TAG

バランス調整

  • 2021年1月1日
  • 2021年10月30日

【グラブル】風SSR「ジャンヌダルク(水着)」のバランス調整後の性能を見ていきます。「サルベイション」を奥義で延長して味方全体に付与し火力と耐久を上昇。奥義ゲージUPやディスペルも有り。(2020年12月バランス調整)

風SSR「ジャンヌダルク(水着)」がバランス調整されたので性能についてまとめていきます。2020/12/21に8キャラのバランス調整が行われたので、対象となったキャラを見ていきます。今回は風属性で“水着Ver“の「ジャンヌダルク」についてです。水着「ジャンヌダルク」は「サルベイション」という強化効果を持ちます。「サルベイション」は、味方1人を対象に複数の強化効果を与えます。バランス調整ではこの「サルベイション」回りが強化されています。★主に調整された点○リヴァーサル・タイド・敵の強化効果を1つ無効化。〇サルベイション・風属性キャラ単体に自動復活効果/クリティカル確率UP/連続攻撃確率UP/弱体効果無効/ダメージ上限UPに変更。・使用間隔が8ターンに変更。〇ブレイブフラッグ・味方全体の奥義ゲージUP(20%)/HP回復/活性効果に変更。○エテ・デ・ラ・ピュセル・名称が「ラ・ピュセル」から変更。・奥義発動時にサルベイションによる強化効果を2ターン延長に変更。☆「サルベイション」は効果時間を奥義で延長出来るので、奥義を頻繁に発動出来れば延長しつつ他のキャラにも「サルベイション」を付与可能になり最終的に味方全体に効果を付与でき、火力と耐久を強化することができます。☆「リヴァーサル・タイド」にもディスペルが追加され、対応できることが増えたのも良いですねそれではバランス調整された風SSR「ジャンヌダルク(水着Ver)」の性能を見ていきます。

  • 2020年12月31日
  • 2021年10月30日

【グラブル】光SSR十天衆「ソーン」のバランス調整後の性能を見ていきます。「ディプラヴィティ」の効果量が強化され攻防DOWNが、ミゼラブルミスト等と合わせて下限まで減少が可能。またアイコンやエフェクトも変更され格好良くなりましたね。(2020年12月バランス調整)

光SSR十天衆「ソーン」がバランス調整されたので性能についてまとめていきます。2020/12/21に8キャラのバランス調整が行われたので、対象となったキャラを見ていきます。今回は光属性の十天衆「ソーン」についてです。十天衆に関してはウーノとソーンに「限界超越」が同時に実装されていますが、私は銀片200個とか無いので未だ出来ていません。「限界超越」に関しては個人的に次イベントに合わせてやっていこうと思うので、先ずは光有利古戦場に合わせた「ソーン」の「限界超越」を目指していきます。ちなみ現在「弓の銀片」は160個程。(他にも「朽ち果てた弓」が大量に必要だったりしますが)とりあえず「限界超越」はまだ素材が足りないので一度置いておいておきます。なので限界超越前の最終上限解放段階の「ソーン」についてです。バランス調整により「ディプラヴィティ」の効果量と命中率が上昇したことですね。「ディプラヴィティ」には複数の弱体効果が内蔵されていて、この内の数種類が強化されました。その中でも「攻撃力DOWN」「防御力DOWN」の効果量が25%になったことが良いですね。これでミゼラブルミスト等と合わせて、下限値まで持っていけるようになりました。また全体的アビリティアイコンと使用時のエフェクトに変更がかかっています。今まで汎用的な感じでしたが、変更により十天衆らしい星空のようなエフェクトがかかりながら矢を放つようになり、格好良くなっていますね。★主に調整された点〇マーキュライト・敵の全ての攻撃を回避の効果時間が1ターンから1回に変更。〇ディプラヴィティ・「毒」「灼熱」「腐敗」のダメージ量と命中率の引き上げ。・「攻撃力DOWN」「防御力DOWN」の効果量が25%、命中率が90%に変更〇クリンチャー・敵の数が少ないほど威力UPが削除、常に与ダメージ上限が最大に変更。☆ソーンのバランス調整の場合は大幅な変更というより、「ディプラヴィティ」が少し便利になったという感じです。☆十天衆に関しては「限界超越」で強化されるので、バランス調整的には控えめな感じですね。それではバランス調整された十天衆「ソーン」の性能を見ていきます。

