スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】闇ブレグラPROUDを闇マグナ編成(黒麒麟)で攻略してきたので編成等について。1,2戦目はクリュサオルの奥義編成、3戦目はレスラーの背水編成で挑戦。クリアは10ターンぐらいでした。(2020年10月開催)

2020年11月16日グラブル

広告

闇ブレイブグラウンドのPROUD(ハロウィン・トルーパーLv5)を闇マグナ編成で攻略してきたので書いていきます。(2020年10月開催)

2020年10月の闇(ハロウィン)ブレイブグラウンドを一通りクリア(PROUD +の20ターン称号、ゴースト・ハンターも取得)してきたので難易度毎に見ていきます。

ということで今回は難易度PROUDの「ハロウィン・トルーパーLv5」についてです。
(PROUDにはターン称号はありませんが、一応合計で10ターンでの討伐となった編成です)
ちなみに今回開催されているブレイブグラウンドは2019年10月に開催されたもので敵とクエストは一緒です。違うのはクエスト名変更と新武器が追加されたことですね。

クエスト名
「グレー・トルーパー」

「ハロウィン・トルーパー」
新武器
「ファントムクロー」

ではPROUDについてです。
敵は光属性で連隊戦のバトル回数は3回です。
1戦目はLv120「ブロックン」「ツミッキー」の2体。
2戦目はLv120「ホーンテッド・メイル」。
2戦目はLv120「デモーネン閣下」「キュルビス卿」の2体。
・3戦目の「デモーネン閣下」「キュルビス卿」はMANIACで登場した時よりもHPや攻撃が増加した感じですね。やっぱり高揚付与があり特殊技を受ける頻度が多くなってしまうので、火力足りない時はディスペルやダメージカットの準備。

光属性の敵なので闇属性の編成で挑戦していくことになります。そして有利になる条件は「回避」成功です。
・回避成功により「ラフィング・パンプキン」が発動して、敵に闇属性4回ダメージ。

○挑戦した編成について
・自召喚石はセレスト・マグナ(5凸)。サポーター召喚石は黒麒麟。

○1戦目は奥義編成
・ジータちゃんはクリュサオル。
・キャラは「ヘレル・ベン・シャレム」「ルリア」「コルル」。
・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。

○2戦目も同じく奥義編成
・ジータちゃんはクリュサオル。
・キャラは「ルシウス」「バザラガ」「ヴィーラ」。
・メイン武器は「麒麟剣」、コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」。サブには「アビススパイン」を入れた必殺編成。

○3戦目はレスラーの背水通常攻撃編成
・ジータちゃんはレスラー。
・キャラは「ゾーイ」「シス」「ニーア」、サブに「レイ」。
・メイン武器は「黒銀の滅相」、サブには「セレストクロー・マグナ」による背水編成。

☆黒麒麟の召喚によりアビリティが再使用出来るのは便利です。ブレグラのようなクリアターンが重要な場面は特に。
☆ちなみにハロウィン・トルーパーLv6(PROUD +)にも同じ編成で緒戦しています。

それではPROUDについて見ていきます。

広告

スポンサーリンク

闇ブレグラのPROUD「ハロウィン・トルーパーLv5」を闇マグナ編成で攻略(2020年10月開催)

PROUDについて

○連隊戦のバトル回数は3戦。
○クリア報酬は初回のみ。挑戦回数には制限無し。

○1戦目はLv120「ブロックン」「ツミッキー」の2体。
・特殊技は味方全体を対象。追加の弱体効果は「防御DOWN」等。
・「ブロックン」は敵全体のHP回復、「ツミッキー」は敵全体の攻撃力UP・連続攻撃確率UPする特殊技が有り。

○2戦目は「ホーンテッド・メイル」
・特殊技は味方全体やランダム対象。
・付与される弱体効果は「連続攻撃確率DOWN」「灼熱」「強圧」等。

○3戦目はLv120「デモーネン閣下」「キュルビス卿」の2体。
・通常攻撃は単体。
・特殊な強化効果で敵に毎ターン攻撃と連続攻撃確率UP。
・高揚の付与が2体同時にされ特殊技を受ける頻度が増加。
・途中フィールド「ファゼロン」が発動して、バトルターンが進行が加速。
・弱体効果として「絶命」「魅了」「ハレーション」も有り。
・行動内容はMANIACと変わらず。

