現在(2021/5/20)ブログ外観変更中により表示が不安定になっています。
TAG

ルシウス

  • 2021年5月5日
  • 2021年5月20日

【グラブル】闇属性SSR「アルベール」のキャラ性能や強さから関連するイベントやキャラなどについて。SSRでは光・風に続き3属性目で登場したアルベール。スロウ効果を持つ「エレクトロンストーム」を高頻度で使用出来るため小回りが利く感じ。またクアドラプルアタックも可能。(キャラ性能)

闇SSRキャラ「アルベール」が登場したのでキャラ性能や強さ等を実装時期から色々まとめていきます。イベント「偽りの英雄達」で登場した闇属性Verの「アルベール」がガチャで実装され、ちょうど行われていた無料10連で引くことが出来たので見ていきます。SSRでは最初は光属性、続いて水着Verで風属性で登場した「アルベール」。3属性目となる今回は闇で登場です。この闇属性「アルベール」は大まかな感じは光と風属性版を足して割った感じになっています。加入時のフェイトエピソードでは、「偽りの英雄達」の後日談となっています。○闇アルベールの性能・今回の「アルベール」は他の属性と同じように、連続攻撃やスロウが得意なキャラとなっています。また、水着VerのようなLv効果(闇アルベールは敵に付与する「感電」)を持ち「クアドラプルアタック」も可能です。・そのLVを上げるためには1アビの使用が必須となり最大LVは10となるので、性能を活かすなら中~長期戦向けとなっています。・キャラ以外で「感電Lv」を上げるならば「アルベール」のキャラ解放武器「ライトニング・シュヴァルツ」の奥義でも可能・「闇SSRルシウス」のような奥義バーストもあるので、開幕から瞬間火力を出すことも出来ます。○奥義の「レヴィン・ヌーベルバーグ」・自分に闇属性追撃付与と「エレクトロンストーム」の即時使用可能。○アビリティ「エレクトロンストーム」・他属性の「アルベール」も所持している”スロウ”のアビリティです。また、このアビリティを使用することでのみ「感電Lv」を敵に付与することが可能。○アビリティ「ライトニングレイジ」・ダメージを与えつつ”闇属性防御DOWN”を付与することが可能で、感電Lv5以上の敵には2回発動してダメージも稼げます。○アビリティ「インパルスレイド」・光「アルベール」の4アビのような効果で“奥義バースト”+“他アビリティ即時使用可能”。○サポートアビリティ「レヴィオンロード」・アルベール自身の”麻痺”を無効にして、「感電Lv」に応じて連続攻撃確率UP。さらにクアドラプルアタックが発生するようになります。○サポートアビリティ「雷霆の如く」・感電Lvに応じて闇属性キャラのアビリティ性能が上昇。(サブでも発動)★連続攻撃をして奥義ゲージを溜めて、奥義発動からの「エレクトロンストーム」を放ち「感電Lv」を上昇させつつ敵のCT上昇をスロウで阻害していく感じですね。★実際「エレクトロンストーム」はかなり多い頻度で使用することが出来て、他のアルベールよりもスロウの発動回数が多いです。それでは闇属性「アルベール」の性能について見ていきます。

  • 2021年1月30日
  • 2021年5月11日

【グラブル】「灯幻連理双紙」の報酬や内容等について。ルシウスとゴブリンの戦い続き、ただし主役とストーリーは新キャラの「ネクタル」「シンシャ」がメイン。報酬にはルシウス専用スキン「忿怒の剣客」やミニゴブ召喚石。

