TAG

ウーノ

  • 2021年4月11日
  • 2021年5月11日

【グラブル】水古戦場95HELL「セキトバ」をヴァルナ編成でフルオートソロ周回。95HELLからは「火属性追撃」「気絶」効果が追加。水有利なのでいつも通りリリィちゃんのお時間です。(2021年4月 水有利古戦場)

水古戦場の95HELL【セキトバ】をヴァルナ編成でフルオートソロ周回しているので、敵の行動とかを見ていきます。2021年4月の星の古戦場も本戦2日目に入りましたね。そしてHELLは三国志で良く聞く、呂布の赤兎馬ならぬ「セキトバ」。某ウマ娘がリリースされたこともあり?お空で「セキトバ」?が登場。去年は「スルト」「エッリル」達のような”刻印により強化される召喚石”がHELLの敵として登場していました。(1体だけはティラノサウルスだったけど)今年は「セキトバ」や「カリュブディス」のような”奥義加護+追撃・連続攻撃確率UPの召喚石”シリーズで統一されていきそうですね。(マンモスの時には盛り上がりそう)本戦に突入したことで95HELLも解放されているので、今回は95HELLのセキトバについてです。○先ずは90HELLセキトバのおさらい・通常攻撃は味方全体。・特殊技の追加効果で「セキトバ」自身に「ダブルアタック確率UP」。・味方への弱体効果は「強圧」「攻撃力DOWN」「灼熱」。☆「セキトバ」専用の特殊な強化効果は今のところ見られないですね。☆厄介な効果は「強圧」ですね。回復不可の状態で上位HELLになった時の立て直しが辛くなりそうです。★↑が90HELL。ということで↓が95HELL。○”95HELL”セキトバ”について・通常攻撃は味方全体。・敵の残りHP50%で弱体効果回復。特殊技「焔馬気炎」・味方全体をランダムに攻撃。・弱体効果はセキトバに「火属性追撃」と「ダブルアタック確率UP」特殊技「焔喊馬嘶」・味方全体に攻撃。・弱体効果は味方全体への「強圧」。味方1人に「気絶」特殊技「猛焔奮迅」・味方全体へ攻撃。・味方に「攻撃力DOWN」「灼熱」☆95HELLからは「火属性追撃」と「気絶」が新しく追加されていますね。☆「火属性追撃」は「ダブルアタック確率UP」と同時に付与されるので被ダメージが一気に増えていきます。☆そしてお約束の50%弱体効果回復。○挑戦した編成・「ヴァルナ」を両面に選択した水神石編成。・武器編成は「ワムデュス・ナイダリア」や「ガリレオ・サイト」による技巧編成。・ジータちゃんは「レリックバスター」。・キャラは「ウーノ」「リリィ」「ヴァジラ」。☆レリックバスターの「タクティカルシールド」やリリィのホワイトヒール(春風効果)で弱体効果を防いでいきます。☆敵の強化効果はヴァジラの奥義で「ディスペル」。それでは95HELLセキトバをヴァルナ編成によるフルオートソロ周回についてです。

  • 2021年3月27日
  • 2021年5月11日

【グラブル】”限界超越”十天衆「ウーノ」の性能について。奥義が「真槍破邪顕正陣」に変化して、「吸収」効果が追加。相変わらず「刹那の閃き」に火力がよい。あとやっぱり十天衆にはマントが似合う。(限界超越Lv110)

