TAG

十天衆

  • 2021年6月13日
  • 2021年6月13日

【グラブル】「こくう、しんしん」が復刻開催されたので報酬等について。6周年イベントでは十天衆、特にシスが中心のお話。報酬では十天衆の加入や、イベント召喚石も十天衆。今回の復刻では初回のように前後編で日が空くことなく、最後まで読み進めることが可能。

6周年イベント「こくう、しんしん」が復刻開催されたので、イベント報酬や内容についてまとめていきます。ということで「こくう、しんしん」が開催されましたね。このイベントは十天衆がメインで、中でも「シス」にスポットが当たったイベントです。シスの過去から現在そして先へと続く心情が描かれています。また、このイベントから「ムゲン」や「レイ」そして「ネハン」といったキャラが登場します。そして初回開催時は前編・後編が時間差で公開されていましたが、今回の復刻では両方共に解放されています。あとイベントバトルではBGMで「この狭い世界で、ただ小さく」がボーカル付きで流れるのが良い感じ。

  • 2021年4月14日
  • 2021年5月11日

【グラブル】水有利古戦場(2021年4月)の勲章やSP報酬等々のまとめについて。個人ランキング7万位のボーダーは遂に10億となり前回よりも3億も上昇。そしてスペシャルバトルからの報酬「金剛晶」はまた貰えなかったので「金剛晶の欠片」。

水古戦場(2021年4月)も本戦が終わり、残すはスペシャルバトルだけでほぼ終わりとなったので軽く感想とかをまとめていきます。(まぁともかく個人ランキング10億越えというボーダー爆上がりな古戦場)ということで2021年4月の古戦場も終わりを迎えることになります。今回のスペシャルバトルは「ゼウス」ですね。最終日はそのスペシャルバトルで「金剛晶」を入手出来るか?SSRチケットの結果に戸惑うことになります。○今回の古戦場の感想◆HELLについて・敵の「セキトバ」に関しては、50%の特殊行動による強化効果付与による火力で一気にHPを減らされるのが痛かったですね。他には気絶が少し面倒でした。★個人ランキングについて・勲章×100の7万位、そのボーダーは”10億6千万”となりました。〇ここ最近の7万位のボーダーというと・2021年1月:7億7千万・2020年11月:7億5千万・2020年8月:7億2千万・2020年6月:5億4千万・2020年4月:6億2千万☆ついに10億越えとなってしまった個人ランキングのボーダーです。☆前回と比較すると一気に3億も上昇するという魔境具合。★スペシャルバトルについて・敵はゼウス様ですね。・特に考えるまでもなくひたすら攻撃してれば終わります。・ちなみに今回も金剛晶は入手できませんでした。(今までスペシャルバトルから入手できたことはありません←絶賛継続中)・ただ今回からは「金剛晶」が入手出来なかった場合は「金剛晶の欠片」を入手できます。「金剛晶の欠片」は集めることで「金剛晶」にすることができます。それでは感想とかの本題。

  • 2021年4月2日
  • 2021年5月11日

【グラブル】”限界超越”十天衆「カトル」の性能について。奥義が「モルス・ケルタ」に変化して、「水属性追撃」効果が追加。限界超越とかをしていると一気に「星晶の欠片」が減っていく……(限界超越Lv110)

