現在(2021/5/20)ブログ外観変更中により表示が不安定になっています。

【グラブル】ウーノの限界超越の為、「槍の銀片」や「朽ち果てた槍」をエンジェル及びディメンション・ヘイロー周回で集め中。「銀片200個」と「朽ち果てた武器120個(3凸×30個)」必要なので、時間のある時に集めていきたい。2月には「サラーサ」「カトル」の限界超越もあるので。

十天衆ウーノの“限界超越“に「槍の銀片」と「朽ち果てた槍」が大量に必要なので、エンジェル及びディメンション・ヘイローで集めているので少し書いていきます。

2020年12月に十天衆の更なる上限解放“限界超越”が実装されましたね。
最初は「ウーノ」と「ソーン」の2人に実装され、そこから2月ぐらいの間隔で次々と実装されていくスケジュールがグラフェス2020で発表されていました。

「ソーン」に関しては第一段階の限界超越は終わったので、
【グラブル】限界超越「ソーン」の性能を見ていきます。奥義が「ステラ・ターミネイション」に変化して、「クリンチャー」周りが強化されダメージを多く稼げるように。(限界超越Lv110)

今回は2021年4月の水有利古戦場に向けて「ウーノ」の“限界超越“を間に合わせるための素材集めについてです。

十天衆の限界超越には、いくつか条件があります。
・RANK150以上
・対象十天衆の覚醒Lv7
・対象十天衆の4つ目のアビリティ取得
条件は緩いですが、問題はそこから先の「限界超越に必要な素材」です。
ただ“最初“に必要とされる素材の難易度的には「六竜」素材が少しだけ上ぐらいで他は大したことありませんが、量がとにかく多いです。
(大したことないと言っても、ヒヒイロカネは約束事のように要求されるけど)

○ウーノの“限界超越“の1段階目に必要な素材
☆1段回目という通り限界超越はLv10毎に素材が要求されるタイミングがあります。

・無我・天伐槍:1個
・アビサル・トラジェディー:50個
・水の光輪:80個
・ダマスカス骸晶:20個

☆限界超越に伴い新たなアイテム「無我・天伐槍」が追加されました。これはショップの「限界超越」タブから素材と交換して入手ができます。

☆「無我・天伐槍」に要求される素材は、
・ヒヒイロカネ:1個
・槍の銀片:200個
・青き依代の槍:30個

☆ここで「ヒヒイロカネ」が要求されます。なので最低でも10人分の限界超越用に「ヒヒイロカネ」を確保しておく必要が出てきました。

☆残りの「依り代」「銀片」は最終上限解放時の「黄金の依代」作成に使用したものですね。最近では英雄武器の製作にも使われたりしますが、それが要求されています。

☆ただ要求量がとにかく多いです。「青き依代の槍」に関しては「朽ち果てた槍」の3凸から作成するので、元となる武器が120個も必要となります。

☆「槍の銀片」については、十天衆の最終上限解放”実装当時”とは違い、ヘイロー10回でディメンション・ヘイロー発生の確定やアーカーシャHLがあるので集めやすいです。ただし要求数が200個なのでどちらにしても時間がかなり必要となります。

☆さらに「ダマスカス骸晶」を20個要求されているので、ショップからのダマスカス鋼への交換もこれからは控えていく必要がありますね。
☆加えて「シナリオイベント」や「アルバハHLを始めとしたマルチバトル」から、その破片である「ダマスカス磁性粒子」集めもしていきたいです。

☆ということで、ウーノの“限界超越”に必要なアイテム「無我・天伐槍」の素材「槍の銀片」「朽ち果てた槍」が足りないので、「エンジェル・ヘイロー」と「ディメンションヘイロー」の周回です。

・「朽ち果てた槍」は“銀片“が集まるまで、エンジェル・ヘイローを周回して集めようと思います。ついでにまだ限界超越の実装されていない十天衆分も合わせて集めていきます。

・「銀片」はアーカーシャHLからも入手可能ですが、ランダムかつ「朽ち果てた武器」も欲しいので、エンジェルヘイローを周回しつつ「槍の銀片」を確実に入手できるディメンション・ヘイローを周回しました。
ただ急がない場合は、アーカーシャHLから青箱「ヒヒイロカネ」を狙いながら救援参加もいいですね。

☆「朽ち果てた武器」はヘイローだと入手自体が不確定ですが、弱バハ君(邂逅、黒銀の翼)だと確定で1つは入手できます。強バハ自発の為にも弱バハにもある程度通っていきたいところ。

☆今回のヘイロー周回のメリットとすれば「エンジェル武器」「白竜鱗」や各種「宝珠」「ジーン」が手に入ることがありますね。
☆特に「宝珠」「ジーン」は、「朽ち果てた武器」を「依代」にする時に必要となるので重要です。しかも「依代」を30個も作成することになるので、消費量的にも同時に素材集めをしておきたいですね。