「限界超越」した水SSR十天衆「ウーノ」の性能についてまとめていきます。十天衆の最終上限解放の更なる上限解放である”限界超越”今回は水属性の十天衆「ウーノ」の”限界超越”後の性能についてです。2020年12月に十天衆の更なる上限解放“限界超越”が実装されましたね。この限界超越は5段階に分かれていて10Lv毎に解放条件が存在します。最初は「ウーノ」と「ソーン」の2人に実装され、そこから2月ぐらいの間隔で次々と実装されていくスケジュールがグラフェス2020で発表されていました。○2021年3月段階では「ウーノ」「ソーン」「サラーサ」「力トル」まで限界超越(Lv110まで)が可能となっています。今回は2021年4月の水有利古戦場に向けて「ウーノ」を“限界超越“させたので見ていきます。(カトルも同時に限界超越させたので、そちらはまた別のところで)○十天衆の限界超越の条件・RANK150以上・対象十天衆の覚醒Lv7・対象十天衆の4つ目のアビリティ取得☆条件は緩いですが、問題はそこから先の「限界超越に必要な素材」です。☆ただ必要とされる素材の難易度的には「六竜」素材が少しだけ上ぐらいで他は大したことありません。しかし量がとにかく多いです。(大したことないと言っても、ヒヒイロカネは約束事のように要求されるけど)○ソーン“限界超越“の1段階目に必要な素材☆1段回目という通り限界超越はLv10毎に素材が要求されるタイミングがあります。・無我・天伐槍:1個・アビサル・トラジェディー:40個・水の光輪:80個・ダマスカス骸晶:20個☆限界超越に伴い、新たにアイテム「無我・天伐槍」が追加されています。これはショップの「限界超越」タブから素材と交換して入手ができます。そして、それに要求される素材は、・槍の銀片:200個・青き依代の槍:30個☆両方共に最終上限解放時の「黄金の依代」作成に使用したものですね。最近では英雄武器の製作にも使われりしますが、それが要求されています。☆ただ要求量がとにかく多いです。「青き依代の槍」に関しては「朽ち果てた槍」の3凸から作成するので、元となる武器が120個も必要となります。☆さらに素材には「水の宝珠」「アクア・ジーン」「星晶の欠片」がそれぞれ250個、それが30個分も必要となるので一気に素材が減っていきます。(カトルも同時に行った為、一気に減りました)☆槍の銀片については十天衆の最終上限解放実装時とは違い、ヘイロー10回でディメンション・ヘイロー発生の確定やアーカーシャHLがあるので集めやすいです。ただし要求数が200個なのでどちらにしても時間がかなり必要となります。☆そしてダマスカス骸晶を20個要求されているので、ショップからのダマスカス鋼への交換もこれからは控えていくことや、シナリオイベントでのバトルや高難度のマルチバトルで「ダマスカス磁性粒子」のドロップを狙っていく必要があります。○限界超越「ウーノ」の強化点◆奥義が「真槍破邪顕正陣」に変化。・「吸収」効果が追加。◆LBの4行目が解放、LB強化数上限が上昇。・Lv110になることでダメージ上限UPを取得可能。・LB強化数上限が5上昇。☆限界超越の第1段階では奥義の強化に伴い、「吸収」効果が追加され味方全体のHP回復が可能になりました。☆元々の防御よりな性能がさらに上昇した感じの強化となっていますね。☆まだ限界超越の第1段階なので、これから先も強化されていき性能にはまだまだ期待が出来ますね。(ただ要求される素材が中々エグそう)☆ちなみに、さらなる限界超越に必要なアイテムが古戦場等の勲章交換に追加されるようです。☆限界超越のフェイトエピソードは最終上限解放の続きとなり、今後展開の伏線も張られたりするので読んでおきたいところ。それでは”限界超越”十天衆「ウーノ」の性能を見ていきます。

  • 2021年1月24日
  • 2021年5月11日

【グラブル】ウーノの限界超越の為、「槍の銀片」や「朽ち果てた槍」をエンジェル及びディメンション・ヘイロー周回で集め中。「銀片200個」と「朽ち果てた武器120個(3凸×30個)」必要なので、時間のある時に集めていきたい。2月には「サラーサ」「カトル」の限界超越もあるので。