  • 2020年12月31日
  • 2021年10月30日

【グラブル】水SSR「エウロペ(水着)」のバランス調整後の性能を見ていきます。「テュロス・ベネディクタス」に「星水」の消費が無くなり、かなり使い易くなりました。(2020年12月バランス調整)

水SSR「エウロペ(水着)」がバランス調整されたので性能についてまとめていきます。2020/12/21に8キャラのバランス調整が行われたので、対象となったキャラを見ていきます。今回は水属性の“水着Ver“の「エウロペ」についてです。水着「エウロペ」は「星水」という独自の強化効果を持ちます。この「星水」は、自身がダメージアビリティの使用もしくはトリプルアタックをすることで数が増加します。そして数によってアビリティや奥義が強化されます。以前はアビリティ「テュロス・ベネディクタス」使用時に、「星水5」を消費して効果を全体化するものがありました。それが今回のバランス調整により消費が無くなり、一度上昇した「星水」を5に保つことが可能になりました。これにより戦闘の中盤からは常に最大Lvの「星水」効果の恩恵を得られることになります。その代わりに、バトル開始時に「聖水」2の状態がなくなりました。★主に調整された点○テュロス・ベネディクタス・自分が必ずトリプルアタック/ダメージ上限UP◆星水が5の時、効果を全体化に変更。・使用間隔が6ターンに変更。〇神泉の星水・◆星水はバトル開始時2の状態が削除。・星水の数に応じてダメージ上限UPが追加。〇黄昏の奇跡・自分以外の味方が復活時に自分のアビリティが即時使用可能になる◆アイテムによる復活では発動しない。☆主に「テュロス・ベネディクタス」による「星水」消費がなくなる調整ですが、これの影響がかなり大きいですね。☆テュロス・ベネディクタス以外にも「星水」が関わるのは、サポートアビリティ「黄昏の奇跡」以外全てに影響が出るので、消費が無くなることで水着エウロペのほとんどの性能が上昇したことになります。それではバランス調整された水SSR「エウロペ(水着Ver)」の性能を見ていきます。

  • 2020年12月29日
  • 2021年10月30日

【グラブル】火SSR「ユエル」のバランス調整後の性能を見ていきます。他属性のユエルと同じように「狐火」に関する効果を得ました。「燕返し」は狐火状態の敵に対して2回発動するようになり、ダメージやダメージ回数も稼げたりします。(2020年12月バランス調整)

火SSR「ユエル」がバランス調整されたので性能についてまとめていきます。2020/12/21に8キャラのバランス調整が行われたので、対象となったキャラを見ていきます。今回は火属性の「ユエル」についてです。「ユエル」は水や風属性版と同じ様に「狐火」を付与し、その付与された敵に対して効果を発揮する様になりました。「狐火」に関しては主に「ユエル」そして「ソシエ」が持つ効果ですね。ターン制で付与され、付与された敵は攻撃が稀にミスとなりHPが毎ターン減少するようになります。ちなみに火属性「ソシエ」に関しては「狐火」に関する効果を持っていませんので、最終上限に期待です。★主に調整された点○アビリティの順番変更・1番目が「紅蓮」、2番目が「燕返し」に変更。〇「紅之舞・融月」・回復性能UP(累積)が追加。〇燕返し・敵に4回火属性ダメージ/連続攻撃確率UP(累積)に変更。・++になることで攻撃UP(累積)/回避率UP(累積)◆狐火状態の敵に対して2回発動が追加。〇紅蓮・敵全体に火属性ダメージ/狐火を付与に変更・++になることで味方全体の連続攻撃確率UP/火属性追撃効果が追加。○参ノ舞・燼花・効果中必ずトリプルアタック/ターン進行時に攻撃行動を2回行うに変更○融月・狐火状態の敵に対して味方全体が与ダメージ上昇に変更。☆「狐火」による強化になったので、大幅な変更があったユエルちゃん。☆アビリティの順番も変更され、フルオートでも狐火の付与から始まり、次のアビは狐火状態に反応するという流れになっていますね。☆またダメージを与える回数も増えたので、予兆による○回ダメージを与えることを解除条件とする場合にも使い易いですね。それではバランス調整された火SSR「ユエル」の性能を見ていきます。