シナリオイベント「灯幻連理双紙」が開催されたので、イベント内容や報酬について書いていきます。2021年最初のシナリオイベントは「昏き島に眠る光の巨人」から続く「ルシウスとティナ」のお話しの続きなりますね。時系列的にはSSRルシウスのフェイトエピソード後といったところですね。今回の主役はルシウスではなく、新キャラの「シンシャ」そして「ネクタル」と仲間達。話の流れは「シンシャ」と「ネクタル」の過去から始まっていきます。その2人を取り巻く環境は、極寒の地に作られし”覇空戦争”時から継がれてきた施設での実験体。その過去から今に至るに「シンシャ」は様々なものを失い、元は姿も分からぬ友人「ネクタル」より与えられしもので、2人は生き続けていた。そしてゴブリン達がその施設へ襲撃を行い「ネクタル」は「シンシャ」を連れ施設を……といった感じ。ルシウスという新キャラ達がメインで話しが進んでいきます。もちろんエンディングも。そして月末のシナリオイベントでは、イベントからプレイアブル化するキャラが毎回居ます。今回のイベントからはイベント戦闘中に操作可能だった風属性キャラ「ネクタル」が実装されそうですね。○イベント報酬について・ミニゴブ召喚石・先端がタケノコになった武器(いつものイベント武器)・ダマスカス骸晶等のアイテム・ルシウス用のスキン☆シナリオでは登場の場を新キャラに取られたルシウスさんは報酬で存在を強めています。☆そのルシウスのスキンは白髪となった姿「忿怒の剣客」。(お空のルシウスさんはマナリアティーチャーには未だならない模様)☆今回のイベント武器はあらゆるところに”竹”が散りばめられた「バンブーシャフト」。(インパクトは少し低めといった感じ?タラヴァガニとかと比べれば)☆イベント召喚石はシナリオ上では名前しか出てこなかったミニゴブ。召喚石名は「ぼんやりピカピカの魔法」、よく”るっ!”で敵味方を無差別攻撃してるアレですね。○イベント中の戦闘・新キャラ「ネクタル」や「ルシウス」「ティナ」と共に戦う。☆ちなみイベントは風属性有利となります。☆最近のシナリオイベントで思うのは、そのイベントで関係のあるキャラを有利属性で使いたいな~と。(ルシウスは闇、ティナは火だし。)それではイベント「灯幻連理双紙」について見ていきます。

  • 2020年11月21日
  • 2021年5月11日

【グラブル】六竜討伐戦「白」ル・オーを闇マグナ編成でフルオート討伐したので編成や内容について。シスやビカラちゃんで攻撃を避けていく感じのフルオート。「靂輪」は今後も必要となりそうなので挑戦していきたいところです。あと光晶のエレメントも確定でドロップするので。

六竜討伐戦「白」【ル・オー】を闇マグナでフルオート攻略してきたのでまとめていきます。ということでシングルバトルの六竜「ル・オー」をフルオートで討伐してきました。闇有利古戦場も終わったので、その時の編成でそのままル・オーに挑戦したらフルオート討伐ができました。○ル・オーについて・クエスト【六竜討伐戦「白」】では、武器だと「ドラゴニックブレイド」や「ロンゴミニアト」そして「ル・オー・ホーン」等の強化、召喚石では「シュヴァリエ・マグナ」の強化に必要なトレジャー「靂輪」を入手することができます。・また「光晶のエレメント」も確定でドロップします。・六竜討伐戦「白」以外での「靂輪」の入手方法は、「六竜マルチバトル「ル・オーHL」の自発赤箱」「トレジャー交換」この2つがありますが交換に関しては、「祖なる欠片」が100個「光晶のエレメント」が100個素材の消費が大きいので六竜討伐戦や六竜マルチバトルで集めていきたいところですね。・そして六竜討伐戦は全ての属性合わせて1日/2回までのクエストとなります。・クエストはバトルシステムVer2に対応したクエストです。〇バトルシステムVer2・敵が特殊行動をする前にHPゲージの下に行動表示がされる。・キャラ毎にガード機能があり、ガードすることでダメージを軽減できる。ただし行動するターンは攻撃は不可。・フェイタルチェインは奥義を使用する度に専用のゲージが上昇し最大になると発動可能。☆初期の頃は面倒でガードする時はアビリティ使用が不可だったり、今のフェイタルチェインがチェインバーストだったりしましたね。特にチェインバーストが解除条件となる特殊技があったりするので、奥義の調整が必要でした。☆今回フルオートなのでガードは関係ありませんけどね。〇ル・オーの行動・ル・オーの場合は戦闘中常に特殊なフィールドが発動しています。ターン終了時に敵と味方のHPを回復するというフィールド。(フェディエルとは違い味方に制限の掛かるフィールド効果ではないので安心)・40%でオーバードライブ、弱体効果回復、CTが5になる。・通常攻撃は基本火力が高く味方全体。後半になるとランダムになりダメージが上昇。・「光刹槍」はランダムダメージと防御DOWN。・「雷撃」はランダムダメージと単体に麻痺。・「紫電散華」ではランダムダメージと高揚効果。この「高揚」は前半ではターン制、後半では永続。・「磁気嵐」はランダムダメージと「ル・オー」に攻撃UPと味方に麻痺。・「極輝」は尋常ではない火力の単体攻撃。★問題は40%以降のCT技「導の破閃」。この技を受けると強制敗北となるので絶対に受けてはならい。★ただ40%でCTが増えるのでターン数的に余裕は出てきそうだけど、25%で来る予兆「紫電散華」を受けるとル・オーに「高揚」が付与されてしまい辛くなる。○挑戦した編成・5凸されたセレスト・マグナの闇属性マグナ編成。武器編成は「アビスルック」による技巧編成。・ジータちゃんは「ランバージャック」。・キャラは「ビカラ」「オーキス」「シス」。☆シスは火力の他に「恐怖」や「命中低下」でダメージ軽減していく。☆オーキスはほぼ永続的な連続攻撃確率UPと追撃付与。☆ビカラは干支バフで奥義ゲージ加速や回避率UP。敵に付与された「高揚」「攻撃UP」等を回避ディスペル。それでは六竜討伐戦「白」の「ル・オー」を闇マグナ編成によるフルオート討伐の本題です。