十天衆ウーノの“限界超越“に「槍の銀片」と「朽ち果てた槍」が大量に必要なので、エンジェル及びディメンション・ヘイローで集めているので少し書いていきます。2020年12月に十天衆の更なる上限解放“限界超越”が実装されましたね。最初は「ウーノ」と「ソーン」の2人に実装され、そこから2月ぐらいの間隔で次々と実装されていくスケジュールがグラフェス2020で発表されていました。「ソーン」に関しては第一段階の限界超越は終わったので、【グラブル】限界超越「ソーン」の性能を見ていきます。奥義が「ステラ・ターミネイション」に変化して、「クリンチャー」周りが強化されダメージを多く稼げるように。(限界超越Lv110)今回は2021年4月の水有利古戦場に向けて「ウーノ」の“限界超越“を間に合わせるための素材集めについてです。十天衆の限界超越には、いくつか条件があります。・RANK150以上・対象十天衆の覚醒Lv7・対象十天衆の4つ目のアビリティ取得条件は緩いですが、問題はそこから先の「限界超越に必要な素材」です。ただ“最初“に必要とされる素材の難易度的には「六竜」素材が少しだけ上ぐらいで他は大したことありませんが、量がとにかく多いです。(大したことないと言っても、ヒヒイロカネは約束事のように要求されるけど)○ウーノの“限界超越“の1段階目に必要な素材☆1段回目という通り限界超越はLv10毎に素材が要求されるタイミングがあります。・無我・天伐槍:1個・アビサル・トラジェディー:50個・水の光輪:80個・ダマスカス骸晶:20個☆限界超越に伴い新たなアイテム「無我・天伐槍」が追加されました。これはショップの「限界超越」タブから素材と交換して入手ができます。☆「無我・天伐槍」に要求される素材は、・ヒヒイロカネ:1個・槍の銀片:200個・青き依代の槍:30個☆ここで「ヒヒイロカネ」が要求されます。なので最低でも10人分の限界超越用に「ヒヒイロカネ」を確保しておく必要が出てきました。☆残りの「依り代」「銀片」は最終上限解放時の「黄金の依代」作成に使用したものですね。最近では英雄武器の製作にも使われたりしますが、それが要求されています。☆ただ要求量がとにかく多いです。「青き依代の槍」に関しては「朽ち果てた槍」の3凸から作成するので、元となる武器が120個も必要となります。☆「槍の銀片」については、十天衆の最終上限解放”実装当時”とは違い、ヘイロー10回でディメンション・ヘイロー発生の確定やアーカーシャHLがあるので集めやすいです。ただし要求数が200個なのでどちらにしても時間がかなり必要となります。☆さらに「ダマスカス骸晶」を20個要求されているので、ショップからのダマスカス鋼への交換もこれからは控えていく必要がありますね。☆加えて「シナリオイベント」や「アルバハHLを始めとしたマルチバトル」から、その破片である「ダマスカス磁性粒子」集めもしていきたいです。☆ということで、ウーノの“限界超越”に必要なアイテム「無我・天伐槍」の素材「槍の銀片」「朽ち果てた槍」が足りないので、「エンジェル・ヘイロー」と「ディメンションヘイロー」の周回です。・「朽ち果てた槍」は“銀片“が集まるまで、エンジェル・ヘイローを周回して集めようと思います。ついでにまだ限界超越の実装されていない十天衆分も合わせて集めていきます。・「銀片」はアーカーシャHLからも入手可能ですが、ランダムかつ「朽ち果てた武器」も欲しいので、エンジェルヘイローを周回しつつ「槍の銀片」を確実に入手できるディメンション・ヘイローを周回しました。ただ急がない場合は、アーカーシャHLから青箱「ヒヒイロカネ」を狙いながら救援参加もいいですね。☆「朽ち果てた武器」はヘイローだと入手自体が不確定ですが、弱バハ君(邂逅、黒銀の翼)だと確定で1つは入手できます。強バハ自発の為にも弱バハにもある程度通っていきたいところ。☆今回のヘイロー周回のメリットとすれば「エンジェル武器」「白竜鱗」や各種「宝珠」「ジーン」が手に入ることがありますね。☆特に「宝珠」「ジーン」は、「朽ち果てた武器」を「依代」にする時に必要となるので重要です。しかも「依代」を30個も作成することになるので、消費量的にも同時に素材集めをしておきたいですね。○ディメンション・ヘイロー・エンジェル・ヘイローをクリア時にランダムで発生。10回クリアで1回は確定で「ディメンション・ヘイロー」が発生します。・「銀片」を入手するには、対応した十天衆を編成する必要がありますが、たまに挑戦すると、編成を忘れたり、2人編成してしまうことがあります。(特にエッセルを外し忘れていた編成で、挑戦してから気づくパターンが多いです……〈2人編成すると、どちらかに対応した銀片がドロップ〉○ちなみに周回編成・エンジェル・ヘイローは両面カグヤ(もしくはドロップUP召喚石)。ジョブは黒猫道士で全体的攻撃をしながら各バトルを1ターンで。・他は育成用キャラ。サブのメダルの姫様とエッセルは固定。・ディメンション・ヘイローはアグニス編成。アプサラスで槍得意キャラのTAを確定させシヴァ召喚で1ターン討伐。そして「槍の銀片」が欲しいのでサブには「ウーノ」。では、ヘイロー周回(素材集め)について見ていきます。

