スポンサーリンク

スポンサーリンク

【グラブル】強敵Lv175「ムスペル」を水マグナ(クリティカル)編成でソロ攻略したので編成や内容。Lv95から全体的に火力が上昇。また3ターンの「弱体耐性UP」が厄介なのでディスペル等も必要な感じ。(2020年10月ドレバラ)

グラブル

広告

強敵Lv175「ムスペル」を水マグナのクリティカル編成で、ソロ討伐しながら敵の行動を見てみました。2020年10月開催のドレバラ)

「ムスペル」は2020年10月開催の水有利「ドレッドバラージュ」の「強敵」クエストですね。
そして10/16 19:00になったことで、強敵Lv175にも挑戦出来るようになりました。

ということでLv175も水マグナ編成で挑戦してきました。

○「強敵」
・イベントボスを倒していると「強敵」が出現。「強敵」とは1日2回まで挑戦可能。
・「強敵」を倒すと多くの貢献度。そして発見者報酬で「宝晶石」が入手可能。
・「強敵」の難易度はLv95とLv175。

○ムスペルの特徴
・通常攻撃は単体。
・特殊技「ビヴロスト」では「強圧と暗闇」やの付与。
・特殊技「ヴィーグリーズ」からは「灼熱と連続攻撃確率DOWN」付与。
・特殊技「ナグルファル」ではムスペルに「火属性追撃」「弱体耐性UP」を付与。
・HP50%ではディスペルでは消去不可なLv制の防御UP。
・OD突入でCTが最大に。

☆Lv95と比べると火力がかなり上昇しています。また特殊行動ではCTで発動した時と同じ技名でも効果が追加されていたりします。

☆特殊技では毎回1万近いダメージ受けます。

☆特にHP85%で発動する特殊行動では攻撃力UP(消去不可)が付与されます。この攻撃力UPはムスペルに付与されている弱体効果が少ないほど攻撃力が上昇する効果となっています。

☆また戦闘全体を通して特殊技「ナグルファル」を多く使用してきます。この特殊技には3ターンの「弱体耐性UP」が付与されるので、ディスペルをして解除していかないと弱体も出来なくなり、↑の攻撃力UPで被ダメージがかなり上昇してしまいます。

☆50%で付与される特殊なLv制の防御UPは、召喚石の召喚によりLvが減少するものです。Lv75の時はレベルⅤでしたが、Lv175ではⅦと上昇値が増加しています。

○発見者報酬の宝晶石
・強敵を倒すと「発見者報酬」から「宝晶石100個」が確定でドロップ。

☆毎日2回まで自発出来るので、確実に宝晶石を入手していきたいですね。

○挑戦した編成。
・両面リヴァイアサン・マグナによる水マグナのクリティカル編成で挑戦しました。
・ジータちゃんは「ランバージャック」。
・キャラは「リリィ」「水着カリオストロ」「イシュミール」。サブには「ハーゼリーラ」「マリアテレサ」。
・武器は「オールド・オベロン」と「冬ノ霜柱」でクリティカル。

☆編成に関してはLv95と一緒。

☆とにかく攻撃が痛いです。50%を切ると連続攻撃確率も上昇してるし、真の力の解放もあり被ダメージが増加します。リリィの氷晶結界も敵の特殊技に合わせて使っていきたいです。

それでは強敵Lv175「ムスペル」について見ていきます。

広告

スポンサーリンク

Lv175「ムスペル」を水マグナのクリティカル編成でソロ討伐(2020年10月開催)

編成について

ジータちゃん一行

●ジータちゃんはランバージャック
・アビリティは「ミゼラブルミスト」「グラビティ」「落葉焚き」
・「グラビティ」は特殊技を受ける回数を減らすのに便利。

●リリィ
・「氷晶結界」の春風で、特殊行動をする度にホワイトヒールが発動してHPと弱体回復が便利。今回は特殊技の威力が高いので火属性70%カットもかなり役立ちます。
・パーティの種族数に応じて強くなるので火力もあり、敵に累積攻防DOWNも出来て高難度や長期戦ではいつも活躍。