「限界超越」水SSR十天衆「力トル」の性能についてまとめていきます。十天衆の最終上限解放の更なる上限解放である”限界超越”今回は水属性の十天衆「カトル」の”限界超越”後の性能についてです。2020年12月に十天衆の更なる上限解放“限界超越”が実装されましたね。この限界超越は5段階に分かれていて10Lv毎に解放条件が存在します。最初は「ウーノ」と「ソーン」の2人に実装され、そこから2月ぐらいの間隔で次々と実装されていくスケジュールがグラフェス2020で発表されていました。○2021年3月段階では「ウーノ」「ソーン」「サラーサ」「力トル」まで限界超越(Lv110まで)が可能となっています。今回は2021年4月の水有利古戦場に向けて「カトル」を“限界超越“させたので見ていきます。(ウーノも同時に限界超越させたので、そちらは↓)【グラブル】限界超越十天衆「ウーノ」の性能について。奥義が「真槍破邪顕正陣」に変化して、「吸収」効果が追加。相変わらず「刹那の閃き」に火力がよい。あとやっぱり十天衆にはマントが似合う。(限界超越Lv110)○十天衆の限界超越の条件・RANK150以上・対象十天衆の覚醒Lv7・対象十天衆の4つ目のアビリティ取得☆条件は緩いですが、問題はそこから先の「限界超越に必要な素材」です。☆ただ必要とされる素材の難易度的には「六竜」素材が少しだけ上ぐらいで他は大したことありません。しかし量がとにかく多いです。(大したことないと言っても、ヒヒイロカネは約束事のように要求されるけど)○かトル“限界超越“の1段階目に必要な素材☆1段回目という通り限界超越はLv10毎に素材が要求されるタイミングがあります。・双葬・落天刃:1個・アビサル・トラジェディー:40個・水の光輪:80個・ダマスカス骸晶:20個☆限界超越に伴い、新たにアイテム「双葬・落天刃」が追加されています。これはショップの「限界超越」タブから素材と交換して入手ができます。そして、それに要求される素材は、・刃の銀片:200個・青き依代の刃:30個☆両方共に最終上限解放時の「黄金の依代」作成に使用したものですね。最近では英雄武器の製作にも使われりしますが、それが要求されています。☆問題は要求量がとにかく多いことですね。「青き依代の刃」に関しては「朽ち果てた刃」の3凸から作成するので、元となる武器が120個も必要となります。☆さらに素材には「水の宝珠」「アクア・ジーン」「星晶の欠片」がそれぞれ250個、それが30個分も必要となるので一気に素材が減っていきます。(ウーノも同時に行った為、一気に減りました)☆刃の銀片については十天衆の最終上限解放実装時とは違い、ヘイロー10回でディメンション・ヘイロー発生の確定やアーカーシャHLがあるので集めやすいです。ただし要求数が200個なのでどちらにしても時間がかなり必要となります。☆そしてダマスカス骸晶を20個要求されているので、ショップからのダマスカス鋼への交換もこれからは控えていくことや、シナリオイベントでのバトルや高難度のマルチバトルで「ダマスカス磁性粒子」のドロップを狙っていく必要があります。○限界超越「カトル」の強化点◆奥義が「モルス・ケルタ」に変化。・「追撃」効果が追加。◆LBの4行目が解放、LB強化数上限が上昇。・Lv110になることでダメージ上限UPを取得可能。・LB強化数上限が5上昇。☆限界超越の第1段階では奥義の強化に伴い、「吸収」効果が追加され味方全体のHP回復が可能になりました。☆元々の防御よりな性能がさらに上昇した感じの強化となっていますね。☆まだ限界超越の第1段階なので、これから先も強化されていき性能にはまだまだ期待が出来ますね。(ただ要求される素材が中々エグそう)☆ちなみに、さらなる限界超越に必要なアイテムが古戦場等の勲章交換に追加されるようです。☆限界超越のフェイトエピソードは最終上限解放の続きとなり、今後展開の伏線も張られたりするので読んでおきたいところ。それでは”限界超越”十天衆「カトル」の性能を見ていきます。

  • 2021年3月27日
  • 2021年5月11日

【グラブル】”限界超越”十天衆「ウーノ」の性能について。奥義が「真槍破邪顕正陣」に変化して、「吸収」効果が追加。相変わらず「刹那の閃き」に火力がよい。あとやっぱり十天衆にはマントが似合う。(限界超越Lv110)