  • 2021年1月23日
  • 2021年5月19日

【グラブル】六竜マルチHL「ウィルナスHL」を水マグナでフルオートソロ討伐したので編成や内容について。リリィやウーノで火属性ダメージカットを長いターン数得て、ダメージを軽減しながら挑戦。青箱に関しては、やっぱり運の影響が。(六竜マルチHLフルオート)

六竜マルチHLの【ウィルナスHL】を水マグナ編成でフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。前にウーノがバランス調整された時にヴァルナ編成でフルオートしたので今回は水マグナでの挑戦です。マルチバトルの六竜もシングルバトル同様にバトルシステムVer2です。実装時は6人でしたが、現在では18人まで参加可能になっています。さらにドロップの青箱にも調整がかかっていて、青箱の入手にはより高い貢献度を確保する必要があります。いくら貢献度を稼いでも確定で青箱は入手出来ませんが、入手出来た場合はレア報酬が確定します。レアには「ウィルナス・フィンガー」や「指輪」そして「猛火の耳飾り」が該当します。クエストの場所はナル・グランデのグロース島の94章で、マルチバトルリストでは星7のところにあります。(最初はアルバハと同じ星のところにあったけど、今アルバハは星8に変更されています)クエストクリア時にドロップするアイテムは、シングルバトルでの「イグナイトラブル」に加えて、・「ウィルナスの竜珠」・「猛火の耳飾り」・「アンセスタルシリーズ」の「ウィルナス・フィンガー」が入手可能になっています。「イグナイトラブル」・ドラゴニックウェポンの火属性武器「ドラゴニックハープ」の強化(5凸)に必要。・アストラルウェポンの火属性「ソル・レムナント」の入手、そして5凸に必要。・「ウィルナス・フィンガー」をショップで交換する際に必要。・十天衆の「限界超越」に必要。(今のところウーノとソーンのみ限界超越が実装されていて、それぞれ属性に合った六竜トレジャーが要求されているので、エッセルの限界超越に必要になると思う)「猛火の耳飾り」・「猛火の耳飾り」は火属性キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要。「ウィルナスの竜珠」・「ウィルナスの竜珠」はショップで「猛火の耳飾り」と交換出できる。・「ウィルナス・フィンガー」の4凸に必要。アンセスタルシリーズ「ウィルナス・フィンガー」・ウィルナスHLからのドロップ、もしくはショップの交換で入手可能。・スキルは「炎威の背水」「朱の誓約」・最終上限解放には「イグナイトラブル」が必要。・ウィルナスHLからドロップした武器にはEXスキルが付与されている。☆今のところEXスキル付き「ウィルナス・フィンガー」は2個ほど入手しました○ソロ討伐報酬・参戦者が自分のみでクリアすると称号「炎威を滅せし孤高の翼」を獲得。・称号による報酬は「猛火の耳飾り」○「ウィルナスHL」について☆基本的な行動はシングルバトル「六竜討伐戦「朱」」と一緒。ただし、効果内容の変更やダメージが上昇していたりします。★全属性ダメージカット無効。(消去不可)・通常攻撃は単体。・「熱線」や「マグマチェンバー」の特殊技がガードでは防げない。・弱体効果で灼熱・ショート・奥義封印・奥義ゲージー200%が発生。・40%以下の通常攻撃ではアビリティ封印が付与されることがある。☆六竜HLマルチバトルは共通して常時「全属性ダメージカット無効」があります。☆「熱線」や「マグマチェンバー」はガードで防げないので、属性ダメージカット・幻影・無敵で回避です。★今回はフルオートなので各行動に対してタイミングを合わせることはできませんが、どうにかなります。○挑戦した編成・両面「リヴァイアサン・マグナ」で水マグナ編成。・ジータちゃんはモンク。・キャラは「ウーノ」「リリィ」「カトル」。サブには「ハーゼリーラ」。・メイン武器には「ブルースフィア」を装備して、奥義の追加効果で幻影を付与してダメージを回避していく。☆ウーノはバランス調整で火属性ダメージカット100%を手に入れたので、どの攻撃も一度は確実に防げる様になりました。☆リリィとウーノで火属性ダメージカットを3ターン継続、さらにブルースフィアの奥義で幻影を付与して被ダメージをかなり抑えることが出来ます。★シングルバトルと同じ感覚でマルチのウィルナスHLをソロ討伐しようとすると「熱線」と「マグマ・チェンバー」に焼かれるので注意。★もしバトルメンバーの誰かが戦闘不能になった場合でも、サブの「ハーゼリーラ」が登場して敵を特殊な弱体化や連続スロウしてくれるので安心感が良いです。それでは水マグナでウィルナスHLのフルオートソロ討伐について本題です。