  • 2020年11月17日
  • 2021年5月11日

【グラブル】95HELL「ヘイムダル」を闇マグナ(技巧)でフルオートソロ周回。とりあえず「プレデター」「シス」の火力で削っていく。ただ問題は編成よりも周回する時間を作ること。(2020年11月 闇古戦場)

闇古戦場の95HELL【ヘイムダル】を闇マグナ(技巧)編成でフルオート周回しているので書いていきます。少し前にコラボキャラ編成でソロ討伐しながら行動を見てきましたが、今度はフルオートでの周回です。とりあえず何も考えずにシスを暴れさせるHELLです。○ヘイムダルについて(95HELL)・通常攻撃は単体。・特殊技は味方全体・単体対象のものがあり。・特殊技の追加効果で「ヘイムダル」自身に「攻撃力UP」や「連続攻撃確率UP」を付与してくる。・味方への弱体効果は「裂傷」によるターンダメージ。・95HELLでは「高揚」の付与が追加。★コラボキャラで行動確認【グラブル】95HELL「ヘイムダル」を闇マグナ(技巧)かつコラボキャラ編成でソロ討伐しながら行動確認。95HELLからは特殊技「ヒミンビョルグ」に「高揚」の追加、そしてHP50%でいつも通りに弱体効果回復。コラボキャラはルルーシュやジョーカー達を使用。(2020年11月 闇古戦場)☆「ヘイムダル」専用の特殊な強化効果は無いけども、攻撃力がかなり高い。→ダメージ軽減関係をあまりしないので、敵の素の火力が今回はよーく分かります。☆「攻撃力UP」「連続攻撃確率UP」により被ダメージが多くなりがち。さらに「高揚」が加わりの特殊技の頻度が多い。☆「裂傷」は95HELLから1500ダメージと、まだ脅威ではない。○挑戦した編成・5凸されたセレスト・マグナを両面に選択した闇マグナ編成。・武器編成は「アビスルック」による技巧編成。・ジータちゃんは「モンク」。・キャラは「プレデター」「オーキス」「シス」。☆「オーキス」で追撃を付与しつつ高攻撃力の「プレデター」「シス」が攻撃していく。そして「プレデター」さんは超絶紙装甲なこともあり、特殊技のダメージを受けると1人だけ5万くらいダメージを受ける現象もあるという………。