  • 2020年12月25日
  • 2021年10月30日

【グラブル】水SSR十天衆「ウーノ」のバランス調整後の性能を見ていきます。「城廓の構え」に火属性ダメージカット(100%)が追加されたので、ウィルナスHLのマグマチェンバーとかを余裕で受けることが可能に。(2020年12月バランス調整)

水SSR十天衆「ウーノ」がバランス調整されたので性能についてまとめていきます。2020/12/21に8キャラのバランス調整が行われたので、対象となったキャラを見ていきます。今回は水属性の十天衆「ウーノ」についてです。十天衆に関してはウーノとソーンに「限界超越」が同時に実装されていますが、私は銀片200個とか無いので未だ出来ていません。「限界超越」に関しては個人的に次イベントに合わせてやっていこうと思うので、先ずは光有利古戦場に合わせた「ソーン」からしていきます。(なのでウーノとりあえず保留)とりあえず「限界超越」は置いておいて、「ウーノ」はバランス調整により「城廓の構え」に火属性ダメージカット100%を得ることになりました。これにより最近当たり前のようになってきた「全属性ダメージカット無効」に対して有効になりました。これで“ウィルナスHL”のマグマチェンバーとかを防げるようになりましたね。このバランス調整後のウーノを連れて、ウィルナスHLのフルオートも出来ますし。(まぁ、リリィも一緒に編成するけどね)★主に調整された点〇刹那の閃き++・カウンターの効果時間が3ターンに延長。〇城廓の構え・火属性ダメージカット(100%)が追加。〇開眼者・効果が「バトル開始時に不死身効果(1回)」に変更。・Lv90からは「自分が瀕死状態になったターン終了時、一度だけHPと弱体効果を全回復」が追加。☆大幅な変更というより、「城廓の構え」の火属性ダメージカット追加が目立つ調整ですね。(やっぱりリリィが強いんだよね)☆十天衆に関しては「限界超越」で強化されるので、バランス調整的にはこんな感じですね。それではバランス調整された十天衆「ウーノ」の性能を見ていきます。

  • 2020年12月13日
  • 2021年10月30日

グラブル】グラフェス2020DAY1のアップデート情報まとめ。十天衆の上限解放「限界超越」の実装が判明。今年の年年歳歳はPREMIUM、報酬にはRキャラのビカラちゃん。等々

グラフェス2020年のDAY1で紹介されていたゲーム内情報を見ていこうと思います。遂にグラフェスの日が来ましたね。ということは今年も残り20日程度ですね。リアルも多忙な時期です。(仕事とか……)なので仕事明けにグラフェス2020の生中継を見てました。そこで新しい情報があったので、まとめていきます。ちなみに、どんな情報があったかと言うと。○クリスマスVerキャラ追加・クリスタリアの人で、よく十天衆の槍の人と比較される。・この間は「るっ!」でドローンになって、クー・ケオロエワに撃墜された人。○クリスマススキン・今年も十天衆から一人。○サイドストーリーの追加・組織イベントが2つ追加。○バランス調整・対象は8キャラ。その中の一人は↑の人。○撃滅戦・今月はゼノ・コロゥ。・武器の上限解放や召喚石の追加。○年年歳歳・今回の年年歳歳はプレミアム。エビフライがせめてくるぞ!……?・報酬”ビカラ”(Rキャラ)、次の古戦場の敵が変更?○十天衆「限界超越」・最終上限解放Ⅱの名称が「限界超越」となり実装。それでは見ていきます。

  • 2020年6月27日
  • 2021年10月30日

【グラブル】闇属性SSレア「オリヴィエ」がバランス調整されたので性能や強さを見ていきます。新たに強化効果「堕天の翼」を取得して高火力なアタッカーに。モータル・シンも200万×2とか出たり。(2020年6月バランス調整)