  • 2020年12月27日
  • 2021年5月13日

【グラブル】六竜マルチHL「ウィルナスHL」をフルオートソロ討伐したので編成や内容について。リリィとバランス調整されたウーノを編成して挑戦。そのウーノの火属性ダメージカット100%とかで「マグマチェンバー」を抑えていく。(六竜マルチHLフルオート)

六竜マルチHLの【ウィルナスHL】をフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。ウーノがバランス調整されたので、試しにフルオートで挑戦したらソロ討伐出来ました。編成については両面ヴァルナ編成です。マルチバトルの六竜もシングルバトル同様にバトルシステムVer2です。実装時は6人でしたが、現在では18人まで参加可能になっています。クエストの場所はナル・グランデのグロース島の94章で、マルチバトルリストでは星7のところにあります。(最初はアルバハと同じ星のところにあったけど、今アルバハは星8に変更されています)クエストクリア時にドロップするアイテムは、シングルバトルでの「イグナイトラブル」に加えて、・「ウィルナスの竜珠」・「猛火の耳飾り」・「アンセスタルシリーズ」の「ウィルナス・フィンガー」が入手可能になっています。「イグナイトラブル」・ドラゴニックウェポンの火属性武器「ドラゴニックハープ」の強化(5凸)に必要。・アストラルウェポンの火属性「ソル・レムナント」の入手、そして5凸に必要。・「ウィルナス・フィンガー」をショップで交換する際に必要。・十天衆の「限界超越」に必要。(今のところウーノとソーンのみ限界超越が実装されていて、それぞれ属性に合った六竜トレジャーが要求されているので、エッセルの限界超越に必要になると思う)「猛火の耳飾り」・「猛火の耳飾り」は火属性キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要。「ウィルナスの竜珠」・「ウィルナスの竜珠」はショップで「猛火の耳飾り」と交換出できる。・「ウィルナス・フィンガー」の4凸に必要。アンセスタルシリーズ「ウィルナス・フィンガー」・ウィルナスHLからのドロップ、もしくはショップの交換で入手可能。・スキルは「炎威の背水」「朱の誓約」・最終上限解放には「イグナイトラブル」が必要。・ウィルナスHLからドロップした武器にはEXスキルが付与されている。○ソロ討伐報酬・参戦者が自分のみでクリアすると称号「炎威を滅せし孤高の翼」を獲得。・称号による報酬は「猛火の耳飾り」○「ウィルナスHL」について☆基本的な行動はシングルバトル「六竜討伐戦「朱」」と一緒。ただし、効果内容の変更やダメージが上昇していたりします。★全属性ダメージカット無効。(消去不可)・通常攻撃は単体。・「熱線」や「マグマチェンバー」の特殊技がガードでは防げない。・弱体効果で灼熱・ショート・奥義封印・奥義ゲージー200%が発生。・40%以下の通常攻撃ではアビリティ封印が付与されることがある。☆六竜HLマルチバトルは共通して常時「全属性ダメージカット無効」があります。☆「熱線」や「マグマチェンバー」はガードで防げないので、属性ダメージカット・幻影・無敵で回避です。★今回はフルオートなので各行動に対してタイミングを合わせることはできませんが、どうにかなります。○挑戦した編成・両面ヴァルナで水属性の神石編成。・ジータちゃんはモンク。・キャラは「ウーノ」「リリィ」「カトル」。サブには「ハーゼリーラ」・メイン武器には「ブルースフィア」を装備して、奥義の追加効果で幻影を付与してダメージを回避していく。☆ウーノはバランス調整で火属性ダメージカット100%を手に入れたので、どの攻撃も一度は確実に防げる様になりました。☆リリィとウーノで火属性ダメージカットを3ターン継続できるので、被ダメージをかなり抑えることが出来ます。★シングルバトルと同じ感覚でマルチのウィルナスHLをソロ討伐しようとすると「熱線」と「マグマ・チェンバー」に焼かれるので注意。それではウィルナスHLのフルオートソロ討伐について本題です。

