スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】六竜マルチHL「ウィルナスHL」をフルオートソロ討伐したので編成や内容について。リリィとバランス調整されたウーノを編成して挑戦。そのウーノの火属性ダメージカット100%とかで「マグマチェンバー」を抑えていく。

グラブル

広告

六竜マルチHLの【ウィルナスHL】をフルオートでソロ攻略してきたのでまとめていきます。

ウーノがバランス調整されたので、試しにフルオートで挑戦したらソロ討伐出来ました。
編成については両面ヴァルナ編成です。

マルチバトルの六竜もシングルバトル同様にバトルシステムVer2です。実装時は6人でしたが、現在では18人まで参加可能になっています。

クエストの場所はナル・グランデのグロース島の94章で、マルチバトルリストでは星7のところにあります。
(最初はアルバハと同じ星のところにあったけど、今アルバハは星8に変更されています)

クエストクリア時にドロップするアイテムは、シングルバトルでの「イグナイトラブル」に加えて、
・「ウィルナスの竜珠」
・「猛火の耳飾り」
・「アンセスタルシリーズ」の「ウィルナス・フィンガー」
が入手可能になっています。

「イグナイトラブル」
・ドラゴニックウェポンの火属性武器「ドラゴニックハープ」の強化(5凸)に必要。
・アストラルウェポンの火属性「ソル・レムナント」の入手、そして5凸に必要。
・「ウィルナス・フィンガー」をショップで交換する際に必要。
・十天衆の「限界超越」に必要。(今のところウーノとソーンのみ限界超越が実装されていて、それぞれ属性に合った六竜トレジャーが要求されているので、エッセルの限界超越に必要になると思う)

「猛火の耳飾り」
・「猛火の耳飾り」は火属性キャラの強化「エーテリアルプラス」に必要。

「ウィルナスの竜珠」
・「ウィルナスの竜珠」はショップで「猛火の耳飾り」と交換出できる。
・「ウィルナス・フィンガー」の4凸に必要。

アンセスタルシリーズ「ウィルナス・フィンガー」
・ウィルナスHLからのドロップ、もしくはショップの交換で入手可能。
・スキルは「炎威の背水」「朱の誓約」
・最終上限解放には「イグナイトラブル」が必要。
・ウィルナスHLからドロップした武器にはEXスキルが付与されている。

○ソロ討伐報酬
・参戦者が自分のみでクリアすると称号「炎威を滅せし孤高の翼」を獲得。
・称号による報酬は「猛火の耳飾り」

○「ウィルナスHL」について

☆基本的な行動はシングルバトル「六竜討伐戦「朱」」と一緒。ただし、効果内容の変更やダメージが上昇していたりします。

★全属性ダメージカット無効。(消去不可)
・通常攻撃は単体。
・「熱線」や「マグマチェンバー」の特殊技がガードでは防げない。
・弱体効果で灼熱・ショート・奥義封印・奥義ゲージー200%が発生。
・40%以下の通常攻撃ではアビリティ封印が付与されることがある。

☆六竜HLマルチバトルは共通して常時「全属性ダメージカット無効」があります。

☆「熱線」や「マグマチェンバー」はガードで防げないので、属性ダメージカット・幻影・無敵で回避です。
★今回はフルオートなので各行動に対してタイミングを合わせることはできませんが、どうにかなります。

○挑戦した編成
・両面ヴァルナで水属性の神石編成。
・ジータちゃんはモンク。
・キャラは「ウーノ」「リリィ」「カトル」。サブには「ハーゼリーラ」
・メイン武器には「ブルースフィア」を装備して、奥義の追加効果で幻影を付与してダメージを回避していく。

☆ウーノはバランス調整で火属性ダメージカット100%を手に入れたので、どの攻撃も一度は確実に防げる様になりました。
☆リリィとウーノで火属性ダメージカットを3ターン継続できるので、被ダメージをかなり抑えることが出来ます。

★シングルバトルと同じ感覚でマルチのウィルナスHLをソロ討伐しようとすると「熱線」と「マグマ・チェンバー」に焼かれるので注意。

それではウィルナスHLのフルオートソロ討伐について本題です。

広告

スポンサーリンク

六竜マルチHL「ウィルナスHL」をフルオートソロ討伐

編成関係

ジータちゃんとキャラ

 

●ジータちゃんのジョブはモンク。
・アビリティは「剛体の型」「岩崩拳」「ミゼラブルミスト」。
・ブルースフィア(杖)を装備できるジョブとしてモンクを選択。

●ウーノ
・「刹那の閃めき」で“かばう+回避カウンター”でダメージを避けていきます。攻撃大幅UPも強力。
・「城廓の構え」は100%火属性ダメージカットであらゆる攻撃を1ターン完全に無効化。

