP10%でHPによる最後の特殊技「ミーティア」の予兆が発生します。
☆ランダムな対象に無属性を含む全属性の特殊技です。
★解除条件は無しです。

☆CTの時と同様で無属性が痛いだけです。ここでは無属性だけダメージを受けて他は回避成功をしています。

☆そして味方のHPも1.5万とかなり安定しています。闇の回避パの安定感が良いですね。

戦闘⑭:フルオート討伐完了

☆ということで闇マグナの回避パでリンドヴルムHLをフルオートでソロ討伐完了です。

戦闘結果

☆マグナの5凸にも必要な「真龍の金鱗」は赤箱からの入手数が多いです。

討伐まとめ

☆とにかく回避をしてダメージを減らして、受けたダメージはランバージャックの「木こりのうた」やアンスリアのサポートアビリティそしてベリアルの召喚効果で回復していきます。

☆敵からの攻撃はそこまで強烈な技が少なく、唯一危険な「神風」も5000ダメージに固定しているので、誰も戦闘不能にならずに討伐まで完了することが出来ました。

☆今回のフルオート討伐は浴衣アンスリアとビカラそしてベリアルのおかげですね。
(浴衣アンスリアは2020年7月末のレジェフェスで引いた。そして水着アニラを天井した)
さらにベリアルも、この翌日の無料10連で引いたりしました。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村