  • 2020年12月25日
  • 2021年5月11日

【グラブル】水SSR十天衆「ウーノ」のバランス調整後の性能を見ていきます。「城廓の構え」に火属性ダメージカット(100%)が追加されたので、ウィルナスHLのマグマチェンバーとかを余裕で受けることが可能に。(2020年12月バランス調整)

水SSR十天衆「ウーノ」がバランス調整されたので性能についてまとめていきます。2020/12/21に8キャラのバランス調整が行われたので、対象となったキャラを見ていきます。今回は水属性の十天衆「ウーノ」についてです。十天衆に関してはウーノとソーンに「限界超越」が同時に実装されていますが、私は銀片200個とか無いので未だ出来ていません。「限界超越」に関しては個人的に次イベントに合わせてやっていこうと思うので、先ずは光有利古戦場に合わせた「ソーン」からしていきます。(なのでウーノとりあえず保留)とりあえず「限界超越」は置いておいて、「ウーノ」はバランス調整により「城廓の構え」に火属性ダメージカット100%を得ることになりました。これにより最近当たり前のようになってきた「全属性ダメージカット無効」に対して有効になりました。これで“ウィルナスHL”のマグマチェンバーとかを防げるようになりましたね。このバランス調整後のウーノを連れて、ウィルナスHLのフルオートも出来ますし。(まぁ、リリィも一緒に編成するけどね)★主に調整された点〇刹那の閃き++・カウンターの効果時間が3ターンに延長。〇城廓の構え・火属性ダメージカット(100%)が追加。〇開眼者・効果が「バトル開始時に不死身効果(1回)」に変更。・Lv90からは「自分が瀕死状態になったターン終了時、一度だけHPと弱体効果を全回復」が追加。☆大幅な変更というより、「城廓の構え」の火属性ダメージカット追加が目立つ調整ですね。(やっぱりリリィが強いんだよね)☆十天衆に関しては「限界超越」で強化されるので、バランス調整的にはこんな感じですね。それではバランス調整された十天衆「ウーノ」の性能を見ていきます。

  • 2020年7月4日
  • 2020年7月4日

【グラブル】「神撃、究極の竜HL」ことアルバハHLのソロ攻略を水属性ヴァルナ編成でしたので、編成や内容を見ていきます。称号「神撃を超越せし孤高の翼」の為に1度はソロ討伐をしておきたい。

