スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】”限界超越”十天衆「カトル」の性能について。奥義が「モルス・ケルタ」に変化して、「水属性追撃」効果が追加。限界超越とかをしていると一気に「星晶の破片」が減っていく……(限界超越Lv110)

グラブル

広告

「限界超越」水SSR十天衆「力トル」の性能についてまとめていきます。

十天衆の最終上限解放の更なる上限解放である”限界超越”
今回は水属性の十天衆「カトル」の”限界超越”後の性能についてです。

2020年12月に十天衆の更なる上限解放“限界超越”が実装されましたね。この限界超越は5段階に分かれていて10Lv毎に解放条件が存在します。
最初は「ウーノ」と「ソーン」の2人に実装され、そこから2月ぐらいの間隔で次々と実装されていくスケジュールがグラフェス2020で発表されていました。
○2021年3月段階では「ウーノ」「ソーン」「サラーサ」「力トル」まで限界超越(Lv110まで)が可能となっています。

今回は2021年4月の水有利古戦場に向けて「カトル」を“限界超越“させたので見ていきます。
(ウーノも同時に限界超越させたので、そちらは↓)
【グラブル】限界超越十天衆「ウーノ」の性能について。奥義が「真槍破邪顕正陣」に変化して、「吸収」効果が追加。相変わらず「刹那の閃き」に火力がよい。あとやっぱり十天衆にはマントが似合う。(限界超越Lv110)

○十天衆の限界超越の条件
・RANK150以上
・対象十天衆の覚醒Lv7
・対象十天衆の4つ目のアビリティ取得

☆条件は緩いですが、問題はそこから先の「限界超越に必要な素材」です。
☆ただ必要とされる素材の難易度的には「六竜」素材が少しだけ上ぐらいで他は大したことありません。しかし量がとにかく多いです。
(大したことないと言っても、ヒヒイロカネは約束事のように要求されるけど)

○かトル“限界超越“の1段階目に必要な素材
☆1段回目という通り限界超越はLv10毎に素材が要求されるタイミングがあります。

・双葬・落天刃:1個
・アビサル・トラジェディー:40個
・水の光輪:80個
・ダマスカス骸晶:20個

☆限界超越に伴い、新たにアイテム「双葬・落天刃」が追加されています。これはショップの「限界超越」タブから素材と交換して入手ができます。そして、それに要求される素材は、
・刃の銀片:200個
・青き依代の刃:30個

☆両方共に最終上限解放時の「黄金の依代」作成に使用したものですね。最近では英雄武器の製作にも使われりしますが、それが要求されています。

☆問題は要求量がとにかく多いことですね。「青き依代の刃」に関しては「朽ち果てた刃」の3凸から作成するので、元となる武器が120個も必要となります。
☆さらに素材には「水の宝珠」「アクア・ジーン」「星晶の欠片」がそれぞれ250個、それが30個分も必要となるので一気に素材が減っていきます。
(ウーノも同時に行った為、一気に減りました)

☆刃の銀片については十天衆の最終上限解放実装時とは違い、ヘイロー10回でディメンション・ヘイロー発生の確定やアーカーシャHLがあるので集めやすいです。ただし要求数が200個なのでどちらにしても時間がかなり必要となります。

☆そしてダマスカス骸晶を20個要求されているので、ショップからのダマスカス鋼への交換もこれからは控えていくことや、シナリオイベントでのバトルや高難度のマルチバトルで「ダマスカス磁性粒子」のドロップを狙っていく必要があります。

○限界超越「カトル」の強化点

◆奥義が「モルス・ケルタ」に変化。
・「追撃」効果が追加。

◆LBの4行目が解放、LB強化数上限が上昇。
・Lv110になることでダメージ上限UPを取得可能。
・LB強化数上限が5上昇。

☆限界超越の第1段階では奥義の強化に伴い、「吸収」効果が追加され味方全体のHP回復が可能になりました。
☆元々の防御よりな性能がさらに上昇した感じの強化となっていますね。

☆まだ限界超越の第1段階なので、これから先も強化されていき性能にはまだまだ期待が出来ますね。
(ただ要求される素材が中々エグそう)
☆ちなみに、さらなる限界超越に必要なアイテムが古戦場等の勲章交換に追加されるようです。