「限界超越」した水SSR十天衆「ウーノ」の性能についてまとめていきます。十天衆の最終上限解放の更なる上限解放である”限界超越”今回は水属性の十天衆「ウーノ」の”限界超越”後の性能についてです。2020年12月に十天衆の更なる上限解放“限界超越”が実装されましたね。この限界超越は5段階に分かれていて10Lv毎に解放条件が存在します。最初は「ウーノ」と「ソーン」の2人に実装され、そこから2月ぐらいの間隔で次々と実装されていくスケジュールがグラフェス2020で発表されていました。○2021年3月段階では「ウーノ」「ソーン」「サラーサ」「力トル」まで限界超越(Lv110まで)が可能となっています。今回は2021年4月の水有利古戦場に向けて「ウーノ」を“限界超越“させたので見ていきます。(カトルも同時に限界超越させたので、そちらはまた別のところで)○十天衆の限界超越の条件・RANK150以上・対象十天衆の覚醒Lv7・対象十天衆の4つ目のアビリティ取得☆条件は緩いですが、問題はそこから先の「限界超越に必要な素材」です。☆ただ必要とされる素材の難易度的には「六竜」素材が少しだけ上ぐらいで他は大したことありません。しかし量がとにかく多いです。(大したことないと言っても、ヒヒイロカネは約束事のように要求されるけど)○ソーン“限界超越“の1段階目に必要な素材☆1段回目という通り限界超越はLv10毎に素材が要求されるタイミングがあります。・無我・天伐槍:1個・アビサル・トラジェディー:40個・水の光輪:80個・ダマスカス骸晶:20個☆限界超越に伴い、新たにアイテム「無我・天伐槍」が追加されています。これはショップの「限界超越」タブから素材と交換して入手ができます。そして、それに要求される素材は、・槍の銀片:200個・青き依代の槍:30個☆両方共に最終上限解放時の「黄金の依代」作成に使用したものですね。最近では英雄武器の製作にも使われりしますが、それが要求されています。☆ただ要求量がとにかく多いです。「青き依代の槍」に関しては「朽ち果てた槍」の3凸から作成するので、元となる武器が120個も必要となります。☆さらに素材には「水の宝珠」「アクア・ジーン」「星晶の欠片」がそれぞれ250個、それが30個分も必要となるので一気に素材が減っていきます。(カトルも同時に行った為、一気に減りました)☆槍の銀片については十天衆の最終上限解放実装時とは違い、ヘイロー10回でディメンション・ヘイロー発生の確定やアーカーシャHLがあるので集めやすいです。ただし要求数が200個なのでどちらにしても時間がかなり必要となります。☆そしてダマスカス骸晶を20個要求されているので、ショップからのダマスカス鋼への交換もこれからは控えていくことや、シナリオイベントでのバトルや高難度のマルチバトルで「ダマスカス磁性粒子」のドロップを狙っていく必要があります。○限界超越「ウーノ」の強化点◆奥義が「真槍破邪顕正陣」に変化。・「吸収」効果が追加。◆LBの4行目が解放、LB強化数上限が上昇。・Lv110になることでダメージ上限UPを取得可能。・LB強化数上限が5上昇。☆限界超越の第1段階では奥義の強化に伴い、「吸収」効果が追加され味方全体のHP回復が可能になりました。☆元々の防御よりな性能がさらに上昇した感じの強化となっていますね。☆まだ限界超越の第1段階なので、これから先も強化されていき性能にはまだまだ期待が出来ますね。(ただ要求される素材が中々エグそう)☆ちなみに、さらなる限界超越に必要なアイテムが古戦場等の勲章交換に追加されるようです。☆限界超越のフェイトエピソードは最終上限解放の続きとなり、今後展開の伏線も張られたりするので読んでおきたいところ。それでは”限界超越”十天衆「ウーノ」の性能を見ていきます。

  • 2021年1月24日
  • 2021年5月11日

【グラブル】ウーノの限界超越の為、「槍の銀片」や「朽ち果てた槍」をエンジェル及びディメンション・ヘイロー周回で集め中。「銀片200個」と「朽ち果てた武器120個(3凸×30個)」必要なので、時間のある時に集めていきたい。2月には「サラーサ」「カトル」の限界超越もあるので。