●リリィ
・「氷晶結界」は2ターン火属性ダメージカットで被ダメージ軽減も出来て、春風効果で特殊行動をする度に「ホワイトヒール」が発動してHPと弱体回復。
・パーティの種族数に応じて強くなるので火力もあり、敵に累積攻防DOWNも出来て高難度や長期戦ではいつも活躍。

●カトル
・「カルネージ」のグラビティ、奥義のスロウで敵の特殊行動を減らしていきます
・「シュリーヴァトサ」ではランダムに弱体化を。

●ハーゼリーラ
・「ボアズ」によるスロウで特殊技の頻度低下、月影の幻惑で敵の弱体化。

召喚石

☆メイン・サポーター共に召喚石は「ヴァルナ」。
☆サブには水アーカルム召喚石「ザ・ムーン」「ジャスティス」の2種。

武器

☆メインはリミ武器「ブルースフィア」。奥義で味方全体に幻影と再生効果。ウィルナスの攻撃のほとんど単体幻影でなるので便利。
☆サブには「フィンブル」を複数装備。

クエスト「ウィルナスHL」

☆ナル・グランデのグロース島の94章のところにあります。

☆挑戦時には「真なる火のアニマ」3個を消費。1日1回まで自発可能。

☆マルチバトルリストは☆7で、六竜HLが集結。

Lv200 ウィルナス戦

戦闘①:開幕

☆ではフルオートでの攻略開始です。両面ヴァルナでHPもジータちゃんは約8万、他のキャラも7万以上となっています。
☆アビリティに関してはリリィのホワイトヒール以外が使用されます。
(ホワイトヒールも春風効果で自動発動するので、実質は全てのアビリティが使用されていきます)

☆敵の通常攻撃は単体指定で約6000ぐらいのダメージとなります。

戦闘②:熱線(CTによる予兆)

☆CTがMAXで「熱線」の予兆が発生します。
☆単体指定の特殊行動です。属性カット無しで熱線を受けると、ガードしてもしなくても数万ダメージで一気にHPが無くなります。
★解除条件はアビリティダメージ350万。

☆ブルースフィアの幻影でダメージ回避やリリィやウーノで属性ダメージカットで攻撃をしのいでいきます。ここでは幻影によりダメージを回避できていますね。

☆熱線による弱体効果は「灼熱」と「奥義封印」です。

戦闘③:ハドロン・スフィア(CTによる予兆)

☆CTがMAXで「ハドロンスフィア」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。最初にヒットしたキャラに大ダメージを与えて、その後に味方全体にランダムでダメージを与えてきます。
★解除条件は1200万ダメージ。

☆この技による弱体効果は「灼熱」と「ショート効果」です。ウィルナスの特殊技には、ほとんど灼熱が含まれています。

☆今回おフルオート討伐ではCTによる「ハドロン・スフィア」を受けることはありませんでした。

戦闘④:マグマチェンバー(HP90%で予兆)

☆HPが90%になると「マグマチェンバー」の予兆が発生します。
☆味方を2体を対象とした特殊行動です。対象のキャラに99999ダメージを与えてきます。そしてガード機能を使用しても効果がありません。
★解除条件は30回ダメージ。

☆ここでバランス調整されたウーノによる火属性ダメージ100%カットで、ダメージの回避に成功です。

☆この技による弱体効果は「奥義封印」「灼熱」、そして「奥義ゲージ-200%」です。

戦闘⑤:ブラッククレバス(CTによる予兆)

☆CTがMAXで「ブラッククレバス」の予兆が発生します。
☆単体指定の特殊行動です。熱線とは違いガード機能で受ける事ができます。
★解除条件は火属性攻撃DOWNと強化効果の解除の命中。

☆ブラッククレバスはガードで受けられますが、フルオートなので選択はありません。そもそも今回はブラッククレバスを受けることはありませんでした。

☆熱線による弱体効果は「灼熱」と「アビリティ封印」です。

☆CTによる特殊技は「熱線」「ハドロン・スフィア」「ブラッククレバス」の3つとなります。これを41%まで受けながら攻撃していきます。

戦闘⑥:ハドロン・スフィア(HP70%で予兆)

☆HPが70%で「ハドロン・スフィア」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。最初にヒットしたキャラに大ダメージを与えて、その後に味方全体にランダムでダメージを与えてきます。
★解除条件は1200万ダメージ。

☆最初の大ダメージは幻影で避けていますね。その後のランダムダメージは大したことはありません。

☆追加効果は「ショート」「灼熱」です。

戦闘⑦:熱線(HP50%で予兆)

