スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】ドレバラ★4「獅子氷炎門」を水マグナ(クリティカル)編成でフルオートソロ攻略したので編成や内容。獲得貢献度は★3「赤翼炎竜」の10倍。敵としては見た目通り「オクシモロン」な行動をしてくる。(2020年10月ドレバラ)

グラブル

広告

ドレパラ★4「獅子氷炎門」を水マグナのクリティカル編成でフルオートソロ討伐しながら周回していたので、敵の行動を見てみました。2020年10月開催のドレッドバラージュ)

「獅子氷炎門」は2020年10月開催の水有利「ドレッドバラージュ」の★4クエストですね。
★4、5のクエストはドレバラ開催時には挑戦出来ませんでしたが、10/16 19:00になったことで挑戦出来るようになりました。

○ドレッドバラージュは全てマルチバトル
・イベントボスは基本5種類の難易度に別れていて、下位の難易度の討伐数が一定数に達すると新たな難易度が解放されます。
・討伐数のカウントは個人では無く所属する騎空団の累計でカウントされます。

☆ということでオクシモロンじゃなく、「獅子氷炎門」を水マグナのクリティカル編成で挑戦しました。

☆ちなみに獲得貢献度は★3の10倍もあります。

○獅子氷炎門の特徴
・通常攻撃は単体。
・特殊技「コントラディクション」では敵に「連続攻撃確率UP」、味方には「灼熱」の付与。
・特殊技「ユニコーン・アタイア」は火と水属性攻撃。追加効果は「灼熱」付与。
・特殊技「デマゴーグ」では敵に「防御UP」「弱体耐性UP」、味方に「デマ」を付与。
・HP50%では弱体回復。

☆★3と比べても敵のHP・攻撃力が上昇しています。

☆通常攻撃は3000程度ですが、特殊技では7000ダメージくらいのものが多いです。ただ場合によっては1万以上のダメージ受けることがあります。
今回だと弱体効果回復と重なってしまった50%の特殊行動で2万近いダメージでした。

☆また後半にデマ状態で「ユニコーン・アタイア」を受けると無属性ダメージ発生するようなので注意ですね

○挑戦した編成。
・両面リヴァイアサン・マグナによる水マグナのクリティカル編成で挑戦しました。
・ジータちゃんは「ランバージャック」。
・キャラは「リリィ」「水着カリオストロ」「イシュミール」。サブには「ハーゼリーラ」「マリアテレサ」。
・武器は「オールド・オベロン」と「冬ノ霜柱」でクリティカル。

☆編成に関してはムスペルの時と同じ。

それでは★4Lv100「獅子氷炎門」について見ていきます。

広告

スポンサーリンク

★4Lv100「獅子氷炎門」を水マグナのクリティカル編成でフルオートソロ討伐(2020年10月 ドレバラ)

編成について

ジータちゃん一行

●ジータちゃんはランバージャック
・アビリティは「ミゼラブルミスト」「グラビティ」「落葉焚き」
・「グラビティ」は特殊技を受ける回数を減らすのに便利。

●リリィ
・「氷晶結界」の春風で、特殊行動をする度にホワイトヒールが発動してHPと弱体回復が便利。
・パーティの種族数に応じて強くなるので火力もあり、敵に累積攻防DOWNも出来て高難度や長期戦ではいつも活躍。

●カリオストロ(水着)
・「アルス・ノヴァ」ではクリティカル確率UPと会心そして玉水の刻印付与。
・クリティカル編成なので「カワイイの神髄」で味方全体が毎ターン追撃発生。
・「ディスラプション」では刻印消費してダメージ+ディスペルを連発可能。今回では「弱体耐性UP」や「連続攻撃確率UP」を解除。サブの「マリアテレサ」の逆位置効果でさらにダメージと累積攻防DOWNを付与。

●イシュミール
・ドレバラ直前に最終されたイシュミール。「氷剣」による奥義ダメージが強力。
・「魔氷結界」による強化で通常攻撃も強い。
・サポートアビリティ「冷たい女」のおかげで天司要らず。さらにクリティカル時のダメージ上限UP。

召喚石

〇水マグナということで両面とも「リヴァイアサン・マグナ(5凸)」。
〇サブには水アーカルム召喚石「ザ・ムーン」「ジャスティス」。そして「ガブリエル」「カグヤ」。

武器

〇メイン武器は楽器の六道武器「ダンテ・アリギエーリ」。敵の特殊技に反応してダメージと攻防DOWNが便利。
〇サブはクリティカル編成なので技巧(中)複合するスキルを持つ「オールド・オベロン」×3と「冬ノ霜柱」。
○他には「テュロスビネット」や「水宝玉の手斧」「フェイトレス」。終末の神器は「永遠拒絶の杖」でペンデュラムはガンマ(奥義上限UP)。