十天衆ウーノの“限界超越“に「槍の銀片」と「朽ち果てた槍」が大量に必要なので、エンジェル及びディメンション・ヘイローで集めているので少し書いていきます。2020年12月に十天衆の更なる上限解放“限界超越”が実装されましたね。最初は「ウーノ」と「ソーン」の2人に実装され、そこから2月ぐらいの間隔で次々と実装されていくスケジュールがグラフェス2020で発表されていました。「ソーン」に関しては第一段階の限界超越は終わったので、【グラブル】限界超越「ソーン」の性能を見ていきます。奥義が「ステラ・ターミネイション」に変化して、「クリンチャー」周りが強化されダメージを多く稼げるように。(限界超越Lv110)今回は2021年4月の水有利古戦場に向けて「ウーノ」の“限界超越“を間に合わせるための素材集めについてです。十天衆の限界超越には、いくつか条件があります。・RANK150以上・対象十天衆の覚醒Lv7・対象十天衆の4つ目のアビリティ取得条件は緩いですが、問題はそこから先の「限界超越に必要な素材」です。ただ“最初“に必要とされる素材の難易度的には「六竜」素材が少しだけ上ぐらいで他は大したことありませんが、量がとにかく多いです。(大したことないと言っても、ヒヒイロカネは約束事のように要求されるけど)○ウーノの“限界超越“の1段階目に必要な素材☆1段回目という通り限界超越はLv10毎に素材が要求されるタイミングがあります。・無我・天伐槍:1個・アビサル・トラジェディー:50個・水の光輪:80個・ダマスカス骸晶:20個☆限界超越に伴い新たなアイテム「無我・天伐槍」が追加されました。これはショップの「限界超越」タブから素材と交換して入手ができます。☆「無我・天伐槍」に要求される素材は、・ヒヒイロカネ:1個・槍の銀片:200個・青き依代の槍:30個☆ここで「ヒヒイロカネ」が要求されます。なので最低でも10人分の限界超越用に「ヒヒイロカネ」を確保しておく必要が出てきました。☆残りの「依り代」「銀片」は最終上限解放時の「黄金の依代」作成に使用したものですね。最近では英雄武器の製作にも使われたりしますが、それが要求されています。☆ただ要求量がとにかく多いです。「青き依代の槍」に関しては「朽ち果てた槍」の3凸から作成するので、元となる武器が120個も必要となります。☆「槍の銀片」については、十天衆の最終上限解放”実装当時”とは違い、ヘイロー10回でディメンション・ヘイロー発生の確定やアーカーシャHLがあるので集めやすいです。ただし要求数が200個なのでどちらにしても時間がかなり必要となります。☆さらに「ダマスカス骸晶」を20個要求されているので、ショップからのダマスカス鋼への交換もこれからは控えていく必要がありますね。☆加えて「シナリオイベント」や「アルバハHLを始めとしたマルチバトル」から、その破片である「ダマスカス磁性粒子」集めもしていきたいです。☆ということで、ウーノの“限界超越”に必要なアイテム「無我・天伐槍」の素材「槍の銀片」「朽ち果てた槍」が足りないので、「エンジェル・ヘイロー」と「ディメンションヘイロー」の周回です。・「朽ち果てた槍」は“銀片“が集まるまで、エンジェル・ヘイローを周回して集めようと思います。ついでにまだ限界超越の実装されていない十天衆分も合わせて集めていきます。・「銀片」はアーカーシャHLからも入手可能ですが、ランダムかつ「朽ち果てた武器」も欲しいので、エンジェルヘイローを周回しつつ「槍の銀片」を確実に入手できるディメンション・ヘイローを周回しました。ただ急がない場合は、アーカーシャHLから青箱「ヒヒイロカネ」を狙いながら救援参加もいいですね。☆「朽ち果てた武器」はヘイローだと入手自体が不確定ですが、弱バハ君(邂逅、黒銀の翼)だと確定で1つは入手できます。強バハ自発の為にも弱バハにもある程度通っていきたいところ。☆今回のヘイロー周回のメリットとすれば「エンジェル武器」「白竜鱗」や各種「宝珠」「ジーン」が手に入ることがありますね。☆特に「宝珠」「ジーン」は、「朽ち果てた武器」を「依代」にする時に必要となるので重要です。しかも「依代」を30個も作成することになるので、消費量的にも同時に素材集めをしておきたいですね。○ディメンション・ヘイロー・エンジェル・ヘイローをクリア時にランダムで発生。10回クリアで1回は確定で「ディメンション・ヘイロー」が発生します。・「銀片」を入手するには、対応した十天衆を編成する必要がありますが、たまに挑戦すると、編成を忘れたり、2人編成してしまうことがあります。(特にエッセルを外し忘れていた編成で、挑戦してから気づくパターンが多いです……〈2人編成すると、どちらかに対応した銀片がドロップ〉○ちなみに周回編成・エンジェル・ヘイローは両面カグヤ(もしくはドロップUP召喚石)。ジョブは黒猫道士で全体的攻撃をしながら各バトルを1ターンで。・他は育成用キャラ。サブのメダルの姫様とエッセルは固定。・ディメンション・ヘイローはアグニス編成。アプサラスで槍得意キャラのTAを確定させシヴァ召喚で1ターン討伐。そして「槍の銀片」が欲しいのでサブには「ウーノ」。では、ヘイロー周回(素材集め)について見ていきます。