○ディメンション・ヘイロー
・エンジェル・ヘイローをクリア時にランダムで発生。10回クリアで1回は確定で「ディメンション・ヘイロー」が発生します。

・「銀片」を入手するには、対応した十天衆を編成する必要がありますが、たまに挑戦すると、編成を忘れたり、2人編成してしまうことがあります。
(特にエッセルを外し忘れていた編成で、挑戦してから気づくパターンが多いです……〈2人編成すると、どちらかに対応した銀片がドロップ〉

○ちなみに周回編成
・エンジェル・ヘイローは両面カグヤ(もしくはドロップUP召喚石)。ジョブは黒猫道士で全体的攻撃をしながら各バトルを1ターンで。
・他は育成用キャラ。サブのメダルの姫様とエッセルは固定。
・ディメンション・ヘイローはアグニス編成。アプサラスで槍得意キャラのTAを確定させシヴァ召喚で1ターン討伐。そして「槍の銀片」が欲しいのでサブには「ウーノ」。

では、ヘイロー周回(素材集め)について見ていきます。

エンジェル及びディメンション・ヘイローで「槍の銀片」「朽ち果てた槍」集め

○ディメンション・ヘイローでの銀片集めの流れ
・エンジェル・ヘイロー(VERY HARD)クリア時にランダムでディメンション・ヘイローが発生するので周回
・ディメンション・ヘイローは編成した十天衆に対応した天星器に変身して、その銀片をドロップさせる。
・↑の繰り返し
※銀片は1個ドロップする。十天衆を2人以上編成したら、編成に対応したものにランダムに変身する。
・あと対応した「銀の依代」もランダムでドロップする。(これから先の限界超越の段階で要求される可能性があるので、これも取っておきたい)

エンジェル・ヘイローの周回

☆両面カグヤにしてドロップ率と獲得経験値をUPさせて周回です。

☆黒猫道士はブラックチャームをしなければ全体攻撃なので、ジータちゃんだけで倒す。

☆それにして黒猫道士の動きは可愛い。そしてミレイユやクラリス達(年末年始で引いて育てていなかったキャラ)はEXP・LB稼ぎ。

○装備に関して

・メイン武器に「トリートスティック」。クエスト終了時に「キャラにEXPを与える」お菓子がランダム入手可能。
・サブには「プロトタイプ」や「アネモイの竪琴」で獲得経験値UPと、「ネプテゥヌスの三叉鉾」で獲得RankポイントUP。

☆この周回を10人分、さらに限界超越は5段階あることを考えると恐ろしい……。

ディメンション・ヘイローへの挑戦

☆ディメンション・ヘイローが発生したら挑戦していきます。

☆編成はアグニス×シヴァです。霹靂閃電で槍得意キャラのトリプルアタックを確定させ、その上にシヴァを召喚して1ターンで倒してきます。

☆「槍の銀片」が欲しいのでサブに「ウーノ」を編成しています。そして1戦辺り「銀片」は1個ドロップ。

☆武器に関しては「イクサバ」を入れたこんな感じ。

☆「ディメンションヘイロー」を変身させずに倒していますが、ちゃんとサブに対応した十天衆がいれば変身をスキップしても「銀片」の入手は可能。

進捗とまとめ

☆今回集め始めなので「槍の銀片」は18個ほど。

☆「朽ち果てた槍」は3凸が14個とこちらも先が遠い。

☆前にモンクの英雄武器作成の時に「朽ち果てた武器や銀片が英雄武器に使用されることが増えたのでヘイローの需要が増えましたね」とか言ってたら、ホントにぶっ飛んだ量を要求され始めました。

☆他の十天衆の限界超越や新ジョブの英雄武器も控えてるので、空いた時にはヘイローやアーカーシャに挑戦して素材集めがより重要です。

☆この片の素材以外にも「ダマスカス骸晶」や「ヒヒイロカネ」が不足しそうなので、「邂逅、黒銀の翼HL」や「神撃、究極の竜HL」にも合わせて通って集めたいです。(直ぐにはドロップしませんけど)

★2月から先の限界超越の予定(グラフェスより)

●2020/12/21~
・順次Lv110まで限界超越が可能
1弾:12/21:「ウーノ」「ソーン」
2弾:2021年2月:「サラーサ」「力トル」

●2021年4月~
・「ウーノ」「ソーン」「サラーサ」「カトル」がLv130まで限界超越が可能
3弾:2021年4月:「フュンフ」「シス」
4弾:2021年6月:「シエテ」「オクトー」

●2021年8月~
・全ての十天衆がLv150まで限界超越が可能
5弾:2021年8月:「ニオ」「エッセル」

グラブル】グラフェス2020DAY1のアップデート情報まとめ。十天衆の上限解放「限界超越」の実装が判明。今年の年年歳歳はPREMIUM、報酬にはRキャラのビカラちゃん。等々

画像引用元:グランブルーファンタジー

最新情報をチェックしよう!

グラブルの最新記事8件