●カリオストロ(水着)
・「アルス・ノヴァ」ではクリティカル確率UPと会心そして玉水の刻印付与。
・クリティカル編成なので「カワイイの神髄」で味方全体が毎ターン追撃発生。
・「ディスラプション」では刻印消費してダメージ+ディスペルを連発して「火属性追撃」「弱体耐性UP」を解除。サブの「マリアテレサ」の逆位置効果でさらにダメージと累積攻防DOWNを付与。

●イシュミール
・ドレバラ直前に最終されたイシュミール。「氷剣」による奥義ダメージが強力。
・「魔氷結界」による強化で通常攻撃も強い。
・サポートアビリティ「冷たい女」のおかげで天司要らず。さらにクリティカル時のダメージ上限UP。

召喚石

〇水マグナということで両面とも「リヴァイアサン・マグナ(5凸)」。
〇サブには水アーカルム召喚石「ザ・ムーン」「ジャスティス」。そして「ガブリエル」「カグヤ」。
☆敵の特殊技が高威力なので「ガブリエル」もしっかり召喚してダメージカット。後半は防御UP解除の為に毎ターン召喚。

武器

〇メイン武器は楽器の六道武器「ダンテ・アリギエーリ」。敵の特殊技に反応してダメージと攻防DOWNが便利。
〇サブはクリティカル編成なので技巧(中)複合するスキルを持つ「オールド・オベロン」×3と「冬ノ霜柱」。
○他には「テュロスビネット」や「水宝玉の手斧」「フェイトレス」。終末の神器は「永遠拒絶の杖」でペンデュラムはガンマ(奥義上限UP)。

クエスト

○イベントボスを倒しているとシナリオイベントのHELLのように時限制クエストとして挑戦可能。
○難易度は「Lv95」「Lv175」の2種類。2020/10/16 19:00になることで「Lv175」も選択可能となりました。

強敵 Lv175ムスペル戦

戦闘①:戦闘開始

☆ということでムスペル戦の開始です。Lv95と同じ編成で討伐していきます。

☆ドレバラ直前に最終上限解放されたイシュミールさんに今回も頑張って貰います。

☆敵の通常攻撃は単体攻撃です。序盤は連続攻撃確率も低めで3500位のダメージですが、後半になると連続攻撃も増えダメージ6000近くに上昇します。

戦闘②:ビヴロスト(CT最大で発動)

☆通常時のCT最大による特殊技「ビヴロスト」です。

☆味方全体を対象に5000近くのダメージですね。

☆追加効果では「味方全体に強圧付与」「味方二人にディスペル2回」「味方一人に暗闇付与」となっています。Lv175ではディスペル効果が追加されましたね。

☆またOD突入と同時にCTが最大になるので特殊技を受ける時は注意ですね。

戦闘③:ナグルファル(HP85%で発動)

 

☆HP85%では特殊行動「ナグルファル」が発動します。

☆味方全体に10000越えのダメージです。

☆追加効果は「火属性追撃」「弱体耐性UP」、さらにこの時の発動には「攻撃力UP」が付与されます。

☆この「攻撃力UP」も特殊なもので、消去不可でムスペルに付与された弱体効果が少ないほど攻撃力が上昇する効果となっています。
☆同時に付与されている「弱体耐性UP」をディスペルしていかないと再弱体が辛く、時間経過するにつれて徐々にムスペルの攻撃力を上昇させてしまう可能性があります。

戦闘④:ナグルファル(CT最大で発動)

 

☆OD時のCT最大による特殊技「ナグルファル」です。またHP75%で真の力の解放もあります。

☆味方全体を対象に6000近くのダメージですね。

☆追加効果は「火属性追撃」「弱体耐性UP」です。
☆Lv175では「ナグルファル」を受ける回数が多いです。追加効果の「弱体耐性UP」が厄介なので、味方の弱体アビリティが使用可能になったタイミングでカリオストロの「ディスラプション」で解除していきます。

戦闘⑤:ビヴロスト(HP65%で発動)

 