  • 2021年1月17日
  • 2021年5月11日

【グラブル】光有利古戦場(2021年1月)の報酬やEX+周回等について。今年最初の古戦場、HELLは年年歳歳PREMIUMの報酬?「ティラノサウルス」。戦貨ガチャのリセット対象に「ニューワールド・クォーツ」が追加。そしてきっと個人ボーダーも上昇する。

光有利古戦場2021年1月が始まったので、内容や変更点そしてEX+周回について書いていきます。とういことで2021年の最初の古戦場が始まりましたね。そして今回の古戦場のHELLは「ティラノサウルス」。ソレになった理由は去年末のエビフライ【グラブル】「年年歳歳PREMIUM」が開催されたので内容や報酬について。今回の年年歳歳はプレミアムフライデーと合体。報酬には大量の「宝晶石」や、”戦闘力が若い猫以下”のRキャラ「ビカラ」ちゃん。開催期間は2021/1/15~1/22です。最終日はスペシャルバトルなので実質は1/21までですけどね。今回の開催による変更点・戦貨ガチャのリセット対象に「ニューワールド・クォーツ」が追加。・戦貨ガチャ46回目以降の報酬調整。☆「新世界の礎」の作成に必要な「ニューワールド・クォーツ」を古戦場でも入手出来るようになりましたね。これにより「新世界の礎」も作りやすくなりますが、十天衆の”限界超越”に「ダマスカス骸晶」を多く使用するのでリセット対象の選択は少し悩むところ。★それ以外は前回開催そのままです。光有利古戦場なので、敵の属性は闇なので肉集めとなる敵は、・シングルバトルの敵「アーリマン」・マルチバトル(VH)の敵「ベヒーモス」・マルチバトル(EX,EX+)の敵「ウィケッドレブル」この3種類の敵ですね。名前からして「ベヒーモス」が一番強そうだけど、お空では犬が一番強い。そして貢献度稼ぎのメインとなる(HELL)の敵は「ティラノサウルス」☆本来は「ドグー」といった「刻印」を参照する効果を持つ召喚石シリーズから続き「ナイアルラトホテップ」の予定だったところ、「年年歳歳PREMIUM」の報酬により”皆がイメージするティラノサウルス”となりました。その「ナイアルラトホテップ」は「ドレッドバラージュ」に登場する予定になってるみたいですね。。最近のHELLは攻撃力上昇の傾向が見られたりするので、上位HELLでは大変なことになるかもしれません。あと気になるのは個人ランキングのボーダーラインとかですね。・ちなみに2つ前の土有利古戦場では、 個人ランキング7万位が7億2千万・前回の闇有利古戦場では、 個人ランキング7万位が7億5千万☆こんな感じでボーダーが上昇し続けている感じです。今回の光有利古戦場でも同等のボーダーラインになりそうですね。☆ちなみに裏ではドロップUPキャンペーンが来ていますが、流石にそちらを周回する時間は無さそうですね。ということで2021年1月の光有利古戦場について確認していきます。

  • 2021年1月15日
  • 2021年5月11日

【グラブル】限界超越「ソーン」の性能を見ていきます。奥義が「ステラ・ターミネイション」に変化して、「クリンチャー」周りが強化されダメージを多く稼げるように。(限界超越Lv110)