闇属性SSレア「オリヴィエ」がバランス調整されているので、性能や強さについてまとめていきます。2020/6/9に各属性2キャラずつバランス調整が行われたので、対象となったキャラを1人ずつ見ていきます。闇属性はヴィーラとオリヴィエです。今回はオリヴィエのバランス調整後の性能について確認していきます。〇とは言っても6月後半。火有利古戦場が終わったあとです。ちなみに古戦場SSレアガチャチケットできたのは「雷霆公」様。オリヴィエはバランス調整により、堕天の翼という固有の強化効果を得ました。これにより効果中は追撃やトリプルアタック確定やダメージ上限UP等の攻撃性のを大幅に上昇することが出来ます。効果時間は被ダメージを3回することですが、発動と同時にバリアが張られるのである程度は維持することが出来ます。他にもモータル・シンで大ダメージを与えることが可能にもなっています。★主に調整された点〇シルバーレイク・敵全体に闇属性ダメージ/連続攻撃確率DOWN/宵闇の恐怖効果☆連続攻撃確率DOWNの効果量とダメージ量の増加のようです。〇モータル・シン・敵全体に9倍闇属性ダメージ/スロウ効果☆敵全体に対象が拡大され、ダメージ量も上昇。〇ネヴァーモア・・自分にバリア効果/弱体効果無効(1回)/堕天の翼効果☆効果自体が変更され新たに堕天の翼という強化効果を取得。〇堕天司・闇属性攻撃UPが付与されている時、通常攻撃の与ダメージUP☆こちらも効果の変更で与ダメージUPに。★攻撃性能が大きく上昇したオリヴィエさん。追撃も2つ持ちトリプルアタック確定、モータル・シンでは200万×2ダメージという火力。

  • 2020年6月27日
  • 2021年10月30日

【グラブル】闇属性SSレア「ヴィーラ」がバランス調整されたので性能や強さを見ていきます。奥義にアビリティ間隔短縮が付き、マウントの維持もしやすく。弱体効果も1人で攻防DOWN(累積)と光・闇属性攻防DOWN出来る。(2020年6月バランス調整)

闇属性SSレア「ヴィーラ」がバランス調整されているので、性能や強さについてまとめていきます。2020/6/9に各属性2キャラずつバランス調整が行われたので、対象となったキャラを1人ずつ見ていきます。闇属性はヴィーラとオリヴィエです。今回はヴィーラのバランス調整後の性能について確認していきます。〇とは言ったものの、書いている時期は6月後半。火有利古戦場の本戦が終わった後。ヴィーラはバランス調整により、奥義にアビリティ使用間隔短縮を得ました。アビリティには累積の攻防DOWN+自身の攻防UPやマウント+TAそして闇・光属性攻防DOWNといった便利な効果を複数持ちます。性能自体もよりバランスのとれた性能になっていますね。★主に調整された点〇アフェクション・アビス・闇/光属性ダメージ(特大)/自分のアビリティ再使用間隔を1ターン短縮☆シュヴァリエマージ中の奥義です。アビリティ使用間隔短縮によりマウント効果の維持がしやすいですね。〇レイヤーライズⅡ・敵の攻防DOWN(累積)/自分の攻防UP(累積)☆累積の攻防DOWNになったことで、効果の効く敵の範囲が広がりましたね。〇アフェクション・オース・敵に闇属性と光属性ダメージ/闇属性と光属性攻防DOWN/自分のHP回復☆闇と光属性の攻防DOWNを付与出来るようになりました。〇光の剣・効果の上昇☆各効果の性能が上昇です。★レイヤーライズⅡとアフェクション・オースに1人で多くの弱体を出来るようになりました。奥義のアビリティ使用間隔短縮で再マウントまでの時間も減り良い感じです。

  • 2020年6月27日
  • 2021年10月30日

【グラブル】光属性SSレア「セルエル」がバランス調整されたので性能や強さを見ていきます。クイックレイドが姉様と同じ様にサポートアビリティに移動、そして新たにコートリーブレイドを取得。その効果は攻撃DOWNと闇属性攻撃DOWN。(2020年6月バランス調整)