☆敵が2体同時に登場したりするけど、どっかの虫と違って変な防御力やダメージ無効が無いので戦いやすい。ただしPROUDにもなると火力が結構高いので素早く倒すか、ダメージ軽減等もしくは今回のブレイブグラウンド有利条件でもある「回避」をして対処。

連隊戦の編成

1戦目:奥義編成

○ジータちゃんはクリュサオル。
・アビリティは「他心陣」「アーセガル」「デュアルアーツ」

○へレル・ベン・シャレム
・アバカムによるダメージと「宵の宣告」の付与により奥義火力UPと味方全体の闇属性攻撃UP
・「インヴィジブルタッチ」でタッチで狙って回避をすることが可能。
・「ロス・エンドス」では命中率DOWNを付与出来るので、特殊技を受けることを防ぐことができる。

○ルリア
・高火力奥義と追加効果で防御DOWNの付与。
・アビリティの使用回数を調整して連続したターンで奥義発動。

○コルル
・「カッチカチでごんす」と回避を合わせて、確実に被ダメージを無くしつつ「ラッフィング・パンプキン」の発動。
・毎度お馴染みの「ちぇすと」によるダメージ稼ぎと防御DOWN(累積)効果。
・「ステイアライブ」で奥義バースト、そして他アビリティ再使用可による火力。

○メイン武器は「麒麟剣」
・奥義の追加効果で闇属性防御DOWNを付与出来る。またEX攻刃としてもスキルLv20まで上げることが出来て火力にも繋がる。
・さらに光属性ダメージ軽減もあり使い易い武器。
○コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」
・フェディエルHLから入手出来るアンセスタルシリーズ。
・奥義では味方全体の奥義ゲージUPや奥義性能UP。
・スキルでは渾身と残HPに依存した渾身向けの奥義性能UP。

○他の武器は
・「アビススパイン」
・「バハムートダガー・フツルス」
・「麒麟弓」
・「闇の子の歯牙」
・「永遠拒絶の太刀」(CB上限)
・「フォールン・ソード」

☆アビススパインによる必殺編成。

○メイン召喚石はセレスト・マグナ(5凸)。
○サポーター召喚石は黒麒麟。
・アビリティ再使用可能により奥義を連発していく。

○サブの召喚石は
・「バハムート」
・「デス」
・「フレイ」
・「ベリアル」

2戦目:奥義編成

○ジータちゃんはクリュサオル。
・アビリティは「他心陣」「アーセガル」「デュアルアーツ」

○ルシウス
・「白人炎斬」と「悪鬼無骨」といった火力のあるダメージアビリティ。奥義後には2回発動も可能。
・「急・改」は奥義バーストとダメージ、加えて他のアビリティが即時使用可能となりダメージ源となる。

○バザラガ
・「インステクション」は逆境付きの高威力なダメージアビリティ。
・奥義でオーバード・グロウノス効果を得ると被ダメージで「インステクション」を発動できるようになりダメージを稼げる。

○ヴィーラ
・「レイヤーライズⅡ」で敵の攻防DOWN(累積)、さらに自分の攻防UP。
・「イーヴィング・レジスタンス」で味方全体の弱体効果無効。使用間隔は長いけど今回は黒麒麟を使用するので問題はあまり無い。
・「アフェクション・オース」では敵の闇と光属性の攻防DOWN、そして自身のHP回復。
・「シュヴァリエ・マージ」により光属性の特性、サポートアビリティにより火力と奥義の回転率上昇。

○メイン武器は「麒麟剣」
・奥義の追加効果で闇属性防御DOWNを付与出来る。またEX攻刃としてもスキルLv20まで上げることが出来て火力にも繋がる。
・さらに光属性ダメージ軽減もあり使い易い武器。
○コンパニオンウェポンは「フェディエル・スパイン」
・フェディエルHLから入手出来るアンセスタルシリーズ。
・奥義では味方全体の奥義ゲージUPや奥義性能UP。
・スキルでは渾身と残HPに依存した渾身向けの奥義性能UP。