クエスト

○今回は右から二番目の★4クエストに挑戦です。

★4 Lv100獅子氷炎門 戦

戦闘①:戦闘開始

☆どう見ても名前の違うだけのオクシモロンな「獅子氷炎門」との戦闘開始です。今回はフルオートなので見守っていきます。

☆そして今回もドレバラ直前に最終上限解放されたイシュミールさんを使っていきます。
(ただイシュミールの敵対心が低いので、他のキャラの被ダメージが多くなっているという点)

☆敵の通常攻撃は単体攻撃です。続攻撃確率も低めで300位のダメージですが、途中で自身に連続攻撃確率UPを付与してきます。

戦闘②:コントラディクション(CT最大で発動)

 

☆通常時のCT最大による特殊技「コントラディクション」です。

☆味方全体を対象に7000近くのダメージですね。

☆追加効果では
・オクシモロンに「ダブルアタック確率UP」「トリプルアタック確率UP」の付与。〈3ターン〉
・味方に「暗闇」の付与。

戦闘③:コントラディクション(HP75%で発動)

☆HP75%では特殊行動「コントラディクション」が発動します。

☆CT最大で発動した技と同様に
・味方全体に7000近くのダメージ。
・追加効果でオクシモロンに「ダブルアタック確率UP」「トリプルアタック確率UP」の付与。〈3ターン〉
・味方に「暗闇」の付与。

戦闘④:ユニコーン・アタイア(CT最大で発動)

 

☆OD時のCT最大による特殊技「ユニコーン・アタイア」です。

☆味方全体をランダム対象に水と火属性の混合攻撃で、1ヒット辺り1300近くのダメージですね。

☆追加効果は「灼熱」の付与です。

☆完全に中身もオクシモロン確定ですね。

戦闘⑤:弱体回復(HP50%で発動)

☆またHP50%では弱体効果全回復がされます。

☆また50%では特殊行動↓もあるので被ダメージが一時的上昇します。

戦闘⑥:デマゴーグ(HP50%で発動)

☆折り返しのHP50%では特殊行動として「デマゴーグ」が発動します。

☆味方全体に19000近くの大ダメージを放たれました。直前の弱体効果回復が響いていますね。

☆追加効果は
・オクシモロンには「防御UP」「弱体耐性UP」付与。〈3ターン〉
・味方に「デマ」の付与。〈3ターン〉

☆オクシモロンにはムスペルのように「弱体耐性UP」が付与され、同じタイミングで弱体効果回復もしているので、ディスペルで解除していかないとミゼラブルミスト等も通らなく被ダメージの増加ターンが増えてしまいますね。

☆また通常攻撃には確率で「暗闇」付与効果が発生もしています。

戦闘⑦:ユニコーン・アタイア(CT最大で発動)

   

☆後半OD時のCT最大による特殊技は「ユニコーン・アタイア」です。

☆味方全体をランダム対象に水と火属性の混合攻撃で、1ヒット辺り100近くのダメージですね。火属性側のダメージはリリィの70%カットが発動しているので控え気味ですね。

☆追加効果は「灼熱」ですが。さらに「デマ」状態のキャラに対しては無属性ダメージ5000が発生するようです。

☆なおこの後にユニコーン・アタイアを受けカリオストロが戦闘不能になり、サブからハーゼリーラが登場。

戦闘⑧:ユニコーン・アタイア(HP25%で発動)

☆HP25%では再び「ユニコーン・アタイア」を特殊行動として発動されます。

☆味方全体をランダム対象に水と火属性の混合攻撃ですが。敵に付与された「月影の幻惑」による命中低下で攻撃はmissとなりダメージはありませんでした。

☆追加効果は「灼熱」もmissです。

戦闘⑨:討伐完了

☆特殊行動は20%で最後なので後は攻撃していくだけです。

☆そして特に問題無く(カリオストロが戦闘不能)水マグナ編成でフルオートソロ討伐の完了です。

リザルト

☆このクエスト貢献度についてですが「2697547」となりました。
☆これは★3「赤翼炎竜」の約26万の10倍の貢献度になります。ちなみにムスペルLv95の貢献度は約140万なので、それよりも100万多い獲得量になります。

☆今回はドロップしてませんが「業火の石片」や「火晶のエレメント」もあります。

まとめ

☆★4「獅子氷炎門」を水マグナ(クリティカル)編成でフルオートソロ討伐してみました。

☆完全にオクシモロンな敵ですね。最近登場したのはロミオとジュリエットのイベントのPROUDでした。
【グラブル】PROUD「王の帰還」を土マグナ編成で攻略したので編成や内容。敵はLv150オクシモロンと神王モンタギューの2連戦。1戦目と2戦目で敵の属性が違うので注意。多分、土属性の方が楽に討伐出来る。そしてフルオートも可。

☆↑この時とは若干付与される効果が違ったりしますけどね。

☆何よりも★3と4では貢献度が10倍違うので、より上位の難易度を周回していきたいですね。
☆さらにこの上の★5では獲得貢献度が約400万以上となるので、出来ればそっち。正しアルバハさんが如く「ターゲッティング」もしてくるので注意ですけど。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村