☆CTで発動した「ビヴロスト」はHP65%で特殊行動としても発動します。
☆ただしダメージ10000以上となり効果も変更されています。

☆追加効果は「味方全体に強圧と全ディスペル」「味方二人に暗闇」とCTの時より効果範囲が増加しています。

☆この後もう少し削るとブレイクするので、通常攻撃を耐えながら50%に向かいます。

戦闘⑥:ヴィーグリーズ(HP50%で発動)

 

☆折り返しのHP50%では特殊行動として「ヴィーグリーズ」が発動します。

☆味方全体をランダム対象に3000近くのダメージを連発されました。ここでは火属性ダメージ70%カット上からなので素で受けるとかなりの被ダメージになりそうです。

☆追加効果は味方全体に灼熱・ダブルアタック確率DOWN・トリプルアタック確率DOWNの付与です。

戦闘⑦:弱体回復と防御UP(HP50%で発動)

☆またHP50%ではムスペルの弱体効果全回復とLv制の防御UPが付与されます。

☆この防御UPはディスペルでは解除出来ず、「召喚石の召喚」によりLvを減少させることが可能です。Lv175では防御UPはLv7となっています。

☆また連続攻撃もここから上昇しているので被ダメージが全体的に増加します。

戦闘⑧:ビヴロスト(HP35%で発動)

  

☆HP35%の特殊行動は再び「ビヴロスト」です。
☆ここでもダメージ10000以上と大きな被ダメージです。

☆追加効果は65%の時と同じく「味方全体に強圧と全ディスペル」「味方二人に暗闇」です。

戦闘⑨:ナグルファル(CT最大で発動)

☆後半のOD時CT最大による特殊技「ナグルファル」です。

☆味方全体を対象に火属性ダメージ70%カット上から4000ダメージですね。

☆後半になり味方のHPも減ってきているので、特殊技にはダメージカットを合わせていきたいですね。

☆追加効果は継続して「火属性追撃」「弱体耐性UP」。

☆「弱体耐性UP」はカリオストロの「ディスラプション」でしっかり解除していきます。

戦闘⑩:ヴィーグリーズ(HP20%で発動)

 

☆HP20%では特殊行動として最後の「ヴィーグリーズ」が発動します。

☆味方全体をランダム対象に9000近くのダメージを連発されました。やはりダメージカット無しでは被ダメージがキツいです。

☆追加効果は味方全体に灼熱・ダブルアタック確率DOWN・トリプルアタック確率DOWNを付与です。

☆ただダメージが集中したカリオストロが戦闘不能になってしまい、サブのハーゼリーラと交代です。

戦闘⑪:討伐完了

☆ここから先はハーゼリーラの「ボアズ」でスロウも入れながら攻撃していきます。

☆残り10%では体勢の立て直しが入りブレイクが解除されます。

☆その後は被ダメージが多いながらも特に問題無く、ムスペルを水マグナ編成でソロ討伐の完了です。

リザルト

☆このクエストは大量の貢献度を獲得出来ます。
☆結果として1戦で「7521026」となりました。Lv95の貢献度「1495616」から5倍近い獲得量になりました。

☆ドロップとしては自発の赤箱から「宝晶石100個」が確定でドロップです。他には「石片」もドロップしてますね。

☆「宝晶石」の数はLv関係無く一緒ですね。

まとめ

☆ということで強敵Lv175「ムスペル」を水マグナ(クリティカル)編成でソロ討伐してみました。

☆さすがLv175だけあって火力が高い敵でした。さらに高頻度で付与される「弱体耐性UP」が厄介なのでディスペルが重要な戦いでもありました。

☆味方の火力についてはイシュミールの奥義が1つ頭が出てる感じですね。被ダメージ関してはイシュミールが「魔氷結界」により敵対心DOWNや弱体耐性UPの為ダメージが少ない代わりに、他のキャラがダメージを受けている感じです。今回はその影響がカリオストロに出ましたね。

☆貢献度もドレバラのクエスト内で一番多く入手出来ますね。

☆とりあえず16日からは全ての難易度解放されたので、貢献度を集めて勲章を集めていきましょう。

☆そして次のイベント「ブレイブグラウンド」に向けての準備もですね。

画像引用元:グランブルーファンタジー

広告

PVアクセスランキング にほんブログ村