○他の武器は
・「アビススパイン」
・「ゼカリヤ」
・「麒麟弓」
・「闇の子の歯牙」
・「永遠拒絶の太刀」(CB上限)
・「フォールン・ソード」

☆1戦目の編成と同じ様に、アビススパインによる必殺編成。

○メイン召喚石はセレスト・マグナ(5凸)。
○サポーター召喚石は黒麒麟。
・アビリティ再使用可能により奥義を連発していく。

○サブの召喚石は
・「バハムート」
・「デス」
・「フレイ」
・「ナハト」

3戦目:レスラーによる背水ツープラトン編成

○ジータちゃんはレスラー。
・アビリティは「ミゼラブルミスト」「ツープラトン」「ツインサーキュラー」

○ゾーイ
・「コンジャクション」によりHPを1にして背水発動。無敵の付与もかなり役に立つ。
・ニーアを初手で落とすので「コンジャクション」による吸収効果でHPが回復せずに背水の維持が可能。

○シス
・「神狼」のより自動強化されるメインアタッカー。奥義では回避もあるので有利条件による「ラッフィング・パンプキン」も発動させ易い。
・「惡門・羅刹」により与ダメージ上昇と追撃の付与。
・「鬼門・修羅」による恐怖と命中率DOWNも有効。
・「反撃の狼煙」で特殊行動に反応してダメージ。

○ニーア
・「死ト愛ノ世界」で攻撃力上昇と追撃付与。
・「終焉ノ愛」で味方1人を指定して奥義2回発動を付与。
・自身の効果以外による戦闘不能で発動する「残執」で敵(味方)を弱体化。

○レイ
・ニーアを1ターン目に落としてサブから登場。
・高火力なシスに対して「阿頼耶識」を使用することで火力UP。
・「白眼視」でダメージを0にして背水による低HPをカバー。

○メイン武器は「黒銀の滅爪」
・奥義の追加効果で味方全体にブロック効果とカウンター(被ダメージ/3回)の付与。
・そしてEX攻刃「極大」。

○他の武器は
・「セレストクロー・マグナ」
・「グラーシーザー」
・「麒麟弓」
・「闇の子の歯牙」
・「永遠拒絶の太刀」(CB上限)
・「フェディエル・スパイン」

☆セレストクロー・マグナによる背水編成。
(そしてフェディエル・スパインは外し忘れ)

○メイン召喚石はセレスト・マグナ(5凸)。
○サポーター召喚石は黒麒麟。
・アビリティ再使用可能により「ツープラトン」での火力や、「コンジャクション」「白眼視」によるダメージ無効のループ。

○サブの召喚石は
・「バハムート」
・「デス」
・「フレイ」
・「ベリアル」

☆4ターン目になり次第こちらもフレイを発動して火力の上昇。

1戦目:Lv120 ブロックン&ツミッキー

1ターン目

☆1ターン目はコルルの奥義を使用。
☆ブロックンのHPが50%を切りHP回復され51%に。

2ターン目:ブロックン討伐

☆2ターン目はジータちゃん「デュアルアーツ」の発動からの2連奥義。同時に「アナザーブレイドⅡ」を使用して奥義は2回とも「フェディエル・スパイン」のものに変更。

☆ジータちゃんの奥義そしてルリアの奥義で「ブロックン」を討伐。

3ターン目:ツミッキー討伐

☆ジータちゃんは「他心陣」を使い奥義発動可能、さらに前ターンの「デュアルアーツ」効果が残っているので2連奥義。
☆シャレムとコルルはここで奥義ゲージが溜まったので奥義発動。
☆ルリアもアビリティを残して置いたので再び奥義の発動可能。

☆奥義順番に使用していきコルルの奥義効果の「ちぇすと」で「ツミッキー」も討伐完了となり1戦目は終了。

2戦目:ホーンテッド・メイル

1ターン目

☆ジータちゃんは「他心陣」「デュアルアーツ」で奥義2連発の構え。そして「アナザーブレイド」奥義をコンパニオンウェポン側に変更。
☆ルシウスは「白人炎斬」と「悪鬼無骨」その後「急・改」を使用。再使用可能になった他2つのアビリティは返しのターンに温存。
☆バザラガは全アビリティ、ヴィーラは「シュヴァリエマージ」以外を使用。