  • 2020年11月14日
  • 2021年5月11日

【グラブル】闇古戦場の目指せEXTREME1ターン討伐を試してみた。。編成はロビンフッドのダメージアビリティの方。ルシウスが火力を稼いでくれるので、ダメージを与えるのは簡単。ただアビリティの使用回数はかなり多い。(2020年11月)

「目指せEXTREME1ターン討伐! 闇属性編成講座!」の2020年11月版が公開されたので、そのページ内編成のロビンフッド「ダメージアビリティを叩き込もう!」を試してきました。目指せEXTERME1ターン討伐編成講座は、星の古戦場EXTREMEを1ターンで討伐する為の編成サンプル紹介ですね。(EXTREME+の解放や肉集め用)今回は闇有利古戦場なので、闇属性マグナ編成の講座となっています。ちなみに1年前の闇有利古戦場から「目指せEXTREME1ターン討伐! 〇属性編成講座!」が始まり、今回で2週目の講座に突入になりました。1週目の時は【グラブル】古戦場(闇有利2019年11月)予告ページの「EXTREME」1ターン討伐編成(1500万編成)を試してみた①。メカニック編成でFULL CHAINの方。武器もある程度揃えればEXTREME+も1ターンでいける(2000万編成)【グラブル】古戦場(闇有利2019年11月)予告ページの「EXTREME」1ターン討伐編成(1500万編成)を試してみた②。クリュサオル編成で大ダメージの方。こちらも武器がある程度揃えればEXTREME+も1ターンでいける(2000万編成)。そもそもバハムート召喚が強い。この2つでした。そして1年前の時はまだEX+のHPが2000万の時代でした。まぁ。この講座はHP1500万のEXが対象なのでそこまで重要ではないですけどね。ということで今回の講座で紹介されている編成2つです。〇メカニック編成・エナジーマニューバでFULL CHAIN撃破!〇ロビンフッド編成・ダメージアビリティを叩き込もう!☆メカニックについては前と一緒ですね。もう一つはクリュサオルからロビンフッドに代わっています。☆ちなみにロビンフッドの編成だと2100万にも余裕で到達します。とりあえず今回は「ロビンフッド」編成の方です。〇内容・ロビンフッドを初めとしたアビリティを即時使用可能になるキャラで、各種ダメージアビリティで火力を叩き込む編成。〇編成・ウェポンバースト付きの即時使用可能アビリティを持つ「ルシウス」。・同じく「コルル」。・即時使用可能アビリティは無いものの、ターン終了時にダメージを与える効果を持つ「ターニャ」。・メインには「セレスト・マグナ」、サポーター召喚石にバハムート。・武器に関しては、専用の武器編成のサンプルページから。☆メカニック編成とは違い奥義を使用するキャラはルシウスとコルルのみですが、ダメージアビリティを大量に使用するのでダメージ量自体は稼ぎやすいです。

  • 2020年10月25日
  • 2021年5月11日

【グラブル】闇ブレグラPROUD+を闇マグナ編成(黒麒麟)で20ターン以内の攻略をしてきたので編成等。1,2戦目はクリュサオルの奥義編成、3戦目はレスラーの背水編成で挑戦。クリアは19ターンでした。(2020年10月開催)

