スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】玄武討伐戦を両面黄龍でアビ・召喚0ポチ周回編成について(四象に挑戦)。ターゲット変更すれば楽だけど、今回は0ポチという事で変更してません。

2020年7月11日グラブル

広告

四象降臨のマルチバトル「四象に挑戦」の1つ「玄武討伐戦」を、両面黄龍でAT,非AT問わずにアビリティと召喚を0ポチによる周回編成について書いていきます。

四象に挑戦は「朱雀討伐戦」「玄武討伐戦」「白虎討伐戦」「青竜討伐戦」がありますが、今回は「玄武」のみまとめていきます。

玄武討伐戦は他の朱雀等と違い「帝翁」「玄武」「帝公」の3体と戦うことになります。3体なのでそれぞれのHPは少し低めで、さらに「玄武」を倒せば残り2体が残っていても戦闘が終了します。

ターゲット変更を真ん中の玄武にすれば簡単に倒せますが、両面黄龍による0ポチということでターゲット変更をせずに倒してきました。

両面黄龍ということで、2番手に十天衆を配置して開幕に攻撃のみで奥義から3チェインして敵を倒していくことになります。
カツオの召喚等も行わないので周回をスムーズに進めることが出来ます。
とは言っても差は少しですけどね。

それでも討伐章集めは多少は楽になります。

それでは本題、

広告

スポンサーリンク

玄武討伐戦を両面黄龍で周回

主人公&キャラ編成

☆ジータちゃんはベルセルクですが、特に理由はないです。

☆2番手には十天衆のオクトーにしました。開幕から奥義を打つ為ですね。


十天光輝の楯により奥義ゲージ100%で戦闘開始ができます。

また奥義には土属性攻撃UPがあり後続の火力貢献にも繋がります。

☆3番手はダーント&フライハイトです。HPが多いほど奥義火力が上昇するほか、黒猫棒術により追加ダメージを与えることができます。

☆4番手はブローディアです。2番手のオクトーによる土属性攻撃UPをサポートアビリティにより強化出来ます。

武器編成

・ラスト・シャフレワル
・一期一振
・オールド・ペルセウス
・揺るがぬ大地の拳
・ニーベルン・クリンゲ×2
・真・裁考天の鳴弦
・バハムートソード・フツルス
・虚空の楔槍
・ランス・オブ・コスモスAT
☆両面黄龍なので武器スキルは召喚石加護により強化されないので、通常功刃・方陣功刃・EX功刃をバランスよく編成することになります。

召喚石編成

☆両面黄龍編成なのでメインは黄龍です。サブには水属性の敵に対して土属性キャラの与ダメージが上昇するザ・ハングドマンを装備しています。

玄武との戦闘①

☆先ずは帝翁をオクトーの奥義で倒します。そして奥義の土属性攻撃UPにより後続2人の火力が上昇します。

☆帝翁を倒すと玄武へターゲット変更がされます。

玄武との戦闘②



☆ダーント(上)フライハイト(下)の奥義火力です。かなりのダメージを稼ぐことができます。

 

玄武との戦闘③

☆ブローディアの奥義火力です。刃鏡が展開出来てないのでダメージは少なめですがサポートアビリティによりオクトーの土属性攻撃UPを強化して味方全体に貢献してます。

 

玄武との戦闘④

☆そしてチェインバースト(3チェイン)で終了です。

戦闘結果

☆5秒で終わりましたね。朱雀の時と一緒ですね。

〇他の「四象に挑戦」
・朱雀
【グラブル】朱雀討伐戦を両面黄龍でアビ・召喚0ポチ周回編成について(四象に挑戦)。5秒以内には終わるけど端末の状態によっては変わりそう。
・白虎
【グラブル】白虎討伐戦を両面黄龍でアビ・召喚0ポチ周回編成について(四象に挑戦)。シエテを有利属性で使えるので編成は楽な方。あとリヴァイさんがなかなか良い火力。
・青竜
【グラブル】青竜討伐戦を両面黄龍でアビ・召喚0ポチ周回編成について(四象に挑戦)。火の十天衆はエッセルなので火力の盛り方が必要かな?

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村