☆1ターン目はヴィーラ以外が奥義を使用。

☆敵のターンではHP75%による特殊技「掃討」。味方全体をランダムに攻撃と弱体効果もありますが、ダメージも大したことなくヴィーラのマウントもあるので問題はありませんでした。

2ターン目

☆2ターン目に入り、1ターン目に残していたアビリティを全使用です。
☆その後に黒麒麟を召喚してアビリティを再使用可能に。
☆そして1ターン目と同じ様にアビリティを使用して攻撃していきます。

☆返しの敵ターンではHP25%での特殊行動「シールドブレイク・レイ」が発動されました。ここでも弱体効果が発生しますが黒麒麟によりマウントも再使用しているので弱体は無しです。

☆そしてバザラガがダメージを受けたことで「インステクション」が発動して、このターンで敵の残りHPは13%。

3ターン目

☆このバトルの最終ターンです。
☆ジータちゃんは「他心陣」「デュアルアーツ」で再び奥義2連発。あとはルシウスのダメージアビリティ2種類を使用して攻撃開始です。

☆最後はジータちゃんの奥義でトドメを刺して2戦目も終了です。

3戦目:Lv120 デモーネン閣下&キュルビス卿

1ターン目①

☆始めにニーアの各アビリティを使用。「終焉ノ愛」による奥義再発動はシスに付与。
☆アビリティ使用後は「デス」で敵にダメージを与えニーアを戦闘不能にして、敵と味方に「残執」を付与して防御DOWNと連続攻撃確率DOWNとHP回復不可を付与。そしてサブからレイが登場後味方全体にトリプルアタック確率UP。

☆レイ登場後に各キャラのアビリティ(ツープラトンとレイの2、3以外)を使用。レイの「阿頼耶識」はシスに使用。
☆最後にツープラトンを使用した段階でキュルビス卿のHPは72%

☆MANIACの時はこの段階で56%だったのでHPが増えているのが分かります。

1ターン目②

☆攻撃後の敵のターンに「トリートフレア」が発動されます。「コンジャクション」によりダメージはありませんが、敵に高揚が付与されます。
☆ただシスの恐怖が付与されているので高揚は機能しないので、今の内に倒していきます。

2ターン目:キュルビス卿討伐

☆ここではレイの「白眼視」で被ダメージを0の状態にしてから攻撃に移ります。

☆そしてシスの攻撃によりキュルビス卿の討伐は完了です。

3ターン目

☆3ターン目に入りデモーネン閣下のみとなりました。
☆ここから黒麒麟を召喚して1ターン目と同じようにツープラトンそして攻撃に繋げていきます。

☆敵のターンに特殊技「デスブラスト」を受けましたが、対象となったシスは奥義により回避が発動するのでダメージは無しです。お返しに「ラフィング・パンプキン」と「反撃の狼煙」でダメージを与えていきます。

 4ターン目:デモーネン閣下討伐

☆ 4ターン目がこのバトルの最終ターンです。
☆フレイを召喚してシスの火力UP、一応保険としてレイの「白眼視」を使用しておきます。

☆最後はシスのトリプルアタック×2で、デモーネン閣下の討伐完了となりPROUDをクリアです。

ハロウィン・トルーパーLv5のまとめ

☆ということで難易度PROUDのハロウィン・トルーパーLv 5を闇マグナ編成で討伐完了です。

☆報酬関係は初回のみなので、今回での挑戦は無しです。

☆1、2戦目は 3ターン、3戦目は 4ターンで合計10ターンでのクリアとなりました。
☆やっぱり「フェディエル・スパイン」による奥義が強いです。
☆背水もデスとレスラーによる攻撃回数、コンジャクションと残執による低HP維持による火力が良い感じです。防御面に関してもコンジャクションと白眼視で安定です。

☆ただ一番の活躍は黒麒麟。

☆そして次は20ターン称号もあるPROUD+について見ていこうと思います。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村