闇ブレイブグラウンドのPROUD+(ハロウィン・トルーパーLv6)を闇マグナ編成で20ターン以内の攻略をしてきたので書いていきます。(2020年10月開催)2020年10月の闇(ハロウィン)ブレイブグラウンドを一通りクリア(PROUD +の20ターン称号、ゴースト・ハンターも取得)してきたので難易度毎に見ていきます。そして今回は難易度PROUD+の「ハロウィン・トルーパーLv6」についてです。PROUD+には連隊戦のクリア合計が20ターン以内でクリアすることで称号を得ることができます。この闇ブレイブグラウンドでは「ゴースト・ハンター」を入手することが出来ます。今回の挑戦では19ターンでのクリアとなり称号の獲得が出来ています。ちなみに今回開催されているブレイブグラウンドは2019年10月に開催されたもので敵とクエストは一緒です。違うのはクエスト名変更と新武器が追加されたことですね。クエスト名「グレー・トルーパー」↓「ハロウィン・トルーパー」新武器「ファントムクロー」ではPROUD+についてです。敵は光属性で連隊戦のバトル回数は3回です。1戦目はLv150「パンプキンニック」。2戦目はLv150「ゴア・シャーマン」。3戦目はLv150「ドグー」。・PROUD+では「デモーネン閣下」「キュルビス卿」は居なくなり、古戦場でも戦った「ドグー」が光属性として登場しています。・パンプキンニックは古戦場で戦うEX+で戦う犬の強化版な敵。・ゴア・シャーマンは奥義性能が上昇する代わりに回復不可となる「奈落の瞳」が付与される。しかも消去不可。そして攻撃力も高い。・「奈落の瞳」以外も「アビリティ封印」があるのでマウントが必要。・ドグーは↑のゴア・シャーマンの様な変なことは無い代わりに、純粋に攻撃力が高い敵。☆光属性の敵なので闇属性の編成で挑戦していくことになります。そして有利になる条件は「回避」成功です。・回避成功により「ラフィング・パンプキン」が発動して、敵に闇属性4回ダメージ。○挑戦した編成について・自召喚石はセレスト・マグナ(5凸)。サポーター召喚石は黒麒麟。○1戦目は奥義編成・ジータちゃんはクリュサオル。・キャラは「ヘレル・ベン・シャレム」「ルリア」「コルル」。・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。○2戦目も同じく奥義編成・ジータちゃんはクリュサオル。・キャラは「ルシウス」「バザラガ」「ヴィーラ」。・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。○3戦目はレスラーの背水通常攻撃編成・ジータちゃんはレスラー。・キャラは「ゾーイ」「シス」「ニーア」、サブに「レイ」。・メイン武器は「黒銀の滅相」、サブには「セレストクロー・マグナ」による背水編成。☆黒麒麟の召喚によりアビリティが再使用出来るのは便利です。ブレグラのようなクリアターンが重要な場面は特に。

  • 2020年10月25日
  • 2021年5月11日

【グラブル】闇ブレグラPROUDを闇マグナ編成(黒麒麟)で攻略してきたので編成等について。1,2戦目はクリュサオルの奥義編成、3戦目はレスラーの背水編成で挑戦。クリアは10ターンぐらいでした。(2020年10月開催)

闇ブレイブグラウンドのPROUD(ハロウィン・トルーパーLv5)を闇マグナ編成で攻略してきたので書いていきます。(2020年10月開催)2020年10月の闇(ハロウィン)ブレイブグラウンドを一通りクリア(PROUD +の20ターン称号、ゴースト・ハンターも取得)してきたので難易度毎に見ていきます。ということで今回は難易度PROUDの「ハロウィン・トルーパーLv5」についてです。(PROUDにはターン称号はありませんが、一応合計で10ターンでの討伐となった編成です)ちなみに今回開催されているブレイブグラウンドは2019年10月に開催されたもので敵とクエストは一緒です。違うのはクエスト名変更と新武器が追加されたことですね。クエスト名「グレー・トルーパー」↓「ハロウィン・トルーパー」新武器「ファントムクロー」ではPROUDについてです。敵は光属性で連隊戦のバトル回数は3回です。1戦目はLv120「ブロックン」「ツミッキー」の2体。2戦目はLv120「ホーンテッド・メイル」。2戦目はLv120「デモーネン閣下」「キュルビス卿」の2体。・3戦目の「デモーネン閣下」「キュルビス卿」はMANIACで登場した時よりもHPや攻撃が増加した感じですね。やっぱり高揚付与があり特殊技を受ける頻度が多くなってしまうので、火力足りない時はディスペルやダメージカットの準備。光属性の敵なので闇属性の編成で挑戦していくことになります。そして有利になる条件は「回避」成功です。・回避成功により「ラフィング・パンプキン」が発動して、敵に闇属性4回ダメージ。○挑戦した編成について・自召喚石はセレスト・マグナ(5凸)。サポーター召喚石は黒麒麟。○1戦目は奥義編成・ジータちゃんはクリュサオル。・キャラは「ヘレル・ベン・シャレム」「ルリア」「コルル」。・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。○2戦目も同じく奥義編成・ジータちゃんはクリュサオル。・キャラは「ルシウス」「バザラガ」「ヴィーラ」。・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。○3戦目はレスラーの背水通常攻撃編成・ジータちゃんはレスラー。・キャラは「ゾーイ」「シス」「ニーア」、サブに「レイ」。・メイン武器は「黒銀の滅相」、サブには「セレストクロー・マグナ」による背水編成。☆黒麒麟の召喚によりアビリティが再使用出来るのは便利です。ブレグラのようなクリアターンが重要な場面は特に。☆ちなみにハロウィン・トルーパーLv6(PROUD +)にも同じ編成で緒戦しています。