「限界超越」後の光SSR十天衆「ソーン」の性能についてまとめていきます。十天衆の最終上限解放の更なる上限解放である”限界超越”今回は光属性の十天衆「ソーン」の”限界超越”後の性能についてです。2020年12月に十天衆の更なる上限解放“限界超越”が実装されましたね。この限界超越は5段階に分かれていて10Lv毎に解放条件が存在します。最初は「ウーノ」と「ソーン」の2人に実装され、そこから2月ぐらいの間隔で次々と実装されていくスケジュールがグラフェス2020で発表されていました。ちなみに同日にソーンのバランス調整も行われていたりします↓【グラブル】光SSR十天衆「ソーン」のバランス調整後の性能を見ていきます。「ディプラヴィティ」の効果量が強化され攻防DOWNが、ミゼラブルミスト等と合わせて下限まで減少が可能。またアイコンやエフェクトも変更され格好良くなりましたね。(2020年12月バランス調整)今回は2021年1月の光有利古戦場に向けて「ソーン」の“限界超越“を間に合わったので見ていきます。十天衆の限界超越には、いくつか条件があります。・RANK150以上・対象十天衆の覚醒Lv7・対象十天衆の4つ目のアビリティ取得条件は緩いですが、問題はそこから先の「限界超越に必要な素材」です。ただ“最初“に必要とされる素材の難易度的には「六竜」素材が少しだけ上ぐらいで他は大したことありませんが、量がとにかく多いです。(大したことないと言っても、ヒヒイロカネは約束事のように要求されるけど)○ソーン“限界超越“の1段階目に必要な素材☆1段回目という通り限界超越はLv10毎に素材が要求されるタイミングがあります。・真滅・覇王弓:1個・靂輪:40個・火の光輪:40個・風の光輪:40個・ダマスカス骸晶:20個☆限界超越に伴い、新たにアイテム「真滅・覇王弓」が追加されました。これはショップの「限界超越」タブから素材と交換して入手ができます。そして、それに要求される素材は、・弓の銀片:200個・白き依代の弓:30個☆両方共に最終上限解放時の「黄金の依代」作成に使用したものしですね。最近では英雄武器の製作にも使われりしますが、それが要求されています。☆ただ要求量がとにかく多いです。「白き依代の弓」に関しては「朽ち果てた弓」の3凸から作成するので、元となる武器が120個も必要となります。☆弓の銀片については、十天衆の最終上限解放実装時とは違い、ヘイロー10回でディメンション・ヘイロー発生の確定やアーカーシャHLがあるので集めやすいです。ただし要求数が200個なのでどちらにしても時間がかなり必要となります。☆そしてダマスカス骸晶を20個要求されているので、ショップからのダマスカス鋼への交換もこれからは控えていく必要がありますね。○限界超越「ソーン」の強化点◆奥義が「ステラ・ターミネイション」に変化。・「殲雷の鏑矢」の効果が強化され、次のクリンチャーによるダメージ回数が2回。・クリンチャーが即時使用可能◆LBの4行目が解放、LB強化数上限が上昇。・Lv110になることでダメージ上限UPを取得可能。・LB強化数上限が5上昇。☆限界超越の第1段階では奥義の強化に伴い、クリンチャーの発動頻度が上昇して火力を稼ぐことが可能になりましたね。☆しかも奥義によりクリンチャーは2回ダメージが発動するようになったので、奥義の回転率を上げれば3ターンに1回は高火力ダメージのクリンチャーを発動出来ます。☆まだ限界超越の第1段階なので、これから先も強化されていき性能にはまだまだ期待が出来るという……(ただ要求される素材が中々エグそう)☆ちなみに限界超越フェイトエピソードは最終上限解放の続きとなり、今後展開の伏線も張られたりするので読んでおきたいところ。それでは”限界超越”十天衆「ソーン」の性能を見ていきます。

  • 2020年12月31日
  • 2021年5月11日

【グラブル】光SSR十天衆「ソーン」のバランス調整後の性能を見ていきます。「ディプラヴィティ」の効果量が強化され攻防DOWNが、ミゼラブルミスト等と合わせて下限まで減少が可能。またアイコンやエフェクトも変更され格好良くなりましたね。(2020年12月バランス調整)

光SSR十天衆「ソーン」がバランス調整されたので性能についてまとめていきます。2020/12/21に8キャラのバランス調整が行われたので、対象となったキャラを見ていきます。今回は光属性の十天衆「ソーン」についてです。十天衆に関してはウーノとソーンに「限界超越」が同時に実装されていますが、私は銀片200個とか無いので未だ出来ていません。「限界超越」に関しては個人的に次イベントに合わせてやっていこうと思うので、先ずは光有利古戦場に合わせた「ソーン」の「限界超越」を目指していきます。ちなみ現在「弓の銀片」は160個程。(他にも「朽ち果てた弓」が大量に必要だったりしますが)とりあえず「限界超越」はまだ素材が足りないので一度置いておいておきます。なので限界超越前の最終上限解放段階の「ソーン」についてです。バランス調整により「ディプラヴィティ」の効果量と命中率が上昇したことですね。「ディプラヴィティ」には複数の弱体効果が内蔵されていて、この内の数種類が強化されました。その中でも「攻撃力DOWN」「防御力DOWN」の効果量が25%になったことが良いですね。これでミゼラブルミスト等と合わせて、下限値まで持っていけるようになりました。また全体的アビリティアイコンと使用時のエフェクトに変更がかかっています。今まで汎用的な感じでしたが、変更により十天衆らしい星空のようなエフェクトがかかりながら矢を放つようになり、格好良くなっていますね。★主に調整された点〇マーキュライト・敵の全ての攻撃を回避の効果時間が1ターンから1回に変更。〇ディプラヴィティ・「毒」「灼熱」「腐敗」のダメージ量と命中率の引き上げ。・「攻撃力DOWN」「防御力DOWN」の効果量が25%、命中率が90%に変更〇クリンチャー・敵の数が少ないほど威力UPが削除、常に与ダメージ上限が最大に変更。☆ソーンのバランス調整の場合は大幅な変更というより、「ディプラヴィティ」が少し便利になったという感じです。☆十天衆に関しては「限界超越」で強化されるので、バランス調整的には控えめな感じですね。それではバランス調整された十天衆「ソーン」の性能を見ていきます。