☆限界超越のフェイトエピソードは最終上限解放の続きとなり、今後展開の伏線も張られたりするので読んでおきたいところ。

それでは”限界超越”十天衆「カトル」の性能を見ていきます。

広告

スポンサーリンク

”限界超越”水SSR十天衆「カトル」の性能

[十天衆]カトル

・属性:水
・種族:エルーン
・タイプ:特殊
・得意武器:短剣
・HP:2134
・攻撃:10644
・シリーズ:十天衆

※Lv110段階

☆第1段階から素材が重い。あと、さらなる上限解放には勲章交換のアイテムが必要なことが確定。

☆そして十天衆にはマントが似合う。

奥義

モルス・ケルタ

・水属性ダメージ(特大)/スロウ減少/味方全体の連続攻撃確率UP/水属性追撃効果

☆限界超越により奥義モーションも一新され、メメント・モリ、ヴィータと違いバックジャンプしながら切り払う感じに。

☆奥義の基礎火力もさらに上昇。

☆追加効果は今までの「スロウ」「連続攻撃確率UP」に加えて「水属性追撃」(約10%)が追加。

☆ちなみに「連続攻撃確率UP」は3ターン、「水属性追撃」は4ターン継続します。

アビリティ

シュリーヴァトサ++

・敵に2回水属性ダメージ/ランダムで弱体効果を2つ付与
・使用間隔:5ターン

☆カトル君の特徴なアビの一つ「シュリーヴァトサ」。一度で2つの弱体効果を付与出来る便利なアビリティ。

☆弱体効果もありながらダメージ量もあります。

☆↑のような弱体効果からランダムで2つ付与されます。
☆敵の弱体効果が回復されたあとに4アビ後に「シュリーヴァトサ」を連発して一気に弱体効果を付与することが多いですね。

カルネージ++

・ターゲットに関わらずに6回単体ダメージ/敵全体の最大CT増加/強化効果を1つ無効化
・使用間隔:9ターン

☆ダメージに加えて「グラビティ」「ディスペル」という便利過ぎる効果が複合されたアビリティ。ただ使用間隔が長いのでサポートアビリティで即時使用可能になれば良い感じ。

アヴィラティ

・味方全体の強化効果延長
◆効果時間1ターンの強化効果は除く
・使用間隔:6ターン

☆効果時間が1ターン以外の強化効果を延長します。

☆地味ながら1ターンの延長は大きく、サポートアビリティで即時発動可能になれば強化効果の維持がさらに可能。

四天の嘆き

・ダメージアビリティが最大4回まで連続使用可能になる/弱体成功率UP
◆再使用不可
使用可能:10ターン後

☆ダメージアビリティである「シュリーヴァトサ」「カルネージ」が即時使用可能になり、ダメージアビリティを4回まで連続使用出来る「神速」が付与されます。

☆主に「シュリーヴァトサ」を使用して一気に弱体効果を付与したりすることが多いですが、場合によって「カルネージ」を連続使用してダメージ回数を稼いでいくこともあります。

サポートアビリティ

閃耀の双剣

・稀に即時アビリティ発動可能/弱体成功率UP

☆これにより弱体成功率が高く「シュリーヴァトサ」と奥義による「スロウ」が良い感じ命中します。

☆稀にアビリティが発動可能になるので、運良く発動すればなお良し。(稀なので期待は低い)

死の舞踏

・火属性の敵に対して与ダメージUP

☆このアビリティは天司武器と同効果なので、恩恵は薄いかも。それに水属性にはイシュミールさんも居ますし。

リミットボーナス

○1段目
・攻撃力/防御力/弱体耐性/対オーバードライブ攻撃/オーバードライブ抑制
○2段目
・攻撃力/攻撃力/DA確率/TA確率/水属性攻撃
○3段目
・攻撃力/水属性攻撃/弱体成功率/弱体成功率/サポートアビリティ
○4段目
・ダメージ上限

☆4段目は「限界超越」にて取得可能。恐らくLv10段階毎に一つずつ追加解放。
☆そして4月の古戦場でLv130へのアクセスが可能に。

リミットサポートアビリティ

・アビリティ使用時稀にアビリティが即時発動可能

☆運良く発動すれば、続けて弱体できるので便利。(4アビ中に発動すると意味が薄く……)

性能まとめ

☆ということで限界超越されたカトルでした。

☆奥義に10%の水属性追撃が追加されて攻撃面の強化がされましたね。追撃と連続攻撃確率UPでダメージ回数を参照する予兆の解除にも相性良く戦っていけます。

☆恐らくLvキャップが10ずつ進む度に一つずつ強化されていく感じですかね?

☆それにしても「限界超越」は「双葬・落天刃」に「刃の銀片:200個」「朽ち果てた刃(依代):3凸30個」、さらに「ヒヒイロカネ」も使っています。
☆これが限界超越の”1段階目”なので、5段階目に至る時には素材をどれほど使うことになるのか……
☆そして地味に痛いのが「朽ち果てた武器」の依代化に使用する「星晶の欠片」。2021年4月にはフュンフとシスの限界超越が解放されますが、とてもじゃないけど足りない。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村