  • 2020年2月28日
  • 2020年3月8日

【グラブル】PROUD「求むるを訴え喚く」を闇マグナ編成でクリアしてきたので、編成や内容を見ていきます。敵はLv150ムゲンのみだけど途中で変身。弱体も効かなくなるので味方を強化して対処。今回はビカラちゃんの回避がとてもお役立ち。そして安定のシス君は火力を出したり、敵の特殊を吸ったりして活躍。(こくう、しんしん)

6周年イベント「こくう、しんしん」の難易度PROUD「求むるを訴え喚く」を闇マグナ編成でクリアしてきたので、その編成や敵の行動について見ていきます。シナリオイベントにも毎回実装されるようになった難易度PROUD。シナリオイベントのPROUD強さは、ブレイブグラウンドのPRUOD+の同等かそれ以上な感じです。(天上征伐戦のPROUD+までいきませんが)ただ今回の「求むるを訴え喚く」は気持ち少し楽な気がします。(ニーアのおかげなだけ)というこでPROUD「求むるを訴え喚く」を攻略してきたので、先ずはバトル内容について軽く触れてみます。・バトルは1戦・Lv150 ムゲンが1体・敵のHPが減少すると、次の形態になりHPが全回復。・最初は単体攻撃、形態変化後は全体攻撃○変化前・単体攻撃でダメージを受けると5000とか6000受ける。・弱体効果は基本何でも通用する。・HP75%で次の形態へ移行。○変化後・ここからが本番。変化と同時にHPが全回復し弱体効果が全リセット。・以降は基本的に弱体効果は効かない(カオスルーダーでも当たらない)・ただ防御系の弱体化をしていなくてもダメージは出る・敵の攻撃は全体攻撃となり威力は変化前同様。全体を通して高火力で攻撃してくるムゲン。しかも変化後は弱体が効かないので暗闇等での被ダメージ軽減が出来ない。特殊は高火力の多段攻撃。高火力で攻撃してくるうえ弱体化が出来ないので・暗闇等ではなく味方自体の回避率を上げる・高火力の多段なので敵対心UPとカウンター、無敵との組み合わせこの辺りでどうにかして敵の攻撃を凌いでいく感じ。そんなムゲンに今回挑んだ編成はセレスト・マグナによる闇マグナ編成です。キャラはビカラ・ルシウス・シスそしてニーア達です。イベント「こくう、しんしん」の主役でもあるシスが、高火力で攻撃出来るのと同時に敵対心とカウンターで敵の行動に対応出来ます。ビカラちゃんは回避率UPにより敵からの被ダメージを抑えてくれます。またゆ~とぴあによるテンション効果で火力もUP。そして回避時ディスペルで敵の攻撃UPを解除出来たりします。ルシウスは高火力なダメージアビリティを持つアタッカーです。奥義の火力も高く序盤から中盤にかけて敵のHPを削ってくれます。ニーアちゃんは正位置効果による復活で味方全体の戦線維持を高めてくれます。またフィールド効果で追撃を発生させたり、アビリティで味方の奥義を2回発動させたりとサブから登場後は火力の貢献もバッチリ召喚石は黒麒麟を2枚入れて後半はアビリティの使用を自由に。