  • 2020年12月25日
  • 2021年5月11日

【グラブル】水SSR十天衆「ウーノ」のバランス調整後の性能を見ていきます。「城廓の構え」に火属性ダメージカット(100%)が追加されたので、ウィルナスHLのマグマチェンバーとかを余裕で受けることが可能に。(2020年12月バランス調整)

水SSR十天衆「ウーノ」がバランス調整されたので性能についてまとめていきます。2020/12/21に8キャラのバランス調整が行われたので、対象となったキャラを見ていきます。今回は水属性の十天衆「ウーノ」についてです。十天衆に関してはウーノとソーンに「限界超越」が同時に実装されていますが、私は銀片200個とか無いので未だ出来ていません。「限界超越」に関しては個人的に次イベントに合わせてやっていこうと思うので、先ずは光有利古戦場に合わせた「ソーン」からしていきます。(なのでウーノとりあえず保留)とりあえず「限界超越」は置いておいて、「ウーノ」はバランス調整により「城廓の構え」に火属性ダメージカット100%を得ることになりました。これにより最近当たり前のようになってきた「全属性ダメージカット無効」に対して有効になりました。これで“ウィルナスHL”のマグマチェンバーとかを防げるようになりましたね。このバランス調整後のウーノを連れて、ウィルナスHLのフルオートも出来ますし。(まぁ、リリィも一緒に編成するけどね)★主に調整された点〇刹那の閃き++・カウンターの効果時間が3ターンに延長。〇城廓の構え・火属性ダメージカット(100%)が追加。〇開眼者・効果が「バトル開始時に不死身効果(1回)」に変更。・Lv90からは「自分が瀕死状態になったターン終了時、一度だけHPと弱体効果を全回復」が追加。☆大幅な変更というより、「城廓の構え」の火属性ダメージカット追加が目立つ調整ですね。(やっぱりリリィが強いんだよね)☆十天衆に関しては「限界超越」で強化されるので、バランス調整的にはこんな感じですね。それではバランス調整された十天衆「ウーノ」の性能を見ていきます。

  • 2020年12月13日
  • 2021年5月11日

グラブル】グラフェス2020DAY1のアップデート情報まとめ。十天衆の上限解放「限界超越」の実装が判明。今年の年年歳歳はPREMIUM、報酬にはRキャラのビカラちゃん。等々

グラフェス2020年のDAY1で紹介されていたゲーム内情報を見ていこうと思います。遂にグラフェスの日が来ましたね。ということは今年も残り20日程度ですね。リアルも多忙な時期です。(仕事とか……)なので仕事明けにグラフェス2020の生中継を見てました。そこで新しい情報があったので、まとめていきます。ちなみに、どんな情報があったかと言うと。○クリスマスVerキャラ追加・クリスタリアの人で、よく十天衆の槍の人と比較される。・この間は「るっ!」でドローンになって、クー・ケオロエワに撃墜された人。○クリスマススキン・今年も十天衆から一人。○サイドストーリーの追加・組織イベントが2つ追加。○バランス調整・対象は8キャラ。その中の一人は↑の人。○撃滅戦・今月はゼノ・コロゥ。・武器の上限解放や召喚石の追加。○年年歳歳・今回の年年歳歳はプレミアム。エビフライがせめてくるぞ!……?・報酬”ビカラ”(Rキャラ)、次の古戦場の敵が変更?○十天衆「限界超越」・最終上限解放Ⅱの名称が「限界超越」となり実装。それでは見ていきます。