☆HPが50%になると「熱線」の予兆が発生します。
☆単体指定の特殊行動です。ガードしてもしなくても数万ダメージで一気にHPが無くなります。
★解除条件はアビリティダメージ350万。

☆今回は幻影もダメージカットも無く攻撃を受けることになり、対象となったウーノが3万越えのダメージを受けることになりました。

☆弱体効果は「灼熱」と「奥義封印」です。

戦闘⑧:モード変化と弱体効果リセット(HP40%)

☆HPが40%になると弱体効果の回復がされ、さらにオーバードライブと攻撃力UPが付与されます。

☆ここから再度弱体が入るまでウィルナスの高威力攻撃を受けることになります。さらに40%からはグラビティが効かなくなり、特殊技を受ける頻度が多くなります。

☆弱体が効くまで2万5千程の通常攻撃を受けることになります。

戦闘⑨:マグマチェンバー(HP40%で予兆)

☆HPが40%の弱体回復等と同じタイミングで再び「マグマチェンバー」の予兆が発生します。
☆90%の時とは違い、今度は味方全体を対象とした特殊行動です。対象のキャラに99999ダメージを与えてきます。同じくガード機能を使用しても効果がありません。
★解除条件は30回ダメージ。

☆ここではジータちゃんの奥義で幻影が付与されていたことにより、攻撃を避けることに成功しました。

☆弱体効果は引き続き「奥義封印」と「灼熱」、そして「奥義ゲージ-200%」です。

戦闘⑩:ハドロン・バスター(CTによる予兆)

☆CTがMAXで「ハドロン・バスター」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。最初にヒットしたキャラに大ダメージを与えて、その後に味方全体にランダムでダメージを与えてきます。
★解除条件は1200万ダメージ。

☆ハドロン・スフィアの火力が強化された技ですね。弱体効果は「灼熱」と「ショート」です。ただCTによる発動は今回はありませんでした。

戦闘⑪:マイルドフレイム(CTによる予兆)

☆CTがMAXで「マイルドフレイム」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。
★解除条件はフェイタルチェインの発生。

☆弱体効果無し、属性ダメージカット無しという最悪のタイミングとなったので味方全体に 4万を超える大ダメージを受けました。

☆そして追加の弱体効果は「灼熱」と「虚脱」です。

☆ここでウーノの「開眼者」が発動して、HPと弱体効果の全回復が入ります。カトルはこの後、戦闘不能になりサブからハーゼリーラが登場します。

☆40%からの後半戦は「ハドロン・バスター」「マイルドフレイム」そして「熱線」、この3つのCTによる特殊技と向かっていくことになります。

戦闘⑫:ハドロン・バスター(HP25%で予兆)

☆HPが25%になると「ハドロン・バスター」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。最初にヒットしたキャラに大ダメージを与えて、その後に味方全体にランダムでダメージを与えてきます。
★解除条件は1200万ダメージ。

☆ここではウーノの100%カットで0ダメージとなっています。弱体効果は「灼熱」と「ショート」です。

☆後半は「トーラの書」が付与されたハーゼリーラの「ボアズ」によってダブルスロウが打たれる為、CTによる特殊技を受ける頻度は少なくなっています。

戦闘⑬:マイルドフレイム(HP10%で予兆)

☆HPが10%で「マイルドフレイム」の予兆が発生します。
☆味方全体を対象とした特殊行動です。
★解除条件はフェイタルチェインの発生。

☆これがHPによる最後の予兆です。解除にはフェイタルチェインが必要なので、フルオートでは不可なのでそのまま攻撃を受けます。
ここではMISSでダメージが無しとなっいるので、ボアズによる「月影の幻惑」のおかげですね。
☆ここでも弱体効果は「灼熱」と「虚脱」です。

戦闘⑭:討伐完了

☆途中カトル君がやられてしまいましたが、無事にフルオートでのソロ討伐完了です。

戦闘結果

☆イグナイトラブルは自発の赤箱1~3個位入手、そして12月のドロップ調整により普通の金箱からもドロップします。
☆アンセスタルシリーズもイグナイトラブル等で交換できる様になり、六竜素材は必要な場面が増えているので、日々の自発や救援参加が重要ですね。

討伐まとめ

☆ということでウィルナスHLをフルオートでソロ討伐しました。

☆やはりHP40%まではHPに余裕がありましたが、弱体効果リセットによる被ダメージの大幅増加が痛いところでした。

☆全体を通して火力が高く灼熱の付与でHPが減らされるので、HP回復と弱体回復が重要ですね。
(この辺りはリリィちゃんが抑えてくれるので安心)

☆注意なのは「マグマチェンバー」「熱線」の2つですね。今回の編成だとダメージカットか幻影でタイミング合うのでダメージをほとんど無くせています。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村