  • 2020年1月2日
  • 2020年1月2日

【グラブル】闇属性SSRルシウスの性能や強さについて。白刃炎斬が400万を超えるダメージアビリティで強力。他にも闇属性防御DOWN(累積)もあり便利。ダメージアビリティにより上昇する鬼滅効果により高火力なアタッカーなルシウス。その構成は全てダメージアビリティ。

闇属性SSRキャラ「ルシウス」の性能や強さについてまとめていきます。このルシウスはダメージアビリティを主体としたキャラで、中でも白刃炎斬は簡単に400万超えのダメージを出せて5ターン毎に使用出来ます。また悪鬼無骨で闇属性防御DOWN(累積)もあり弱体も出来るようになっています。またダメージと他のアビリティを再使用可能にするウェポンバーストもあり、独自の強化効果の鬼滅Lvがあり、Lvが上昇するほど火力が強化されます。アタッカーとしてとても使いやすいルシウスです。○というこうとでルシウスさんがSSRで登場です。・SRで登場していたルシウスさんが2020年初のレジェンドフェスでSSRに昇格して登場しました(恒例キャラとして)。また同時期にはヘレル・ベン・シャレムやビカラ等の闇属性キャラが多く追加されたタイミングでもあります。・ダメージアビリティ主体と言いましたが、このルシウスさんは全部ダメージアビリティで構成されています。・性能も同時期に出たユイシスと比べるとシンプルで分かりやすいです。ただその分だけ特殊なことは出来ませんが。その特殊なことが出来ない分の火力を出すことが出来ます。なのでその火力試しにヘクトルHLをソロで攻略して見てきました。(ついでにシャレムちゃんも合わせて見てきました)☆とにかく白刃炎斬と奥義の火力が高く良いアタッカーなルシウスです。☆お空では一貫して対ゴブリンをしているルシウスさんのことを、神バハでマナリアの講師をしているルシウスさんが見たらどう思うのか?それでは性能を見ていきます。

  • 2020年1月1日
  • 2020年1月1日

【グラブル】無料10連ガチャでのSSRの引き具合⑤。(11日目:2020/1/1)レジェンドフェス中なのでビカラちゃんやノア君が欲しいところ。とりあえずルシウスさんは引けました。あとモニカさんも。(2019年ゆく年くる年 最高200連)

新十二神将ビカラが追加されたレジェンドフェスも2日目となりました。ゆく年くる年キャンペーン(2019年12月)の「毎日最高200連ガチャ無料ルーレットキャンペーン」も残り日数が少なくなってきましたね。ということで今回も無料分で何が引けたかを見ていきます。〇引いた時期・2020/1/1 無料期間:11日目◆そういうことなのでガチャピン&ムック様、よろしくお願い致します。ちなみこの無料ガチャキャンペーン中の内容は↓・最初はクリスマスキャラ登場期間・次に風属性キャラUP・中盤はグランデフェス・中盤2はレジェフェス←今回はここ・最後は分からんです。グランデフェスでは新キャラの「ヘレル・ベン・シャレム」が追加されました。ちゃんと無料ルーレットでは*引けなかったので”天井して蒼光の御旗で交換してきました。なので宝晶石やチケットが若干減り気味です。あと期間の最終日の確定200連はレジェンドフェスに被らないので注意ですね。そしてレジェンドフェスですがビカラちゃんが遂にガチャに登場です。キャラSDや奥義演出でもフリフリしていて可愛いですね。今回のレジェンドフェスで追加されるキャラは・ビカラ(十二神将)・ノア(リミテッド)・ユイシス・ルシウス同時に追加される召喚石・べリアル(プロヴィデンス)☆ベリアルはプロヴィデンスという交換不可枠なので自力で引くしかないですね。今回は、①無料ルーレット11日目分と、ビカラちゃんを早く加入させたかったので②200連目までの追い引きこの2つについて見ていきます。え、ビカラちゃん?引けてませんけど?それでは本題、