光属性SSレア「セルエル」がバランス調整されているので、性能や強さについてまとめていきます。2020/6/9に各属性2キャラずつバランス調整が行われたので、対象となったキャラを1人ずつ見ていきます。光属性はレ・フィーエとセルエルです。今回はセルエルのバランス調整後の性能について確認していきます。〇とは言ったものの、書いている時期は6月後半。火有利古戦場の本選が終わった後。セルエルはバランス調整により、クイックレイドがサポートアビリティに移動しました。そして新たに「コートリーブレイド」という攻撃DOWN付きのダメージアビリティを取得しました。大きな性能の変化は無いですが、↑の攻撃DOWNが追加されたことで、より使い易いキャラになりました。★主に調整された点〇コートリーブレイド・敵に光属性ダメージ/攻撃DOWN/闇属性攻撃DOWN☆クイックレイドから変更されたアビリティ。このアビリティだけで2種類の攻撃DOWNが出来る。〇ロイヤルカーテン・味方全体の弱体効果無効(1回)/効果中必ずトリプルアタック☆マウント効果はそのままで、連続攻撃がトリプルアタック確定となりました。〇アイルスト王国第一王子・弱体効果を受けていない時、味方全体が連続攻撃確率UP☆戦闘に参加しているだけ味方全体の連続攻撃確率UPする効果。〇クイックレイド・3ターンごとに光属性ダメージ/自分のアビリティダメージ上限UP(累積)☆サポートアビリティに移動したクイックレイド。3ターン毎に自動発動するように。★同時期にバランス調整されたメドゥーサのような性能の変更は無いけど、元からサポート性がより向上した感じのセルエルです。

  • 2020年6月27日
  • 2021年10月30日

【グラブル】光属性SSレア「レ・フィーエ」がバランス調整されたので性能や強さを見ていきます。ジュエルミラーでバリア+追撃。追撃は被ダメージするまで継続される。とりあえず最終上限前の性能、古戦場中に解放されてもLv上げしてる時間が無い。(2020年6月バランス調整)

光属性SSレア「レ・フィーエ」(最終上限解放前)がバランス調整されているので、性能や強さについてまとめていきます。2020/6/9に各属性2キャラずつバランス調整が行われたので、対象となったキャラを1人ずつ見ていきます。光属性はレ・フィーエとセルエルです。今回はレ・フィーエのバランス調整後の性能について確認していきます。〇とは言ったものの、書いている時期は6月後半。火有利古戦場が終わった後。このレ・フィーエは古戦場期間中に最終上限解放もされています。(最終上限解放後はこの後に書いていこうと思います)レ・フィーエはバランス調整により、甘蛇Lvという独自の強化効果を取得しました。この甘蛇Lvは、Lvが上昇することで奥義性能UPと最大である7に達するとマジカルメドゥシアナが3回発動という効果があります。また奥義の追加効果でマジカルメドゥシアナが発動するようにもなりました。これにより高奥義火力キャラとして活躍できるようになりました。また敵が特殊技を使用した時にもマジカルメドゥシアナが発動するようになったので、古戦場の犬狩り(EX+)でも活躍が期待できそうですね。★主に調整された点〇ジュエルミラー・自分の最大HPの70%分のバリア効果(最大4000)/光属性追撃効果◆追撃は被ダメージするまで継続☆バリアを展開して被ダメージするまで追撃を得る効果。自身の奥義が幻影なこともあり、かなり長い間追撃を維持できる。そして追撃ダメージ量も多め。〇グロリアスフレイム・敵全体に光属性ダメージ/光属性防御DOWN/闇属性攻撃DOWN☆これ一つで属性に関する攻防DOWNを付与出来ますね。〇リジェネレーション・味方全体のHPを回復/活性効果☆味方全体を回復します。使用間隔に対しての回復量を見ると、流石に光属性にはフュンフちゃんやイオちゃんが居るので少なめに見える。その代わりに活性があるので奥義ゲージ加速が可能。〇煌きの結界・バリアが付与されている問、弱体耐性UP★最終上限解放前のことなのでこんな感じ。追撃ダメージも中々で回復量もあるので使い易い感じはする。★2020年6月古戦場が終わったので、これから最終上限解放してLv上げをしていこうと思います。