神撃、究極の竜HL「Lv200アルティメット・バハムート」を水属性のヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていきます。(行動も合わせて見ていきます。)アルバハHLはオメガウェポンの作成に必要な「オメガユニット」が入手できるクエストですね。(オメガウェポンよりも終末の神器にも使用され、そちらの方では50個程要求されますけどね)今回は素材もありますけど、目的としてはアルバハHLのソロ討伐「神撃を超越せし孤高の翼」これの為に討伐を行いました。称号による報酬は至極の指輪が貰える位ですが、この称号も「十天光輝の武器」の入手に必要な称号の1つとなっています。(十天光輝の武器に必要な称号は他にルシHARDのソロ討伐称号が全属性分必要なので、それに比較したら楽なもの)なので1度はソロ討伐しておきたいクエストですね。ちなみに6周年で実装された「天破の祈り」を使用してクリアするとソロ討伐は”獲得不可”とはいっても実装されてからは大分時間の経つクエストなので、実装当時はかなり強かったアルバハHLも、今では抑えるところ把握していれば安心して戦えます。(連続ターゲティングはキツイけど)〇把握するところ・100%~76%のターゲッティング付与による「レギンレイヴ」・50~30%のCTによる強制敗北攻撃「理の超絶」・30%~16%までオーバードライブ時のCTによる特殊技「完全なる破局」・15%時の特殊行動での「完全なる破局」☆レギンレイヴは壊滅はしないけど、そこらの特殊技の比じゃないくらいHPを持っていかれる。☆理の超絶は発動させたらアウトな強制敗北攻撃。無敵でも何でも貫通して味方が全滅。☆完全なる破局はバハムート君恒例の99万9999ダメージ。〇攻略した編成について・水属性で両面ヴァルナの神石(オプティマス)編成です。・キャラについてはウーノ・リリィ・カトル。・サブにハーゼリーラ・エウロペ。・ジータちゃんはランバージャック。・武器はミョルグレスとブルースフィアそしてドラゴニックバスター。・召喚石は黒麒麟・テュポーン×2・ルシフェル。

  • 2020年5月1日
  • 2020年5月1日

【グラブル】悲願に燃える武将(Lv30ロウファ ザハ市奪還作戦/VH)を水黄龍編成で非AT0ポチ(攻撃のみ)周回。「調査報告書」と戦貨集めを両面の黄龍編成で効率良く周回。火属性の敵なので水属性編成。(窮寇迫ること勿れ)

シナリオイベント「窮寇迫ること勿れ」のマルチバトル「ザハ市奪還作戦」のVERY HARD「悲願に燃える武将(Lv30 ロウファ)」を両面黄龍による非ATアビリティ・召喚無しの0ポチ周回についてです。いつものシナリオイベントのマルチバトル(VERY HARD)でEXTREMEおよびHIGH LEVELへの挑戦に必要となるトレジャーを集めですね。今回集めるトレジャーは「調査報告書」です。そのトレジャー集めの時間と手間省く為には両面の黄龍編成が楽なので、いつもの通りに書いていきます。似たようなこと↓【グラブル】Lv30 シス(暴走する仲間を止めろ/VH)を両面黄龍編成で非AT0ポチ(攻撃のみ)周回。「想像力と玩具箱」と戦貨集めを黄龍編成で効率良く。敵のシス君は光属性なので武器編成は闇属性染め。ランス・オブ・ケルヴィムは何か良さそうだから装備した。(こくう、しんしん)【グラブル】Lv30アイアタル(マーシナリー・レポート/VH)を両面黄龍編成で非AT0ポチ(攻撃のみ)周回。「香油のアロマボトル」と戦貨集めを黄龍編成で効率良く周回。敵は土属性なの武器編成は風属性染め。編成するキャラはせっかくだからスキンを貰えた最強カワイイフィーナちゃんを。(スツルム&ドランク 傭兵お仕事帖)ということで両面黄龍編成ですね。自石とサポーターを黄龍にして十天衆を2番目に配置することで、アビリティや召喚を使用せずに非ATでも”攻撃”だけで戦闘を終了させることが出来るので、とても楽に周回が出来ます。(要:十天光輝の楯)今回のイベント「窮寇迫ること勿れ」の敵「ロウファ」は火属性なので、水属性の両面黄龍編成となります。

  • 2019年10月10日
  • 2020年7月11日

【グラブル】朱雀討伐戦を両面黄龍でアビ・召喚0ポチ周回編成について(四象に挑戦)。5秒以内には終わるけど端末の状態によっては変わりそう。

四象降臨のマルチバトル「四象に挑戦」の1つ朱雀討伐戦を、両面黄龍でAT,非AT問わずにアビリティと召喚を0ポチによる周回編成について書いていきます。四象に挑戦は「朱雀討伐戦」「玄武討伐戦」「白虎討伐戦」「青竜討伐戦」がありますが、今回は朱雀のみについてまとめていきます。両面黄龍ということで、2番手に十天衆を配置して開幕に攻撃のみで奥義から3チェインして敵を倒していくことになります。カツオの召喚等も行わないので周回をスムーズに進めることが出来ます。とは言っても差は少しですけどね。それでも討伐章集めは多少は楽になります。